平和島SG総理大臣杯優勝戦特設サイト)は1423/56の進入から1号艇坪井康晴がつボインカ帝国を成立させて平和島4回目・SGV3となる通算56回目の優勝

 ちなみに総理杯優勝戦は平和島場外ボートピア横浜で観戦しましたが、香川支部100期4450平高奈菜・福井支部106期4611今井美亜と総理杯優勝戦をライブビューイングするトークショーを開催してました。
優勝戦終了直後の平高奈菜・今井美亜平高奈菜・今井美亜トークショー1平高奈菜・今井美亜トークショー2


常滑日本モーターボート選手会会長賞争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇白井英治と差す2号艇佐々木康幸で接戦になり、2Mは佐々木康幸が内押っつけてきた4号艇畔柳俊吾(愛知支部)を包んで先行するも、白井英治が畔柳俊吾を行かせての差しで佐々木康幸を差し返し、2周1M内先行で抜け出した白井英治は2月の前回当地スポーツニッポン杯争奪英傑戦に続く今年3回目・常滑3回目・通算70回目の優勝

若松シャボン玉石けん杯争奪夜王シリーズ第5戦春の地区王決定戦地区バトル地区王優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇福来剛(関東地区)が12トップスタートの速攻を決めて今年2回目・若松初・通算18回目の優勝
 1M外握った3号艇一瀬明(関東地区)が2着に入り、関東地区東京支部ワンツーで地区バトルは関東地区が制しました。

津プライドラウンド第6戦男女W優勝戦最終日

 男子の11Rツッキー優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇井口佳典(三重支部)が押し切り、前走地G1戸田プリムローズに続く今年2回目・津22回目・通算58回目の優勝

 女子の12Rツッピー優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇中谷朋子が押し切り、2月の前回当地新津市誕生10周年記念レースに続く今年2回目・津3回目・通算11回目の優勝