津日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇深川真二(71期3623)が押し切り、今年3回目・津初・通算84回目の優勝

 ちなみに深川真二は出走回数不足で現在A2ですが、前年度優勝者特権により10月の蒲郡ボートレースダービーSG全日本選手権に出場が決定。
 そして、今日の津が23場目の優勝場になり、全場Vへ残るは蒲郡だけになりました。

芦屋BTS高城オープン20周年記念優勝戦

 初日12Rドリームレース出場選手6人がそのまま優出した一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇辻栄蔵が19トップスタートも艇が浮いて流れてしまい、そこを見逃さなかった3号艇角谷健吾(71期3613)が捲り差しを決めて先頭に立ち今年5回目・芦屋7回目・通算65回目の優勝