宮島東京スポーツグループ杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇立間充宏が押し切り、宮島2回目・2016年3月常滑ボートピア川崎開設記念競走以来となる通算28回目の優勝

 ちなみに宮島がある広島県安芸地区は九州スポーツですが、福山市などの広島県備後地区は大阪スポーツで、安芸と備後が東スポグループの境界線になっています。
 そして、今節の表彰は東京スポーツ関西支社が担当しました。