戸田サッポロビールカップ優勝戦

 123/564の進入から1号艇柳沢一が23トップスタートも33スタートの3号艇井上忠政が強捲りを浴びせて柳沢一を捲りきり、小回り差しで残した2号艇丸野一樹が2M内から先行体勢も井上忠政が外全速握って丸野一樹を捲りきり、2016年11月にデビューして今節が戸田初出場の大阪支部119期4959井上忠政はデビュー初優出にして同期一番乗りの初優勝
 尚、2連単32は3330円・3連単325は19300円で、スタートタイミングも2連単配当もサンサン尽くしです。


常滑愛知バスABCツアーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇須藤博倫が押し切り、今年4回目・常滑3回目・通算54回目の優勝
 2号艇黒井達矢が1M差し順走からの2M外全速戦で2着に入り埼玉支部ワンツー。

福岡日本財団会長杯優勝戦

 全場V王手の1号艇田中信一郎が枠なり3vs3のインから09トップスタートも13スタートの3号艇渡邉睦広が強捲りを浴びせて田中信一郎を捲りきり、渡邉睦広は福岡初・2016年4月戸田関東日刊紙競艇記者クラブ杯以来となる通算10回目の優勝
 尚、2連単35は11970円・3連単354は89270円でした。