丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯競走優勝戦

 123/465の進入から1号艇秋山直之が押し切り、今年2回目・丸亀2回目・通算60回目の優勝

住之江アクアコンシェルジュカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中野次郎が押し切り、大阪市住之江区在住東京支部の中野次郎は住之江3回目・昨年2月芦屋楽天銀行杯男女W優勝戦以来となる通算36回目の優勝
 2号艇前沢丈史が1M差し順走からの2M差しで2着に入り東京支部ワンツー。

芦屋楽天銀行杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇白神優が押し切り、2017年10月若松ルーキーシリーズ第9戦植木通彦フェニックスカップ以来となる通算2回目の優勝

 ちなみに白神優は昨日の準優3個レースで唯一の1着勝ち上がりでしたが、これは残る2つの準優を勝ち上がった予選1位重野哲之鈴木幸夫が共に昨日の前半2R一般サンライズW戦で+01のフライングをやらかし賞典除外になったからです。

三国坂井市制13周年男女W優勝戦最終日

 男子の11R優勝戦は13/2456の進入から1号艇松本勝也が11トップスタートの速攻を決めて、前走地桐生日本モーターボート選手会会長杯に続く今年2回目・通算42回目の優勝

 女子の12R優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇今井美亜(福井支部)が15トップスタートも2・3コースが凹む壁なしスリットになり、4号艇藤崎小百合が捲り差しを決めて先頭に立ち三国初・昨年6月江戸川男女W優勝戦サンケイスポーツ杯以来となる通算8回目の優勝