平和島日本トーターカップ優勝戦

 波高10cm向かい風9mで迎えた優勝戦は5号艇高橋二朗69歳(東京支部)が動いた15/2/346の進入から2号艇新美恵一がコンマ98の出遅れ寸前スタートをやらかして3号艇烏野賢太に展開が向くも、1号艇守田俊介は烏野賢太の捲り差しを振り切って先頭に立ち今年4回目・平和島では昨年12月の前回ボートピア横浜開設11周年記念に続く7回目・通算96回目の優勝
 守田俊介が2M向かい風に煽られてややもたついた際に烏野賢太が行き場を失い艇が浮き転覆寸前になり5番手に下がりますが、それでも烏野賢太は徐々に追い上げて再び2番手に上がり2着。

マリンテラスあしやカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山口達也が押し切り、今年4回目・芦屋初・通算27回目の優勝