津創刊70周年記念日刊スポーツちどり杯争奪戦優勝戦

 内2艇が深くなった14/2/365の進入から1号艇藤岡俊介がスタート速攻で先頭に立つも判定の結果+06のフライング返還欠場になり、差しもたついて後方にいた4号艇正木聖賢も+02のフライング返還欠場。
 これにより、外握って2番手にいた2号艇中辻博訓が先頭に繰り上がり津初・通算20回目の優勝

若松夜王シリーズ第1戦マンスリーBOATRACE杯海の安全王決定戦安全王優勝戦

 事故率の低い選手を斡旋した開催の優勝戦は162/345の進入から1号艇坂口周が押し切り、今年3回目・若松2回目・通算55回目の優勝