平和島ミニボートピア黒石開設10周年記念ウェーブ21杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山一鉄也が押し切り、平和島2回目・通算49回目の優勝

鳴門マクール杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇若林将(96期4335)が04トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・鳴門初・通算16回目の優勝
 3号艇篠崎元志(96期4350)が1M→2Mと差して2着に入り96期ワンツー。

大村スポーツニッポン杯優勝戦

 1234/65の進入から1号艇坂元浩仁が押し切り、大村初・通算15回目の優勝