下関ジャパンビバレッジ杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇辻栄蔵が押し切り、前走地G1宮島チャンピオンカップに続く今年3回目・下関3回目・通算74回目の優勝