平和島サントリーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇新田雄史が押し切り、今年2回目・平和島初・通算24回目の優勝

津BTS名張4周年記念モンスターカップ優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇中澤和志(82期3952)が押し切り、5月の前回当地開設67周年記念競走G1つつじ賞王座決定戦に続く今年5回目・津2回目・通算64回目の優勝が1600回目の1着ゴール。
 2号艇坪井康晴(82期3959)が1M差し順走で2着に入り82期ワンツー。

鳴門ボートレースチケットショップ土佐開設23周年記念競走優勝戦

 1236/45の進入から1号艇江夏満が08トップスタートの速攻を決めて、鳴門3回目・通算33回目の優勝