常滑名鉄杯争奪2019納涼お盆レース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇赤岩善生が06トップスタートの速攻を決めて、今年5回目・常滑10回目・通算96回目の優勝

滋賀県知事杯争奪びわこカップ優勝戦

 16/2/345の進入から10トップスタートの3号艇馬場貴也(今節選手代表)が捲り差しを決めて先頭に立ち、今年V6・びわこ11回目・通算37回目の優勝
 尚、4号艇丸野一樹は1M外握って4番手の位置から2M差しを狙うも2号艇深井利寿に進路をカットされて追突、責任外転覆。

下関地域情報新聞ほっぷ杯優勝戦

 今節は昨日の中止順延を挟み9日から今夜までお盆真っ只中に8日間のロングラン開催ながらも、優勝賞金98万円の一般斡旋開催(今節選手代表小林一樹)。
 よって地元支部の出場も少なく、優勝戦メンバーも5号艇新良一規以外は遠征勢。

 レースは1245/36の進入から15トップスタートの3号艇新田泰章(広島支部)がカド絞り捲りに行くも絞り過ぎて内艇と接触してしまい新田泰章は選手責任転覆。
 そして不利を受けずに捲り差した6号艇井上大輔(岡山支部)が先マイで不利を逃れた1号艇岡田憲行(大阪支部)を差し切って先頭に立つも、2Mで岡田憲行が井上大輔を差し返して事故艇付近内優先で単独先頭に立ち、今年2回目・下関初・通算24回目の優勝
 尚、1号艇岡田憲行が優勝するも6号艇井上大輔が人気薄だったため2連単3110円・3連単165が18990円の万舟で、3号艇の頭だったびわこの2連単31(1120円)・3連単315(6260円)よりも高配当になりました、

 ちなみに下関のお盆特別斡旋開催は19日からの次節下関市議会議長杯争奪クリスタルカップお盆特選ですが、こちらはお盆明け月曜初日金曜最終日の変則日程になっています。