津インクル開設8周年記念レース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から04トップスタートの1号艇中辻博訓が3号艇稲田浩二の捲りをこらえきって先頭に立ち、4月の前回当地創刊70周年記念日刊スポーツちどり杯争奪戦に続く今年2回目・津2回目・通算21回目の優勝

 ちなみに津インクル開設8周年記念レース最終日(結果一覧)は全レース1号艇が1着になり、うち道中抜きの2本を含めた11本がインで、9Rのみ2コースの1号艇村田修次がインの4号艇盛本真輔を捲った決着ですが展示では村田修次が枠なりのインだったので実質全レース津イン来る。

桐生マクール杯優勝戦

 14/2/345の進入から1号艇待鳥雄紀が05トップスタートの速攻で深インを克服し、桐生初・昨年4月びわこスポーツニッポン新聞社杯争奪八景賞以来となる通算10回目の優勝