住之江名物開催の締めを飾るG1高松宮記念特別競走優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇石野貴之(大阪支部)が5号艇原田幸哉の捲り差しを振り切って先頭に立ち、今年4回目・住之江13回目・G1V7となる通算55回目にして高松宮記念初優勝

 ちなみに石野貴之の父2507石野美好元選手が一般開催だった昭和時代の高松宮記念を2度優勝しているとの事で、今夜高松宮記念親子制覇を達成しました。

宮島日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇木下大將が1号艇佐々木和伸に抵抗されながらも捲りきって先頭に立ち、昨年11月江戸川関東地区VS九州地区東京スポーツ杯以来となる通算2回目の優勝
 佐々木和伸が2M外握って2着争いに競り勝ち2連単1310円・3連単312は3990円。