桐生日本トーター杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1M先行する1号艇松尾祭に対して4号艇山崎昭生の差しが届き香川支部同士の先頭争いになり2M両者握り合いますが共に膨れてしまい、1M差し届かなかった2号艇上平真二の2M差しが届いて三つ巴の先頭争いに。
 そして2周1M内の上平真二が中の山崎昭生を張り飛ばしながら先行した展開を突いて外の松尾祭が差しを決めて一気に単独先頭に立ち、松尾祭は2017年4月江戸川外向発売所開設5周年記念富士通フロンテック杯以来となる通算2回目の優勝