開設63周年記念G1戸田プリムローズ優勝戦特設サイト)は1235/46の進入から1号艇稲田浩二が10トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・戸田初・G1初Vとなる通算29回目の優勝
 1M外握った3号艇興津藍(兵庫県淡路島出身徳島支部)が5号艇吉川元浩の1M差しを2M行かせて捌き切って2着に入り兵庫支部ワンツーを阻止。

 ちなみに今節は初日に池田浩二が急性右膝関節痛症(日刊スポーツ記事)のため初日12Rウインビードリーム戦を欠場、1走もせず帰郷しており、2人の○田浩二が明暗を分けた今節でした。

びわこ近江米カップ優勝戦

 162/345の進入から17トップスタートの1号艇鈴木裕隆に対してコンマ18の6号艇藤丸光一が一気に捲りきって先頭に立ち、昨年11月芦屋BTS宮崎オープン4周年記念以来となる通算63回目の優勝
 尚、2連単65は6680円・3連単652は35000円。

丸亀G3オールレディースmimika賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から06トップスタートの2号艇平高奈菜(香川支部)の捲りにコンマ16の1号艇樋口由加里が抵抗して共倒れになった結果5号艇香川素子の捲り差しが決まり、名字とは裏腹に大阪出身元大阪支部から長崎支部を経て現滋賀支部の香川素子は今年2回目・丸亀初・通算18回目の優勝
 尚、2連単54は4020円・3連単546は13210円。

福岡日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入からスタート踏み込んだ4号艇重野哲之のカド捲りに乗って5号艇麻生慎介が捲り差しを決めて先頭に立つも、判定の結果麻生慎介は+01のフライング返還欠場。
 一方、コンマ01で生き残った重野哲之は1号艇赤岩善生が2Mで麻生慎介を張り飛ばした展開にも恵まれて赤岩善生を差し切って先頭に立ち、重野哲之は3周2Mで赤岩善生に差されそうになるも0.1秒差粘りきって今年3回目・福岡2回目・通算57回目の優勝
 尚、2連単2130円・3連単412は4210円。