蒲郡ルーキーシリーズ第15戦スカパー!JLC杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行した1号艇豊田健士郎(115期4856)が3号艇佐藤博亮(愛知支部113期4786)にカマを掘られて艇が浮き2号艇宮之原輝紀(118期4939)に差されそうになるも、 「それでも豊田ケンシロウ前へ押忍押す推す大須!」と機力の違いで宮之原輝紀を振り切り、前走地三国G1ヤングダービー優出2着の勢いそのままに豊田ケンシロウは昨年11月津鳥羽一郎杯争奪戦以来となる通算2回目の優勝

徳山スポーツ報知杯争奪戦優勝戦

 13/2456の進入から3カド捲りを決めた2号艇三井所尊春と捲り差しで続いた5号艇星栄爾による先頭争いに。
 そして2M内先行した星栄爾に対し三井所尊春は差し返しを狙うも、内突いてきた4号艇日高逸子に前をカットされた三井所尊春は3番手に下がり、先頭抜け出した星栄爾は徳山初・昨年11月児島住信SBIネット銀行賞以来となる通算13回目の優勝
 尚、2連単12640円・3連単41430円。

福岡Winner決戦!博多華味鳥杯優勝戦

 博多華味鳥のタイトル戦は枠なり5vs1の進入から1号艇篠崎仁志(福岡支部)が09トップスタートの速攻を決めて、今年5回目・福岡12回目・通算35回目の優勝