誰が勝っても多摩川初優勝!静波まつり杯優勝戦

 多摩川優勝未経験選手だけを斡旋した開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇原田篤志が07トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・通算21回目の優勝

鳴門アペックス杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇白石健が押し切り、今年4回目・鳴門初・通算69回目の優勝

宮島西日本スポーツ杯グレートおやじ決定戦優勝戦

 1325/64の進入から1号艇島川光男54歳(広島支部)が押し切り、今年2回目・宮島14回目・通算72回目の優勝

下関住信SBIネット銀行賞優勝戦

 13/2456の進入から1号艇末永由楽が押し切り、下関初・2016年3月住之江ボートピア梅田開設9周年記念競走以来となる通算3回目の優勝