唐津G3企業杯酒の聚楽太閤杯優勝戦

 枠なり2vs4の進入から1号艇上平真二と2号艇辻栄蔵のスロー進入広島支部コンビがスタート優勢も、3号艇三井所尊春(今節選手代表)が3カド強つけまいを決めて捲りきり、BS内で粘る上平真二を振り切って唐津13回目・通算49回目の優勝
 尚、2連単1660円・3連単312は3960円。

 ちなみに三井所尊春と4号艇上野真之介(4着)の佐賀支部コンビは前節佐賀県選手権新春王者決定戦からの唐津連続出場ですが、2人は辻栄蔵と共に1節挟んで23日からの開設66周年記念G1全日本王者決定戦特設サイト)で唐津再登場予定です。

大村特別ヴィーナスシリーズ第2戦〜マンスリーBOATRACE杯〜優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田口節子が08トップスタートの速攻体勢も艇が暴れてしまい2号艇土屋南と3号艇小野生奈に転覆寸前の不利を与えた展開に乗って4号艇今井美亜が差しを決めて先頭。
 しかし今井美亜は2M先行体勢も振り込んで落水、避けきれなかった田口節子も事故艇とターンマークに接触して責任外転覆を喫し、今井美亜は妨害失格を適用されました。
 これにより、1M捲り差して3番手にいた5号艇藤崎小百合が2M外握って難を逃れていたためすんなり先頭に繰り上がり、デビュー初V水面の大村では2回目・昨年3月三国坂井市制13周年男女W優勝戦以来となる通算9回目の優勝
 一方、レース後twitterで事故選手の無事を伝えた6号艇佐々木裕美は1M差しからBS4番手も2M差しに構えていたため外へ避ける際に減速する事になり、大きく離れた5番手からロスなく2Mを回った土屋南が佐々木裕美を抜いて1M圏外からの逆転2着。
 尚、2連単20520円・3連単203800円。

 ちなみに今節は総売上61億円を突破してナイターG1並みの売上になりましたが、レース内容はターンミスが多い女子戦の悪い部分が出てしまい優勝賞金74万円に相応しい低レベルな優勝戦でした。

宮島デイリースポーツ杯争奪男女W優勝戦最終日

 男子の11Rモンタリーグ優勝戦は内寄り4人が深めになったオールスローの123546進入から1号艇柳内敬太が押し切り、兵庫支部113期4790柳内敬太は5度目の優出にしてデビュー初優勝

 女子の12Rモミジリーグ優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇平高奈菜が08トップスタートの速攻を決めて、宮島初・通算19回目の優勝