びわこ創刊65周年記念オールサンケイスポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇熊谷直樹が差しを決めて先頭に立ち、びわこ初・2016年12月若松ポカリスエットカップ以来となる通算79回目の優勝
 22歳の若さで今節選手代表を担当しただけでなくデビュー初優出を達成した120期4992廣瀬篤哉が1M捲り差して2番手でしたが、6号艇平尾崇典が2周1M差しからBS伸びて追いつき逆転2着に入り2連単6570円。
 1号艇永田秀二は1周1M艇が暴れてズブズブに差されて後方だったものの徐々に追い上げ3周1M外全速戦で廣瀬篤哉を捲りきって逆転3着になり3連単は263の46610円から一転して15500円に。

尼崎ボートレースチケットショップ京丹後開設4周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇上野真之介が17トップスタートの速攻を決めて、尼崎初・通算14回目の優勝