全国24場GW特別斡旋開催の最後を締めくくるGW三国ボートフェスタ優勝戦は124/563の進入から1号艇中島孝平が10トップスタートの速攻を決めて、三国21回目・2018年7月戸田週刊大衆杯以来となる通算53回目の優勝
 4号艇大平誉史明(大阪支部)が1M外マイからの2M差しで2号艇松田祐季を捌き切って2着に入り福井支部ワンツーを阻止。

J:COM川口・戸田杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇長岡茂一が押し切り、今年2回目・戸田5回目・通算93回目の優勝
 今節目玉選手だった3号艇茅原悠紀は1M捲り差し不発で最後方も2M差しで3番手に上がり、2周1Mで先行艇に内から艇を併せきって逆転2着に入りました。

浜名湖公営レーシングプレス杯優勝戦

 枠なり2vs4の進入から1号艇岡祐臣が押し切り、今年2回目・浜名湖初・通算17回目の優勝