住之江日刊スポーツ盾争奪しぶき杯競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇笠原亮が押し切り、住之江4回目・通算57回目の優勝
 尚、2番手にいた2号艇金子龍介が2周1Mで5号艇山口高志を包んだ際に振り込み選手責任転覆。
 これにより山口高志と4番手にいた3号艇東健介が大きな不利を受け、最後方から事故艇の内を通った6号艇岡部大輔が2着、5番手から事故艇の外を通った4号艇長谷川雅和が3着になり2連単3820円・3連単13020円のヒモ荒れ配当。