いわゆるゴールデンウィーク前日の今日4月28日に早くもGW特別斡旋開催の最終日を迎えたのは江戸川と宮島の2場。
 逆に一番遅いGW特別斡旋開催は5月8日から開催予定のびわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップになります。

江戸川ゴールデンカップ優勝戦

 遠征支部で唯一優出した1号艇椎名豊(群馬支部)が東京支部5人相手に09トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・江戸川初・通算11回目の優勝

宮島サンケイスポーツ若葉賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前本泰和が押し切り、児島→唐津からの3節連続となる今年6回目・宮島24回目・通算125回目の優勝

 ちなみに前本泰和49歳は今節と4日間日程が重複した下関G1名人戦で選考勝率1位でしたが、昨年11月G1福岡チャンピオンカップ5日目11R準優勝戦でフライングを切ったためF休み明け後3ヶ月間G1選出除外(SGは出場可能)になり、そのかわり当地年末年始開催日刊スポーツ栄光楯広島ダービーに続き地元特別斡旋開催連続優勝を飾りました。

徳山創刊55周年記念九州スポーツ杯争奪戦優勝戦

 枠なり2vs4の進入から1号艇近江翔吾が05トップスタートの速攻を決めて、徳山初・通算9回目の優勝

 ちなみに徳山のGW開催は5月1日から開催予定の日本モーターボート選手会会長賞です。