多摩川マクール杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇金子拓矢が押し切り、多摩川初・通算10回目の優勝