愛知県ボートレース蒲郡開設66周年記念競走G1オールジャパン竹島特別優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇平本真之(今節選手代表)が07トップスタートの速攻を決めて、蒲郡6回目・G1V4にして昨年9月福岡日刊スポーツ杯争奪戦以来となる通算33回目の優勝
 5号艇磯部誠(愛知支部)が1M捲り差して2番手争いを優位に進め、2周1Mで2号艇湯川浩司を行かせて捌き愛知支部ワンツー。

 ちなみに今節4日目の6日に愛知県中京競馬場で2勝クラスの芝1200m戦蒲郡特別が開催され、栗東トレーニングセンター森秀行厩舎所属の牡4歳馬によるワンツーでした。
竹島に勝龍あらわる。


宮島BTS安芸高田開設2周年記念日本財団会長杯優勝戦

 6号艇上瀧和則日本モーターボート選手会会長が動いた162/345の進入から通算V100王手の1号艇市川哲也(広島支部)が06トップスタートも、チルト+3度の5号艇菅章哉が07スタート踏み込んでの大捲りを決めて、菅章哉は内で粘る市川哲也を振り切って今年4回目・宮島初・通算14回目の優勝
 尚、2連単1330円・3連単512は3060円。

唐津桃咲まゆ杯〜ほぼ女子戦〜優勝戦

 女子4人男子2人が優出した桃咲まゆ杯優勝戦は枠なり2vs4の進入から3号艇高田ひかるが3カド捲りを決めて先頭に立ち、唐津初・通算4回目の優勝
 尚、2連単31は1500円・3連単314は4720円。