徳山スポーツ報知杯争奪戦優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇三嶌誠司が2号艇大平誉史明の差しを振り切って先頭に立ち、今年2回目・徳山4回目・通算68回目の優勝