大村のお盆特別斡旋開催日本財団会長杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇原田幸哉が押し切り、今年3回目・大村13回目・通算90回目の優勝
 尚、遠征勢で唯一優出した2号艇前田将太(福岡支部)が1M差し狙うも振り込み選手責任転覆。