下関ボートレースチケットショップながと開設1周年記念新東通信杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇柳生泰二(今節選手代表)が10トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・今年3月の西京波者結成11周年記念山口シネマ杯に続く出場となった下関では3連続となる5回目・通算20回目の優勝にして3日目3R3号艇2着以外全て1着の準完全V。

尼崎日刊スポーツ杯争奪伊丹選手権競走ニッカン・コム杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇齊藤仁が押し切り、前走地鳴門G3企業杯オロナミンCカップ競走に続く今年3回目・尼崎2回目・通算49回目の優勝

ヴィーナスシリーズ第11戦常滑シンデレラカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇平高奈菜(100期4450)が押し切り、今年5回目・常滑では今年4月の前回G3オールレディース競走レディース笹川杯に続く3回目・通算28回目の優勝
 5号艇鎌倉涼(100期4456)が1M捲り差しからの2M差しで2着に入り100期ワンツー。