昨日の下関競艇で、永遠のプリンス今村豊が通算100回目の優勝を達成。今日の帰宅後に、そのリプレイと表彰式を見た。優勝100回どころか通算100勝もせずに引退する選手もいるのだから、素晴らしい偉業だ。その一方で、今日の平和島優勝戦は、5艇Fで優勝戦不成立。唯一生き残ったのは、F3経験者の阿波勝哉。やっちゃったのは、内から福島勇樹、三品隆浩、福来剛、高橋勲、坪井康晴だ。高橋勲は今年3度目、平和島では今年2度目の優勝戦F。