ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

スポーツ&レース

オールスターオートは絶対王者高橋貢が連覇。

ブログネタ
オートレース に参加中!
森且行メンバーの巨大ポスター 今日最終日だった川口SGオールスターオートレースはもともとGW開催(4月27日〜5月1日)の予定でしたが、震災による日程順延でオールスターボートレースSG笹川賞(尼崎)の直前日程に。
 ちなみに写真は開催に合わせて新宿駅東口に掲示された森且行巨大ポスターです。


 さて、ボート界の絶対王者松井繁はファン投票による総選挙ベスト6に入りオールスターボート初日ドリーム戦6号艇に乗艇予定ですが、昨年優勝者だったオート界の絶対王者高橋貢は前回優勝者枠でシード出場。

 ファン投票レース連覇を目指す王者高橋みは優勝戦動画)で1番車を指名。
 ボートではポールポジションにあたる鬼に金棒の白枠で王者高橋みは見事06トップスタートのイン速攻劇を披露し、人気を三つ巴で分け合った2番車永井大介(責任)と6番車有吉辰也(巻き添え)が共に落車して後続が大波乱になってしまったのは対照的に堂々たる王者の行進を披露し、SG18回目・通算159回目の優勝はオールスターオート連覇となるオールスターオートV5ですが、意外にも1番車でのSGVは初めてでした。
 ちなみに王者高橋みの1着本数は991で、通算1000勝もあと9つに迫ってます。

 さて、王者高橋みは今節から今年度一杯まで公式携帯サイト「オートレースモバイル」を運営する株式会社サイバード公式スポンサー契約を結び、今節から競走車も『サイバーウルフ』になりましたが、その初節でいきなり結果を出しました。さすがは王者。


鳴門なるちゃんカップ優勝戦 

 SG直前の日曜日だった今日、唯一最終日を迎えた鳴門の3個準優制4日間開催。
 優勝戦は1号艇上平真二が枠なり3vs3のインから逃げ込み図るのに対し5号艇杉山貴博の捲り差しが届きますが、2M上平は杉山を力技で包みきり、そのまま捲りきって抜け出した上平は通算28回目の優勝
 2M包まれた杉山は流れてしまい、1M捲って3番手の3号艇佐藤勝生が2M差して逆転2着、1M差し不発も2M小回りの2号艇竹上真司が杉山との3番手争いに持ち込み逆転3着。

千葉ロッテマリーンズCオートレース発祥60周年記念G1船橋オート祭

ブログネタ
オートレース に参加中!
頂上列伝G1船橋オート祭 今日は京葉ラインの船橋オートレース場と江戸川ボートレース場外ボートピア習志野ををはしごしてきました。
 1つ目の記事はオートレース発祥の地船橋オートで開催中の千葉ロッテマリーンズカップオートレース発祥60周年記念G1船橋オート祭3日目の船橋オート。

 到着した5R山口シネマ賞は秋葉系アイドルショーの2回目公演をやってて、美弥乃静がプレイバックPart2のカバーを歌った後、桜川ひめこがファンの雄叫びとダンスをバックにハイトーンボイスでアキバ系ソングを2曲熱唱。

 ちなみに今日は4人出演してて、見られなかった他の2人はまどかみか徳岡茜でした。
美弥乃静桜川ひめこ秋葉系アイドルショー告知

 6Rエーテック賞発売中には片平巧による旧車HKSの展示走行とミニトーク、7R大成ロテック賞発売中にはメインJAPAN CUPの出場選手紹介がありました。
片平巧×HKSJAPAN CUP選手紹介旧型車×往年の名選手

 8R11月は船橋競馬JBC発売中と森且行が出場した9Rロッテアイスクリーム賞発売中にはホリ(ホリプロ系列事務所所属)のものまねライブがあり、SMAPの歌まねなどを披露してましたが、9R発売中には桜川ひめこによるアイドル車券窓口が。

 オートレースでは過去にオート姫・今夜は桐生SG全日本選手権地上波番組芸能界オトナ遊び部出演の小倉優子りんが車券の売り子を何度かやったことがありますが、抽選方式だったゆうこりん車券と違い試走を見た後に並んでも買えた純粋な先着順サービスでした。

 ということで、9Rの車券を買ったところでBP習志野へ移動。ちなみに唯一の的中車券はリアルタイムで買ったレースではなく電投購入のJAPAN CUPでした。
ホリの爆笑モノマネショーアイドル車券窓口船橋オートCS中継

土屋栄三おじいちゃんが先週金曜に約7年ぶりの優勝

ブログネタ
オートレース に参加中!
 今月2日の浜松オート浜松市営第4回第1節曳馬野賞静岡新聞社杯土屋レース映像)で群馬のゴルゴ13土屋栄三57歳が優勝。
 実況の野村達也アナによると約7年ぶりの優勝だそうです。
 余談ですが多摩川では「日本一の静水面、是政夢劇場の幕が開く。」と言うノムさん、浜松では「さあ行こう優勝戦。」と言ってます。

 そんなオートレーサー土屋栄三はレーサー一家で有名ですが、息子のボートレーサー土屋智則が既婚子持ちなので、既に孫がいるおじいちゃんレーサー。ということでご唱和行きます。

 栄三おじいちゃん57歳、優勝おめでとう。ご唱和下さい。1・2・3・ヤッター!

江戸川競艇休止前ラストレース栄三おじいちゃん生誕86周年記念レース

 また、翌3日に行われた平和島レディースカップの選手紹介では娘のボートレーサー土屋千明が「お父さん優勝おめでとー!☆」、娘さんの直前に登場した静岡の三浦永理も「栄三さん優勝おめでとうございます。」とお祝いの言葉を送りました。
平和島レディースカップオール女子戦選手紹介


鳴門スポーツニッポン杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇深川和仁(香川92期4220)が差して先頭も、深川は+02のフライングでデビュー初Vは幻に。
 これにより2番手にいた1号艇吉本正昭が先頭に繰り上がり、山口50期3036吉本正昭52歳は2005年4月徳山一般競走以来となる通算35回目の優勝

 後続は1M握った3号艇山崎昭生香川支部長と2番差しの5号艇岡部浩(今節選手代表)で接戦になりますが、2M艇を伸ばして内先行した岡部を行かせて捌いた山崎が2着。
 次は、昨日の予告通り昨夜開催されたまるがめブルーナイターの優勝戦。

【昨日の丸亀サンケイスポーツ大阪発刊55周年記念競走優勝戦

 サンスポ発刊55周年記念は枠なり3vs3の進入で、1号艇中岡正彦(香川78期3849)が07トップスタートの速攻から2号艇吉田健太郎の差しをガツンと締めて振り切り、今年3回目・丸亀V6・通算39回目の優勝

 2番手航走の吉田健太郎は中岡にぶつけられた分BS伸びず、捲り差しからBS吉田健太郎の内を航走する5号艇佐々木和伸(徳島78期本栖チャンプ3841)に並ばれてしまい、2M小回りからHS吉田健太郎に艇をぶつけて舳先を掛けた佐々木和伸が2番手に上がり、佐々木和伸は2周1M外全速戦で3番手に浮上した4号艇横山節明の追撃を振り切って2着。

大峯豊が徳山初優勝+大嶺祐太先発の広島戦は延長戦に

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日唯一最終日だった徳山JLCカップ西京のスピード王座決定戦
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇の中四国地区スター大峯豊(岩国市)が01タッチスタートの速攻で押し切り、艇界のアッキーナこと大峯明菜元選手の兄大峯豊は通算7回目にして徳山初優勝

 後続は差し順走の2号艇中岡正彦と2番差しの4号艇森安弘雅による2番手接戦になり、スピードプロデューサーひろまさが内から2Mを先行しましたが、差し続く6号艇奥平拓也を包んだひろまさはやや流れ、奥平を行かせて差した中岡が舳先を掛けてHSも接戦が続きます。
 2周1M内から先行する中岡にひろまさが意地ちのスピード旋回で外から食らいつくも、2周2M再度外回ったひろまさはここで中岡に突き放されてしまい、内に潜り込んだ5号艇川村正輝にも抜かれ4番手に下がってしまい1-2-5で決着しました。


 ちなみに今夜千葉マリンで開催されたロッテvs広島戦はロッテの先発が大嶺祐太か。
 その大嶺祐太完調とはいえない内容で2点をもらいながらも4回に3ランを打たれてしまい、5回ノーアウトでも1点取られて4回0/3イニング4失点で降板。
 しかしその後試合は広島が5-3とリードした8回裏にロッテがぶちこみ井口のタイムリー内野安打や美智代旦那大村サブローの2点タイムリーツーベース等で一挙4点を取り大逆転に成功し、負けがつきそうだった大嶺祐太勝ち負け関係無しに。

 ですが、この大逆転は千葉マリン劇場の序幕に過ぎず、9回表ツーアウトで2点差ながらランナー2.3塁の場面でバッターは4番栗原。
 しかし野村監督はここで代打を送り、シュートスタイルで長年カープのフロントメンバーを務めた名球会メンバーの前田智徳を起用。
 その前田は起死回生涙サプライズの大声ダイヤモンド走者一掃2点タイムリーツーベースを放ち試合は延長戦になり、12回表に広島がワンアウト満塁から天谷が勝ち越しタイムリーを放ち、CoCo1番に強い石井琢朗が満塁走者一掃スリーベースでとどめをさし、更にもう1点とって今年最長5時間18分のロングゲームは12-7で広島の勝利。

 勝ち投手は11回から登板した大島で、ロッテOBの倉持明元投手も娘明日香の選挙応援に燃えたAKB48総選挙から一夜明けた今夜の試合は前田が打って大島が抑える結果になりました。

【全国スターぅぉちゃん】

 今日の優勝戦3号艇だった中四国地区スター兼徳山地元スターの魚谷香織(下松市)は1Mつけまいに行くも大峯豊に張られて結果6着でしたが、7月から全国スターに昇格する事がBR徳山のpdf出走表に掲載されてました。

 ぅぉちゃん昇格と共に他の徳山関連スターも掲載されており、中四国スターが97期4361柳生泰二で徳山地元スターが100期4443津田裕絵、徳山準地元スターが101期4475末永祐輝と106期4601森野正浩です。
 全国スターになるぅぉちゃん、先日の若松G1全日本覇者決定戦5日目9R準優勝戦と抜きつ抜かれつのデッドヒートを演じ、うおちゃんコータローのマッチレース(動画)を制した魚谷智之の様に記念戦線でも実績を残して欲しいですね。
 とりあえずは、最高で3着2本と壁にぶち当たった浜名湖SG笹川賞のリベンジを果たす機会として来月23日からの多摩川G1ウェイキーカップで再度一線級に挑戦です。

【ボート】石渡鉄兵と梅内幹雄のコラボトークin船橋【オート】

ブログネタ
競艇 に参加中!
初夏を切り裂く高速決戦! 今日はサッポロビールG1黒潮杯開催中の船橋オートレース場に行ってきました。
 目的は、千葉在住東京支部のボートレーサー・江戸川鉄兵こと石渡鉄兵と静岡出身千葉在住のオートレーサー・ダンディーなイケメン梅内幹雄船橋支部長によるトークショー。
 ちなみにセクスィーコマンダー梅内支部長は4R出走後のトークショー出演でした。
 また、ポスターの永井大介は明日の優勝戦に8番車で出場します。

 以下はトークショーの大まかな内容です。

江戸川鉄兵の船橋オート来場歴は4回くらい。
梅内支部長の息子は来週デビューする106期ボートレーサーの4609梅内駿佑。
江戸川鉄兵いわく「息子さんはしっかりあいさつしてて、19歳なのに大人びた雰囲気」。
息子さんは中学卒業の頃から受験しだして6〜7回受験して合格。
息子さんの師匠は近所の山崎聖司
梅内支部長がボートレースを見てて気になるのは待機行動について。
船橋に今年1月木村武之と来場した江戸川鉄兵の愛弟子作間章は「陸の上でも水の上でもぶっちぎったキャラクター」とのこと。


 ちなみに江戸川鉄兵の斡旋は18日から多摩川の四市競艇事業組合43周年記念、梅内支部長の斡旋は22日から船橋の山口シネマ杯、梅内駿佑の斡旋は父と同じ22日から平和島のマクール杯でデビュー予定です。
江戸川鉄兵&梅内支部長トークショートークショーも終わって起立したところ。

4月3日はボートレースの日

 今年で第156回目となるザ・ボートレース(オックスフォード大学vsケンブリッジ大学対抗戦)が、現地時間4月3日午後にイギリスロンドンのテムズ川で開催されます。

 テムズ川ワールドでアグレッシブな攻防が毎年相次いでおります直線4.25マイルのエキサイティングボートレース略してEBRは、日本時間3日0時頃からスカパー252chのBBCワールドニュースで生中継されます。

 ちなみに日本におけるボートレースのメッカはかつて東京オリンピックボートレース会場になり、今も全日本選手権等のビッグレースが開催される戸田ボートレース場ですが、併設の戸田モーターボートレース場では本日G1戸田グランプリが最終日。
 また、BOAT RACE隅田川では4月18日に日本版ザ・ボートレースの早慶レガッタを開催します。

KYOTEIからBOAT RACEへ ここでお知らせ。
 「KYOTEIからBOAT RACEへ」のキャッチコピーのもと、新年度から競艇は、専門紙ボートレース研究や戸田ボートレース場バス停と同様に、ボートレースの呼称が一般化されます。
 競艇振興会も新年度からBOAT RACE振興会になります。

川口オートレース場にお帰りなさいませご主人さま★

ブログネタ
オートレース に参加中!
サンスポ杯G1開設58周年記念グランプリレース 今日はオートレースのメッカにしてかつてのNK流メッカである西川口へ。
 目的地の川口オートレース場では今日から2月3日までサンケイスポーツ杯G1開設58周年記念グランプリレースの生本番開催中ですが、
 チェッカーフラッグを持ったメイド風の女の子が登場する萌え系ポスターが大きな話題を呼んでおります。

 この件についてはオートレースブログの代表格「ダメなものは駄目。酒でも飲んで忘れたい…。」さんがいち早く昨年中に紹介してますが、
 イラストを描いた介錯氏は「鋼鉄少女くるみ」や「神無月の巫女」等の作品で知られる有名漫画家であります。

 また、コスパの二次元コスパ・アキバ本店では節間「ビバ!川口オート!介錯先生デザイン 川口オートのオリジナルキャラアイテムプレゼント♪」先着キャンペーンを実施してます。

 ちなみにNK流は摘発で廃れてしまいましたが…
 行ったことは無いもののメイド風の女の子とヘルシーに遊べる「メイドin西川口」はNK流では無い合法店なので健在です。
川口オートがとうとうおかしくなった件

宇多田ヒカルや総理大臣も来場 川口今節は開設記念とあって節間イベントも連日豪華なわけですが…、個人的には最終日に歴代総理大臣が来場して総理杯を贈呈するイベントが一番気になるところですが、今日は宇多田ヒカルそっくりさんミラクルひかるのものまねライブが。
 勿論「It's autoracematic♪」なオートマチックも歌いました。

AutoraceManG1共同通信杯編&SG全日本選抜編 ちなみに昨年の57周年は元SMAPで国民的知名度がある川口オートのスーパースター森且行メンバーがG1初優勝を飾ってヤフーのトップページでも速報される大ニュースになりましたが、場内には森メンバーのコスプレが楽しい来月のSGとG1のポスターが並んで貼られてました。

最終R終了後の練習走行風景 実はぶっちぎりの青春川口オートは2005年11月5日以来約4年数ヶ月ぶりだったのですが、行ったことがある船橋伊勢崎飯塚のオートレース他場や他公営競技場と違って、CS中継モニター付近以外では全く実況音声が流れない川口仕様は以前と同じでした。ちなみに写真は最終R終了後の練習走行風景です。

 かぶりつきだと他場でもエンジン音で実況がほとんど聞こえなくなるとはいえ、実況付きの場に慣れてるのと川口オートが久々だったので少し違和感がありましたね。

 そういえば、現役オートレーサーのブログといえば「東小野正道6周目3コーナー的ブログ」と「DEFJAM&JONASAN-荒尾聡」が有名ですが…
 今節出場の川口支部からはGREEの「青木治親公式ブログ」に続いて、モエルトウコンを駆る男若井友和がアメブロに「燃えろ!若井」を開設しております。
ぶっちぎりの青春/佐々木功


下関G1中国地区選手権競走初日

 競艇と二次元萌えを融合させる事で有名な徳山競艇ではG1徳山モーターボート大賞特設サイトが公開され、今週第二章が公開されたオリジナルWEB小説「MAKURI†††六つの誓い†††」も作成する気合いの入った内容で、RPG風なビジュアルでヤフートップページでも紹介される大ニュースになったG1徳山クラウン争奪戦特設サイトを超える出来に。

 ですが、今日のメインはそれでは無く、実力と三次元萌えが融合した徳山地元スター兼中四国スターのA1レーサー魚谷香織
 「ぅぉちゃん★ぶろぐ」が大人気のぅぉちゃんは「魚谷香織選手・徳山競艇はかなり本気を出している、美人すぎる競艇選手」として非競艇系サイトでも紹介され、来月末にはフジテレビに出演予定な全国区の人気選手は今週25日に地元徳山のBOATBoyカップで優勝を飾って勢いに乗った状態でチュウチクに参戦。

 ぅぉちゃんの選手紹介は特設サイトにある動画の10分20秒過ぎから見られますが、今日のぅぉちゃんは前走地の勢いそのままに絶好調。

 先ずオール4000番台の1Rは1号艇の白魚で、123/546の進入から逃げ込み図るぅぉちゃんは6号艇堀本泰二(今節選手宣誓担当で下関地元スター)の大捲りをこらえきって2Mを先行し幸先良く白魚で白星。
 続く9Rは2号艇の黒魚で、1245/36の2コースからぅぉちゃんは29と、28スタートだった師匠の1号艇原田篤志共々スタート後手を踏みますが、4号艇山本浩次の捲り差しを内から張ったぅぉちゃんは、3号艇山下和彦のMAKURIを受け止めた師匠共々勝負圏内に踏みとどまり、ぅぉちゃんは1M差しから2M先頭で回った5号艇小畑実成を差しきって連勝。
 尚、師匠はこの2Mでぅぉちゃんと小畑イーグル会長の間を割って2番手に上がり、小畑と山下の追撃を振り切ってぅぉちゃんの連勝に花を添える師弟ワンツーを決めております。

 この連勝で、緑魚6号艇で乗艇する明日のドリーム戦でも楽しみになってきました。
 ちなみに緑魚と下関の絡みといえば今月3日の九州スポーツ杯争奪 関門大賞で大外から優出2着と健闘したのが記憶に新しいですね。
【競艇】こんにちくわdeおつかにさま魚谷香織編

【ブラックタイド】G1黒潮杯開催中の船橋に行ってきました!

ブログネタ
GO!!オートレース に参加中!
IKEA政和 写真の通り、今日はG1かしわ記念船橋競馬場に行ってから5日ぶりの南船橋に行って来ましたよ。

船橋オートレース場&サテライト船橋 今日行って来たのはサッポロビールG1黒潮杯開催中の船橋オートレース場。オートレース発祥の地にして家から一番近いオートレース場ですが、中に入ったのは2004年11月のSG日本選手権以来超久々。でもオートレースのエンジン音は生で聞いてこそって感じで聞いててわくわくしますね。

森メンバーとヒロタカマン弟 今日行った最大の理由は、船橋G1を連続で楽しんじゃおうという意図もさることながら、9Rで8番車の森且行メンバーと6番車のヒロタカマン弟仲口武志が同じ番組になってた事。このレース間に合う様に現着しました。ちなみに結果は2-8-5。

 船橋オートの食べ物は結構船橋競馬と重複してて、あんかけやきそばともつ串でおなじみ東西に、もつ焼きともつ煮込みでおなじみ田久保といった店も入っており、本日場内で購入した飲食物はレース名のサッポロ生ビール2杯と田久保の煮込み丼。オートと競馬で食堂が重複してるのは、どちらも施設所有者が同じよみうりランドっていうのが大きな理由でしょうね。

 さて、船橋オート中継といえば吉原完照沼杏菜オートごきげんトラベラーは必見)のコンビでおなじみですが、場内放送はヨシカンアナの実況が流れる以外は全く別物。
 ということでメインスピーカーでは中継音声が流れないのですが、場内何カ所かのTVモニターでちゃんと中継が流れてました。ちなみに自分が見た時はJAの方が出演して小松菜の宣伝をしてて、照沼さんが小松菜パンを食べてましたです。


 ちなみに船橋オートレース場はバック側にサテライト船橋を併設。入退場は要するものの、オートレースと競輪が同じ敷地内で楽しめるのです。
 今日の自分は船橋12Rの車券を購入した後、一宮G3毛織王冠争奪戦を購入する為に行ってきました。
 サテライト船橋で驚いたのが指定席のラインナップで、3000円の個室A&B席11席と2300円のC席4席がインターネットPCを備え付けてあること。つまり、サテライト発売場の実券購入をしつつ、PCを使って他場や他公営競技のインターネット投票をしてくださいといわんばかりのつくりに。個室席の写真を見たらまんまネットカフェでした。ちなみに車券は6番車池田勇人に所得倍増計画を託したら、早仕掛けで先頭に立ったまではよかったものの早々と売り切れて最下位。この後、オートレース場に再入場して12Rを見ましたです。
セアの申し子片平巧1000勝記念サッポロビールG1黒潮杯開催中


多摩川四市競艇事業組合42周年記念優勝戦

 兵庫A1選手が3人乗艇した是政夢劇場は枠なり3vs3の進入から1号艇山本隆幸(兵庫)が06トップスタートの速攻で堂々押し切り、多摩川2回目・通算16回目の優勝
 後続は2号艇芝田浩治(兵庫)が順走で2番手も、兵庫上位独占阻止に燃える?3号艇堤健一(神奈川)が1Mつけまいで4号艇鎌田義(兵庫80期3887・1974年5月10日生まれ)の進路をカットして、捲り差しの仕掛け遅れたカマギーは5番手。
 2M堤はカマギーに差されそうになるも振り切り、その勢いで2周1M内から艇を伸ばし今度は芝田に先行。ここは芝田に差されて堤は2番手浮上ならなかったものの、ここ外握ったカマギーが是政方面に大きく流れて完全に脱落。堤が3着に食い込み、兵庫トリオ上位独占はなりませんでした。

 で、もし今日若林将(千葉)が優出してたら多摩川に行こうと思ってたのですが、惜しくも優出ならずだったのと起きたのが午後だったので船橋へ。その若林将(若松編に出演)はGOLDEN BOYS2009#01キャッチアップGBコンビの進藤侑(尼崎編に出演)と10R選抜戦で直接対決。
 そして枠なり3vs3の進入から2号艇進藤が18トップスタートから捲りを打った展開を受けた若林は捲り差しを決めて先頭に立ち、シリーズ最後を1着で締めくくると共に、初日7Rに続く進藤との直接対決に連勝。

唐津日刊スポーツ杯優勝戦

 GW後半の5月5日から始まった6日間開催は枠なり3vs3の進入から1号艇坂本誠治が08トップスタートで速攻体勢も懐が開き、2号艇木山和幸が坂本を差しきり、2004年1月の尼崎一般競走以来となる通算7回目にして唐津初優勝

 尚、8R1号艇2着を最後に大阪24期2160立山一馬61歳が引退。1967年11月に芦屋でデビューした1馬は同月のデビュー2節目となる大村一般戦で初1着の水神祭。そして翌年の1968年12月には桐生で早くも初優出初V。その後1969年1月の芦屋総理大臣杯でSGデビュー。同年7月には三国周年記念でG1に初参戦。G1では22優出V3、SGでは4回の優出を果たしました。長い間お疲れ様でした。

【森且行G1初V】川口と川崎でG1があった今日は競艇も5場が優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 西川口の川口オートレースでは本日G1開設記念グランプリレースが行われ、オートレース界一の知名度を持つ地元森且行メンバーは7番車から好発進で3番手につけ、残り5周で2番手に上がり、残り4周で遂に先頭。そして食らいつく1番車岩科鮮太を振りきり、夢がMORI MORI森メンバーはSMAPメンバーの座を投げ打って1997年にデビューしてから約11年半、遂にG1初優勝を飾りました。
 オリジナルスマイルを浮かべた表彰式(レース&表彰式動画)では「やっと取れました。すいません遅くなって。勢いがいいんで、次の船橋のSG、優勝できるように一生懸命がんばります。」と、Can't Stop!俺たちに明日はある森メンバーは今回のG1初Vを喜び、ファンにKANSHAしつつも次のSGも冷静に見据えており、SGを制覇する日も遠くないような気がします。
 本日は1970年代のジャニーズを支えたフォーリーブスのメンバー青山孝史さんが肝臓がんでお亡くなりになる訃報がありましたが、一方で1990年代前半のジャニーズを支えた森メンバーがG1初Vという吉報もありましたね。

 次に、小向に厩舎があり堀之内の向かいに競馬場がある川崎競馬でG1川崎記念動画)が行われて、逃げるフリオーソを大名マークしたカネヒキリがフリオーソに半馬身競り勝ちG1V7を達成。

 とまあ、今日はオートと競馬でビッグレースがありましたが、競艇界も本日は5つの優勝戦。それに加え、宮島の岩田杯はノングレードとは思えない豪華メンバーのスーパードリームが行われました。


平和島日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇西島義則が26とスタート遅れ、2号艇橋本久和が絞りにかかるもペリカンさんは橋本を飛ばしきってイン先行押し切り体勢。
 ですが、4号艇雨宮昌一(神奈川)の捲り差しと3号艇鈴木博の差しがペリカンさんに迫り、鈴木を叩ききった雨宮がペリカンさんを捕らえきり、デビュー初V目指して2Mを先行。雨宮はここで突っ込んできた鈴木を包んでかわし、鈴木を行かせて差したペリカンさんの追撃を振りきって単独先頭。
 しかし、2周1Mペリカンさんの差しが雨宮に迫り、雨宮はガツンと締めて先頭をキープするも、2周2Mで雨宮のターンがもたついてしまい、差したペリカンさんが急接近。ですがここも締めて振りきり、1997年12月江戸川進入固定競走から始まり通算25優出目にして遂にデビュー初優勝。森メンバーがまだSMAPの一員だった1994年11月16日に多摩川でデビューした雨宮は1995年3月に江戸川で初1着してから通算383勝目の1着ゴールが今日の初Vに。

若松北九州市長杯争奪戦競走最終日

 優勝戦スタート展示の段階からゴリゴリっとインを奪っていた2号艇山下和彦(広島)が本番でもピット鋭発からインを奪い、213/456の進入から堂々09トップスタートを決め、通算44回目にして若松初優勝。差し順走の1号艇矢後剛と握って攻めた3号艇上平真二(広島)の争いは上平に軍配。

 ところで、今節は金曜日からの6日間シリーズになる予定でしたが初日が荒天の為中止。5日間シリーズに日程短縮となりました。また、びわこG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦を制した静岡91期4207松下一也に刺激されたか、今シリーズは福岡93期4252松下哲也が予選2位の好成績。
 しかし、勝てば優出1号艇だった10R準優勝戦では懐が全くないイン戦からマイシロ無く流れて3着。そして最終日の11R選抜戦では126/345の進入から3号艇小林基樹に捲られてしまい、外へ流れたパナソニックは2M差して2番手浮上狙いますが、ここで振り込んでしまい選手責任転覆と、最後はドボンと入水で終わってしまいました(動画)。

 また、予選1位で1号艇の11R準優勝戦でもイン逃げ決めた秋山直之は無事故完走が求められる準優前の一般戦7R6号艇で3番手航走も3周1Mで前を走る2号艇小畑実成イーグル会長のカマを掘ってしまい、追突された小畑はネトロンを乗り越えてエンスト。シリーズリーダーはまさかの妨害失格で賞典除外に(動画)。
準優2回乗り撲滅キャンペーン


住之江睦月ときめき競走優勝戦

 外から行こう・三重アウト屋会の2号艇澤大介がチルト+1.5度で大外に出た134/562の進入から澤がズドーン!と捲り一撃決めるも回りきった後の伸びが足りず、澤と1号艇濱野谷憲吾の間を割った4号艇池田浩二(愛知81期3941)と濱野谷を差した3号艇佐々木康幸(静岡81期3909)に並ばれ、最内の利で2Mを先行したハマナコの大魔神ササキ様が全速つけ回る池田浩を振りきり住之江2回目・通算32回目の優勝。レースを盛り上げた澤大介は2M差し届かず惜しくも3着でした。

 ちなみに、名張市生まれの澤大介は名門PL学園出身ですが、本日はPL学園の大物OB桑田真澄早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に合格したというニュースがありましたが、早大大学院にはなんと江口晃生も合格しました!この春からは競艇選手と大学院生の二足のわらじです。

大村イーバンク銀行杯ゴールデンレース優勝戦

 江戸川競艇場で6日間場外発売されたイーバンク杯ゴールデンレースの優勝戦は枠なり3vs3の進入から、3日目10R2号艇2着以外全て1着の1号艇田中信一郎が2号艇原田幸哉の差しを辛くも振りきり準パーフェクトVを達成し、昨年12月住之江賞金王シリーズ戦以来の通算45回目にして亡父の故郷大村では初優勝。2着に原口、3着に3号艇赤岩善生が入り、3連単1-2-3は380円。

唐津一般競走優勝戦

 124/536の並びから1号艇坪井康晴(静岡)が4号艇石田章央(静岡)の捲りを受け止めきって堂々押し切るつボイン戦を披露し、昨年11月浜名湖SG競艇王チャレンジカップ以来となる通算29回目の優勝で新鋭チャンプのパナソニックに続きました。
 後続は石田と捲り差す3号艇山本英志と差し順走の2号艇佐藤大介で接戦になりますが、2M先行した佐藤も外つけ回った山本も流れ、この2艇に加えて差し伸びてきた6号艇田中豪も行かせて差した石田が一気に2番手争いの主導権。そして2周1M田中つよしを包みきり、佐藤の全速戦もこらえきった石田が2着に入る静岡ワンツー。

宮島ファン謝恩岩田杯2日目

 初日のドリームTRで3着以内に入った6名によって争われたスーパードリームは枠なり3vs3の進入から内寄り3艇がスリット優勢で、13スタートの1号艇飯山泰が押し切り1着
 14スタートからつけ回った3号艇白井英治は飯山やすしに届かず、11トップスタートだった2号艇倉谷和信は引き波で艇が浮き、自身25スタートながら、直内の5号艇松井繁が32王者スタートをやらかした展開を突いての捲り差しを決めた6号艇山崎智也が白井西京を捕らえて2着。

(゚∀゚)さいたま!全日本選抜競輪開催中+桐生新東通信杯優勝戦

 まずは日曜日に書き忘れた事をひとつ。サタデーナイトに泊まった八百治博多ホテルはツアーの基本料金で泊まれたにもかかわらず、温泉大浴場付きで入口も広くて、9月に泊まったホテルスカイコート博多より快適でした。また泊まりたいホテルのひとつなのです。

 で、自分が下関&福岡と行ってた間に6日から西武園競輪場(駅は東村山市競輪場は所沢市)でG1読売新聞社杯全日本選抜競輪が始まってます。自分も遅ればせながら10月から競輪即時電投に加入したので、土曜にオープンしたサテライト若松には寄らなかったものの車券は買いました。
 よるのあかりはももあかりだった、ということでここからが本題。今夜ダメなものは駄目。酒でも飲んで忘れたい・・・。さんを読んでたら、テレ玉の競輪バラエティー番組ももチャリでGo!に興味が。江戸川区民の自分はテレ玉を見られませんが、幸いにも動画配信を行っていて見る事が出来ました。ということで↓にYOUTUBE動画貼っときました。


桐生新東通信杯優勝戦

 名古屋の広告会社新東通信のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇横山節明が09トップスタートも、横山はつけまいに行こうとした2号艇星野政彦を張りに行って共倒れになり、Be Sharp!に差し抜けた3号艇金子良昭(静岡)が今年4回目・通算61回目の優勝。2番差しの4号艇森定晃史が2着。
 以上のように、東海に本拠を置く新東通信のタイトル戦は優出メンバー中唯一東海地区の所属だった金子良昭が制しました。

【君津事項】福岡ソフトバンクホークス杯に三冠王松中来場

君津コンビトークショー G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯4日目のメインイベントは松中信彦(元新日本製鐵君津)と金子圭輔(君津市出身志学館高卒)の君津コンビによるホークス選手トークショー。司会はRKBラジオ鬼橋美智子アナです。
 足を広げリラックスした松中と足を閉じて緊張した金子の対比が面白かったのです。

福岡国際マラソン 今日は福岡国際マラソンレース。福岡競艇場のそばもマラソンコース。

王者初1着の若松MB記念4日目に新生市原初体験+吉川元浩おめ!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 節間1号艇が回ってこなかったものの4戦オール2着で予選得点率1位だった王者松井繁が3号艇1回乗りの7Rで3コースから捲り差しを決め、5戦目にしてシリーズ初1着を挙げると共に、残り5つのレースを待たずして予選1位を決めた若松SGモーターボート記念4日目。ちなみに今節予選で1号艇が無かった選手は王者の他に予選6位の中野次郎、予選18位に池田居るねの池田浩二、そして三嶌誠司でした。

 そんな今夜は会津若松発祥の幸楽苑がそばにあるボートピア・サテライト市原にリニューアル後初参戦。王者レースを始め買いたいレースは15時の休憩時間に前売電投で購入済みだったものの、新しくなった市原を見たかったのと、市原に行くついでに市原天然温泉江戸遊にも寄れるから勤務終了後に行ってしまいました。
 結構道路が混んでて、到着したのは若松11R締切後だったので実券購入出来たのは若松12Rと2Fサテライトフロアで発売してたF2開催平塚12R齊藤由貴出走レース)のみ。ちなみに齊藤由貴は「さいとうゆうき」と読む北海道の競輪王子ですが、ここは和田圭(宮城)をマークする作戦も両者共追い上げ届かず、和田3着の齊藤由貴5着という結果。

 ここで、リニューアルしたボートピア・サテライト市原を軽く説明。ボートピア市原の2Fフロア一部がサテライト市原になったのですが、これに伴い従来指定席客専用だった2F投票所が一般客も利用できるようになり、両方を簡単に行き来できるようになってます。これによって今まで1Fにいた客がいくらか2Fに分散された感じですね。あと、サテライトには最新の液晶モニターが使用されてるのに対し、ボートピアは2002年からずっと使ってそうな外観が色褪せたブラウン管モニターのままなので、サテライトをオープンしたついでにボートピアも改装すればよかったのにと思うところ。
ボートピア・サテライト市原


【吉川元浩水神祭】

 福岡市Yahoo!ドームで行われた今夜の福岡ソフトバンクホークスvs埼玉西武ライオンズは延長12回の熱戦の末4-4の引き分けに終わりましたが、延長11回表細川亨にホームランを打たれて窮地に陥った福岡ソフトバンクホークスを救ったのは、その裏にプロ入り初ホームランを打ったプロ入り11年目の吉川元浩
 吉川元浩といえば昨年末に福岡でSG賞金王決定戦を制したのが記憶に新しいですが、野球の吉川元浩は昨年読売ジャイアンツをクビになった後、福岡の入団テストを受けて育成選手として入団。そして7月31日に支配下選手登録を受け今夜ついに花開きました。また、今夜は松中信彦が通算300号ホームランを打ってます。

 ちなみに競艇の吉川元浩は土曜日から始まる大村スタート野郎決定戦〜スポーツ報知杯〜でフライング休みから復帰します。

【吉原完】JLC艇声人語#4は戸田・徳山【二宮淳一】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は、日本レジャーチャンネルの30分番組、艇声人語#4の初回放送を21日23時から見たのでその話。ちなみに艇声人語はJLC NEWS内で不定期に放送されてる人気コーナーで、今回はそれの30分独立番組版です。
 番組の紹介ですが、今回の出演は戸田と徳山を担当する実況集団KNDYから吉原完アナと二宮淳一アナのO型コンビ2人。
 前半15分は踊る実況アナたもっちゃんこと吉原アナで、大村競艇からも近い長崎県諫早市に生まれた吉原アナは教職を目指し資格は取得するものの採用試験に落ち、そこで小さい頃に大村競艇やスポーツ中継で憧れた実況アナの夢を実現しようとアナウンス学校入りし、今の職業に。最初は徳山を担当し住居も徳山、その後関東に拠点を移し戸田・徳山・オートレース・東京シティ競馬中継司会と幅広く担当し、今週末にSUPER GTの実況デビューです。尚、実況を担当した戸田競艇思い出のレースは地元平石和男が逆転2着で優出を決めた昨年のグランドチャンピオン決定戦準優12Rでした。最後に、実況とは「どこでもドア」と締めています。

 後半15分は一度聞いたら忘れない特徴的な声の二宮アナで、二宮アナ編は艇声人語の初期にJLC NEWSで放映されたのですが、今回大幅に内容が追加されてました。だから、JLC NEWSで既に見たという方も必見です。
 東京都港区出身の二宮アナは高校時代に江戸川区平井(江戸川競艇場無料送迎バス発着駅)に引っ越し、そこで江戸川競艇にはまったのがきっかけ。そして当時はJLCも無く、江戸川のレースが当たり前だと思ってた時に他の競艇場に行って江戸川とのあまりの違いにカルチャーショックを受けて24場制覇の野望を持ち、最後児島で24場制覇を達成した筋金入りの競艇ファン。そして24場制覇への原動力となったのは橋谷田佳織の追っかけでした。そんな旅打ちの過程で各場の実況を聞いてるうちに実況の世界に興味を持ち、そこから夢を実現させて実況アナに。
 今回新たに二宮アナが思い出のレースとして挙げたのは、雷雨で停電した2004年8月徳山一般競走優勝戦。今回初めてレース映像見ましたが、スタート寸前で本映像がぷちっと切れちゃってました。そんな中、二宮アナはいつも通り冷静に実況してるのも印象的な映像です。最後に、実況とは「放送席から愛を込めて」と締めています。
 ですが番組はここで終わらず、二宮アナ編は締めの後に新企画「艇声対談」が追加されてました。一源 戸田公園店にて生ビールとホッピーをお供にした対談は戸田・川口でお馴染み堂前英男アナが出演。堂前アナが戸田SGグランドチャンピオン決定戦優勝戦で言いたい事を伝えきれなかった話をすると、二宮アナが徳山G1企業杯JAL女子王座決定戦優勝戦で噛んだ話をしてました。

 艇声人語#4は21日の初回放送以外にも再放送があり、今月の再放送は380chで28日23時、381chで28日17時と29日21時と31日22時、382chで27日17時です。もしSKY PerfecTV!に入って無くてもクレジットカードかイーバンク口座があれば即時に競艇BBに入れるので21時以降のJLCがスカパー加入無しで見られます。

【金曜日の二宮さんと吉原さん】

 二宮アナが実況した徳山すなっちカップ2日目からは8Rを。
 「スタートライン上は依然として追い風のコンディションですが、前半戦に比べますと風の方が幾分弱まってきた感じであります(動画)。」な8Rは152/346の進入から5号艇金子良昭が12トップスタートも、「センター勢が凹んでいます。さあ4番の飯山も好展開です。」ということで15スタートの4号艇飯山泰が一気に捲りきり、1号艇原義昭と金子良昭のよし昭コンビを従え1着

 吉原アナが実況した船橋オート千葉県営第2回第2節最終日からはもちろん優勝戦
 0ハン2人が先行し、20mハンデの6番車谷津圭治と同じく20線の7番車岩田行雄が直後で激しく競る展開。3周回目に入ったところで谷津が0ハンの2人を一気に抜き去り先頭に立ちますが、直後でマークする岩田が3周目の3コーナーで谷津の内に入り込み先頭に。4周目で谷津を振りきった岩田は、替わって2番手に浮上した20線の8番車岡部聡(山陽)の追撃を振りきり、地元岩田行雄51歳は「20線3人の腕比べ(動画」を制して約2年ぶりの優勝です。

 おまけ:二宮アナが実況した2007年12月徳山G3女子リーグ戦3日目12R動画

【競艇】ボートピア市原内にサテライト市原が23日オープン【競輪】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 千葉県市原市にあるボートピア市原は、多摩川競艇を主催する東京都四市競艇事業組合が平和島SG総理大臣杯初日の2002年3月16日に開設した関東地区初の場外舟券売場にして1日4競艇場同時発売を最初に実施した場外舟券売場。現在の昼夜複数場併売の流れを最初に作った画期的な存在です。
 そんなBP市原ですが、元はダイエー市原店だったこともあって2階建てながら建物はとても広く、建物内にはミミスイミングクラブ市原も併設。そして明後日23日土曜日には建物内2Fフロアにサテライト市原を開設(概要)。G2ふるさとダービー福井初日でもあるオープニング初日のイベントとして千葉のスーパースター滝澤正光元選手が来場するサービスがあります。
 ちなみにサテライトの施行者は千葉競輪の千葉市と京王閣競輪の東京都十一市競輪事業組合になっておりますが、千葉市は7月26日にサテライト成田もオープンさせています。

 以上の様に同一建物内で競艇と競輪が買える様になるわけですが、これは小倉競輪場内に2006年10月20日にオープンした若松競艇場外ミニボートピア北九州メディアドーム、 山梨県甲斐市の立川競輪場外サテライト双葉内に今年3月21日にオープンした戸田競艇場外ミニボートピア双葉に続く3場目。但し、競艇施設に競輪施設が入る例としては初になります。
 ところで、ボートピア・サテライト市原の施設所有者は広島県の折本産業株式会社。呉駅近くにある折本マリンビルにはボートピア呉徳山(1号館2F&2号館2F.4F)とボートピア呉宮島(1号館1F&2号館5F)が同居しており、複数の発売場を同居させる事に関しては実績があります。

【いちはらてっぺい】

 本日は北京オリンピック女子ソフトボール日本代表が宿敵米国相手に見事金メダルを獲得しましたが、正子のおつげでお馴染み佐藤正子元選手に声がそっくりな宇津木妙子前日本代表監督も感極まった解説で金の感動を更に盛り上げました。
 その宇津木前監督は現在、群馬県ルネサス高崎総監督ですが、群馬県桐生競艇場ではBP市原でも発売中の日本モーターボート選手会会長杯2日目を開催中。そして今節の目玉選手として市原の石渡鉄兵が出場中です。
 ドバッ、ドバッと行こうぜおれは鉄兵ちばてっちゃんは初日7R3号艇が2コース捲り、12R記者選抜4号艇が3コース捲り差しで連勝。ニコッ、ニコッとわらってだいじょうぶな走りでしたが、本日は5R5号艇と10R1号艇の2回乗り。
 前半5Rは153/642と2コースに入り、千葉鉄は17スタート。それに対し6号艇浅見昌克が阿左美沼で02タッチスタートからカド捲りを放ち、直外から捲り差す4号艇小澤和也と先頭争い。千葉鉄は2号艇服部達哉(スタート+08)の捲り差しを張っての3番手でしたが、ガッツ浅見と先頭を争っていた小澤が+01で服部共々フライング。千葉鉄は繰り上がっての2着でオール2連対キープ。確勝を期した後半10Rはもちろんイン逃げ1着でシリーズリーダーの座を確かな物に。BP市原のファンにかっこいいところを見せています。
 尚、千葉鉄の愛弟子で同じく市原出身、しかも父は千葉競輪の44期足立充司元選手で、まさにボートピア・サテライト市原のヒロインといえる足立かなえは、これもBP市原で発売中の大村G3女子リーグ戦蛭子能収杯に出場中。3日目を終えて成績の方は(66644)と舟券絡みがありませんが本日は4着2本で、2日目までの6な成績から脱却しました。
市原鉄兵市原かなえ

【焔走】びわこG1高松宮記念杯競輪最終日

 本日はG1高松宮記念杯競輪(東西対抗戦)最終日びわこ競輪場(柳ヶ崎)に行ってきました。小倉竜二(徳島)以外全員東軍となった決勝戦は4回転ギアの平原康多(埼玉)が最終周回一気に仕掛けて先頭になり、3コーナーに入って新田康仁(静岡)が仕掛けたタイミングに合わせて直後の渡邉晴智(静岡)も仕掛け、新田が外に持ち出したのに対し晴智は最内を突き、これが功を奏した晴智が直線突き抜け3月の地元静岡G1日本選手権競輪に続く特別競輪優勝。外を回した分届かなかった新田が2着で、静岡ラインのワンツーに。3着は仕掛け遅れて後方一気になった4回転ギアの◎山崎芳仁(福島)。
上位3人出席の表彰式

 とまあ、レースはそんな感じでしたが本日は超特割青春号で大阪入りして魚民系列のワイプ阪急梅田茶屋町駅前店で昨日のエントリーを加筆してからボートピア梅田(1Fに貝だしのラーメン白龍オープン)そばの大東洋で朝風呂してから世界の湯川こと湯川秀樹名誉市民に奉る京都市に向かい、お京阪四条駅そばの松葉で初めてのにしんそば。煮魚に近い食感を想像してたんですが、身欠きにしんの食感って乾物ならではの独特の食感ですね。
 にしんそばを食べたところでいよいよびわこへ移動。びわこといえば吉田弘文天皇が制した2007年G1びわこ大賞からはや一年。湖西線西大津駅は大津京駅に名を改めましたが、その大津京駅から柳ヶ崎行き無料お京阪バスで柳ヶ崎(びわこ競輪場)に到着。
 着いた時は艇界の専務・3のチルトで勝ちに行きます世界の湯川浩司がレパートリーにしてることでも有名なチッチキチー大木こだま・ひびき漫才ショーの直前で、尻に根っこの生えたのネタや、指の動きがチッチキチーに類似してるグ〜なネタを「相手グ〜や、こっちチ〜や。こっちの負けや〜。」と料理したネタと生チッチキチーに大爆笑して、魚谷智之も啓蒙する小嶋敬二社長圧勝の8Rを見たところで学生時代からの友である膳所在住のぜーぜーさん到着。ちなみに9R発売中にはLOVE9のエキシビジョンレースがありましたです。レース後は無料バスでびわこ競艇場を通過して大津駅に着き、ぜーぜーさんと駅前の焼肉屋東湖園で4000円の食べ飲み放題コースで腹一杯になり、京都からN700のぞみで帰郷。東湖園は自分の競艇デビューだった1999年7月10日のびわこ一般競走3日目
に食べて以来だったのです。

 ちなみに、下の写真でびわこ競輪マスコットビッシーくんと一緒に写ってる貴族キャラは源氏物語千年紀in湖都大津のマスコットキャラクターおおつ光ルくんです。
西大津改め大津京駅ビッシーくんとおおつ光ルくんがお出迎え大木こだま・ひびき
 

【東京都区内】花の都の真中で今日から江戸川競艇4日間シリーズ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇は今日から25日までの4日間の短期シリーズ、ノンタイトルの一般競走です。初日のトップレース(北向かい風1m波高5cm)が始まりました。6号艇村上橋蔵は前走地戸田埼玉新聞社杯で7戦逆パーフェクト、その前の唐津一般競走最終日3Rも入れると8走連続6着でして、6号艇のここも6着のピンチでしたが頑張りました。
 レースは33トップスタートからスタート一撃で捲った4号艇大澤真菜が先頭でしたが、2Mで懐を空けすぎた上に急減速のお地蔵ターン(動画)と露骨に江戸川の水面を怖がるそぶりを見せた当地初出場の99期大澤真菜21歳は、1M差しで2番手の3号艇岩下太男60歳ががら空きの懐を突いてきたらまともに前をカットされ、その勢いで1号艇柴田哲男にも飛ばされて一気に最後方。いくら当地初出走で経験不足の99期とはいえ、スキだらけの2Mはちょっといただけないですね。
 で、本題の村上橋蔵ですが、1Mの捲り差し不発でやっぱり最後方だったものの2Mで浮上。そして5番手を走った村上橋蔵は3周2M危なっかしいターンながらも前を走る2号艇増田弘喜を捕まえ、両者ほぼ同体でゴール。結果僅かに競り負けたものの5着に入り、連続6着記録を8でストップさせました。

 但し、1号艇で登場した第5Rはイン15スタートながら、16スタートの4号艇宮本紀美のカド捲りを貰い、更に紀美の上を同じく16スタートの5号艇長谷川充が2段で捲る展開になって村上橋蔵イン戦生かせずの6着大敗です。 尚、このレースは3号艇に木下繁美がいて、紀美繁美対決は2Mから2周1Mにかけて2着競り(動画)になったものの、波乗りと江戸川実績で1日の長がある紀美が2Mを差し、2周1Mを包んで振りきってます。

 予断を許さぬ激しい攻防戦が相次いでいます今日の水面上、今シリーズの有力所と目されるメンバーが一斉にピットを飛び出してきました。江戸川選抜戦の第12Rを迎えております。1号艇別府昌樹が02のトップスタートを放って1Mを先に回ったもののサイドが全く掛からない痛恨のミスターン。差した2号艇太田和美と捲り差した3号艇折下寛法が別府を差しきり、ご承知の通りSGタイトルホルダーにして国会議員の和美が2M先に回って折下を突き放し1着ゴール。和美は5号艇の前半第6Rでもシャープな捲り差しで2着に食い込んでおり、一枚上の捌きを前後半共に披露しております。
 尚、場内では11月10日から始まるG1江戸川モーターボート大賞のメンバーが掲示されており、今シリーズのメンバーからは和美と折下の他に飯山晃三君島秀三が斡旋されております。ということで、ウェイキーカップに呼ばれずに今日から江戸川を走るTokyo bay piratesクラブ員の角谷健吾は江戸川MB大賞にも呼ばれませんでした。

ハア踊り踊るならチョイト東京音頭ヨイヨイ

 晴天の本日は緑傘を持って宮本紀美がいる本場開催と魚谷智之がいる多摩川G1ウェイキーカップ場外を売る江戸川競艇場へ。そう、緑傘といえば宮本紀美ならぬ宮本慎也、魚谷ならぬ鳥谷敬がいる神宮球場ですね。
 ということで、無料券を手に入れた事から江戸川の後は緑傘を持ってヤクルトvs阪神戦です。2001年G1ウェイキーカップ以来となる多摩川6年ぶりぶりブロッコリーを克服して予選通過を決めた烏野賢太は阿波踊りですが、神宮は傘踊りです。わたくし、よ(みうり)党よりもヤ(クル)党ですから。
 さて、売店で鳥のケンタならぬチキンバスケットを買ってから外野席に入場。試合は阪神2点先制もヤクルト3点取って逆転。更に2回には追加点で4-2。しかし斉藤舞子との色恋ボケのせいか?先発の川島亮関本健太郎に2ランを打たれ同点にされ、流れを変えようとスコアボード下で鳥の鉄板焼を買ってる最中に鳥谷までもが2ラン。鳥食ったら鳥に食われてしまいました。ですが、今日のつばめはひと味違いました。その裏3点取ってすぐさま再逆転。5回にもう2点取って9-6です。以降はそのまま押し切りヤクルト勝利。花の都の真中で真中満もスタメンだったし、4打数3安打3打点の宮本もお立ち台に上がって実にめでたい。
古田17年間ありがとう


【日曜競馬キルトクール】

 今年のカマはエリモハリアーしかいない中山G2産経賞オールカマーのキルトクールはネヴァブション。骨折休養明けの上に2200mは競走中止含め3走全て着外。これでは苦しい。

 今年から2400mになった阪神G2神戸新聞杯のキルトクールは負債地方王ことフサイチホウオーG1東京優駿の敗因は距離だと考えてるので、今回も距離の壁に泣くはず。

ライちゃん感激!小嶋敬二G1高松宮記念V2達成

ブログネタ
KEIRIN に参加中!
 大津びわこ競輪場6月2日から開催されていたG1高松宮記念杯競輪(東西対抗戦)は、打鐘直後に6番北都留翼(福岡)が落車し、9番のマリンフェスタ山田裕仁(岐阜)も巻き込まれて落車。
 しかし、ヤマダがこけてもコジマがあるさ。ということで2番小嶋敬二(石川)がびしっと早めの捲りで先頭に立ち、追いかける前年覇者山崎芳仁(福島)の追撃を1/2車輪振りきって優勝、2003年大会以来となる高松宮記念V2を達成。西軍2名が落車する中、東軍の山崎を抑えきった西軍のコジマは10日からの次節富山G3瑞峰立山賞争奪戦ライちゃんお待ちかねの地元凱旋を果たします。尚、最終日の入場は7623人で売上は46億2262万9500円、節間総売上は149億2111万1000円でした。

多摩川神奈川新聞社賞優勝戦

 さあ行こう優勝戦!135/246、スタートを切りました!1号艇一宮稔弘が徳島うずしおターンで押し切り多摩川3回目、通算19回目の優勝。優勝した一宮には神奈川新聞社東京支社営業部長須藤博倫選手すどうひろゆきさまからiPodが贈られました。
 後続は2コース順走の3号艇浅見昌克が2番手を航走し、3コース捲り差しの5号艇吉永則雄が3番手と奇数艇トリオが上位を形成しましたが、2周2M若干もたついていたガッツ浅見にのりおが突っ込み、のりおはやや失速。この間に内を差した2号艇加藤知弘が3着に上がって奇数艇トリオは崩れました。

芦屋全日本王座感謝祭ファン選抜戦優勝戦

 インから02と気合いの踏み込みを見せた1号艇吉村正明が今年3回目、通算5回目の優勝。全日本王座感謝祭はさながらまちゃあき海賊団感謝祭になりました。2着には2コース順走の2号艇室田泰史が入ってます。
 そして、1968年6月6日生まれの61期3333丸尾義孝徳島支部長は3号艇で優出してましたが、3コースの丸尾君は捲り差し不発で4カド差しの向達哉と3着争い。丸尾君は2Mで向を差し返し3着争いの主導権を握るも、2周1M切り返しで突っ込んでくる向を抱いて交わそうとした丸尾君は先行艇の引き波を踏んだ事もあって包みきれず、向に抜かれてしまいバースデーイブを舟券絡みで飾る事が出来ませんでした。

下関一般競走優勝戦

 1号艇富永正人がイン05トップスタートの速攻戦で押し切り通算15回目の優勝。2コース順走の中島孝平が2着。

【びっしビッシー】びわこのG1高松宮記念に初参戦【いくからな】

ブログネタ
KEIRIN に参加中!
 本日はG1高松宮記念杯競輪初日大津びわこ競艇場に、学生時代からの友人である大津市膳所在住のぜーぜーさん(仮名)と行ってきました。これで日本三大高松宮記念中2つに行ったことになりました。次は10月の住之江G1高松宮記念特別競走ですね。
 本日の行動ですが、プレミアムドリーム号で大阪入りして、すぐ新快速に乗り京都で途中下車して徒歩約5分の新福菜館で小ラーメンとやきめしを食べて大津入り。大津から無料バスに乗って途中びわこ競艇場(笹川賞の場外発売なし)を通過して初めてのびわこ競輪に到着。
大津びわこ競輪場

 自転車で来場して先に入って席を確保していたぜーぜーさんがいるガラス張りの2階自由席に入ってから、開会式を見にステージへ。選手紹介は競艇みたいに全選手ではなく、いわゆるドリーム戦メンバーのみの登場でした。その初日特選11R白虎賞12R青龍賞は東西対抗戦である高松宮記念らしく東西別の特選で、白虎賞が西日本選抜で青龍賞が東日本選抜です。白虎というとつい会津若松を連想しますが、競輪の白虎は西日本選抜です。ちなみに選手宣誓は前年覇者である山崎芳仁(福島)が担当しました。
白虎賞出場メンバー青龍賞出場メンバー

 Bank of Dreamびわこ競輪はLake of Dreamびわこ競艇と比べると全体的に建物が小さいですが、びわこ競艇と同じ日本トーター製ながらマークカードはびわこ競艇のそれよりはるかに高性能で、流しは1人固定(びわこ競艇は2人固定)、BOXは全通りBOX(びわこ競艇は3人BOX)、そして出目派のファン大喜びの全レース買いマーク欄と、住之江競艇場のマークカードと同じタイプで非常に使い勝手がよろしいものでした。ちなみにマスコットのビッシーくんは選手紹介(競艇でいうところの展示)中に必ず登場し、着ぐるみらしからぬ軽快な動きを披露してたです。
 そんな高松宮記念、車券は的中率1/12(しかも唯一の的中は10Rの1番人気車券)と悲惨な結果に終わり、レース後は、大津駅近くの串居酒屋 見聞録で飲み食いして新快速で大阪へ戻りました。
ビッシーくん

 ところで、本当ならボートピア梅田そばのサウナ&カプセルホテル大東洋(天然温泉萬の湯付き)にチェックインしてから外出してネットカフェで書こうと思っていた土曜日のエントリー。しかし話も酒も食も弾んでビールとウオッカをしこたま飲んでいて書ける状態じゃなかったのでこれを書いてるのは日曜の朝。サウナに入って二日酔いも抜けリフレッシュした状態で梅田にあるMedia Cafe POPEYE泉の広場店からお送りしております。
 そのポパイに入って驚いたのが、OSがなんとWindowsVista!ちょっと慣れるまで時間がかかりました。ちなみに泉の広場の近くにあるのはOSビルです。


 2つの特選レースの結果は、白虎賞が逃げる小嶋敬二(石川)をマークして差した加藤慎平(岐阜)が1着、青龍賞は早めの捲りで先頭粘る佐藤友和(岩手)を差した山崎が1着でした。尚、初日の入場は5774人で売上は32億122万4100円でした。

住之江SG笹川賞準優勝戦

 1つ目の準優10Rはエンジン全開で勝ち進んできた人気の中心1号艇白井英治のイン戦も、まさかの振込詐欺。白鷺もとい白鮫はG1びわこ大賞優勝戦の54スタートに続く賞典レースイン逃げ大失敗であります。
 これにより、ダッシュ3艇が白井の外を回らされたので、2コースから早々と差しに構えて不利が最小限だった2号艇田村隆信1着、3コースからの差しは危うく白井に乗り上げそうになるも間一髪すり抜けた3号艇原田幸哉が2着になりました。現地参戦した山ちゃんさんからのメールによりますと、場内2Mでは振込詐欺の白井に対して強烈な罵声が浴びせられたそうです。当然でしょうね。

 得点率1位の瓜生正義が1号艇の準優11Rは5号艇湯川浩司が地元の意地でスタート展示同様のイン取り。しかし、湯川は28とスタート遅れてチッチキチー。2コース09トップスタートのウリ坊が捲りを決め、3コースから捲り差しの濱野谷憲吾と先頭争い。2Mは内の濱野谷が先に回りますが、これを難なく差したウリ坊が1着、濱野谷が2着。湯川の前付けを冷静に対処したウリ坊は最終を待たずして優出1号艇決定。

 王者のいる準優は無条件で最終R。ということで得点率2位の王者松井繁が1号艇の準優12Rは136/245の並びとなり、王者が華麗なる逃走劇を披露し1着。3コースから捲り差しの三嶌誠司が2着になりましたが、後方ではちょっとしたトラブル。
 2コースの上瀧和則がもたついてるところに4カドの池田浩二が乗り上げ、両者完走したものの舟券圏外に。5コースからの外マイで難を逃れた田口節子が3着に入りました。SG初準優で3着に入った田口節子は出走回数不足の為に来期B1ですが、今回の活躍は今後へのFly Highとなるでしょうね。


 優勝戦はこんな枠順に。SG10度目の優出にして初めての1号艇を手にしたウリ坊がウリ年にSG初優勝と行きますでしょうか。逆転があるとしたら一発の田村か前付け濃厚のミシマさんでしょうね。

1:ウリ坊 2:王者 3:田村 4:濱野谷 5:原口 6:ミシマさん

 自分も参加している予想大会K-BATTLE〜笹川賞 勇気を笑顔に優勝戦!も本日が最終日。そして、自分も参加してるギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースでもあります。ちなみに東京G1安田記念も対象レースですが、安田記念の表彰式プレゼンターはひかる金剛力士王千代大海です。よってコンゴウリキシオーが◎。相手は中京G1高松宮記念優勝馬スズカフェニックスと牝馬ですね。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

【4月26日〜5月9日】競艇ゴールデンウィーク、昨日で終了。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 4月26日の若松スポーツニッポン杯争奪GW特選から始まった各地のGW開催も昨日の住之江ラピートカップで最終日を迎えました。
 今年のGW優勝戦開催日は5月1日の若松を皮切りに5月2日のびわこ、5月3日が尼崎で5月4日が江戸川と多摩川、1日おいて5月6日が唐津で5月7日が6場、そして大挙11場が優勝戦だった5月8日があって、最後が住之江の5月9日だったわけですね。今年は5月7日と5月8日に集中していて、祝日の5月5日に1つも優勝戦が無かったのが特徴といえるでしょう。

 初優勝だったのは若松スポーツニッポン杯争奪GW特選の96期篠崎元志びわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップの93期馬場貴也と序盤の2日に先ず2人出て、次いで8日の津スポーツニッポンパール賞競走で92期安達裕樹が初優勝を決めました。3人共新鋭リーグ組で、特に篠崎と馬場は同期の一番乗りですね。

 GWレースは地元選手中心の斡旋、特に戸田ウインビーカップと住之江ラピートカップはオール地元支部となるので必然的に優勝者も地元選手が多くなりますが、そんな中アウェーで優勝した遠征選手は江戸川ゴールデンカップ横澤剛治(静岡)、平和島京浜急行社長杯佐藤大介(愛知)、下関九州スポーツ杯争奪競艇の日大賞木村光宏(香川)、以上3人でした。なんといっても3場中2場が東京というのが特徴的ですね。

 最後に、若松と全く同じ日程で4月26日から始まり5月1日が優勝戦だった大村西日本スポーツ杯はGW開催ではありません。大村のGW開催は3日〜8日まで行われたスポニチ杯GW特選です。

【びわこのビッシーくん】

 6月2日から始まるG1高松宮記念杯競輪(東西対抗戦)を次節に控える大津びわこ競輪場。高松宮記念前最後の開催となるF1パールカップ争奪戦S級決勝には向日町の伊藤保文が準地元バンクの決勝戦1番枠で登場。伊藤保文といってもピンとこない方もいるでしょうが、滋賀支部水口由紀の夫と言えば分かりやすいかと。
 その伊藤、周回中は先頭を走り、勝負所で一旦位置を下げてから捲り戦を仕掛けます。そして一度は捲りで先頭に立つも最後2人に差されて残念ながら3着。優勝は伊藤マークで上がっていき、最後伊藤を差した地元びわこの4番枠北川智博でした。

 ところで、住之江SG笹川賞のパンフレットをGW中に手に入れましたが、案の定巻末の全国場外発売日程にはびわこ競艇場だけありませんでしたね。

 ここで私事ですが、今年の目標のひとつが日本三大高松宮記念参戦。今年は笹川賞と高松宮記念が同時開催な上に笹川賞が住之江なので両方行ける、じゃあ行こうと3月25日中京G1高松宮記念で膳所在住のぜーぜーさん(仮名)と会った時に思いついたのです。2日がびわこで3日は午前中ボートピア梅田ウインズ梅田に行ってそれからメッカ住之江競艇場ですね。
 日本三大高松宮記念参戦ですから、もちろん10月23日〜10月28日のどこかで住之江シティーナイターG1高松宮記念特別競走に現地参戦します。今回は入れそうにない住之江指定席に入るのが高松宮記念時の目標なのです。

【競艇名人戦】団塊の世代選抜戦勝者は1949年生まれの原田順一

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 大村G1競艇名人戦4日目のメインレースは1947年1月1日〜1950年12月31日生まれ限定の団塊の世代選抜戦。進入は枠なり5vs1と昨日の2000勝レーサー選抜戦に続いて第4代名人位新井敏司(1948年3月7日生まれ)が6コースに。 そんな進入から3号艇原田順一(1949年11月22日生まれ)が3コース捲りを決め1着。5コースから差した吉田重義(1949年3月10日生まれ)が2着に入り、吉田に続いて大外から差した新井敏司は4番手から2Mで先ずは2号艇佐久間理(1947年7月1日生まれ)に突進。新井は佐久間を飛ばした間に1号艇関忠志(1950年11月18日生まれ)に差されますが2周2Mでセキチューに突進を仕掛けて見事成功。大激戦の3着争いをものにしました。
 かくして、栃木県小山市の重鎮新井敏司第4代名人位が5着に終わった昨日からジャンプアップしたのに対して栃木県内に6店舗を展開するセキチューは3周1Mで佐久間の突進を貰い、5コース進入に甘んじた昨日に続いて6着に沈んでしまいました。

 競艇殿堂入りの鈴木弓子を妻に持つ艇界のイチロー鈴木幸夫選手会理事が1号艇1着勝負駆けの10Rはその鈴木幸夫が見事イン戦決めて1着となり勝負駆け成功。競艇殿堂入りの北原友次を同期に持つ5期メン加藤峻二御大はこのレース5号艇で登場、5コースからの差しで3コース捲りのシリーズリーダー岡孝と2番手併走。加藤御大は2Mで岡に捲られるものの、2周1Mで艇が浮いた岡の懐くるっと上手く回って2着に入ってます。加藤御大の前半6Rは2コース隼捲り不発で着順こそ3着でしたが、予選通過はこの時点で当確となってました。そしてこの2着で予選4位まで押し上げ準優10R2号艇となっています。

 話は変わりますが、blog開設から1000日経った1002回目のエントリーとなる今日は昨年末の代替休暇。加藤御大も好調ビバヽ(゚∀゚)ノさいたま!ということで埼玉県比企郡滑川町つきのわにある大家で太麺の醤油食べつつ、皆野衆が集う秩父温泉満願の湯に行ってきました。大家は太麺(こってり)と細麺(あっさり)でスープが違うようなので、次は細麺にチャレンジしたいですね。東松山ICから近いので群馬方面に行く際にも寄れそうな立地なのです。

G3福島牝馬ステークスキルトクール】

 キルトクールは前年覇者ロフティーエイム。昨年が52kgで今年は54kg。おまけに昨年は直前好成績で臨んだのに対し今年は3走連続掲示板外で臨む状況と上積み要素は薄く、それでいて上位人気が見込まれるのでキルトクール。

夢がMORI MORI DREAMS】

 メッカ川口オートレース場で昨日行われた優勝戦は新年度からオートレースのCMに出演している森且行メンバーが追いかけてくる青木治親(元ロードレース世界チャンピオン)を振り切り2003年大晦日以来となる通算15回目の優勝を達成。しかも4戦全勝の完全Vというおまけつきでした(動画)。
 久々の優勝を飾った森メンバーは川口次節SGオールスターオートレースに向けてがんばりましょう。この勢いでSG初Vを飾り、最終日に来場するGacktとの豪華共演に期待しちゃいます。

さらば吉岡稔真!京王多摩川は吉岡コールに包まれた

ブログネタ
KEIRIN に参加中!
 今日は京葉賞初日にしてまぐろ解体ショーの江戸川競艇場へ足を運んだ後、京王線直通急行で多摩川カップW準優勝戦
ではなく京王多摩川駅そばの京王閣競輪場へ。元旦以来の京王閣参戦です。
 本日の開催は全国競輪場施設協会(加盟各社:西武鉄道株式会社・株式会社京王閣・松戸公産株式会社花月園観光株式会社三生興産株式会社富山地所株式会社)会長平野末吉氏の功績を称えたF1開催平野末吉杯と、平野末吉杯終了後の最終レースに行われるGPKEIRINグランプリ
グランプリだ!京王多摩川駅前の京王閣

 今年一番の売上を残したF1開催平野末吉杯の頂上決戦S級決勝は地元の高橋大作がそうかイに勝ち全国競輪場施設協会会長平野末吉氏本人から優勝杯を貰い、地元バンクで大吉な年の瀬となりました。
 次いで末吉杯の後に行われたメインレース吉岡稔真引退記念KEIRINグランプリは1970年6月15日生まれの65期吉岡より1つ年上の1969年12月13日生まれな64期有坂直樹がグランプリ初優勝。デビュー僅か2年未満の1992年3月に前橋日本選手権を優勝したのを皮切りに同年は平塚KEIRINグランプリ始め特別競輪V3、以降も数々の実績を残し第一線で活躍してきた吉岡からバトンを受け継いだのは遅咲きの年上選手有坂でした。
 そして紙吹雪舞う演出があった有坂の表彰式に引き続いて吉岡から重大発表が。それは大方の予想通り引退発表で、吉岡の両親も出席した引退式は数多く残った場内のファンから声援と別れを惜しむ声が。そして吉岡コールに見送られてバンクを去りました。レースでは勝負所後方に下がり最後まで後方ままの最下位でしたが、引退式でこの日の主役といえる存在感を残した吉岡でした。
 吉岡の引退に際して有坂からもこんなコメントが。
吉岡君がこのレースで引退しましたが、歳も一つしか違わないし、期は一つ下なんですけど、自力でやっていた時は吉岡君と勝負していたんですけど、やっぱり近い年代で、しかも超一流の選手がやめてしまったことで、今までは引退とかあまり考えていなかったんですけど、自分も第二の人生を考えなきゃいけないのかなと思ってしまいました。本当にご苦労さまと言いたいですね。」 

【江戸川競艇の近くには京葉道路】

 A1が5人登場の今シリーズ京葉賞は元旦が中休みで新年4日が最終日の5日間シリーズ。シリーズ4日目の新年3日にはW準優勝戦が行われます。現A1と現A2が3人ずつ集まった初日メイン江戸川選抜は1号艇のA1川名稔が5コースつけまいから道中も追いかけてくる5号艇のA1齊藤仁を振り切り1着。2着には今シリーズ優勝候補筆頭の東京ダービー王齊藤が入り、3着には3コース捲り差しのA1桑原淳一が大外差しから2M先マイのA2佐口達也を2M差して3番手に上がり、以降も追いかけてくる佐口を振り切った結果A1トリオが上位独占です。
 但し、この級別は今シリーズが最後で新年からは新級別。新級別だとA1は齊藤と佐口と2号艇福島勇樹の3人で、川名と桑原はA2陥落で4号艇前田光昭は引き続きA2です。

【年末レースにして正月レース第一弾早くも終了】

 紅白の大トリはサブちゃんのまつりです。尼崎競艇もいよいよ祭りの時を迎えます。年末レースながら正月レース扱い(過去は京葉賞も同じ扱い)の尼崎サンテレビ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走優勝戦は亥年になる前から猪突猛進、勝利への一途なレースが自慢であります大阪在住兵庫支部白石健が内3艇のスタートが遅れた事もあって一気に一途に4カド捲り。そのまま突き抜けたシラケンがサンテレビ杯でサン然と優勝です。表彰式では嬉しさの余り号泣のシラケンでした。
直外5コースからの捲り差しでシラケンに続いた優出メンバー中唯一の遠征選手前本泰和(広島)が2着に入り、イン33と散々なスタートだった吉田俊彦はシラケンと前本に捲られた挙げ句、2周2Mで振り込み大きく離れた最下位入線であります。以上でございます。

びわこ滋賀県競走会会長杯争奪年末ファイナル優勝戦

 高濱芳久が堂々優勝した昨年は王者松井繁参戦(12月24日12R1着)のプチ賞金王決定戦として大いに注目を集めた年末ファイナル。
 今年はデビュー初優勝目指すチルト+1度の澤大介が注目を集め4カド15スタートから捲り敢行も、インの玄馬徹が抵抗。澤と玄馬がやり合う現場を5コースからの捲り差しですり抜けた野添貴裕が、追いかけてくる玄馬を2M牽制気味の先マイで振り切って通算20回目の優勝。玄馬が野添に牽制されてる2M現場の内を3コース差し3番手からくるりと通過して抜いた松本博昭が2着です。
 ところで、吉岡稔真36歳引退のこの日に吉岡政浩39歳はファイナル2号艇もいいところなく5着でした。

福岡歳末特選レース優勝戦

 1号艇イン池本輝明が4号艇ながら人気の中心荒井輝年の4カド捲り差しを振り切って、今節もイン受難だった福岡でイン逃げを決め通算25回目の優勝
後続は、博多巧者小畑実成が5コース差しから一度は荒井を差し切るも2Mでターンが膨らんで荒井に差され、荒井が一番人気の意地を見せて2着に入り小畑は3着なり。

8回裏代打フルタ

花火ナイター 8回裏に「代打オレ」ということで古田敦也監督自ら代打で登場。
スコアは知らん、試合結果は忘れた。けど、古田監督打席登場の瞬間場内大盛り上がりで結果も見事ヒット。さすがエンターテイナー。


 ということで明治神宮野球場東京ヤクルトスワローズの試合を総勢8人で見に行ってきました。1回裏に大量7点取って気分良く傘振り回して酒飲みまくったので以降の記憶は古田監督登場シーンと花火以外はございません。
スワローズ大量リードの1回裏


【海の日記念多摩川G1ウェイキーカップ4日目

 海の日記念多摩川ウェイキーカップは予選最終日。さて、今日は1号艇と2号艇両方2連対できなかったレースが9R12Rの2つのみ(一覧)と見事な白黒まつり。

 9Rは1着勝負駆けだった村田修次が3コースから捲りを決めて1着になり、内コースを潰したので白と黒が消え、12Rは1号艇の菊池峰晴が3カドから捲るも4コースから2段捲りを敢行した正木聖賢を飛ばしに行った為3着に留まり、インに入った2号艇濱野谷憲吾は全艇に捲られて最下位に終わり白と黒が消えたのでした。
その12Rで1着になったのは艇界のネオ・ヒーロー中村有裕。5コースから見事な捲り差しでした。これで予選3勝目なんですけど、賞典除外なんです(;_;)

新潟G3アイビスサマーダッシュキルトクール】

 キルトクールは5枠9番ステキシンスケクン、距離不足で流れに乗れない危険大。ちなみに素敵紳助君と同枠の5枠10番◎マリンフェスタは輪界きっての先行選手山田裕仁が馬主。馬主同様馬の方も自慢の脚力で重賞頂きです。

 尚、アイビスサマーダッシュはG1徳山クラウン争奪戦12R激闘ドリーム戦共々ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースです。皆さん奮って投票しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

【総武線も黄色】5枠浦田信が京葉のGWチャンプに!【鉄兵も京葉】

ブログネタ
GO!!オートレース に参加中!
 針3秒前、2秒前、1秒前、各艇一斉にスタート(・∀・)ギャオ!昨日の江戸川ゴールデンカップで今年の初優出を果たしました5枠浦田信義(獅子座のAB型)は5コースから行くも大外16スタートから攻め込んで来た入澤友治に絞られ捲られた後に外マイしますが、入澤に捲られたのは痛く、1Mでもたついていた4カド川名稔を捲っただけの5着に終わりました。
 が、同じく昨日の船橋SGオールスターオートレースで優出を果たしました5枠浦田信輔(獅子座のAB型)は先行車のもつれがあった1周4Cでもつれの後に内を突いて3番手に上がり、2周3Cでは2番手に浮上。そして3周1Cで先頭の東小野正道のタイヤが流れてターンが膨らんだ所を浦田が差して遂に浦田先頭。 浦田に続いて内を差してきた雨風巧者岡部哲もとい岡部聡(1走目F)が2番手に上がり、浦田を追い詰めますが6周3Cで浦田の内を突こうとした岡部さとしはここでバランスを崩して失速。これで完全に独走となった浦田が優勝、ゴールデンウィークに強いゴールデンレーサー浦田は山陽SGオールスターオートレース以来2年ぶり2度目のオールスター制覇にして通算5度目のSGVとなりました。
 尚、岡部さとしが1走目でFを切った為にレースが再発走となったことと大外0ハン飯塚将光(船橋)が1周4Cでのもつれの責任を取らされて完走後反則失格になっています。また、仲口博崇の弟仲口武志も4枠で優出してましたが、7着に敗れています。

石渡鉄兵vsディープインパクト

 おれは鉄兵千葉徹夜。昨日の出来事ですが、15時40分に発走となったディープインパクト祭り京都G1天皇賞(春)(動画はこちらにあります)の少し前に行われました多摩川さつき杯10R
 5枠5コースからの捲り差しでインから逃げる齋藤勇を差しきり1着になった京葉のスーパースター江戸川鉄兵こと石渡鉄兵。天皇賞と同時刻に行われたらしい公開勝利者インタビュー(少なくとも5月7日までは視聴可能な動画)は冒頭で司会が「ま、ま、ま、気になさらないでね、まあまあまあ喧嘩なさらないようにね。」と騒然とした雰囲気で始まり、スピーカーに耳をすますと結構な叫び声が。客の叫び声がピークに達してたと思われる頃に鉄兵ちゃんが「な、なんですか?」と司会の声が聞こえずに聞き直す一幕もあり、その時「武豊に負けるなよ!」との声援も聞こえます。そしてインタビューの最後では「たっくさんの方がいますんでね、ガッツんとメッセージをお願い致します。」との司会に導かれて鉄兵ちゃんは「ディープインパクトに負けない様に頑張ります。」と場内大受けの爆弾発言で締め括りました。
 スタート後手を踏みながらも強捲り一撃を決めて600m標識辺りで先頭に立ちラストコーナーをトップで旋回する強気なレースでレコードの圧勝、またも深い衝撃を与えたディープインパクト。そのG1V4の現役最強馬に負けない様に頑張ると宣言した鉄兵ちゃんの新期勝率は堂々8点台で関東地区の2位。もっとも1位が弟子の作間章な辺りが押しの弱い鉄兵ちゃんらしいですが。
 
 鉄兵ちゃんインタビューが騒然となった原因ですが、多摩川競艇場の勝利者インタビュー会場「イーストスクエア風」は地上波TVモニターのそばにありまして、土日はここで競馬中継が放送されてるのですが、メインレースの時はそこに人垣ができるんですね。特に昨日はG1ですから普段以上に多かったと思われますね。で、鉄兵ちゃんの最後の発言は競馬を見てる客に対しての発言と思われるのですね。
ちなみに自分は昨日その時間江戸川競艇場1Fレストランそばの地上波TVコーナーで天皇賞を見てたのですが、あまりの人垣で背伸びしないとTVが見えませんでした。ほんでもってかなり後ろの方だったから2着以下はさっぱりわからず。


 それはともかく昨日より今日、今日より明日と明日ベストを尽くす鉄兵ちゃんは多摩川さつき杯開催3日目の本日7R2号艇1回乗り。昨日以上の走りをファンの皆様に見せる事ができますでしょうか。
レース本番で鉄兵ちゃんは2コース15と4番手スタートながらイン12トップスタートの太田克哉に対してディープインパクトばりの強気な先捲りで攻めていきます。しかし鉄兵ちゃんの捲りは流れて4カド13スタートから捲り差した本吉正樹に差され、更にはインの太田にも伸び返されます。でも、ディープインパクトをライバル視する男はやっぱり違います。2Mで太田を包みつつ本吉の懐を抉るスピードと切れと技が見事に結びついた素晴らしいターンで逆転、シリーズ4回目の1着になりました。

 おれは千葉の江戸川鉄兵。明日以降もベストを尽くしメーデーたく優勝しておれは鉄兵カニさんカニさんと豪勢なカニ料理にありつけますでしょうか。

【さわやかサイクリング】東京オーヴァル京王閣で謹賀新年

ブログネタ
KEIRIN に参加中!
謹賀新年、関東の競艇場はどこも開催してませんが京王多摩川駅そばの京王閣競輪場は元旦から開催しています。
ということで、大津びわこ競輪場から帰郷中の膳所さん(仮名)と京王閣で初打ちです。

今節はNEW YEAR RACE日刊スポーツ杯〔F機でして、今日は前半6RがA級戦、後半5RがS級戦でした。
出場選手で目についたところでは、バカヤロー節でおなじみ吉田茂元首相に、映画監督兼ドラマーの山本真矢監督(元LUNA SEA)、障害物競走が得意な田仲剛、「飛ばせ江口上越あさひエクスプレス渋川まで響けコーセーのおたけびヤッターヤッター初優勝だSG初優勝だエグチコーセー」でお馴染み江口晃正(長崎)、名前の通りの巨体(185cm100kg)が特徴の西郷剛どん、といった名前の選手がいました。
ちなみに京王閣前節12月25日のF況莨で2着に入ったのは初代スケバン刑事齊藤由貴です。

先にぜーぜーさんがメインスタンド3F特別観覧席を買ってくれてたので、本来ならとっくに特観が売り切れてた6R発売中に着いた自分ですが特観でぬくぬく観覧できました。
席料は500円ですが、室内はフリードリンクでこそないものの紙コップドリンクをサービス価格50円で販売しています。
電動マッサージ椅子が無料で使えるし、なかなかですね。
車券?鏑鼎任靴拭ということで。
謹賀新年 東京オーヴァル京王閣2006年KEIRINグランプリ開催決定!
次は昨年書くの忘れたJRA予想大会参加結果。

2005下半期JRAG1予想大会参加結果
先ずは競馬道GT4争奪!キルトクール王決定戦!!
下半期JRAG1で来ない馬を当てる予想大会、最終順位ですが、ドンガバチョはあったものの人気馬も結構切ってた結果2位になりました!

次いでトラセン予想大会
トラセンさん主催、下半期JRAG1の勝ち馬を当てるトラセン予想大会、最終順位は11位でした。
単純に勝った数で競うのですが、同点の場合は参加表明順というのが大きな特徴です。
ちなみに、自分は3個的中者の中では3位でした。

最後にプラチナカップ
RunAweyさん主催、下半期JRAG1の勝ち馬を当てるプラチナカップ、最終順位は15位でした。
上のトラセン予想大会と指名した馬は一緒だったのですが、トラセン予想大会が勝たないとポイント獲得できないのに対し、こちらは出走すれば着順に応じたポイントが貰えるのでその分順位が下がりました。

上記の内、トラセン予想大会とプラチナカップはこちらに参加した馬を書いてます。

予想大会といえば、競艇予想大会K-BATTLEには今年も参加していきたいですね。

新年初競艇
冒頭の通り、関東地区の競艇場はどこも開催して無かったのですがナイター競艇は元旦から開催してました。
ということで、帰宅後に間に合った蒲郡新春特別覇者決定戦2日目若松九州スポーツ杯争奪北九州選手権4日目(まえけんこと前田健太郎出場中)を買いました。
蒲郡12R若松11Rを買ったんですけど、先に始まった若松11Rから。
1-2-4で完全に出来てたと思ったら3周1Mで大回りの2号艇黒瀬三幸に対して小回りの桑原啓がBS一気に差を詰めて追いついてしまい舳先をねじ込んだ桑原が3周2M先マイで大逆転の2着
的中から不的中へ見事に転落、今年最初の競艇はいきなりトホホな結果。

続く蒲郡12Rは1号艇吉田徳夫があまりにも人気無かったので、人気の5号艇赤岩善生をキルトクールしてノリオ→バカイワ以外で。
レースは4コースカド受けバカイワが09のトップスタートからあっさり捲りきって1着、ノリオはイン26スタートで捲られながらも小回りで2着に残したけど、新年早々
(/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ
でもこっちは若松と違ってそんなに悔しくない。

若松11Rの話に戻りますが、実は3号艇森田昭彦が欠場して5艇立てだったのです。
なぜかと言いますと、前半7Rで4カドから差しに行こうとしたらイン中辻崇人の艇に触れたかバランスを崩して転覆してタモリはひっくり返り更に大外の土井内大助がタモリ艇に乗り上げて落水という事故がありまして、タモリは負傷帰郷しちゃったんですね。

そんなこんなですが、今年1年宜しくお願い致します。

NK流オートレース大会SG日本選手権

オートレースのメッカ、抜きつ抜かれつの西川口流オートサロン川口オートレース場にて生本番開催中のSG日本選手権、本日は準決勝戦。
最終R終了後には、こりん星からやってきたオート姫こと小倉優子(千葉)ミニライヴショーを始め、海川ひとみによるじゃんけん大会、川口市青木系オートレーサー青木治親ミニトークショー、優勝戦公開抽選、主催者である川口市岡村幸四郎市長(メッカの胴元だけあってとにかくよくしゃべる)&小倉優子&優出選手を始めとする選手一同による正門前クリスマスツリー点灯式、佐藤裕二&川口市長による小倉優子(11月1日生まれ)への小倉開設記念花束贈呈、髪が若い若井友和による闘魂のかけ声等、盛り沢山のイベントでございました。
明日は、神威学徒、こと、Gackt、が、来ます。
小倉優子歌謡ショー

川口市長も若井HGもイベントで言ってましたが、若井HG、佐藤、それにジャニーズ系イケメンレーサー森且行メンバーといった川口支部は優出0に終わりました。
川口支部全滅の準決勝戦、自分は11R発売中に到着しましたが11Rは◎浦田信輔がスタート後手踏み追い上げ届かず4着、勝ったのは断然人気の池田政和でダメ。
断然人気高橋貢から逝った12Rはミツグ君がスタート後手踏み追い上げ届かず3着、ミツグ君に車券貢いで頭でしか買ってないからダメ。
穴狙いで人気が来て、人気狙いで穴が来る悪循環で払戻機に並ぶ事はありませんでした。
ついでに舟券も全滅。

エビスビール(生)
2M寄り堤防スタンドでファンと語らうエビスさん人機一体となりましたボート界の精鋭陣がアグレッシブな走りを展開して参りました本日の競走水面、蛭子能収も来場しましたG1江戸川モーターボート大賞
ここまで3戦2着3本と粘っこい走りの福田雅一。昨日の第10Rに続きまして今日の第8R石渡鉄兵と対決です。
さて、レースはイン中嶋誠一郎に2コース江戸川鉄兵が差し追走し、3コース福田は2番差し。
2Mで中嶋が先頭を確かなものにしますが、ここで福田は鉄兵を差して2番手に上がり、昨日に続いて江戸川鉄兵にどっちが地元選手かわからない程の波乗りの巧さをアピールし、2着です。
これで4戦連続オール2着と、今日も粘っこい走りを見せました福田雅一です。
同じく3戦オール2着でした白水勝也第4Rが大外から1M手前でキャビテーションし6着第11Rがインから3コース高沖健太に捲られ、続けて4カド捲り差し中村有裕にも捲られた挙げ句に引き波にジャンプし6着と、2走共文字通り渦に飲まれて本日散々だっただけに福田の粘っこさが尚更目立ちます。

常滑中日スポーツ杯争奪常滑市長賞5日目
沖口幸栄が欠場して5艇立てとなった準優10R
びわこ競艇場では荒法師賞開催中ですが、上州の荒法師吉田稔は1号艇ながら、3号艇新美一族の後藤正宗にインを譲って2コース発進、スタート35とドカ遅れをやらかし終了。
さて、レースはびわこ天皇時代を彷彿させる3カドとなった山田豊が見事な捲り差しで1着
ここぞというところで決めてくれました。

G1宮島チャンピオンカップ3日目
2つのトライアルを勝ち上がってきた6人による厳島dream「覇」はイン05トップスタートと思い切って踏み込んだ田中信一郎が逃げ圧勝の1着、2着に2コース順走の植木通彦、3着には大外捲り差しの地元辻栄蔵が入りました。

2Rでインから2コース辻ちゃんに差された宇土泰就ですが、これがかなり際どいスタートで結局+01のF
ちなみに宇土と三角を結ぶのは三角線。ということで、この日の三角哲男G1江戸川MB大賞第6R1回乗りで5着に終わりました。

日曜重賞キルトクール
フサイチネットJBCの影に隠れて非常に地味な今週のJRA開催。
東京G2アルゼンチン共和国杯のキルトクールはファストタテヤマ
この馬、左回りは(0.0.0.5)と全く駄目。完全な右回り専用馬だ。
◎はレース名にふさわしく母がアルゼンチン産のコイントス
鞍上も重賞での安定感抜群な横山典弘で安心。

京都G3KBS京都賞ファンタジーSのキルトクールはブラックチーター
将来は盛岡G1マイルCS南部杯親子優勝が期待できる逸材も、裏返せばダート馬ということ。
同距離同コースの新馬戦が0.8秒差の圧勝ということで前売り2番人気も、その新馬戦は道悪で時計は遅く、血統から道悪が幸いした感もある。
よって、良馬場の適性は未知数。血統からは芝の良馬場の適性に疑問なのでキルトクール。

【ナイター競輪】川崎G2第1回サマーナイトフェスティバル初日

高校・大学の同級生で、川崎市出身にして、大津市→神戸市→福島市と経て現在は大津市は膳所駅から1国道を東へ進んで、そこから南へ坂をぜーぜーと上がった所に在住の競馬と競輪が好きな友人が夏休みで帰郷したので川崎G2サマーナイトフェスティバル初日を見に行きました。
自分が着いて、先に打っていた友人と合流したのは8R発売中。
論外だった9Rはともかく、8Rは2着中澤央治兄さんがこなければ1着から3着まで本線だったのでちょろっと悔しいですね。

場の点から今節の特徴を見ると、今節G2サマーナイトフェスティバル40年ぶりとなるビッグレース開催となった川崎競輪場、レース名からしてナイター実施場でしか開催できないビッグレースでありますが、コレを機会にアーバンナイター川崎でのビッグレースが恒常化すればいいですね。

レースの点から今節の特徴を見ると、今節の画期的な所は初日全9Rの1着選手がそのまま翌日の決勝戦メンバーになるということですね。
競艇でいいますと1日6R制で、その6Rが全て準優で、その1着が優勝戦進出できるシステムでありますね。

江戸川アサヒビールカップ優勝戦
4カド渡辺豊が捲りに出て、イン大西源喜がこれに抵抗。
そこを差した艇界のノーザンライト・2コース打越晶が賞金200万円のアサヒビールカップ優勝の栄冠を獲得した。
福岡の晶に優勝をさらわれたものの、一進一退の2着争いは、イン流れから2M差しで巻き返した大西源喜と3コースから1M2番差し桑原淳一による地元同士の激しいデッドヒートとなり、2周2Mで元気に握って外マイを決めて抜け出した大西源喜が2着となった。

ここでビッグニュース!次節はお盆の風物詩・大江戸賞ですが、その次の一般競走を挟みまして、9月7日からのデイリースポーツ杯に、あの平田忠則(80期B2:記念2勝のビッグネーム)が登場します!

しげしげレーサー日記更新
今日更新された、大人気連載のしげしげレーサー日記。ジュニアアイドルファンにも大好評なこの連載、今回で第14回目と一年の壁を既に突破、長期連載の流れになってきたのは誠に喜ばしい事です。

その鈴木茂正、今日は戸田三国コカ・コーラ杯11R1回乗り。
1号艇ながら3号艇金井秀夫にインを取られて2コースに。
で、インから04トップスタート決めた金井に、3コース人気の中心村田修次の捲りを飛ばさせておいて、自らは2コース差し抜け1着と、頭脳プレーによる勝利です。

住之江葉月たけなわ競走初日
葉月里緒菜写真集「undo」葉月で大阪といえば、葉月たけなわの暑さだった1993年の葉月に堺市の臨海ホテル葉月里緒菜が表紙の週刊少年サンデーを読んで夜を過ごしたのが思い出。
ちなみにその時は、車で長崎県佐世保市へ向けて旅行中でありまして、その行きと帰りにこの臨海ホテル(宿泊料金は現在3700円)に宿泊しました。
そんなことはともかく、注目の12R葉月たけなわ特選は、雨が降っても葉月たけなわな33℃の暑さの中行われ、イン西島義則が圧勝で1着
2着争いは、2コース握るも全くペリカンさんを捲れなかった吉岡政浩、3コース差すも全くペリカンさんを差せなかった三角哲男の争いとなり、2Mで吉岡のターンが流れたところを差したみっすーが2着となった。

漢字の葉月レースは宮島葉月賞も同じで、11Rで1M2コース捲りを決めて先頭独走だった柏野幸二が葉月たけなわの暑さ31.0℃にやられたのか、2周1Mの出口で突然振込詐欺をやらかしぶっとんだ。
ちなみにこのレースで2周2Mで内から山川美由紀をおっつけて逆転2着となった新井敏司
なんとこれで4戦オール2着。

川崎G3桜花賞はGP王小野俊之が優勝【海老澤清杯】

G3川崎競輪開設55周年記念桜花賞・海老澤清杯は捲った荒井崇博(佐賀)にくっついていき、G前差したKEIRINグランプリ04覇者、小野俊之(大分)が優勝しました。
阪神G1桜花賞福永ラインで決まりましたが、こちら川崎G3桜花賞・海老澤清杯は九州ラインで決まりました。

ちなみに1月26日に行われましたG1川崎競馬開設54周年記念タイムパラドックスでした。

明日は浦和桜花賞です。エンドスウィープ産駒のインフレッタが面白そうです。また、世界にその名を轟かせて中山G2ニュージーランドTも制し、前途洋々な内田博幸ヨウヨウに騎乗します。

年齢差45歳!若松準優12R
内から94期古賀繁輝18歳、42期吉田稔48歳、5期メン加藤峻二63歳とまさに注目の3人が内3艇を占めた準優12R。
レースはイン07トップスタートの古賀を、若さ満ち溢れる3コース強つけまいで捲った加藤御大が捲りきって1着となった。イン残した古賀が2着で、注目の吉田稔は2コース差しから3番手につけ、道中原田通雅に追い上げられるも3着を守り、スター3人でのワンツースリーとなった。
明日の優勝戦、加藤御大は2号艇で古賀は4号艇だ。

準優3着に終わり優出を逃した吉田稔だが、前半の消化レース7Rでは4カドから先制捲りで1着を取った。
まぎらわしい名前の吉本稔は2コースで5着だった。

若手?2名vsシニア4名尼崎デイリースポーツ杯争奪ささはら賞優勝戦
地元のイン屋両名、3号艇43期小松昇治(52)と6号艇33期西島洋一(55)が1コースと2コースに入り、36/1/245の進入となったレースは、3コーススローがましの若手、1号艇61期作野恒(37)が09トップスタートからベテラン両名を一気に捲って優勝。4カド2段捲りの形になった2号艇80期白石健(27)が2着と、若手2名が上位2艇を独占した。

チルト3度のTMR平和島G1トーキョ−・ベイ・カップ
6Rチルト+3矢後剛が大外捲りで1着になったのに続き、7R阿波勝哉チルト+3の伸び仕立てで大外捲りを決めて先頭にたったものの、伸び以外は大した足ではなく一旦減速すると全く再加速できず、2周1M白井英治に抜かれて2番手、更に3周1M前本泰和に抜かれて3番手、更に3周2M森永淳にも抜かれそうになるが、森永だけは何とか振り切って3着だった。

12Rダイヤモンドレーサー決定戦は1号艇東京ダービー王濱野谷憲吾が記念の賞典レースにおける白ヘマぶりがウソの様な見事な逃げを決めて1着。2着は4コース差しの白井英治と2コース差しの植木通彦の争いとなったが、1周2M先マイの白井がリードする展開で、2周2M事件が起きる。
内から突進してきた中澤和志と、白井・植木が接触!白井は接触したものの2番手を守ったが、植木は中澤と共倒れになる形でもつれて後退。まさにG1戸田グランプリdream戦の再現。
その間に漁夫の利で山崎智也が3着になった。

常滑G1マーメイドグランプリdream戦
東で濱野谷が1着なら西ではオレだとばかりに仲口博崇が意気込むdream戦。
レースはイン新美恵一くんが02スタートからの逃げを決め、ヒロタカマンが2コース差しで続く展開も、2Mヒロタカマンの差しが入り両者ほぼ同体に。2周1M先マイしたヒロタカマンが先頭を取りきり、東西G1のdream戦で永遠のライバル同士が1着だ。

マック鈴木が日本選手権競輪優勝

走れ!自転車〜さあ、さあ、栄光の さあ、さあ、鐘が鳴る、松戸競輪場にて開催されたG1日本選手権競輪燦燦松戸ダービーは、地元千葉登録のマック鈴木こと鈴木誠が先行する伏見俊昭の番手につけ、G前内から差して優勝した。
2着には世界の伏見俊昭がここでも銀メダル、3着には競走得点最低で人気薄の合志正臣が入り、3連勝式車券は大波乱となった。

今節主催の千葉県は、今節を最後に競輪事業から撤退するが、最後のはなむけとして、表彰式には胴元の堂本暁子知事も出席した。
千葉県撤退のため、2005年度からは松戸市の単独主催となる。

クロフネメモリアル
高知競馬1のビッグレース、G3黒船賞は、◎シーキングザダイヤが出遅れる波乱の展開となり、クロフネの主戦騎手だった武豊が騎乗した、G1馬▲マイネルセレクトが状態不安を克服し、好位抜け出して優勝した。
直前になってミルコ・デムーロから地元の西川敏弘に乗り替わって人気急落の9歳馬ノボトゥルーが直線一気で2着、ハナ差の3着には川崎の7歳馬、しかしG3さきたま杯勝ちの実績があるロッキーアピールが入った。
このロッキーアピール、中央在籍時代にはカルストンライトオビリーヴ先着の実績もある。

出遅れた◎シーキングザダイヤは9着、○ディバインシルバーは逃げるもロッキーアピールに潰されてブービーの11着と共に惨敗。

今日の券
ラ・ピスタ新橋で競輪日本選手権をマック鈴木流しで買い、トゥインクル初日で大勢の客がいた大井競馬場で黒船賞を買い、平和島競艇場11R以降を買いました。

今日はこの平和島含めて13場も優勝戦があったのですが、競輪と競馬で時間使いすぎたので注目の開催のみを抜粋。

平和島報知杯
その平和島11R以降を。11Rは田舎の長男谷村一哉がイン戦決め、2着を3コース握った小林亨が走ってたのだが、2周1M握った小林のターンが流れ、6号艇鈴木茂高が逆転に成功した。舟券は谷村から、4と5を消して買ってたので高目が来て(゚д゚)ウマー

発払機で11Rの的中舟券と引き換えて購入した優勝戦はスタートでイン松野京吾に大きなアドバンテージをつけた2号艇地元スターの西田靖が差さずに捲っていき、そのまま圧勝で優勝し、地元ファンの期待に応えた。
舟券はゴージャス(4着)と心中。

浜名湖G3河合楽器スポーツ杯
2Rを最後に柴田稔64歳が引退(イン戦4着)。お疲れ様でした。

ベイプラザ2Fで見た優勝戦加藤高史が3コースつけまいを決めて優勝。地元渡邉英児とSGレーサー石田政吾相手に大物キラーぶりを発揮した。

播磨なのに讃岐
平和島終了後大井まで歩いて黒船賞の結果を確認して、品川方面行き無料バスで品川車庫前バス停で降りて、近くの丸亀製麺(しかし本社は加古川市)京王品川店でおやつがわりのうどんを食べたので丸亀日本財団会長杯の話題。

優勝戦は、西田靖と同じく神奈川県民の一瀬明がイン戦を決めて優勝致しました。2着には地元代表の宮武英司が入りました。

大村JLC杯争奪優勝戦
地元エース中嶋誠一郎がイン戦速攻決めて優勝。2着も2コース速攻で握った佐々木康幸
長崎支部にはA1もいるけど、現在A2とはいえ中嶋誠一郎がやっぱりエースだ。

新聞社杯優勝戦3連発
桐生タイムス杯はBS4艇併走から2M竹上真司が抜け出し優勝。注目の鈴木茂正は2M芹澤克彦に突進されて脱落し5着。

戸田東京スポーツ杯は西田靖と同じ神奈川県民で、名前も「やすし」な飯山泰が4番手スタートながら他艇を寄せ付けない王道の逃げで優勝。2着は5コーストップスタートから捲って3艇を潰した石田豪

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞は、断然の優勝候補だった黒崎竜也の帰郷で興味9割減となったが、三竜沢芳行こと滝沢芳行が2号艇で優出していた。が、イン堤昇があっさり逃げ切られたばかりか、差しで2番手だったのに2Mで4号艇柳田英明に差されて3番手に後退。結局優勝は堤で三竜沢は三着。

江戸川日本モーターボート選手会会長賞5日目
注目は5R9R

5Rは、飯島昌弘が大外つけまいを決めて1着だったのだが、それよりも見物は連続優出が4でストップした表憲一がBS2番手から2M転覆して「表が裏返しになってしまいました」。

9Rは、優出当確の山下和彦が+04のトップスタートで捲りを決めて1M独走したものの、4コース金子貴志と5コース西坂香松を巻き添えにする3艇フライング。返還金は2771万7000円だ。
しかし繰り上がり1着浅見昌克は前半3R6着が響いて繰り上がり優出とはいきませんでした。

長谷部優でも山田優でもなく山田ゆうじ、でも落車

(@.@)dream08長谷部優の出身県、岐阜県は大垣競輪場で開催のG1読売新聞社杯全日本選抜競輪の車券を買うため、会員制競輪場外ラ・ピスタ新橋に入会した。入会金50%OFFキャンペーン(11月30日まで)中で、登録手数料2000円のところ、50%OFFの1000円で入会した。会員になって、車券を買ってすぐ江戸川へ移動したので、結果リプレイは帰宅後に見たのだが、◎山田裕仁(「やまだひろひと」と書いて「やまだゆうじ」と読む)は落車!車券は紙くず!ちなみに優勝は内林久徳。なお、アテネオリンピック銀メダリスト伏見俊昭は、失格14条第2項(早い話が妨害失格)により、失格となった。
江戸川ラリーズカップも最終日、「ラリーズクラブDEスタンプラリー」も最終日。祝日で且つ競艇王CCとの併用だったのでかなり混んでいた。そのせいもあって、スタンプは3つ集まったのだが、抽選景品は出尽くしていて無条件で500円分の場内利用券(参加賞)となった。ということでどんな景品があったのかはわからない。スタンプ3個以上なので、Wチャンスで後日また抽選(当選者に発送される)があるのだが、これも何が当たるのかはわからない。舟券、児島10Rで1-3本線3連単1-4押さえ2連単買ったら1-4で決まり児島11Rで1-4本線3連単1-3押さえ2連単買ったら1-3で決まるという素晴らしい悪循環を味わった。当たってるけどなんかすっきりしない。

【競艇】江戸川優勝戦は、人気の2号艇白井英治が差し、対抗格の1号艇三品隆浩が残し、2Mで白井が抜け出すというという大本命決着( ゜ー゜)dream03阿部絵里恵の出身県、岡山県は児島競艇場で行われた賞金上位のドリメン6名によるdream戦は、松井繁大阪府)・上瀧和則佐賀県)の前付けで深いイン戦になるも今垣光太郎石川県)が伸び返し先マイ、圧勝した。
併用じゃなかったので行かなかった同日の平和島女子リーグ優勝戦は、淺田千亜希がインから押し切った

【競馬】(@.@)dream08長谷部優の出身県、岐阜県は笠松競馬場全日本サラブレッドカップは、ディバインシルバーが2番手から押し切り優勝水痘および髄膜炎による療養からの復帰となった笠松競馬出身の安藤勝己騎手は故郷に錦を飾った。なお1番人気サイレンスボーイはコ−スが合わなかったか8着惨敗(タイム差2.4)。
江戸川から帰った後、東池袋大勝軒葛西店でもりそば中盛を食べた。環七沿いとはいえ、駅から遠いのと、車を駐車しづらい場所なので、並ばずにすんなり入れる。味は東池袋大勝軒系なので、外さない味だ。
続きを読む

中日ドラゴンズひっそり優勝

今日のナゴヤドーム中日vs広島戦はCBCのローカル放送。東京在住の自分は、テレ朝のプレーオフ・西武vs日本ハム戦を見ていた。二元でヤクルトvs読売戦も流れていた。21時台に入り、読売が勝った瞬間、中日の優勝がひっそりと決まった。その時中日はまだ試合をやっていたが、関東では中継無し。テレビ朝日も録画の西武戦の方が、生のヤクルト戦より中継比率が高かったので、よりひっそり感が強調された。TBSではロンロバスペシャル「もう時効だョ全員集合」放送中だった。しかし、CBCでは野球とバラエティーの二元中継。音はロンブー、絵は中日戦というシロモノのようだ。「画像」でみるとロンブーが間抜けだ。しかも中日は長い延長の末負けた。CBCエリアの人は殆どまともにロンロバを見られなかったことになる。尚、プレーオフの結果は、西武が勝った。
【競艇】明日からG1桐生モーターボート大賞だが、地元のエースにして、先月のG1赤城雷神杯優勝の山崎智也は、G1丸亀京極賞を休んでここ一本に絞るも腰痛(ヘルニア)が治らず結局欠場。よって、明日のドリーム戦は、辻栄蔵が人気の中心となる。尚、山崎欠場でドリーム戦に繰り上がったのは村田修次だ。続きを読む

大優勝旗、白河の関を越える

高校野球の長い歴史に於いて、史上初めて優勝旗が白河の関を越えた。しかも、津軽海峡越えまで果たしてしまった。優勝した駒大苫小牧高校にはあっぱれだ。その決勝戦は、両軍合わせて23点&39安打で、恐らく決勝戦史上最高得点&安打だろう。そのくらいの打ち合いだった。同じ時間の競馬は、WINS後楽園で購入。そばの東京ドームでは、氷室京介ライブの客で溢れかえっていた。今回のライブはBOΦWY時代の曲を中心とするリストということで話題になっていた。札幌記念では、インモーが道中最後方、4カド一気捲りで、G前バラゲーを差しきって、牡馬混合重賞初勝利を達成。このレースの三連単は2270円の2番人気だった。付くとみるか付かないとみるかは人次第だ。アイビスサマーダッシュは、カルストンライトオがロケットSから一気に外ラチに持ち出してそのまま逃げ切った。1頭スピードの絶対値が違った感じだ。レース後、中本池袋店で味噌タンメン定食を食べた。看板の蒙古タンメンは、味噌タンメンに麻婆豆腐が載っかった物だが、定食は、半ライスと麻婆豆腐が付く。その麻婆を味噌タンメンに掛ければ蒙古タンメンになるから、単品なら蒙古タンメンでも、定食なら味噌タンメンだ。

大阪ライブドアバッファローズ

ブログ提供などをしている、というより近鉄買収に名乗りを上げたことでおなじみのライブドアが、またも話題を提供。今度は新球団設立だ。近鉄とオリックスが合併した際に、パ・リーグ第6の球団として加盟を希望するというもの。ライブドア社長の名字でお馴染み堀江は、大阪ドームのすぐ近くの地域でもある。機構側は加盟を認めないだろうが、実現したら来年のパ・リーグは面白い。話題は変わって、5.5にケンドー・カシンと対戦したチョコボール向井が今度は8.31に小島聡と対戦。出所後、ビッグネームとの対戦が続いている。

だるビッシュ敗れる

昨日は夜の9時前に寝てしまった。早寝早起きは三文の得というらしいが、余り実感はわかない。さて、今日の高校野球、ダルビッシュの東北高校が千葉経済大学付属高校に敗れるという波乱があった。これで今年も優勝旗は白河の関を越えないのかと思ったが、まだ駒大苫小牧と聖光学院が残っていた。可能性は低いが0ではなかった。雨で1試合順延となったので、まだ3回戦が1つ残ってるが、東海大甲府も聖光学院も私立なので、今年のベスト8は全て私立高校となった。

【高校野球】選抜優勝の済美は秋田商と対戦【夏の甲子園名物】

7日に開幕する第86回全国高校野球選手権大会(15日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が4日、大阪市北区のフェスティバルホールで行われ、今春の選抜大会で初出場優勝した済美(愛媛)は初戦の2回戦で、同大会ベスト8の秋田商(秋田)と対戦することになった。選手宣誓は抽選で富山商(富山)の宮田拓也主将に決まった。 開幕試合は天理(奈良)と青森山田(青森)の顔合わせ。昨夏準優勝のダルビッシュ&メガネッシュの東北(宮城)は初出場の北大津(滋賀)と当たる。1回戦で報徳学園(兵庫)−横浜(神奈川)、2回戦ではPL学園(大阪)−日大三(西東京)の好カードが決まった。 この日の抽選で3回戦までの対戦が決まった。準々決勝の組み合わせは大会第11日の第1試合終了後、準決勝は第12日の第1試合終了後に甲子園球場で行われる。最初の組み合わせで決勝までわかる選抜とちがい、夏の高校野球は全部で3回抽選があるので優勝と準優勝を当てるのが難しい。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ