ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

食べ物

【丸亀MB記念】うどん県骨付鳥市に行ってきました

ようこそまるがめボート 今日はSGモーターボート記念特設サイト)開催中の、うどん県骨付鳥市丸亀ボートに行ってきました。

綿谷のスペシャル肉ぶっかけ 丸亀駅到着後まるボーに行く前に食べた朝飯は麺処 綿谷の肉ぶっかけ。

MB記念さぬきUDON祭 芦屋サンライズレース併用発売のため早朝から開門してたまるボーでは「さぬきUDON祭」として日替わりで名店が出店。
 本日はあたりやでした。

あたりやのひやあつ ということであたりやのひやあつ。
 ひやあつとは水で締めた麺と熱いつゆの組み合わせです。

おか泉のひや天おろしぶっかけ 14時過ぎに一旦まるボーを出て、隣町宇多津にあるおか泉でひや天おろしぶっかけ。

まるボー名物たこ天 まるボー名物のたこ天串。
 旧スタンド時代の名物は新スタンドになっても健在でした。

骨付鳥一鶴本店のひなどり 実質予選最終だった11R終了後に場を出て、骨付鳥の元祖一鶴の本店で夕飯。
 横浜の支店にも行ってますが、同じ味でも本店で食うのは気分が違います。


びわこデイリースポーツ杯争奪オールニッポン選抜戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇草場康幸が04トップスタートの速攻を決め、2011年7月の当地サンケイスポーツ杯争奪さざなみ賞以来となるびわこ2回目・通算15回目の優勝
 2着はカド捲りの4号艇・地元青木玄太49.5kg。

牛小屋@大森に行ってきました

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は午後からSG賞金王決定戦場外発売の平和島に行ってから、大森の牛小屋に約1年半ぶりに行ってきました。

 久しぶりに行った牛小屋は内装とメニューがリニューアルしてましたが、マスターのキャラクターは以前同様でボトルキープの芋焼酎も残っていて、ぷるんぷるんの肉が入ったもつ煮込みと炭火焼肉をつまみに芋焼酎を飲みながら、賞金王決定戦の話や横西奏恵引退の話や市村沙樹デビュー初優勝の話などで盛り上がりました。
 また、最近は東京106期4598加藤政彦が急成長していると勧められました。
牛小屋@大森牛小屋の煮込みと芋焼酎牛小屋の炭火焼肉


唐津か・らっキーファイナル優勝戦

 唐津今節は実況の石川香奈恵アナがお休み。
 という事で今節は普段と違う6日間開催でしたが、清家美和アナが実況とピット生ナマ情報を担当した優勝戦は1236/45の進入から1号艇芹澤克彦が05トップスタートの速攻で2号艇森林太のつけまいを受け止めきり、今年3回目・唐津初・通算10回目の優勝
 捲った森林太は2着。

吉田のうどん/^o^\フッジサーン

 明日は津G1つつじ賞王座決定戦ファイナルに4号艇吉田拡郎と5号艇吉田俊彦のW吉田が乗艇しますが、昨日は風雲きもり城を読んで前から食べたいと思ってた山梨県富士吉田市の吉田うどんを食べに行ってきました。

全部入りくれちうどん 寿駅近くにある1軒目のくれちうどんで全部入り500円。

みうらうどんの肉うどん 下吉田駅近くにある2軒目のみうらうどんで肉うどん400円。

 どちらも太くて固くてごわごわした手打ち麺で、つゆは醤油と味噌の合わせで、薬味に自家製のすりだねが置いてあります。
 また、キャベツが入っていて肉うどんには馬肉が入ってます。

富士山展望デッキからの景色 うどんの後は富士山にも行ってきました。
 六合目もとい6階には展望デッキもあって、富士急の乗り物やスイッチバックを上から眺められます。

富士山の入口富士山の看板


(富士・ω・さん) (おまけ)かつて北陸だったスハネフ14の富士さん。

桐生MB記念とりももソーカツ

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 日本モーターボート選手会上瀧和則選手会長が23日に日本将棋連盟から参段免状を授与された事が昨日日本将棋連盟HPで発表された翌日の本日25日土曜日は、SGモーターボート記念開催中の桐生ボートに行ってきました。

ドラキリュウ まずはドラキリュウがお出迎え。

MB記念ウイニングラン用ボート ウイニングランで使われる予定のゴールドボート。

山崎智也勝利者インタビュー 10R準優勝戦を4カド捲りで制した山崎智也の公開勝利者インタビュー。
 地元支部のスーパースターだけあって多くのファンがインタビューを見に来てました。

ドラウリュウサイン・握手・撮影会 11R準優勝戦でイン戦決めた正義の週末ヒーロー瓜生正義
 勝利者インタビュー後、ドラウリュウはファンのサイン・写真・握手に丁寧に応えて即席イベントになってました。

MB記念ラウンドガール MB記念のラウンドガール。
 とりももの地なだけにふとももに目が行きました。

志多美屋のソースカツ丼 昼飯に食べた桐生名物志多美屋のソースカツ丼。
 桐生場内のソースカツ丼と違ってカツの下にキャベツは敷かれておらず、場内のカツ丼はソースがカツの上にかかってる状態ですが志多美屋のカツ丼はカツがソースに漬けられてる状態です。

ヤマト屋のとりもも 場北門のすぐ近くにあるヤマト屋のとりもも。
 塩味でジューシーなとりももでした。

桐生場内あれこれのとりもも 場内にあるあれこれの骨無し揚げとりももクロ。

高沢食堂のとりもも 昨年秋に食べた場南門のすぐ近くにある高沢食堂のとりもも。

とりももいろクローバー

ブログネタ
競艇 に参加中!
高沢食堂のとりもも 高沢食堂のとりもも。
 骨付きで油少なめのとりももで1本400円3本1000円。
 場所はみどり市笠懸町阿左美1175桐生ボート南ウイング入口前。

鉄板焼あれこれのとりもも 鉄板焼あれこれのとりもも。
 骨なしの揚げとりももで1本300円。
 場所はみどり市笠懸町阿左美2887桐生ボートフードコート内。

手延ラーメン北山 手延ラーメン北山
 切らずに手で麺を伸ばす製法で太さがまちまちの麺は独特の食感。
 場所はみどり市笠懸町阿左美3104-6桐生ボート対岸。

週末ヒーロームテキング 当日開催のAKG55G1赤城雷神杯2日目8Rで1着になった1号艇・東京海賊団ホワイティージョーンズの週末ヒーロームテキング濱野谷憲吾

 新桐生発20時05分が最終の特急りょうもう号で帰ったので見られなかったスターダストドリームナイト当日のメイン12R雷神ドリーム戦で1着になったのは、1号艇・正義の週末ヒーロードラウリュウ瓜生正義
 ちなみに桐生ボートのマスコットはドラキリュウ
桐生ボート北ウイング入口ドラキリュウロボット


江戸川報知新聞社杯2日目

 2日目を終えて共にオール2連対の上野真之介前本泰和が10.00でトップタイ。
 ちなみに上野しんのすけは昨年11月の前回当地JLC杯で江戸川初出場ながらいきなり優勝、前本泰和は2009年11月の前回当地スポーツニッポン杯で節間7連勝から予選最後の5日目12R2着を除く準完全Vと、共に前回の江戸川では圧倒的な存在感を見せてました。

 2日目は上野しんのすけが7R3号艇での捲り勝ちを含む1着2着、前本泰和が9R5号艇で差して2番手だったものの、捲って先頭の2号艇池田雷太が2周1M振り込んだ際に接触して巻き込まれかけながらも差しを決めて逆転1着。

三喜のたんめんと三三喜のつけ麺を食べに川崎へ

ブログネタ
ラーメン に参加中!
三喜のタンメン 今日は免許の登録更新を済ませた後、三喜(みよし)のタンメンを食べに行ってきました。麺は細縮れ麺です。
 元々3号スタンド2階にありましたが、3号スタンドが閉鎖されてたので2号スタンド2階に移転してました。

三三喜の煮番搾りつけ麺 夜は三三喜(さんさんなな)の煮番搾りつけ麺。
 つけ汁は鶏白湯と煮干しがベースになっています。

帽子が似合うダンディ・守護神川島 で、昼間の話に戻りますが、今日は川崎記念日でG1川崎記念は帽子がトレードマークな地方競馬の守護神川島正行厩舎のエースフリオーソが優勝。
 NAR年度代表馬フリオーソの単勝はなんと100円元返しの圧倒的大本命でした。

守護神川島と戸崎圭太と磯山さやか こちらは表彰式後の記念撮影。守護神川島と一緒に川崎競馬場60周年記念イメージキャラクター磯山さやかSportsBoatRace6記者)も写ってます。


びわこBOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップ優勝戦

 まるでタイムボカンシリーズの母艦みたいなポスターが特徴的なG1びわこ大賞特設サイトも開設されたびわこのテレボカップは枠なり3vs3の進入から1号艇出畑孝典が押し切り、びわこ3回目・通算16回目の優勝
 2号艇赤岩善生はスタート16と一番遅かったものの、きっちり差し順走で2着。
Bwooooooooon!!


若松中間市行橋市競艇組合施行41周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇原田幸哉が3号艇三井所尊春の攻めをブロックして押し切り、1.43.0の好タイムでゴールした原田幸哉は前走地尼崎G1近松賞に続く今年2回目・通算50回目・若松初優勝
 後続はミーショが2番手でしたが、4号艇馬場貴也が1M捲り差しから2M艇を外に持ち出しての全速ぶん回しでミーショに並び、2周1Mも外全速戦を見せた馬場が一気にミーショを捲りきって逆転2着と、1.42.6の日本レコードを持つ京都の高速馬場が2着争いでその本領を発揮。

 若松次節は2月1日からのナイトクイーンカップ
 オール女子戦ですが、少女漫画チックのデザインが話題を呼んでいる特設サイトが開設されて記念並みに力が入ってます。
若松ナイトクイーンカップポスター


江戸川関東ボートレース専門紙記者クラブ杯4日目

 第2Rで5号艇喜川照正が周回展示中に落水して欠場した出来事があった4日目が終わり、現時点での得点率ベスト6は以下の通りです。

9.50汐崎政則 8.50山地正樹 8.33木村光宏 7.67眞鍋賢司 7.57浦田信義 7.50金子貴志 7.29椎名政浩 6.71星野太郎 6.67川上聡介 6.57松村康太 6.50小畑実成

 10位の松村康太は3日目12Rで待機行動違反を適用され-7点ながらも6.57の得点率を残しています。

立川と多摩川に行ってきた今日は三国と唐津が優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は立川らーめんたま館からウインズ立川を経て自場開催マンスリーKYOTEI杯常滑G1マーメイドグランプリ5日目を併用発売の多摩川競艇場へ行ってきました。
 多摩川は今月から冬時間になったのと、SKE48まあメイドGPの準優3個全部見たかったので東京競馬場のG1天皇賞(秋)は立川と電投で購入して生観戦はせず、競艇場からのワンセグ観戦にしました。

 で、たま館で食べたのは日の出らーめんの剛つけ麺。
 日の出ラーメンの本店は京急日ノ出町駅近くでウインズ横浜そば、たま館はウインズ立川そばという事で、どっちも場外馬券売場に至近です。
 ただし、本店の剛つけ麺は豚骨ベース、たま館の剛つけ麺は鶏ベースという事で、味の方ははっきり違いがありました。
日の出らーめん横浜本店の剛満つけ麺日の出らーめん立川店の剛つけ麺鶏ダシ

 多摩川メインの多摩川選抜戦は以下のメンバーでした。

1:今垣光太郎 2:藤丸光一 3:作野恒 4:花田和明 5:萩原篤 6:松井賢治

 W松井の片割れもいた多摩川選抜の結果は枠なり3vs3の進入からガッキーがすんなり1着、差し順走の富士丸が2着、つけ回った鷹花田が3着で3連単660円の一番人気。
 ちなみにたま館にある「ラーメン荘その先にあるもの」は東京都北区神谷に本店がある二郎系のラーメン富士丸が源流で、ラーメン富士丸西新井店にいた方が独立して京都に店を開き、今年9月に東京凱旋を果たしました。

唐津西日本スポーツ杯優勝戦

 節間8戦全勝の1号艇富山弘幸に完全Vが懸かった西スポ杯は3号艇吉田光(今節選手代表)が3カドにひいた枠なり2vs4の進入に。
 この並びから富山は吉田を張って1Mを先行し、2号艇芝田浩治の差しを締めて振り切り、名人戦世代の大阪43期2878富山弘幸52歳は通算27回目の優勝を見事完全Vで飾りました。

 2番手の芝田に対して4号艇別府昌樹の2番差しが迫りましたが、2M外全速の芝田に対し内の別府は振り込んでしまい勝負あり。
 しかし芝田のターンはやや膨れ、今度は1M捲り差しから2M小回りの6号艇貞兼淳二が接近。
 ですが2周1M内先行した貞兼を芝田が冷静に行かせて捌き、2着を取り切りました。

三国かんなづき第2戦優勝戦

 124/356の進入から1号艇安田政彦が押し切り、今年7回目・通算54回目の優勝で優勝戦1号艇は19連勝。

 後続は差し順走の2号艇山室展弘が5号艇沖島広和の捲り差しを内でこらえきって2番手優位に立ちましたが、3号艇松村康太(福井)が沖島とは逆に山室大先生の内を突いての捲り差しで迫り、押っつけてくる松村康太を山室大先生が全速包んでかわしますが、やや膨れた分両者併走に。
 山室大先生は外から松村康太にガツンとぶつけて締め込もうとするも抵抗しきった松村康太が2周1Mを先行。
 しかし松村康太は2M差しから2周1M押っつけてきた沖島を包み込んだ分流れ、2艇を楽々差しきった山室大先生が2着になり、松村康太に先行されたのが結果的に吉と出た形に。

博多ん大将FUJIMARU-BASEと博多一風堂SHIROMARU-BASE

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は平和島に行って来ましたが、隣接の平和島競艇劇場ではG1福岡チャンピオンカップ3日目を発売してました。
 そのふくちゃんの最終12Rは博多ん大将藤丸光一福岡支部長が2号艇2コースからの差しで1回乗りのここを1着でゴール。
 差すがは博多ん大将、2日目12R1号艇6着はともかくとして4戦3勝の好成績です。
FUJIMARU-BASE

 その後2連単ナイトフェスタ桐生G3企業杯サッポロビールカップ3日目6R目玉レースまで劇場にいて、TCK大井競馬場にはしごしたら、たまたまツケマイという馬のデビュー戦4R発売中。
 アラン・ムンロ騎乗のツケマイは馬名通りの3コーナー追い上げから4コーナー外ぶん回して捲るというスタイルではなく、1枠1番の枠番通りに最内経済コースを突いて3着でした。

 大井競馬には6RTOKYO MX賞までいて、いつもの競艇の京急バスではなく競馬の京急バスで大森駅へ。
ツケマイ

 そして、大森駅山王口そばに9月オープンしたばかりの博多一風堂SHIROMARU-BASEで食べてきました。
 名前は白丸ですが、あっさりとした味が特徴的な一風堂白丸とは全くの別物で丼の底に豚骨粉がたまったかなりこってりとした味です。
 メニューだけでなくトッピングの方も通常の一風堂より整理されてて、一風堂でおなじみの辛子高菜と辛子もやし無料トッピングがありません。
SHIROMARU-BASE+きくらげ+のりSHIROMARU-BASEお品書きSHIROMARU-BASE伝票

 白丸基地の後は平和島帰り恒例の牛小屋でキリン白水を。
 先に山ちゃんさんが来てた店内で蒲郡日本財団会長杯争奪戦3日目を買いつつセントラルリーグクライマックスシリーズファイナルステージを試合終了まで見てました。
今日のキリン白水今日の白水勝也

 さて、ミスターチルト3度阿波勝哉出場ということでチルト3丼を特別価格400円で提供中の平和島本場はBOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップが2日目。
 オフィシャルブログ「つよく☆やさしく☆美しく ヒロナ'sブログ」でおなじみ平和島一押し女子選手中澤宏奈1R6号艇で大外捲り差しを決め、7月の平和島レディースカップ最終日1R以来となる通算も平和島も2度目の1着を挙げて平和島勝利者インタビュー(動画)にデビュー初登場。
 
 また、今節はテレボートカップということで今日はテレガールが来場してました。
 今日来場してたテレガールは右がSeason1から続投の小沼利依、左が新加入の小暮あきとお伝えしておきます。
テレガールの小沼利依と小暮あき


尼崎スポーツニッポン杯争奪しらなみ賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇瓜生正義が28とややスタート劣勢ながら、伸び返した瓜生は3号艇原田秀弥の捲りをブロックして押し切り、前走地桐生SG全日本選手権に続く今年V6・通算43回目の優勝
 差した4号艇森永淳が2着に入りましたが、金のエンゼル森永淳がtwitterを始めてた事を最近知りましたです。

住之江サザンカップ開催中の3月3日に行徳でTSUNAMIを食べる。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 3×3でサザンの3月3日は住之江競艇のデイリースポーツ杯争奪2010サザンカップ2日目
 今節は魚谷智之西村勝のSGウィナーが出場しており、特にスミノエうおちゃんは初日から無傷の3連勝で本領発揮。
 ちなみにスミノフウオちゃんは現地時間4日夜にドバイ・メイダン競馬場で行われるG2アル・マクトゥームチャレンジラウンド3(オールウェザー2000m)に8番枠(レッドディザイア13番枠)で出走予定です。

 さて、日本に津波が襲来した2月28日に自分が本場参戦したメッカ住之江競艇は周知の通り大阪市住之江区(区花:さざんか)にあり、大原由子鎌倉涼、そして繁野谷圭介のホームプールとしても知られてます。

 ということで今夜の自分は住之江サザンカップ開催と津波の被害が軽微だった事を記念して、市川市行徳にある「濃厚豚骨魚介つけ麺 つなみ行徳店」に行ってきました。
 ここは全粒粉を配合した自家製麺が最大の特徴ですね。太くて固いストレート麺はのどごしが、麦の風味もしっかりしてます。
濃厚豚骨魚介つけ麺 つなみ行徳店


江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯2日目

 第7Rは当地G1ウィナーの1号艇福田雅一(妻は平山智加)がシリーズ初1着、差した2号艇森晋太郎が2着。
 これにより、福田から森・晋太郎への清和政策研究会ワンツーが完成。

 ちなみに、F2持ちもあって11月以降の勝率が5.02と、来期のB級降格が濃厚な徳島のA1レーサー瀬尾達也は2005年11月G1江戸川モーターボート大賞以来の江戸川参戦で、ここまで達也は(625)の成績で近況同様に苦戦気味です。 

下関G1企業杯JAL女子王座決定戦2日目

 今日は3人の選手がJAL女子王座水神祭。
 まず3Rで2号艇土屋千明(群馬92期4225)が3コース捲りで勝てば、5Rで1号艇松本晶恵(群馬98期4399)が逃げ切り、群馬の松本千明コンビが共にJAL水神祭を飾り、亀から鶴に羽ばたく一歩を踏み出しました。
 続いて、千明が1号艇で逃げ切り連勝した9Rを挟んで10Rでは3号艇西村歩(大阪92期4243)が捲り差しでJAL水神祭。
 ということで堀ちえみと同じ大阪出身の西村勝った後に松本ちあきコンビも加わり、三人合同の水神祭が行われました。

天下一品のラーメン王が王者とたけだたつやを退けびわこ王座に決定

ブログネタ
競艇 に参加中!
 王者松井繁の参戦で話題を呼んだ報知新聞大阪発刊45周年記念びわこ王座決定戦
 当初出場予定だった今垣光太郎が欠場してしまい王者の独壇場になるかと思われたびわこ王座でしたが、初日連勝だった王者は2日目8R4号艇5着で十万舟を提供したり、4日目12R1号艇イン11トップスタートも4号艇白石健のカド捲りをもらって4着(動画)に敗れたりの成績で、予選1位の座をラーメン水面僕しらけんに持って行かれ王者は予選2位止まり。

 準優はどっちも1着で勝ち上がり、1号艇しらけん2号艇王者になった優勝戦は126/345の進入からしらけんが12トップスタートの速攻体勢も16スタートの3号艇竹田辰也の捲り差しが入って先頭は両者併走。
 尚、王者と3コースの6号艇古結宏(準優では6号艇インコース)が1Mたけだたつやに叩かれ勝負圏外に去り、王者のびわこ王座位はびわこのもくずに。
 先頭争いに戻り、2Mは赤いきつねたけだたつやが先行して2007年9月常滑オータムカップ以来となる通算V2を目指しますが、ここで差し返したラーメン王しらけんが海援隊たけだたつやを差しきって2周1Mで振り切り通算41回目の優勝
しらけんオススメ!大阪のラーメン

 さて、びわこ競艇からもそんなに遠くない雄琴温泉にあるのはスパリゾート雄琴あがりゃんせ
 そのあがりゃんせは京都発祥のラーメン店天下一品が経営してますが、あがりゃんせには天下一品は入店してません。ちなみに競艇場から一番近い天下一品は唐崎店です。

 そして天下一品は17日夜のテレビ朝日シルシルミシルで紹介され、番組企画で以下のイベントを実施。

 「超こってりラーメン」限定復活
2月18日(木)〜24日(水)
※販売は17時から
1日30食限定
価格1200円(税込)
東京「高円寺店」「神楽坂店」のみ

 全国キャンペーン
2月18日(木)〜20日(土)
注文時「シルシルミシルを見た」と言えば
「こってりラーメン」&「あっさりラーメン」
ラーメン単品を店頭価格から200円引き
※定食、持ち帰りは除く


 鶏白湯でベジポタな天一のこってりラーメンが通常より安く食えて、しかも都内の2店舗では限定ながら幻のメニューが食えるという番組連動キャンペーンまで。これは食わなきゃですね。


若松日本モーターボート選手会会長杯争奪戦競走

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉川元浩が21トップスタートの速攻で若松4回目・通算41回目の優勝は一般戦の4日目12R1号艇2着以外オール1着の準完全V。

 スタートに戻ると4号艇石田政吾が71、5号艇宮田政勝が46と後手を踏んで31の6号艇吉田俊彦に展開が向き、2番手争いは順走の2号艇石野貴之とつけ回った3号艇峰竜太とドカ遅れ艇を叩いての捲り差しで石野の内を突いた吉田俊彦で接戦になりますが、2M最内の利で先行した吉田俊彦が石野を振り切って兵庫ワンツー。

スカッとさわやか江戸川競艇の優勝戦+今夜はつけ麺

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川競艇のスカッとさわやか杯は先月29日から始まり、先月31日の中止順延を挟んで本日最終日。
 第3Rでは捲り差し狙った3号艇佐藤幸子がターンマークにぶつかり、2号艇國崎良春と4号艇河津弘司と6号艇新田芳美が巻き込まれ、河津と新田はエンスト失格を喫してしまう場面もありました(動画)。

 さて、今節のラストラン・スカッとさわやか東京コカ・コーラボトリング株式会社杯の優勝戦は1号艇吉田俊彦が3号艇川尻泰輔の捲りを振り切って逃げ切り、2007年9月G3江戸川モーターボート大賞トライアル以来となる江戸川V2にして通算19回目、今年は7月びわこにおの湖賞に続く2回目の優勝
 後続は差し伸びた6号艇:大澤普司が2Mで内切り返してきた2号艇上平真二を行かして捌き単独2番手も、2Mで2艇を差しきり3番手に上がったカワ尻が2周1M内から艇を伸ばして大澤に先行し、大澤との2番手争いに。
 2周2Mでは内先行する大澤に対しカワ尻は外全速で応戦し、3周1Mで大澤を差したカワ尻は3周2M内から先行して大澤を振り切って逆転2着。スカッとさわやかな白と赤のコカコーラカラーのワンツーで決まりました。


 ところで、トーキョーベイパイレーツの86期4075中野次郎と同期である4055吉田俊彦の妻は同期4071古賀千晶ですが、トシちゃんの同期には藤丸光一福岡支部長率いる西区オバケン軍団の4060島田一生もいます。

 そして、自分が今夜食べたのはラーメン激戦区中野に今年6月オープンしたつけ麺専門店「藤丸」。
 店主が一生懸命心を込めて作り上げた結晶といえるピカイチの藤丸つけ麺は鶏白湯と魚介が融合した逸品。今節の選手代表は海老澤泰行でしたが、藤丸店内の卓上に備え付けのえび辛を入れるとエビちゃん風味も加わります。尚、住所と営業時間は以下の通りです。

 「藤丸」
住所:東京都中野区中野5-42-5
営業時間:11:30-15:00 18:00-20:00 但し売切終了 日休


 中野駅北口で降りたら中野通りを北上して早稲田通りの交差点で右折、もしくは中野ブロードウェイを突き抜けた出口で右折して早稲田通りを進み、モスバーガーの所で右折して裏道に入った所にあります。

須藤、元気に優出した本日は磯幸支店で新年会

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
磯幸支店 埼玉の元気者須藤博倫が3号艇で乗艇した三国むつき第1戦3日目12Rカニ坊準優勝戦は須藤が3コースから須藤元気に捲り差して2Mをトップでクリアーしますが、須藤元気有り余り過ぎて痛恨のキャビテーション(動画)。大きくロスしてしまいますが3着に踏み留まり、3着条件の準優を何とかクリアーして優勝戦は5号艇。混戦メンバーなだけに枠は遠くても何とかなりそうな予感がしますが、自分の本日は職場の競馬POG仲間(自分の指名馬)と新年会でした。

 東陽町の磯幸支店で開かれた新年会は寄せ鍋に白魚、刺身にあんキモといった料理が味わえ、磯幸での2時間一本勝負はまたたく間に時間が過ぎていきました。やるき茶屋東陽町店で二次会の後、小鳥さん(仮名)と一緒に西葛西メトロセンターに新しくオープンしたグロービートジャパン系列CHABUTON西葛西店で締めのラーメン。冬の鶏白湯らぁ麺&梅御飯をいただきました。写真を見ての通り鶏白湯というよりは鶏ベースの上品な塩ラーメンでした。
冬の鶏白湯らぁ麺&梅御飯


【中島幸番組の近松賞】

 今日から始まった今年最初の記念競走尼崎G1近松賞中島孝平中島友和川崎智幸山本隆幸が同乗した10Rは123/564の進入から19トップスタートの中島孝平が3号艇西島義則の強つけまいを楽々受け止め1着
 激戦だったのは2番手争いで、差す川崎と捲り差す山本、それにペリカンさんで接戦になり、2M川崎が山本に押っつける間にペリカンさんが差しきって単独2番手に上がり、2周1Mで山本が切り返した際にペリカンさんは包んで回ったのに対し川崎は差し場を塞がれ一歩後退。しかし2周2M、山本さんがペリカンさんに押っつけて行き、ペリカンさんを飛ばしきって最後方へ追いやることに成功。
 この間に川崎が差しきって4番手から2番手に上がり、「幸」同士の2番手争いは川崎が3周2M差して来た山本を何とか振りきりました。

 センプルドリーム戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎が3号艇吉川元浩の捲り差しを振りきり1着
 尚、1周1Mで2号艇魚谷智之がちょっともたつき、ターンマークに当たりそうになったところをなんとか回避しましたが、この影響で5号艇今垣光太郎がターンマークに乗り上げエンスト失格。この件で魚民は不良航法を適用されてしまいました(動画)。

【大先生完全優勝にリーチ】

 関西ではなく九州にある芦屋競艇のノーハンデ戦1800m3周の5日間シリーズスポニチ金杯 新春特選レースにおいて予選3日間6戦全勝の山室展弘さん。もちろん本日の準優は1号艇なのですが、完全Vに向けては6号艇で乗艇する前半の一般戦が最大の難関。
 ということで6号艇の一般戦9Rスタート展示枠番通りの6コースから本番では一転好発ピット離れから回り込んでインを奪い1着と、展示のヤラズモードから本番では一転ガチモードで勝利。
 続く本番12R準優勝戦はインから17トップスタートもターン流れて直外の2号艇新美進司に差されますが、2M差し返して同体に持ち込み2周1Mを先行。ここは新美に差し返されますが機力の違いで何とか振りきり、2周2Mを先行して執念の1着。今年の山室さんは一味違います。


 山室さん完全Vが懸かった優勝戦メンバー。

1:山室展弘 2:林美憲 3:佐藤大介 4:長溝一生 5:石川正美 6:荻野裕介

 長溝と愛知のまさ美が動く可能性があるので、それによって進入が深くなって準優の1Mが再現される可能性があるって点が完全Vへの不安材料ですね。

ハラハラドキドキ東京ダービーを始め5場優勝戦の正月開催最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年は節間入場無料だった正月のビッグレース平和島東京ダービー。平日昼ながら約7500人の入場を集めた最終日は11Rまで10R特別選抜B戦(予選敗退選手から得点上位6人が乗艇)の1号艇山崎聖司(千葉)だけしか逃げられず、本日もイン受難の競走水面。

 そんな中迎えた優勝戦は6号艇飯山泰がチルト+3度に跳ね上げ、123/546の進入から飯山やすしが08スタートから伸びて行くもしかし、05トップスタートの1号艇・自称41歳の若輩者三角哲男を捕まえるまでには至らず、イン受難の競走水面で堂々逃げ切ったミッスーが昨年大晦日の桐生ボートピアなんぶ杯に続く通算51回目・平和島10回目の優勝で自身2度目の東京ダービー王襲名ッス。初日のインタビューに続いて表彰式(動画)でもミッスー語録をたっぷり堪能できたッス。
平和島なだけにピースサインをキメるミッスー

 後続は2M内から艇を伸ばしてきた4号艇内山文典を飯山やすしが外から包んで回り、他5人とは自転車とオートバイくらい差があると公言するも1M差し順走でしっかり2番手争いにつけた2号艇矢後剛が内山を行かせて差し。あわや消波装置というところまで流れてハラハラドキドキだった飯山やすしはしかし、それでもチルトサンドの伸びでチルト-0.5の矢後に並びますが、2周1M内有利に旋回した矢後がここで2着争いに勝利。
原ちゃんも見に来た東京ダービー優出者インタビュー

 今節は京急開発自慢のフードコンプレックス品達からなんつッ亭せたが屋が節間出店してましたが、初日に食べたせたが屋に続き、今日は腹時になんつッ亭で食べたので下に両方の写真を載せます。ちなみに優勝者副賞は両店のおみやげラーメン。
せたが屋in平和島700円なんつッ亭in平和島700円


宮島ニューイヤーカップ広島ダービー優勝戦

 1236/45の進入から4号艇吉岡政浩が14トップスタートからカド一気の絞り捲りを決め、昨年4月鳴門デイリースポーツ杯競走以来となる通算15回目・宮島は2005年8月スポニチ杯競走広島ダービー以来2回目の優勝で広島ダービーは正月と盆のW制覇。勝ってミホの吉岡は昨日の準優10Rで2着に敗れ4号艇だったものの、節間オール2連対のシリーズリーダーでした。
 後続は踏ん張った1号艇辻栄蔵と差す3号艇市川哲也で2番手併走。そこに、捲られた後握って外マイから切り返した2号艇・91期たけし軍団山口剛(やまぐちつよし)が2M突っ込んで来ますが、山口を包んだ市川と山口を差した辻が優位に運び、2周1Mも内の辻ちゃんに対し外握るテチャーンの構図変わらずで2艇併走。
 しかし、2周2Mテチャーンを牽制しながら先行しようとした辻ちゃんに対し4番手の山口が突進(不良航法)。これにより2番手はテチャーンと山口の併走に替わり、3周1Mは内のテチャーンが先行もツヨシしっかり差した山口が遂に逆転。3周2Mテチャーンは切り返して先行するも再びツヨシしっかり差した山口が2着を取り切りました。

びわこ新春滋賀県知事杯争奪戦優勝戦

 滋賀県知事嘉田由紀子杯争奪戦は126/345の進入から2号艇高濱芳久(広島)が差しを決め、王者松井繁相手に逃げ切った当地2005年滋賀県競走会会長杯争奪年末ファイナルを含む通算40回目の優勝
 2Mで差し返し狙った1号艇吉川昭男のターンは甘く、届かなかったばかりか1M2番差しの4号艇深井利寿に押っつけられて内に入られ後退。深井が痛快な逆転劇で2着に入りました。

多摩川新春特別かどまつ賞優勝戦

 是政夢劇場2009年最初の幕が開いた一戦は123/546の進入から1号艇村田修次が14トップスタートで速攻図るも、2号艇鈴木博(埼玉)が差してムラッシュに舳先を掛け、2M内から先行して昨年7月びわこイーバンク銀行杯以来となる通算35回目・多摩川2回目の優勝

 多摩川次節は14日から18日まで男女混合サンケイスポーツ賞っス。東京ダービー王のミッスーとG1ウェイキーカップで男になった藤丸光一が来るっス。

若松ジョイロードカップ正月特選競走優勝戦

 2008年4月からJR九州旅行に改称した旧JOY ROADのタイトル戦は正月開催の最後を飾る一戦。
 枠なり3vs3の進入から1号艇白水勝也は20の5番手スタートだったものの19スタートからつけまい仕掛けてきた2号艇別府正幸を難なく弾き、後続に白いしぶきを浴びせてぶっちぎり、昨年10月大村G1海の王者決定戦以来となる通算24回目・若松4回目の優勝
 後続は28と凹んだ3号艇富永修一を共に叩いて差した4号艇平田忠則と5号艇鳥飼眞で接戦も、後から差した鳥飼が2Mを内有利に先行。しかし艇が浮き気味だった鳥飼のターンは流れ、差したヒラチュウが2周1Mを先行。鳥飼は外全速でヒラチュウに食らいつくも、2周2Mでヒラチュウが内から鳥飼を張り気味に回って突き放し2着争いを制しました。

 さて、今日は平和島帰りに大森の名店牛小屋へ。丑年になってから初めての牛小屋でしたが、今日も煮込みライスはおいしかったです。そのことをなぜ平和島では無く若松のところに書くかといえば、今夜の優勝者(略)
昨年3月に撮影した牛小屋の煮込みライス昨年9月に撮影した白水

明日から賞金王決定戦〜課長、ニンニク入れましょう。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 明日からいよいよ住之江SG賞金王決定戦が始まりますが、前検日の今日は公開抽選会賞金王シリーズ戦2日目が。
 買う暇がなかなか無くて泣く泣く7R9Rしか買えなかった今日のシリーズ戦一番のハイライトは1Rで1号艇馬袋義則(兵庫71期3612)がイン逃げを決め通算1000勝を達成したこと。兵庫のピーチアタッカーが達成した偉業に対して公開水神祭も行われたそうです。
2008年7月福島テレビピーチアタック表彰式

 さて、決定戦トライアルで注目してるモーターはトライアル11Rに6号艇で乗艇する魚谷智之が引いた40号機。
 うおちゃんが「相手揃っているけど、乗った雰囲気は凄くいい。まだ出そうです。」とコメントしている40号機は前回使用者がテレビ大阪杯争奪大阪スーパーレースで優出1号艇だった兵庫唐草軍団の後輩松下直也(兵庫88期4105)。
 大阪スーパーレースは大時計故障による不成立(動画)という結果に終わり、ポールポシジョンだった松下はパナソニック製の大型映像装置ボートくんに初Vの勇姿を映し出す事が出来ませんでしたが、愛弟子の分までうおちゃんが結果を出してくれそうな予感。ちないに、自分の決定戦トライアル予想はK-BATTLEに投稿していきます。


 とまあ、馬と魚の話でしたが、馬刺しも魚の刺身もニンニク醤油で食うのが個人的に美味しいのであります。ニンニクといえば昨日は出張集荷監査で埼玉県比企郡川島町に行ってまして、その帰りに食べたのが、大崎から東大宮に移転したジャンクガレッジ。以前はまぜそばを中心にした店だったのが、移転後は「ニンニク入れましょう」のキャッチコピーと共に、化調とニンニクをどばっと入れた二郎風ラーメンがメインの店に。もちろんまぜそばも健在です。
 ごわごわの麺と山盛りの野菜、それがカエシと背脂とニンニクの味がきいた乳化気味の豚骨スープに絡んで二郎同様病みつきになる味。場所は第二産業道路沿いです。
ジャンクガレッジの小ラーメン全部増しニンニク入れましょう

ウインズ新横浜ラーメン博物館

ブログネタ
競馬全般 に参加中!
左がラーメン博物館、右がウインズ新横浜。 本日は新横浜ラーメン博物館の向かいにウインズ新横浜がオープンしたので、開設初日の本日早速行ってきました。行ってみたら本当にラ博の向かい。ちなみにラ博は再入場可能なので馬券買う前に食べて馬券買う後にまた食べる事が可能とラーメン好きにはたまらないウインズ。そしてウインズの地下にはラ博には無いサンマーメンがあります。ちなみにウインズ横浜は1Fが入口、地下がフードコートで2Fから5Fが一般売場、6Fと7Fがエクセルフロアとなってます。

WINS新横浜開設記念馬券 本日の福島競馬は10Rにウインズ新横浜開設記念が。勝ち馬はアップルサイダーでしたが、陸奥福島で新横浜の開設記念をするなんて、まるで青森県上北郡横浜町に場外が出来たみたいな感じですね。上北といえば東京競馬場に行くときは上北沢を通過しますね。井の頭線経由だと下北沢まで通過します。


 ラ博で本日最初に食べたのは5月18日に期間限定でオープンした一力茶屋もとい中華そば一力のミニラーメン。敦賀市の老舗ラーメン店ですが、自分はラーメンに胡椒を入れるのが嫌いなので、デフォルトで胡椒が入ってるのはきつかったです。ちなみに東京競馬場には向正面左側3Cから4Cにかけて欅(という名の榎)がありますが、ウインズ新横浜の向正面左側地下1階にも(という名の札幌味噌ラーメン)があります。そういう訳で本日は一力と欅と佐野ラーメン支那そばやを食べました。で、ラ博では企画展示として「佐野実の履歴書」という佐野実展をやってました。
中華そば一力


【イチオカを学ぶ】

 阪神競馬の11Rはダート1200mの出石特別。単勝オッズ2.4倍の支持を集めた1枠2番ショウナンアクトを取り巻く一戦は16頭立て。2秒前、1秒前、今スタートしていきました。1枠1番イエスオアノーが枠番通りのイン戦からトップスタートで逃げていきますが、2コースから2番手につけた人気のショウナンアクトが直線で楽に差しきり先頭。1.09.9の好タイムでゴールしたショウナンアクトはこれで今年V2、阪神2回目、自己通算では4回目の1着。3連単は2-4-14の偶数番トリオ…ではなく、JRA競艇部長佐藤哲三が鞍上の2枠3番セトノヒットが接戦を首差制しての3着で入線し偶数番トリオならず。ちなみに3枠6番イチオカは中団ままの7着に終わってます。
イチオカくん
住之江競艇の実況アナ[アメーバビジョン]


【日曜競馬キルトクール】

 阪神G3マーメイドステークスのキルトクールは武豊鞍上のブリトマルティス。格下の上がり馬なので武豊が控える競馬をして末脚届かずに終わりそう。ちなみにまあメイドステークスはオール女子戦ですが、3月2日の常滑G1マーメイドグランプリは男子限定でした。

 ちなみに福島競馬のメインは福島テレビオープンですが、静岡県浜名郡新居町にある浜名湖競艇でも7月1日から福島テレビピーチアタックを開催します。最終日は福島競馬のG3ラジオNIKKEI賞と同じ6日ですが、果たして今年も昨年同様にミスピーチが来るのでしょうか。

G1戸田グランプリ準優12Rは4艇Fの大波乱、しかも辻ちゃんF2

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 G1戸田グランプリ5日目は頂の八合目、準優勝戦の工房攻防。1つ目の準優10Rは3コースの中里英夫が捲り差しで1号艇山本寛久を捕らえて1着。2コースから小回りで立て直した茨城在住埼玉支部飯島昌弘が2Mも小回りで山本を振り切って2着。

 2つ目の準優11R競艇選手大好き森さつき賞は予選1位の吉川元浩1着。三国巧者の吉川選手が三国コカ・コーラ(桶川市)のお膝元埼玉県でも強さを発揮して優出1号艇Getです。
2号艇〜5号艇までを埼玉支部が占めた後続は2コース順走の2号艇西村勝が最後3号艇後藤浩に追い詰められながらも2着。山崎トリオ最後の砦としてただ一人予選通過を果たした今節選手代表山崎義明埼玉支部長は5コースからの捲り差し届かずBS4番手、2Mで一発逆転の切り込みで突っ込むもまちゃるたんに待って差されて不発と、2.3着争いを盛り上げましたが健闘及ばず4着でした。

 3つ目の準優12Rまっきーお疲れ!これからも頑張れ記念は文字通りお疲れなレースになり、冠協賛オーナーの人も肩を落としてそうな結果に。ちなみにレース名のまっきーさんは冠協賛オーナーの同僚だそうです。
 さて、どんな内容だったかというと進入は12346/5で内側2艇がかなり早いスタートで飛び出し、イン速攻の須藤博倫が先頭。次いで2コースつけまい不発の辻栄蔵と3コース差しの吉田弘文が2番手を争う隊形。以下大外単騎から捲り差しの飯山晃三が4番手で、4コース差し不発の西島義則が5番手、5コースで同じく差し不発の今村豊が最後方。
 そしてかなり早かった須藤と辻ちゃんが+05、大外単騎でスピードが乗っていた飯山が+03、プリンスが+01と合計4艇のフライング。かくして2艇が共に01ながらも生き残り、先行する吉田が2M突っ込んできたペリカンさんを抱いてかわして1着、自動的にペリカンさんが2着です。
 ちなみにこのレースの返還総額は2億6558万2000円で残った売り上げは86万1700円と埼玉県都市競艇組合に大打撃の結果となり、Fを切った選手の中でも特に辻ちゃんは2本目のFとSG戦線を目前に大打撃となりました。(´`;)

 そんなG1戸田グランプリ準優だったのですが、本日は場外発売の江戸川競艇場へポイント加算と準優10Rの前売購入をしに行ってから池袋のまるきゅうらあめんへ初食しに行ってきました。鶏白湯ラーメン好きなので金土限定の鶏白濁そばを狙っての参戦。濃厚鶏白湯にきくらげに炙りチャーシューに太ちぢれ麺と、再訪したくなる味だったのです。
 10083名を集め、F返還が有ったにもかかわらず10億8261万5900円を売った戸田競艇場には10R発走の時間に到着。定位置の5F自由席で集団Fの光景を見てしまいました。基本的に戸田ではイベント時以外下に降りない人なのです。でも日曜は表彰式があるので最後降ります。
さようなら東池袋大勝軒こんにちはまるきゅうの鶏白濁わんたんめん



 優勝戦峯ドーム17歳記念の枠番はこうなってます。

1:吉川 2:中里 3:吉田 4:飯島 5:まちゃるたん 6:ペリカンさん

 住之江SG笹川賞で3年ぶり4回目の出場が決まった吉川がお祝いのG1勝利を見せてくれるでしょうか。同日の三国G1北陸艇王決戦優勝戦は笹川賞ドリメン魚谷智之が1号艇で、兵庫支部同日G1優勝が懸かっています。

【女子戦キルトクール】

 オール女子戦G3ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスのキルトクールは滞在競馬専門の関西馬レクレドール。基本的にこの馬は地元戦とローカルしか走らないです。

 上位3頭にはG1への出走権が与えられる女子リーグ戦阪神G2報知杯フィリーズレビューのキルトクールはデビュー戦1.6秒差圧勝の1戦1勝馬ヒカルアモーレ。前走圧勝といってもそれはダート1800mでの話。芝1400mの今回は普通についていけず惨敗でしょう。

 ちなみに明日は専用ファンファーレ使用の中京競馬名物レース名鉄杯があります。

【武蔵境】芸能界のきら星は優木まおみ、はい。【是政】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 佐賀県出身東京都在住・多摩地区の小金井市にある東京学芸大学出身の競艇イメージガールにしてグラビアでも大活躍な優木まおみを銘打ちました多摩川優木まおみ杯が昨日から始まってます。今節は予選及び5日目の男子代表決定戦&女子代表決定戦を男女別で戦い、最終日は男女3人ずつが優木まおみによる公開枠順抽選(1着2着3着の各グループ別)で組まれた枠番で戦います。ちなみに優木まおみ本人は5日目と最終日に来場予定です。
DVD「smart life」好評発売中


 初日は11Rまおみ選抜戦(男子)12Rまおみ選抜戦(女子)のWメイン。男子はB1級の大嶋一也、女子はA1級の日高逸子が勝ち上がったのでした。その一方では3Rで捲り一発トップターンの阿波勝哉が今期2本目のF、6Rで追配の木下真未カジノドライブならずのF。更に8Rの3周目で細川裕子が落水、追配にして今節選手代表松村昌子が転覆と暗い話題もあった初日の水面でした。


 2日目の今日は愛知のA2級小林茂幸が4コース捲りトップターンで今年初の1着となった男子メインの11Rで、大外24と一番遅いスタートながらも差し伸びて2着の兵庫94期小坂尚哉が4戦オール2連対と好調。その一方で大嶋一也はこのレース2コース進入も捲られ最後方、おまけに2Mでは振り込むという失態を見せています。

 細川裕子が前日の落水で番組確定後に負傷帰郷、5艇立てになった8Rで5号艇前付けインから押し切り1着になった目高さん。女子メインの後半12Rでは愛知A2永井聖美を2コース直捲りで潰して1着と負け知らずの4連勝。そしてどちらのレースでも最高勝率選手倉田郁美(勝率10.00)を負かしています。今節は目高さんの目高さんによる目高さんの為の開催になりそうですね。唯一の不安材料は優勝戦枠番抽選で2号艇になった時ですね。

 さて、11Rと12Rは公開勝利者インタビューがありまして、11Rの小林が京都G2日経新春杯中継の直後で会場そばに結構な数の人がいて、司会のお姉さんが必死に呼びかけたにもかかわらず、多くは舟券を買いに行ってしまい20〜30人くらいの集まりだったのに対し、12Rの目高さんには司会のお姉さんが呼びかけるまでもなく100人以上集まって脇までびっしりの大入り。でも幸い?なことに12Rの舟券がヒモ抜けで逆完全的中、払戻機に並ぶ必要が無かったから最前列が取れましたです、はい。

 ここでちょっと話題を変えて花より男子2加藤夏希45kg、花より団子は加藤奈月55.3kg。その加藤なつきは2R1号艇1回乗りで大外から5着という内容でしたが、横断幕が二枚もあったのが目を惹きましたです。
閑古鳥の小林茂幸インタビュー大盛況の日高逸子インタビュー


【武蔵野のきら星!】

 西武多摩川線乗り換え駅武蔵境で文字通りきら星の輝きを放つ人気ラーメン店きら星で20分以上並んだ末に初食。味玉ラーメンと炙りチャーシューご飯を頂きました。味は一言で語ると、「カツオ餡が入った濃厚豚骨の家系

 今日は先ず正午に峰竜太の顔をテレビで見たところで出発し、前述のきら星に13時半頃到着。14時半発車の西武線に乗って10R(1号艇三浦星子)発売中に多摩川競艇場到着です。これで今年首都圏4場全て行ったことになります。
 そして帰りはきら星星野能宏店主の修行元である深大寺の煮星たけちゃんにぼしらーめん。の支店である代々木店で塩スペシャル平打麺を食べてきました。ちなみにたけにぼは店名の通り魚介系の味が表に出たあっさり味で、きら星とは全然味の系統が違うのです。

【天然少年萬】

 江戸川京葉賞出走組を中心に連日激しいポイント争いが繰り広げられたびわこ一般競走。5日間の激戦を締め括ります優勝戦。ベスト6メンバーのうち4人が京葉賞組で、1号艇の萬正嗣も京葉賞組。
そして逃げる萬に2コースから差し込む木村浩士(京葉賞組)、4カドから2番差しな前田光昭京葉賞優出)、5コースから捲り差しの齊藤仁京葉賞優勝)と、BSは京葉賞組によるデッドヒート。その中からBS最内の前田太尊が2M先マイ狙って突っ込みますが、艇を伸ばしタイソンを締め込んだ萬が2M先制。これが決まって単独先頭に立った萬が優勝。昨年3月15日桐生タイムス杯以来通算2度目のVです。
 萬に包まれたタイソンは4番手に下がり、HS木村が単独2番手となり群馬新鋭コンビのワンツー体勢に。しかし2周1Mで齊藤仁が外ぶん回して木村に並び、2周2Mも外ぶん回して逆転成功。群馬新鋭コンビによるワンツーはびわこのもずくに消えてしまい、齊藤仁が京葉賞Vの底力を見せた格好になりました。

 それにしても天然少女萬(主演:からつ競艇イメージガール松田純)にろくでなしBLUES(主役:前田太尊)に金メダリスト齊藤仁とな者が揃った優勝戦でした。

津グランプリシリーズ第9戦優勝戦

 前日には「池田浩二選手サイン色紙プレゼント抽選会」が行われたグランプリシリーズ第9戦のファイナルは、その池田浩が1号艇となってイン10トップスタート。そして4カドから攻めてきた中尾誠をブロックして盤石のイン速攻を決め通算18回目の優勝。中尾が攻めた展開を利して5コースから差した石渡鉄兵おれは鉄兵斬り込み成功の2着。

さあマヨわず、カワサキへ。

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
夜カラ川崎。昼マデ川崎。 昼マデ川崎。ということで今日は昨日に引き続き川崎競馬場に行ってきました。デイレース開催となる今日のメインはフサイチネット協賛G1JBCクラシック
レースは老体に鞭打ち早め先頭の作戦に出た8歳馬タイムパラドックスがそのまま押し切り、昨年の名古屋G1JBCクラシックに続く連覇達成。松田博資厩舎に至ってはJBC5連覇の偉業です。JBCはまだ6回の歴史しかないですから、6回中5回というのはものすごい高率ですね。尚、2着には毎度おなじみシーキングザダイヤが入り通算8度目のG12着ゲット、キルトクール馬マンオブパーサーは5着でした。

 入場22165人&売上19億6195万8000円の盛況だった川崎競馬場にはミスター大盤振る舞い関口房朗会長のスペシャルトークショー開始とほぼ同時に到着、会長とちゃっかり握手しちゃいました。今日は川崎市出身膳所在住のぜーぜーさんが帰郷してて、フサローショー後に元旦以来の再会。久々に競馬話等に花を咲かせました。
握手責めに合う人気者のフサローフサローショー無事終了で一安心の吉田さん

 ぜーぜーさんと合流し、次レース後に行われた佐々木竹見(1941年11月3日生まれ)と原良馬によるトークショーではムチを持って立ってるJBCガールズ初音みうが「白くてかわいい女の子のお馬さんだからレイナワルツ」とプリティーに予想し周りの巨大カメラ陣を沸かせました。ちなみに昨年3着の瀬戸口馬玲奈ワルツはしんがりでした…
佐々木竹見生誕65周年記念トークショーwith原良馬

 表彰式は昨日に続いて川崎麻世が登場。でも今日私的にウケたのは馬主の吉田照哉にJBC委員長吉田勝己が賞を贈呈した場面でした。嗚呼感動の吉田兄弟
JBC川崎麻世フィギュア

 さて、昨日の帰りは川崎BE内の中華そばいまむらでラスト極太麺ヒーローを食べ、今日は行く前に幸区側の麺屋一番星で札幌みそラーメンを食べて、ぜーぜーさんとKirin-CityJR川崎店で一杯やった後、締めに川崎BEのらぁめん大山でえび塩そばを頂きました。
ところで、麺屋一番星へ行った際にびっくりしたのが幸区側の変貌ぶり。いつの間にか駅前にラゾーナ川崎プラザが出来てて凄い人の量でした。

【さあマヨわず、カワサキへ。】

 JBCと時を同じくして始まった児島G1競艇キングカップは2日目、地元代表として出場の川崎智幸は本日2回乗り。前半4Rは5号艇ながら2コースに入り、差し順走で手堅く2着ゲット。
 しかし後半9Rは艇番通りの2号艇2コースでしたが6号艇三嶌誠司の捲りを貰います。それでも小回り差しで2番手に付けますが、2Mでマイシロをたっぷりとった川崎は内の3号艇北村正嗣なる選手に押っつけられて後退し、油断負けの格好になった川崎は無念の4着。そんな川崎の明日は6R4号艇。明日もマヨわず、カワサキ!

 登録番号順に枠が組まれた2日目メインプリンス選抜はイーグル会永遠のプリンス平尾崇典が09トップスタートのイン速攻で押し切り1着。4カドから差した桃太郎ランドのプリンス作間章が2番手も、大外捲り差しから2M内に潜り込んで押っつけてきた吉本新喜劇のプリンス湯川浩司がここでさくまを抜いて2着ゲット。

江戸川日本財団会長杯4日目

 第7Rが始まりました。前日までオール2連対ながら、なぜか本日1回乗り希望を出して賞典除外になった松下知幸は6号艇での乗艇です。人気の中心2号艇鎌田義が捲りで1着となる中、松下は捲り差しで3着争いに加わります。しかし2周1Mでもたついてしまった松下は脱落して5着のゴール。そしてもたついた際にどっか痛めたのか負傷帰郷してしまいました。

 第10Rが始まりました。人気の中心1号艇中嶋誠一郎が逃げで1着となる中、5号艇鋤柄貴俊は捲りで2着争いに加わります。しかし2Mでバランスを崩した鋤柄は無念の転覆(動画)。鋤柄は負傷帰郷してしまいました。

尼崎日刊スポーツ杯争奪伊丹選手権競走優勝戦

 内寄りコースの2艇が圧倒的な人気を集めた一戦はインコースから15トップスタートを放って堂々押し切った大嶋一也が通算56回目にして新期最初の優勝であります。優出メンバー中唯一のA1鳥飼眞が2コース順走で2着に入り、2連単240円の大本命決着であります。
尚、5カドからぐいっと握りこんだ秋山昌宏が内寄り2艇には及ばなかったものの、秋山ならではの全速旋回で3着をもぎとっております。以上でございます。

ナツのメグミ、ナツの負グミ。

ナツのメグミ、ナツの勝グミ。 小倉競馬開設周年記念競走G3小倉記念は道中最後方から直線内を突いて伸びた外枠のキルトクール馬スウィフトカレントがばら色の3番枠から先捲りのヴィータローザに1馬身1/4の差を付け記念初優勝を果たしてウルトラドンガバチョ。
小倉王者メイショウカイドウはポールポシジョンの1番枠から先行するも、59.5kgが堪えたか直線伸びず6着敗退。逃げて5着のコンゴウリキシオーとは鼻差でした。
ちなみに3着には9番人気ニホンピロキースが入り、3連単1014630円3連複205630円ワイド3-5は12650円のウルトラマンバケン。

 それにしても本日は暑くてのどの渇きも速く、ビールの進みも速かったです。そんな天気だから、レースを見るためにスタンドに出たときは目が眩しく、頭はもわ〜っとしました。
小倉王者メイショウカイドウ小倉記念表彰式に備えるコンパニオンの皆さん


 先程食べたぎょらん亭に続き、今度は直球どトンコツの魁龍魚町店で魁龍ラーメンをいただきました。かつて新横浜ラーメン博物館に出店した名店ですが、退店後の今は九州でしか食べられないので貴重なのです。ちなみにKBCラジオでOAされてる大将のラジオ番組は森山日出一のラーメン×3です。

 次の更新は若松競艇場の後です。
魁龍魚町店
森山日出一のラーメン×3

魚藍亭と書いてぎょらん亭

ぎょらん亭 昨日のエントリーで書いたように、新幹線のぞみ9号で北九州市入りしました。
 まずは北九州市民球場及び北九州メディアドーム小倉競輪場そばのぎょらん亭で純豚骨100%の十割そば+替え玉を食べてウマーだったのですが、球場では暑い気温を更に熱くする熱戦、全国高校野球選手権福岡大会決勝戦、福工大城東vs柳川の試合(14-1で福工大城東が優勝)が行われており、熱い声援が聞こえる中で極上の純豚骨ラーメンを食したのでした。
 そして小倉競輪場では福井G3不死鳥杯場外発売中でした。老朽化著しい野球場とは対象的に全天候ドームの競輪場は実に涼しく、気持ちよく涼ませてもらいました。
 なんにしても、野球や競輪で北九州市にお越しの際にはぎょらん亭へどうぞ。

 blog始めて2年、北九州市来訪記念で本日限定1日3エントリーです。この後は小倉競馬場若松競艇場のエントリーを送信です。
メディアドーム小倉競輪北九州市民球場

【昭和二十九年創業】戦いの合図・若松・幸楽苑【中華そば290円】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 若松SGオーシャンカップ開催記念ということで、石丸電気(ちなみに静岡三羽烏を輩出した82期の劣等生は石丸雅人元選手)に「永い眠りから醒め、遂に息吹を吹き返したメロディアス・ハード・ロックの最高峰FAIR WARNINGの約6年ぶりとなる新作BROTHER'S KEEPERを買いに行ったついでに若松発祥の会津っぽラーメン
―昭和二十九年創業 中華そば290円(税込304円)幸楽苑―多加水熟成麺―
を食べたのでした、ああ若松さんバンダイさん。
ついでに、若松前節がサッポロビール杯争奪戦だったのでサッポロビールも注文。中華そばとサッポロビールと餃子と柿ピーのセットは790円(税込829円)です。

【昭和二十七年開設】戦いの合図・若松競艇【パイナップル100円】

 麻雀で鍛え抜かれて夜は滅法強い瀬尾達也46歳が4Rで2コース差しを決めて1着になれば、6Rでは中年世代に勇気と元気を与える男江口晃生41歳が3号艇ながらイン進入に成功して逃げ切り1着、更に7Rでは小さな子供達も応援ヨロシク平石和男40歳が5カドから鮮やかに捲り差して1着、そして1走目の6Rでは6号艇3コースからの差しでシエロの2着にはいり、2走目の10Rでは一転威風堂々のイン戦となった西島義則44歳が4カド丸岡正典の捲り差しに一度は差されながらも2M熟成の差しから2周1Mの先マイで逆転成功の1着であります。ということで今日のオシャーンカップはOver40が4勝の活躍であります。

 ところで、今回のK-BATTLE
『オーシャンカップ 夏の北九州に海王出現!』
という企画で、ルール詳細はこちらですが、大まかには1日の総投資ポイントを5000〜30000の5000刻みの範囲から1日につき選択して使い切るというもの。30000をどの日に使うかが勝負の分かれ目であります。以上でございます。

スーパーマンタニ万谷章62歳が苦節43年遂に記念初優勝5

 派手さは無くとも巧さがあります。だからこそ見る者の心に伝わります。喜怒哀楽を包み隠さぬ人対人のヒューマンストーリー(動画)。真名人を決します尼崎G1競艇名人戦優勝戦はファン手帳最初のページの上から3番目、つまり現役では3番目に古参な13期1710万谷章62歳が若さ溢れる見事な4カド捲りを決めて1963年4月の選手登録から苦節43年、通算99回目にして遂に悲願の記念初優勝を達成致しました!おめでとうございます!
これはもちろん史上最年長記念優勝にして記念初優勝のデビュー最長という超遅咲き記録という快挙であります。これを若々しいカド捲りで成し遂げた事にも大きな意義があると思います。記念初優勝ということで史上最年長?かもしれない水神祭も行われました。
 水の上では厳しい職人も家に帰れば優しいじいじです。孫の為にも頑張ります。そんな好々爺ですが、千葉誠一アナの名実況だけではなく、正真正銘同世代だけでなく世代を超えた多くのファンに夢と勇気を与えてくれたものと思います。本当にありがとうございます(舟券も含めて)。来年の平和島SG総理大臣杯の出場も内定しましたので、63歳がSGに出てくるのを非常に楽しみにしてます。一番優勝して欲しかった選手が優勝して本当によかったです。

 後続ですが、超抜猿人33号機を引っ提げて08スタートを放った万谷の4カド捲りに乗して5コース07トップスタートから2番捲りの形となった小林昌敏がすんなり2着でしたが、3着はすんなりとは決まらず、大外から差した松野京吾がBS3番手も2Mで松野が流れ、そこをイン捲られ4番手でした水野要が逆転して3着に入りました。
 さまざまな重圧があります。しかし普段通りに泰然自若であります。静かに燃える兵庫の要水野要でしたが、もともとモンキーターンが下手ということでナイトスクープされてしまうターンスピードな上に、近況成績も優出メンバー中ぶっちぎりで悪かったという事実(万谷含む他の5人が新期A1濃厚なのに対してかなめちゃんは新期A2の可能性あり)は隠せませんで、2&3コースが34&28と遅れたのもありますが、自身も20とダッシュ勢力の07〜11に遅れをとっておりまして結果的に重圧に負けた形であります。それでも2Mで3着に上がった捌きは唐津SG全日本選手権優出3着等記念17優出の確かな実績(松野はSG優出無しでG1優出も今回入れて3回のみ)がなせる技でありましょう。スピードは優出メンバー中でも遅い部類に入りますが、捌きは上位でございます。以上でございます。

多摩川日本財団会長賞優勝戦

ゅぅゅぅに抱きつくウェイキーくん、ハグハグさあいこうゆうしょうせん、2&3コースが凹む展開もあって展示抜群だった岸本隆が4カド捲り、その捲りに乗っかって大外01タッチスタートからイン平石和男と2コース坪井康晴との狭い艇間を捲り差した中村有裕がちょっと熱い(でもゆうゆうにとっては寒い)スタート判定の緊張を無事乗り越えて岸本を差しきり、通算17回目にして快感の多摩川初優勝です!

ゆうゆうおめでとう!

 さて、レースを作った岸本が当地5連続優出を2着で締めたのですが3着は混戦。5コースから捲り差した上田隆章が3番手もイン平石が1Mずるずる〜っと後退!する展開からBS捲られ差しで差し伸びてきたつぼイが2M差して上田に並び、2周1Mはつぼイが先制して上田が差す展開でしたが出口に罠が!もたつき気味のつぼイに差してきた上田が突っ込んできて2艇が接触しつぼイが転覆!この時場内の一部では罵声が飛んでいた事をお伝えしておきます。ともあれこれで上田が3着を取りきりました。

 今日は多摩川競艇場に行ってきたのですが、その前に西国分寺の白河中華そば 孫市で昼食を摂ってきました。ところが、ここが行列になっていて府中本町駅に着いたのが15時半前。ちょっと焦りましたがバスはまだあったので一安心。ともあれ、本場併用両方の11Rには間に合いました。
 6号艇で機力も劣勢、正直2着までかなと思ってましたゅぅゅぅゅぅιょぅで非常に嬉しい誤算(でも岸本のおかげで舟券も)の表彰式(動画)は最前列の右側にいたのですが、動画の最後で隠れてこっそり写ってます。で、仮更新時から写真を2枚追加しました。
多摩川ゅぅゅぅ記念撮影多摩川ゅぅゅぅ表彰式


蒲郡G3企業杯S&Bゴールデンカレー杯優勝戦

 興奮と感動、具沢山に争われた第11回大会はいよいよ覇者を巡る優勝戦を迎えました。ゴールデン華麗なメンバーは以下の6人です(動画)。
旋回は驚異の迫力、疾風の速攻劇。ファンに興奮を振る舞いますか1号艇イン濱野谷憲吾。その風貌はまさに頑固職人でありますが当然いい仕事をします2号艇2コース吉川元浩
枠を主張しました、唯一フライングのハンデもありません。チャレンジャー精神でデビュー初Vを狙う3号艇3コース今井貴士。時に進入は大辛。辛さの後に旨さが残りますが今日は枠番通りに折り合ったぁ!今節は全速差し冴える4号艇4カド守田俊介。ガツーンと感じるインパクトの出足、混戦捕らえるか繁野谷圭介。外に回ってもショットは軽快、侮れませんか中里英夫、以上6人です。
 レースはイン10トップスタートから遮断の逃走、グリップしながら逃げる濱野谷が1Mで早くも独走となり、他の選手にとっては強敵の辛口。マスクは甘口。最上級のゴー黄金の華麗の舞いを披露しまして戦前の予想通り優勝を射止めていきました。その走りはファンに元気を与えます。きらめく東都の豪快スターKengo Hamanoya濱野谷憲吾!
後続ですが、4カドからシャープに捲り差したもりしゅんが濱野谷にブロックされながらもしっかり2着に入り、もりしゅんに捲られながらも立て直して差したメンバー中唯一のB1今井が3着に入る健闘を見せました。ちなみに吉川はもりしゅんに捲られて引き波に呑まれた後はいい仕事が出来ずドベです。

 表彰式で副賞のS&Bゴールデンカレー1年分を獲得した濱野谷、濱野谷の子供も大好きなカレー獲得に濱野谷はご満悦。
水の上では先輩も後輩もありませんが、足合わせを東京支部とやったりとピットで東京支部同士仲がいい様子が目立っていたらしい濱野谷、インタビューでは「(カレーを)東京支部のみんなにおすそわけしたい」と申しておりました。

桐生競艇タイムス杯優勝戦+かずみ凱旋G2競艇まつり】

 競艇名人戦優出2着と健闘した小林昌敏に続け!とばかりにイン戦に挑んだまちゃあき海賊団吉村正明は、4カド14トップスタートから捲ってきた遠藤晃司の捲りに対して抵抗の先マイをしたまではいいのですが迂闊にも遠藤の捲りに飛びついてしまい、遠藤を飛ばしたものの吉村まで大きく流れてしまい、そこを大外から捲り差した鈴木賢一(優出メンバー中唯一戸田SG笹川賞出場予定)によって差されてしまい、無念無念吉村正明は師匠同様2着に終わり、鈴木賢一が優勝して初代競艇タイムス杯優勝者となりました。
 さて、優勝した鈴木賢一ですがイン戦でした準優9Rでは吉村正明のカド捲りに冷静な小回りで応戦(吉村にもこういう逃げをやって欲しい)してBS併走に持ち込み、2Mは鈴木賢一が先マイ。しかし吉村正明がここでいい差しを見せて2周1M内先制で突き放し1着となって鈴木賢一は2着になったのですが、このお返しをした形になりましたね。

 昨年の大村G2競艇祭〜九州スポーツ杯〜覇者吉村正明は桐生にいることでも分かるように、明日から始まる今年の大村G2競艇祭〜マクール杯〜には出場しないのですが、競艇祭には今日行われた衆議院議員千葉7区補欠選挙で見事当選を果たしました千葉の怪物くん太田和美が凱旋出場します!初日は6R10Rの2回乗りですが、2日目はメインレースのドリームトライアルに出場します。25歳の若さで住之江SG賞金王決定戦を獲得し、遂に国会議員にまで登り詰めました太田和美議員に暖かいご支援をお願いします。負け組ゼロの社会を目指して和美ちゃんは国会で頑張るのです。

鳴門優勝戦

 4カド16トップスタートから差したびわこ天皇山田豊(記念4勝全てびわこ)がイン竹上真司を差しきり2M先制、そして2Mで差し返しを狙うもバタついた竹上をここで振り切り、当地連続にして通算41回目の優勝

ナイスミドルの貫禄だね!

 対して、2コース32凹みスタートの戸田天皇池上裕次(記念6勝全て戸田)はナマクラ差しから、山田に差され竹上を逃がして3コースつけまい齊藤仁とは接戦も競り負けで4着に終わりました。A1勝負駆けは成功だけどやっぱだめぽ。

宮島陽春賞優勝戦

 嗅ぎ薫る陽春は季節風のいたずらで3日目8R以降打ち切りとなったりしましたが、優勝戦は山口2艇&佐賀2艇&埼玉2艇と見事に地区対抗戦となりました。
進入も123/546と内2艇が山口、中2艇が佐賀、外2艇が埼玉とはっきり分別されたレースは、5コース佐竹友樹(埼玉)が40と遅れて大外の鈴木博(埼玉)が20のトップスタートから絞っていき、3コース松江秀徳(佐賀)に抵抗されながらもつけまい敢行。しかし松江のブロックに助けられた格好になったイン加木郁(山口)が鈴木博の捲りを受けずに逃走態勢を固め、A級勝負駆けで挑んだ追加斡旋の今節は最高の結果を生んで通算2度目の優勝を飾りました。
2コース順走の森脇徹(山口)が4カド差しから2Mおっつけて来た長溝一生(佐賀)を外握り込みでかわして2着を守り、優勝戦は山口ワンツーとなりました。つけまい届かずも長溝と3番手を争っていた鈴木博が2Mで長溝のおっつけが不発に終わったところをきっちり差して3着に入っています。

児島瀬戸大橋開通13周年記念優勝戦

 4コースカド受けスローがまし14トップスタート谷村一哉を牽制してイン先マイした飯山晃三の旋回は懐が開いて2コース吉田弘文には絶好の差し場となり、この展開を見逃さずにきっちり差した吉田が優勝しました。よって飯山晃三は2着まで。とはいえ80期同期ワンツーにはかわりありません。
飯山に牽制されて捲り差しに切り替えた谷村ですが、吉田にも合わせられて間を割ることが出来ず、5カドから差し込んできた寶田亮治に差されて4着でした。

常滑黒松特別優勝戦

 内2艇の67期コンビによるマッチレースになり、2コース市川哲也がイン渡邉英児を一度は差しきりますが、2M先マイしたテチャーンを差し返した渡邉がHSでは有利な立場となり、2Mでテチャーンを牽制しての先マイに成功した渡邉が優勝を飾っています。同期マッチレースに競り負けたテチャーンが2着で、3コースから握り込んだ滝沢芳行が3着に入っています。

芦屋日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 4カド12スタート井川大作が3コース07トップスタートから捲り差した大神康司の上を捲り差して、この折伏差しがインから逃げる横澤剛治に届きそうな勢いでしたが艇が浮いた分井川は届かず、横澤が押し切りに成功して優勝しています。
2着は差し届かなかった大作、3着には大神が入っています。

【楊貴妃メタル】女王様ライチ【ジェフ帝都、だけど埼玉県比企郡】

ブログネタ
ヘヴィメタル/ハードロック に参加中!
QUEENSRYCHE/OPERATION:MINDCRIME1981年にカフェラテシティともジェットシティともエメラルドシティとも呼ばれる街シアトルで結成され、1983年にミニアルバムQUEENSRŸCHEでデビュー以降、シアトル系バンドの旗手として、そしてプログレメタルの旗手として25年間活動を続けてきたQUEENSLITCHIQUEENSRŸCHE
 QUEENSRŸCHEが1988年に発表したHR/HM史上に残る名盤OPERATION:MINDCRIMEを発表してから18年、遂にその続編が出ました!
OPERATION:MINDCRIMEはコンセプトアルバムでして、物語はDR.FEELGOODな地下組織のボス・ドクターXが麻薬中毒者のニッキーを殺し屋として薬で操るというもの。そして続編OPERATION:MINDCRIMEは、罠にはめられたニッキーが出所し「無駄無駄無駄!」と波紋で応戦するドクターX(演ずるはDIO)に復讐を果たすという物語です。
 3月29日に日本盤が発売されましたが、リーダーズ・トラック「I'M AMERICAN」のビデオクリップはこちらで見る事が出来ます。

18年の月日が経ち、QUEENSRYCHEからはGUITARのChris DeGarmoが抜けてしまいましたがVOCALのGeoff Tateを始めとする残りのメンバーは今も健在。ジェフ帝都は今作でも深みのある歌唱を聴かせてくれます。

【(゚∀゚)さいたま県ヒッキー群】

今日は車で小川町から近い秋葉原の石丸電気まで行き、OPERATION:MINDCRIME兇瞭本盤CDを買いに行きました。ついでにドクターX役を務めたDIOがVOCALの音楽DVDRitchie Blackmore's RAINBOW Live in Munich 1977も約3ヶ月遅れで購入。
 今日はさくら満開の絶好の花見日和ということで、その足で荒川土手はさくら満開。日本レジャーチャンネル杯開催中の戸田競艇場へ行き、吉牛食って7R西山昇一が2コースから捲って1着)と8Rを見て買ったところで今日の本題・埼玉県の秘境比企郡ときがわ町(旧玉川村)にあります全蛋麺のラーメン屋大盛軒に向かいました。
食べたのはしょうゆ拉麺と玉川餃子。しょうゆ拉麺は魚介系の味が強く出たぬるめのスープに、低加水を通り越して水もかん水も一切使わず卵だけで仕上げた無加水の全蛋麺が入っております。全蛋麺は無加水だけあって非常にぼそぼそした食感で好みが分かれると思いますが、自分的にはOKです。低加水麺との違いは麺がのびないことでしょうか。のびずに最後までぼそぼそした食感が持続します。
餃子も抹茶を練り込んだ緑色の皮で木の実等が入った具材を包んだ独特な餃子です。
 ちなみに拉麺の為だけに比企郡に来たのでは勿体ないので隣町比企郡小川町にあります温泉施設花和楽の湯に入浴して参りました。
ここは岩盤浴が基本料金のみ&予約無しで利用できるのがGooなのです。

【戸田日本レジャーチャンネル杯3日目】

8Rには若女井正(静岡在住東京支部)とは支部が同じ以外赤の他人のフグ田多羅尾達之が1号艇で登場。
ワカメちゃんとは赤の他人なのにどうしても近親に見えてしまうタラちゃんです。テケテケテケ。
レースはそのタラちゃんが30スタートで3コース25トップスタート「男は黙って」古場輝義にスリット先制されるもののここはボクが勝つおということで伸び返したタラちゃんがテケテケテケと逃げて、捲り差しに切り替えた古場が追走。2Mは内の古場が先制しましたが、古場を行かせたタラちゃんが根性差しですぐさま先頭を奪い返してますおということでタラちゃんが1着

尚、古場輝義が4カド捲りで1着になった12Rにおきまして、1M古場に捲られた内でインの石田政吾が振り込んで転覆、2コース柴田哲男を巻き添え(エンスト)にした罪で妨害失格を適用されています。
巻き添えを食った柴田はエンストから復帰するも周回遅れで不完走失格です。

【ヽ( ・∀・)ノ ウンノー下関ジュエルセブンカップ初日

今節からネット中継の回線速度が500Kにスピードアップした下関競艇場HP。初日メインドリーム戦は1号艇に日本の強い女横西奏恵が鎮座。なんといっても平和島SG総理大臣杯優出ですからここは負けられないところでしょう。
と思ったら横ちんイン37ドカ遅れ。横ちんは2コース24スタート海野ゆかりに対しては伸び返して先制しますが3コース24スタート谷川里江には捲られてしまい4着大敗となんてこったいな結果に。
ちなみに1着は横ちんを捲りきってそのまま先頭に立ったりえで、2着は横ちんを差したうんの。

うんのゆかりのゆかりですが只今、下関競艇場HPではうんのゆかりのいとこ海野康志郎インタビューが掲載されています。
 ヽ( ・∀・)ノ ウンコシロー下関競艇場地区スターうんのこうしろうは1987年12月15日生まれの18歳。水神祭はデビュー1ヶ月以内の2004年11月22日に徳山西部競艇記者クラブ杯争奪戦4日目1Rで挙げており、なかなか早いほう。しかも当時はまだ16歳でした。
 公称173cmの長身でなかなかのルックスなのでスター性は充分。そして魔晄エネルギーで1996年蒲郡SGモーターボート記念を獲得した新良一規の弟子ということで神羅カンパニーの構成員。趣味はパソコンということでなんとblog☆競艇☆4324海野康志郎!をやっています。4324海野康志郎の暇つぶしブログ!というテーマで(´・ω・`)を多用した面白いblogです。
 そのうんのこうしろう、明日から江戸川一般競走(12R制)に出場します。初日は第5R第9R男女混合新鋭戦の2回乗りです。
江戸川競艇場HPでは今節から無料中継が始まりますので遠方の方々もうんのこうしろうの走りに注目しましょう。
 そして江戸川の4日節が終わりますとうんのこうしろうは大村G2競艇祭〜競艇マクール賞〜に出場です。ターンマーク帽子が艇界一似合う男子選手うんのこうしろうは大村のマスコットキャラクターターンマーク坊やでもあるので、先月携帯用競艇マクールで実施してたドリーム戦ファン投票にも入れておきました。

【日曜競馬キルトクール】

阪神G2産経大阪杯のキルトクールはカンパニー。脚質こそ正反対で道悪適性も正反対ながら、「1600mでは短く2000mでは長い」G2ハンターバランスオブゲームと何か被るものがある。つまり1800m専用馬ということ。
だからここはキルトクール。鞍上が土曜にイマイチ乗れてななかった福永祐一なのもマイナス材料。
◎は乗れてる橋口弘次郎厩舎のローゼンクロイツです。

中山G3ダービー卿チャレンジトロフィーのキルトクールはテレグノシス
右回り(0.1.2.10)の成績で58.5kgのトップハンデはいかにも厳しく、おまけに休み明け。よってキルトクール。
馬券は8=16が本線。

【カナダ】日本の強い女決定戦・JAL女子王座決定戦開幕【大池太夫】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
G1企業杯JAL女子王座決定戦今日は日本の強い女決定戦浜名湖G1企業杯JAL女子王座決定戦のメインイベントである選手紹介特設サイトに動画あり)及び蔭山幸夫会長によるテンポの悪い長話や静岡支部最若手松瀬弘美による「アニョハセヨ」とハングルで始まり「よろしくおねがいしっ、ま〜す♪」と歌で締める真面目な選手宣誓がありましたが、自分はDoCoMoFOMAパケ・ホーダイ用JLC380ch映像競艇TV!レジャーチャンネルで見ました。
さて、選手紹介と初日のレースが終了した女子王座。冒頭にもある今回のポスターですが、本栖やまと撫子のラウンドガールと祝福を受ける外人競艇選手(多分カナダ人)のイラストになっています。
ということは、金髪じゃないけどカナダ代表の86期新鋭金田幸子が台風の目なんですね。
競艇界一腕が長いカナダですから、選手紹介では

おはようございます。ちょっと時間がないようなので巻きで行きます。今日の風速ってどのくらいなのかなぁ。7、8メートルってとこ? しかも風回ってる、みたいな。はい。ソーラン、ソーラン、どっこいしょ、どっこいしょ。

と、自らの腕を旗やオールに例えて最後は舟を漕いでました。
そして、レースでもその長い腕を生かしまして、先ずは3Rノンちゃん結婚おめでとう。幸せ王座決定戦で4コースカド受けから3コース岸恵子の45凹みスタートを利しつつ、ダッシュ勢にも抵抗しての捲り差しを決めて1着(ちなみに後方では2周2Mで福島陽子の艇が浮いて福島はエンスト失格)となり、女子王座水神祭を達成しています。この勝利は堀之内紀代子(福井)に捧げました。

水神祭を達成したカナダの後半、西尾レントオール株式会社の冠協賛レースとなった8R西尾レントオール杯においてオールつながりで頑張ったカナダは「F?あ・た・し?」とスタート判定中にドキリ☆としながらも3コース02スタートからイン+02スタートの久保田美紀艇を捲り潰して先頭に立ち1着となっています。腕がオールでしたからオールの名が付いたレースでは負けられなかったところでしょう。
思いっきり手を伸ばしたら2本勝利が届いちゃいました。手は2本しかないのでこれで勝利は最後と弱気ですが、ポスターで祝福を受けているので明日以降も目が離せません。この勝利は松村康太(福井)に捧げました。

と、本当に台風の目になったカナダ。しかし、私的に選手紹介のMVPはその8Rで4カドから差して2番手も、2Mで艇が流れて後退し4着に敗れてしまった大池太夫池千夏ですね。
ということで、以下に再掲。

私、大池太夫と申します。ちゃんちゃちゃんちゃんちゃちゃんちゃちゃんちゃん♪最近キレイになったとよく言われるけれど、元が悪すぎたからねと必ず言われます。チッキショー!!!!
ちゃんちゃちゃんちゃんちゃちゃんちゃちゃんちゃん♪開会式で笑いを取ろうと頑張っているのに、父親にやめてくれと言われます。チッキショー!!!!


と、動画必見のイケイケゴーゴーな内容でしたがこれは是非、ささぴーさん協賛の4日目6Rささぴーのこんなんでええの?激爆御礼競走に乗艇してもらいたいですね。
尚、前述の様にインの美紀艇は+02でフライングしてしまい、トリノの安藤美姫帝同様散々たる結果に終わってしまい、選手紹介の

トリノのミキティは失敗しましたけど、浜名湖のミキティは失敗しないように頑張ります。応援してください。

の公約は初日にして破られました。
多摩川での大池太夫


トルニージョさん協賛の5R競艇ブログ、馬レススープレックス記念、選手紹介私的萌え度No.1の1号艇橋谷田佳織や、荒川静香似と言われたらしい?5号艇高橋淳美も乗艇してましたが、1着となったのは、チョコと言えば黒です。黒枠2号艇2コースのチョコボール向井美鈴でした。
レースは、イン橋谷田がお約束の29ハッシースタートで遅れ、2コースチョコボールが18スタートからの先制捲り。橋谷田は必殺クルクルターンで応戦しますがチョコボールの直捲り強襲には全く敵わずズブズブと沈んで6着となり、4コカド2番捲りの定野久恵が2着になりました。
勝ったチョコボール、「橋谷田さんがインだから最初から捲るつもりだった・・・」とのこと。

尚、トルニージョさんは競艇徒然日記さんと共に来賓席で現地観戦でした。


初日メインドリーム戦(株)中村組杯はインコースにデンと構えましたグレートマザー日高逸子が18スタートから、2コース21スタート淺田千亜希のつけまいを軽く合わせて退ける貫禄の逃げで1着
4カド差した横西奏恵と5コースから同じく差した濱村美鹿子による2着争いは、2Mで内の濱村♀が先マイも横西が差しですかさず応戦して濱村♀を差しきり、横西が競り勝ってます。


前検前日の27日に開催された浜松シティマラソンに地元選手以外では唯一人出場、しかもなんとハーフマラソンで約21kmを走りきってしまって谷川真理にも絶賛された栃木在住東京支部栢場優子43.5kgは6R今日は充洋の誕生日!豪華に行こうぜ記念1回乗りです。
いいことをすると報われるという事なのか、モーター2連対率2位の好モーターで前検タイムも4位と舟足の方も上々なようです。
その6R、自称荒川静香似?の多摩川静香宮本紀美も乗艇してましたが、その宮本がイン37と立ち遅れて3コース28トップスタートの谷川里江のつけまいが決まって谷川里江が1着でしたが、注目の栢場優子は谷川里江が内を潰した展開に乗じて、4カドから差しで続いて2着に入っています。

【明日から日本の強い男決定戦】

日本の強い女決定戦に遅れる事1日、明日から日本の強い男決定戦福岡G3企業杯JAL CUPが始まりますが、初日メインドリームレースのメンバーは以下の6人です。

1:瓜生正義 2:三角哲男 3:森秋光 4:岩崎正哉 5:井口佳典 6:別府昌樹

前検タイムこそ11位ですが、1号艇ウリ坊のモーターがワースト機なのですんなり決まらなそうなムードであります。
ここはやっぱり俺達の誇りミッスー(モーター15位前検タイム16位)に頑張って貰うッス。
明日はこのJAL男子王座決定戦を冒頭に持ってきます。
G3企業杯JAL男子王座決定戦


若松優勝戦

2月にして早くも今年最後の昼開催となった今節、5号艇西田靖が果敢な回り込みでインに入ります。
が、2コースになった1号艇中澤和志が、西田と同じ26スタートながら伸びの違いで捲りに出て捲りきり通算16回目の優勝。遠路はるばる宮城県からやって来た甲斐がありましたね。
51423/6という進入でして、◎佐野隆仁は4号艇3コース。佐野の1Mは差しで中澤兄さんと5コース捲り差したゴッドサイダー牧宏次に続く3番手。しかし佐野は2Mで逆転狙って内からお地蔵ターンで先マイしますがこれが流れて完全に牧に遅れをとって万事休す。6号艇小森信雄にもここで差されて同体となり、3周2Mで内から小森に先マイされて競り負け4着。
栢場優子でのプラスはこのレースで飲み込まれてマイナスになっちゃった、テヘ。

ところで、佐野隆仁(大阪)から連想するのは栃木県佐野市、栢場優子は栃木県民ということで、もとから計画年休だった今日は女子王座の選手紹介を見た後、佐野まで叶屋森田屋の手打ちラーメンを、途中佐野プレミアム・アウトレットを挟みつつ食べてきました。ビバとちぎ!
佐野隆仁のターンはうまくないけど佐野ラーメンの手打ち麺はうまいですよ。

【関東地区選手権】昼でもウォータースタジアム桐生競艇場

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
関東地区選手権12Rの競走水面到着した7Rの時点で気温3℃波高10cm北西追い風10mと、まさに赤城おろし吹き荒れる厳寒の桐生競艇場G1関東地区選手権3日目を見に行ってきました。
着いた時には7R締切5分前を過ぎてたので、桐生名物場内実況が始まってまして7Rについて熱弁を奮っている最中でございました。JLCやネットの中継だとこの熱弁は聴けないので、これを聴く為にも桐生に行ける方は是非桐生本場へ行くことをお勧めします。

家からだと佐野IC→R50経由が最速なので佐野経由で行ったのですが、佐野の叶屋でラーメンと餃子の昼食を食って、そこから約1時間弱で桐生競艇に到着です。
新スタンドになってから4回目の桐生競艇ですが着いて最初の感想、「寒い!
単純に気温が低いのもそうですが、赤城おろしの寒風が寒さに拍車を掛けました…
ほんでもって最終までいましたが、気温は1℃まで下がりました。ここまで寒いと3℃も2℃も1℃も一緒ですねん。
で、この寒さは熱い風呂で!ということで、途中菖蒲町の榮ラーメンのラーメン+半チャーハンを夕食にしつつ、R122で百観音温泉まで行って高温の強塩泉で冷えた体を温めて来ましたです。
温泉は自然からのめぐみなのです。

【G1関東地区選手権レース編】

本場到着前の5Rでは、blogもレースも注目の福島勇樹がイン24と一番遅いスタートながら、波高12cm北西追い風11mを全く苦にせぬ波巧者ぶりを遺憾なく発揮し、1Mをしっかり回って1着となり予選総得点を4走32点とし、明日は8R1回乗り。準優当確を決めました!おめでとうございます。
スキーで培ったバランス感覚が波乗りに生かされてるんでしょうね。
勝利者インタビュー担当佐山夏子アナのblog「知ってね!なっちん」で勝利者インタビューの写真が載ってますので是非見ましょう。

さて、昨日福島が勝った11Rで赤城おろしに煽られ落水した蜷川哲平
生観戦最初のレースだった7Rでは、大外単騎(!)から捲った39期2763桑原淳一49歳(今月11日で50歳)にイン山崎義明が抵抗して出来た差し場を、2コースから突いて1着
波高5cm風速6mまで治まった後半12Rは4カド04トップスタートからの捲り強襲で1着と落水による足落ちの不安を一蹴し本日連勝。
予選得点でも落水からの巻き返しに成功して5走38点。明日を待たずに準優当確を決めました!おめでとうございます。でも舟券はどっちも蜷川キルトクールでドンガバチョ

快心の舟券だった9R。波高8cm風速9mの競走水面で富永正人が3コース16トップスタートから捲り切って1着になる中、4カド19スタートの関口智久が捲り差しで2番手に付け、◎石渡鉄兵は2コース23スタートからの捲られ差しで3番手軍団の一角。
2M全速戦で単独3番手になり、迎えた2周1Mで見事な切り返し気味の差しを入れて2着に浮上し2連単1930円を提供。ありがとうございます。
ちなみに、桐生競艇場の払戻機は的中舟券を入れると「おめでとうございます!」と言ってくれます。

江戸川日本写真判定社長杯4日目

第4Rが始まりました。イン福田理が1Mで派手に振り込んで大きく後退する中、2コース39期2743玉生正人56歳が冷静に差しを入れて1着でゴールイン。
第4Rを制して優出へ向けて粘り腰を見せました玉生、後半第9Rでは4カドから内艇の舳先を押さえ込むように捲って行って先頭に立つなかなか鋭い捲りを見せまして1着でゴールインです。

これで優出へ相手待ちの状況だった玉生、予選ファイナル第11Rでは伊藤宏が4カド捲りを決めて1着になり、この時点で予選6位でしたインの渡辺豊が3着に敗れまして、渡辺は玉生に抜かれ、昨日第3Rの待機行動実施細則違反による減点が響いた伊藤は玉生に届かない結果になりました。
この結果、玉生は熱戦に次ぐ熱戦が相次ぎました優出争いを乗り切り優勝戦6号艇になりました。


【共同通信杯新鋭王座決定戦キルトクール】

デビュー6年未満限定の新鋭リーグ参加者によって争われた唐津G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦は2枠中野次郎が2コースからの差しで新鋭チャンプに輝きましたが、3歳限定のこちらの新鋭戦東京G3共同通信杯には中野次郎ならぬ小野次郎が出ます。
競馬界のじろちゃんは足が人気薄のアンバージャックなのでちょっと苦しそうですが、昨年の最優秀新人フサイチリシャールが満を持して登場します。
同じ馬主にして、競馬界の建部和美ことフサイチパンドラBOXは京都OPエルフィンS6着惨敗で454万6100円馬券に貢献し、クラシック戦線から完全に脱落しましたが、フサイチリシャールは賞金で既にクラシック出走当確。ゆとりを持ってここに望めるので大敗はしないでしょう。ワイド及び複勝及び3連複の軸にお勧めします。
賞金上位という点ではアドマイヤムーンもそうですが、こちらは武豊を今回限りのピンチヒッター(武豊はクラシックで馬主に「フサイチジャンクでダービーを獲りたいんや!(あ、リシャールもおるな・・・・)」と言わしめるフサイチジャンク品に乗る為アドマイヤムーンとのコンビは基本的に今回限り)に据えてのメイチ勝負と、あんまりゆとりが伺えません。必死感ありありで気合いが空回りしそうなのでリシャールより評価は下ですね。でもワイド及び複勝及び3連複には絡むでしょう。

で、キルトクールは人気薄だけどモエロタケショウ。新鋭王座に玉抜きちゃん(馬扇馬はクラシック出走権無し)はまずいでしょう。
船橋G1共同通信社杯プレミアムカップ

ついでに京都G3シルクロードSのキルトクールはタマモホットプレイ。京都はかなり馬場が荒れてるみたいなのでパンパン馬場専用のこの馬は末脚不発とみた。

【鶏の白湯】すずらんの雫【はちこう】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
酉年は昨年でしたが、もうすぐトリノオリンピックということで濃厚鶏のスープが飲みたい!飲ま飲まイェイ!ということで鶏白湯スープのラーメン2杯を食べました。
徹夜明けにちょい仮眠して、八高ハチ公でお馴染み渋谷にある中華そば すずらんの金曜日昼限定メニュー地養鶏チャーシュー麺を食べたのです。
鶏白湯スープはまさにさらっとした鶏ポタージュの趣、そして麺は細麺でチャーシューは照り焼きに似た感じの濃厚な味付けの鶏なのです。
スープは飲んでいくと徐々に辛味が効いてきまして、上層部と下層部で微妙に味が違います。
これが金曜日昼限定なのは勿体ない。レギュラーメンバーの平打ちつけそば同様、看板メニューとして売り出して欲しいですね。

多摩川競艇場がお休みなので、京王で八王子まで行き八王子温泉 やすらぎの湯(都内には珍しい透明な強塩泉)で時間調整した後、ハチ公線八高線・青梅線と乗り継いでフッサイチ(福生市)にある福生駅近くのら〜めん 雫水曜日・金曜日限定の鶏の雫を食べたのです。
鶏白湯スープはまさにどろっとした鶏ポタージュの趣、そして麺は太麺でチャーシューはスモークした感じの濃厚な薫りの鶏なのです。
これが平日限定なのは勿体ない。火曜日・木曜日・土曜日メニューの鶏と魚介の雫と大盤振る舞いで併用発売してくれるといいですね。

ちなみにすずらんには昨年末の12月17日に平打ちつけそば、雫にはフサイチリシャール(新鋭の登龍門東京G3共同通信杯出走予定)がG3東京スポーツ杯2歳ステークスを勝った日に鶏と魚介の雫を食べて以来の訪問(当時のエントリー)です。

ところで、サイドバーの2005食べたラーメンですが、2006年になってから名前通り書いてません。
替わりにラーメンの事を書いた時にはカテゴリにラーメンに入れることにしますです。
すずらん地養鶏チャーシュー麺トリノ五輪開催記念鶏の雫


唐津G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦4日目
トリノ五輪開催記念と言うことで、烏野賢太が「パンチパーマでヒゲはやしてて下品な感じの人が向く唐津競艇場トークショーやったみたいですね。
既に準優当確の福島勇樹blogもよろしく)ですが、今日は9R1回乗り。
1425/36の進入から、福島は3コース仕掛けてきた笠原亮をブロックして逃げの体勢を固めようとしましたが、2コース吉永則雄に差されてしまい2番手。でも舟券は1=4本線なのでまあよし。
2Mでは、4コースから差してきて2Mでは内を突いてきた三井所尊春を包んで回った福島ですが、ここで笠原の差しが入り、笠原との佐賀差が詰まります。でもまだ福島が前走ってるからまあよし。
2周1Mで内の笠原を外全速で振り切ろうとした福島ですが、ここで艇が暴れまして大きく外へ流れあわや転覆、(・A・)イクナイ。
福島は転覆こそ免れたものの一気に後退して結局5着、(´・ω・`)ショボーン。
ここで笠原が2着に上がったと見せかけて、実はここでミーショが笠原を差して逆転。ミーショが2着となったのでした。
福島の話題に戻りますが、転覆してもし責任失格だったら当確一転予選落ちになるところでしたが、こらえたという事はまだツキは残っているのでしょう。
ちなみに福島は福島含む87期4人が集結した準優12R4号艇です。強豪揃いの他2つと違い、はっきりいって他2つより明らかに格落ちのメンバーなので与しやすいメンバーと思われます。福島のコメントですが、「出足いいけど、伸びは普通。ペラの状態はいいです。内の方がいい」とのことです。
しかし1号艇の同期A2、現時点で平池仁志二世最有力候補岡部大輔(県立唐津西高校出身)は今日の11Rでイン24ドカ遅れからの伸び返しで逃げ切り1着とまさに超抜足なので、岡部がボロを出すのを期待です。

ところで、新鋭王座場外発売中の戸田競艇場では明日から笹川賞現地投票が始まりますが、投票時間は開門〜14:00まででして、ゲストとして前田光昭滝沢芳行伊藤雄二秋田健太郎、それに宮城県からわざわざ中澤和志が投票の呼びかけにやって来ます。
U爺と秋田犬以外の3人にも入れるとなるとネット投票の人選と比べてかなり差し替えになっちゃいますね。

津2日目
唐津から津ということで今日も津。
64期3414加瀬智宏と64期3415松井繁のイケメン同期対決が実現した12R
この同期対決は3コース加瀬の捲り差しを振り切った松井が見事に加瀬に勝利を収めました。おめでとうございます。
でも、加瀬との同期対決に夢中になるあまり懐がら空き。松井は5コース捲り差し中辻崇人と4カド差し66期3475橋本久和に差されて3着でした。

尚、徳山G1新鋭王座決定戦覇者の蜷川哲平ですが、7Rでカド受け4コース09スタートからの見事な捲りを見せまして1着
2コース22タコスタートの松井繁が必殺捲られ差しで応戦して大外20スタートからの遅れ差し藤本佳史との激しい2着争いをものにして元新鋭チャンプ蜷川の2着に入る健闘を見せています。

おふろできゅっきゅっきゅっ東京新聞
アンチGとDファン御用達の新聞・東京新聞の冠が付いた競走、G3東京新聞杯
キルトクールは本質スプリンターのペニーホイッスル。ましてや実質他場の1800m級のスタミナを要する東京なので自信のキリ。もし来たらイヤだイヤだ。
まあ、個人的にイヤダイヤダオレハマッテルゼ

【津気屋】津7Rで97期松本庸平水神祭!【ツキや】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
志木市下宗岡まで出張引受に行ってきた帰りに、埼玉大学近くのこだわりラーメン津気屋で今年の初ラーメン食ってきました。食べたのは880円の特撰津気屋ラーメンと替玉100円です。
特撰はノーマル津気屋ラーメンと200円違いで具だくさんになるのでお得です。
ちなみに津気屋は埼玉大学前の本店の他に立川アレアレアラーメンスクエアにも支店があります。
ということで今日は予定を大幅に変更して津伊勢新聞社新春レース3日目の話題を中心にお送りします。
津気屋ラーメンと津に何の関係が有ると問われれば、津競艇場のマスコットはツッキーや。

そんなツッキーランドから早速注目のレースをピックアップ。波高10cm北西向かい風10mの7Rで事故があり、1534/62の進入から3コース44トップスタートの3号艇柳沢一が捲り、4コース56スタートながら間を割って4号艇高沖健太も捲り差し。この展開からBSは高沖が柳沢を差しきり先頭で、3番手には5カドから差してきた田嶋茂
しかし2Mにおいて波につき上げられた高沖は転覆し、その直後に田嶋もつっこんで転覆。
更に柳沢もつっこみ転覆と前3艇揃って転覆の大アクシデント(動画)。
で、1号艇桐本康臣と5号艇石塚憲明も減速していて不完走こそ免れたものの転覆艇に乗り上げる大きな不利。
この結果、BSポツンと最後方を追走していた2号艇松本庸平のみが大きく外を回って難を逃れ、本来なら最下位独走だったはずの97期松本は何ともつきまくりのデビュー初1着で水神祭。
前節蒲郡ビクトリーチャンネル杯では8戦オール6着の屈辱を味わった後の地元戦で、転覆前退きとはいえ待望の水神祭でした。
で、配当なんですけど人気の高沖が転覆したこともあって2連単15480円、3連単は何ともびっくり181650円です!

波高15cm北西向かい風13mの8Rはダッシュ2艇、5カド新田雄史と大外三宅潤がこの水面でスタート逸して揃って出遅れ(責任外)。

尚、7Rで転覆するまで4戦2勝2着2回の好成績でした高沖健太が負傷帰郷した為に11Rは5艇立てになっています。

転覆といえば、津ならぬ大津のびわこ新春滋賀県知事杯争奪戦9Rで先頭を張りながら3周2Mでしゅん、しゃん、どぼん!転覆(選手責任)したのは守田俊介です。

きょうのゆうしょうせん
若松九州スポーツ杯争奪戦北九州選手権は、イン白水勝也が人気に応えて逃げきり優勝、2コース順走岩崎正哉が2番手につけ、4カド握った桂林寛が2Mで切り返しから先マイするも岩崎がすかさず差して人気対抗格の岩崎がきっちり2着。ヅラ林は3着になって3連単は690円の本命配当。
尚、福岡県民5人が占めた優勝戦でしたが唯一の外様山口裕二(長崎)は3コースから45と大きくスリット凹んで最下位に敗れています。郷に入れば郷に従えを地でいってますね。

G3スポーツニッポン賞京都金杯より2日早く開催された下関スポニチ金杯争奪正月特選レースはイン今村豊が12のトップスタートからしっかり逃げ切り人気に応えて通算104回目の優勝、さすがは美祢市のプリンス今村です。
2着には4コースから差した寺田祥(防府市)が入っています。
3コースから捲り差し不発も道中の競り合いを制した92期大峯豊(山口県周東町)が3着に入り、今村は「山口の若い者が最近急成長してるので応援して下さい、そうすれば皆さんの声援を背にもっともっと強くなります。」と目を掛けています。
このレースには88期吉村正明(山口市)も優出(5カドから差して一度は3番手になるも大峯に競り負け5着)してました。
寺田♂も入れると山口人の20代が優勝戦に3人もいまして、今村の言うとおり山口の若手が今熱いようです。

江戸川京葉賞準優勝戦
今シリーズ好調な走りが続いています選手達が集いました準優勝戦。
準優第10Rはイン16トップスタートを決めた飯山泰ですが何と1Mでミスハンドル。2コース村田孝雄は完全に行き場を無くして失速、大外の森下勇も村田に乗り上げてしまいます。その隙に赤いカポックの3号艇田上晋六に捲られ、4カド奥平拓也にも差されて3番手。
更に、5コースから1M外マイの伯母芳恒が2Mで切り返しから飯山におっつけていき、飯山は行き場を塞がれ4番手となり完全に優出圏外へ。
「俺が田上だ」とばかりに1Mの混戦をすんなりと出て、してやったりと抜け出した田上が1着
奥平が先行し、伯母が追いかける展開の2着争いでしたが2周2Mで伯母が内へ艇をねじこんで一度は奥平を差して逆転、しかし3周1Mで奥平が差し返し再び奥平、さらにしかし3周2M伯母が奥平を差してHSはほぼ同体で接戦のゴォーッル。目を離せぬ攻防は僅かに伯母が出ていて、伯母が2着で優出権利を獲得しました。

このレースを勝てば優勝戦1号艇が手に入る準優第11Rは、2003年G1江戸川モーターボート大賞覇者の1号艇橋本久和が、波高15cm北西向かい風6mの水面で更に冴え渡った軽快なハンドルワークですいすい逃げて圧勝の1着
4カド06トップスタートから差した大澤普司が2コース先差しの田中豪をBSで捕らえ、以降は接戦も2周2Mで完全にセーフティリードとなった大澤が2着に入り、ここは群馬ワンツー。
優勝戦は橋本が1号艇、大澤が6号艇で群馬が内と外から地元勢を挟み撃ちです。

準優第12Rプロペラを変更しての登場となった5コース鈴木猛、スタート攻勢が出ますかどうか注目されましたが05トップスタートから攻め込み体勢に入ります。
しかし今シリーズ軽快な行き足を見せておりますインの石渡鉄兵が既に先マイ済み。鈴木の捲り差しは届かず、鉄兵と三コース捲り差し三角哲男に続く3番手。
しかし2周1Mで内からボートを寄せた鈴木がみっすーに追いつき、2周2M先制でみっすーをリード。1着は鉄兵でしたが鈴木も2着で優出成功です。

戸田埼玉選手権・スポーツニッポン杯初日
志木市の出張引受(9時までに到着しなければいけない)に車で行く際、8時10分頃に戸田橋を渡ったのですが、その時左手に気になる看板。その看板につられて入った所は戸田競艇場の早朝前売所でした。
滞在時間約3分で買ったレースは11R朝田勝義さん還暦祝い記念
3号艇小黒竜吾(千葉県東葛地区)がスタート遅れると見て、4号艇須藤博倫(川口市)に有利な展開になると見て須藤から。
果たして、3コース16スタートの小黒に対して4カド須藤は09。展開は2コース滝沢芳行(さいたま市)が捲った上を須藤が元気に2段捲り。そのまま元気に突き抜けた須藤が1着、5コースから差した伊藤(本物)こと伊藤雄二(川口市)が2着に入って、川口市民ワンツーの2連単1160円ごちそうさまでした。
さて、11Rでは元気な2段捲りを見せた須藤ですが、前半7R(3着)では3コースから大顰蹙の42ドカ凹みスタートをやらかしてます。まるで別人ですね。

多摩川新春特別かどまつ賞初日
昨日のエントリーで深い注目レースに指名した3Rですが、5カド千葉A1鈴木茂正が絞って捲り切って1着で、A1しげしげ新年初勝ちで新春かどまつええワンと言いたいところですが、捲られたイン深井利寿は41とスタート遅れた結果4着に終わり、舟券的に不快な結果におわったワン。

多摩川選抜は、インから逃走した高橋勲が先頭に立ちながら+02のFに散り、2M出口では乙津康志がよれよれっとして転覆。
こんな乙津かれちゃ〜んなレースですが、2番手からのF前退き繰り上がりとはいえ鮮やかな5コース捲り差しを見せて1着となった村田修次はさすがですね。

平和島東京ダービー初日
新春特別選抜に1号艇で出場した東京ダービー3連覇中の東京ダービー王70期3590濱野谷憲吾
イン08トップスタートから逃げの体勢固めた、かと思いきや大外から差して来た中野次郎にBS並ぶ間もなく差され、2Mでは内にいた野澤大二(1Mは3コース捲り差し)と一瀬明(1Mは4カド差し)に先行された挙げ句引き波を貰って一気に後退、5着に終わってしまいました。
前半9R5着は大外だったので仕方ないですが、新春特別選抜5着は完全に他艇との足の差を感じさせ、4連覇に黄信号です。

70期3590はかように不安な初日ですが、70期3589西村勝は埼玉選手権初日2戦2連対と順調な滑り出しですよ。
(^ε^)ノシ!
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ