ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

きさらぎ第1戦

平和島G1関東地区選手権初日+びわこ魚谷対決

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 いよいよ今日の建国記念日から始まった東京ベイ平和島G1関東地区選手権。2004年の第49回以来4年ぶりの平和島開催であります。本来カンチクのローテは5年に一度でありますが、今年は江戸川護岸工事の為に一年早く平和島開催となっております。
 「本日初日は番組マンの粋な構成で、各レースに必ず1人平和島が誇るベイパのメンバーが組まれております。(動画」ということで1Rからいきなり、今節唯一のA2選手ながら高い人気を誇りドリーム戦ファン投票も3位当選を果たしたミスターチルト+3度阿波勝哉が4号艇1回乗りで登場。「例によって4号艇阿波勝哉、コース取りに全く興味なし。1回でいいですからこの男のコース取りが見たいものであります。」とお伝えされたアワカツは指定席の大外から04トップスタートを放ち、「4号艇阿波勝哉スタートを決めた、さあ行くぞ6コースから捲り一発入ったか!ここは4号艇捲り一発決まった入った!阿波勝哉決める!」ということで人気の中心アワカツが捲り一発決めて1着となっております。

 決まれば爽快感抜群のチルト+3度大外捲り。初日はアワカツの他に4R6号艇の長岡茂一が使用。チルトサンドのモイチモデルとお伝えされたモイチタンは10トップスタートを放ち、「さあ長岡スタートを決めた。チルト+3度が伸びるのかどうか。さあモイチモデルは伸びるのか。インから1号艇が突っ張って行くが6号艇長岡!6コースから捲り一発入った決まったモイチ決まったぞ。後方は1艇転覆(動画)。」ということでチルト+3度が大正解の神風捲りを決め1着でした。但し、モイチタンと同じTamagawaBPクラブの2号艇田中豪は2コース戦で振り込み選手責任転覆を喫しております。
 ちなみにモイチタンは1号艇の後半8Rでは枠番通りのインに入り、2号艇角谷健吾の2コース直捲りをこらえきり、この日最初のイン逃げで1着と、初日唯一の連勝選手となっております。

 初日メインピースタードリーム戦カンチクポスターモデルの1号艇濱野谷憲吾がイン戦で1着。結局初日のイン逃げはモイチタンと濱野谷の2本だけと、イン受難の競走水面でした。但しインヒモは6本もあります。2着には2コース順走の2号艇平石和男(大田区生まれ埼玉県育ち)が入線しており、カンチクポスターモデルとG1戸田グランプリポスターモデルのイカしたコンビで決まっております。

 2日目メインはWドリームのもう1つトーキョーベイドリーム戦ですが、3号艇で乗艇予定だった熊谷直樹が初日の2走を終えて負傷帰郷したので補欠1位の濱村美鹿子が繰り上がり、6号艇で乗艇します。クマさんは朝練で転覆して選手紹介(動画)を欠場しましたが、その時に負傷したのでしょうか。


 さて、今日の自分は9時30分過ぎに起きて選手紹介とアワカツレースと2Rを見てから平和島競艇場へ。平和島では昨夜一緒に飲んだだいこんおろしさん達とスタンド3F席で観戦してました。レース後はWWE有明コロシアム大会に転戦したささぴーさんを除く方達とバーミヤン大森北店で「だいこんおろし」の彼女募集記念レース(9分23秒の完全版もあり)の話や南東北の話などで盛り上がりました。

 本日は笹川賞ファン投票(三角くじはカンロ飴)も実施してた平和島。自分がファン投票に入れたときは88期木下陽介と101期後藤翔之がいました。そして下の写真はパイレーツ・オブ・ピースターとウェイキーくんなのです。後ろの方ではドラキリュウとウインビーの姿も見えます。今節は最終日にも本場参戦するので、指定席前売券も購入しときました。
ピースターとウェイキーの共演!


びわこ一般競走初日

 今節は14日までの4日間シリーズ。そしてNo Boat No Lifeな今節の目玉、魚谷智之魚谷香織の直接対決が初日9Rで早くも実現。ちなみに昨日は魚民新宿西口大ガード店で飲んでました。
 レースは5号艇の魚谷♂が2コースに入り、2号艇の魚谷♀は3コースとなって152/346の進入。1号艇今泉和則が10トップスタートの速攻で逃げ切り1着となりますが、25スタートの魚谷♀は19スタートの魚谷♂を果敢に捲りきり、捲られた魚谷♂は最後方。魚谷♀は差してきた3号艇伊藤啓三と2番手併走に。そして1M差しから2M突っ込んできた6号艇柴田友和を伊藤は差して捌き、魚谷♀は全速戦で包んでかわし両者同体の形が続きますが、2周1Mで伊藤を鋭角差し(動画)で差しきった魚谷♀が単独2番手に。一方魚谷♂はどうなったかといいますと、2周1M小回りで4番手に上がり、2周2Mもたついている伊藤を差しきり3番手に浮上。更には魚谷♀を猛追し魚谷同士による2番手争いに持ち込みます。3周BSでは魚谷♂が舳先を入れかけますが魚谷♀が何とか振りきり3周2Mを先行。魚谷♂は3周2M差して今度は魚谷♀に舳先を入れますが、あと半周足りなかったという感じで0.1秒差魚谷♀が先着。魚谷香織にとっては魚谷対決を制した価値ある2着ですね。

 魚谷香織との直接対決は追い上げ届かず惜しくも敗れた魚谷智之は12R記者選抜戦「びわこ好調選手決戦」に2号艇で登場。逃げる1号艇石野貴之を差し捕らえ2Mを先制した魚谷♂は前半の鬱憤を晴らす1着ゴールを決めております。

三国きさらぎ第1戦優勝戦

 寒さにこごえる予選道中も軽快に勝ち上がり、主力も伏兵も関係なくセミファイナルを突破してきたメンバーで、これより水上はきさらぎ第1戦、結びの優勝戦第12Rです(動画)。進入コース、早々に1コースに構えました3号艇の西島義則スタート展示では1号艇の森田昭彦が1コースに入っていましたが、本番レースはきっちりと1コース、インコースを取っています。過去三国の周年は47周年48周年と三国でも幅を利かせる艇界最強のインファイター。そして2コースには1号艇の森田です。主力勢をおさえ堂々フィナーレの1枠を勝ち取りましたが、ここは西島に1コースを譲った形となってしまいました。インから312/456の順です、スタートしました。イン奪取に成功したペリカンさんがスタートにも成功し、06トップスタートを決めての速攻戦できれいに逃げ切り通算67回目となる優勝のゴールイン。2003年1月福岡飛梅賞以来の優勝を目指した森田は差し届かずの順走になり2着でゴールイン。

唐津一般競走優勝戦

 からつ競艇4日間シリーズ。パーフェクト優勝を目前に、ひとり白く高くそびえ立つ井口佳典。その壁を誰かが越える事になるのか、注目の優勝戦第12R(動画)。果たして枠なり3vs3の進入から05スタートぶちこんだ井口が#に1Mを旋回してぶっちぎり、通算22回目にして自身初の完全優勝
 後続は差した4号艇山崎聖司、同じく差しの6号艇福来剛、02トップスタートの2号艇一色雅昭を05スタートから捲って潰した3号艇幸田智裕で接戦となりますが、2Mで内の福来が山崎を牽制して両者流れる間に差しを入れたちひろが福来とのマッチレースに持ち込み、A1レーサーの貫禄で2周1Mちひろを差した福来が2周2M先行したところを綺麗に差したちひろがここで優位に立ち、1月6日戸田ゴールドカップ初日10R桂言葉ちゃんお誕生日記念競走動画)勝者ならではのNice boat.な捌きで2着。

徳山防長交通杯優勝戦

 防長交通のタイトル戦は枠なり3vs3の4カドから4号艇高橋英之が11トップスタートを決めて絞りに行くも3号艇本橋克洋が抵抗。そして地元A1の意地で1号艇岡本慎治が両者を張りながら1Mを先制し、ターン膨れながらも押し切ったオカモトが徳山約5年ぶり12回目・通算では前走地若松かっぱ杯争奪戦から続く63回目の優勝。高橋に絞られるも小回りで立て直した2号艇星野太郎が2着に入り、今節2人しかいないA1レーサー同士によるワンツーとなりました。

浜名湖スワッキーアタック優勝戦

 1523/64の進入隊形から浜名湖地区スターの3号艇谷野錬志(96期4342)が捲り差しで突き抜け、昨秋決意の丸刈りにした効果が出たか嬉しいデビュー初優勝を地元で飾りました。師匠の横澤剛治も大喜びでしょうね。2着は1M先制も谷野に差された1号艇立間充宏でした。

【2連単16万舟中田ショー】三国と児島【インの鬼Y.Nishijima】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日も朝から冷え込んだ三国競艇。現在、雪も降り出しました。きさらぎ第1戦は2日目の攻防。どうぞ迫力戦に目線釘付けと最後までお楽しみ下さいませ。それでは水上の方はオープニングです。おはよう特賞第1R動画)。インから123/564の順です。1秒前、スタートいたしました。内側3選手は遅れた模様で外3選手好発進です。今期デビュー初A1になった1号艇の96期新鋭平本真之(通算優勝回数0回)は43スタートながらおは特1号艇の意地で艇を伸ばし先行しますが大きく流れ、先に捲り差した5号艇筧由寛の上を捲り差した4号艇中田元泰(100期4437)がトップでゴールイン。後続は筧と筧の内を突いて捲り差した6号艇大野俊明で併走状態も、1Mで64スタートの2号艇大澤大夢を叩いての小回りで立て直した3号艇上條信一が2Mで筧と大野が牽制しあう展開を突いての小回りで一気に浮上。2周1Mで内先回りの筧を行かせて差しきり単独2番手に。2周1Mで2番差しの大野と捲り差しの平本で3番手を争い、2周2M内から先回りした大野を今節2人しかいないA1の意地で平本が差しきり単独3番手に。平本は3周1M差して上條を急追しますが、締め込んだ上條が舳先を入れさせずに3周2Mを先回り。差しに構えた平本は上條とほぼ横並びでゴールしますが、0.2秒差及ばずの3着でゴールイン。
 かくして100期新人中田翔んで1着、1号艇のA1平本ぶっ飛んで3着になり、最低人気の2連単は今世紀2位の163570円(ひまひまデータさんの調べによると1位は2004年9月3日徳山一般競走4日目1Rの176320円)、95番人気ながら3連単も182920円ということで、今日のおはようレースはまさに目が覚める高配当。中田選手の存在アピールが三国プール熱くした瞬間でもありました。

 1号艇の柳瀬、6号艇の西島。この両者のイン取り合戦も見所となるんでしょうか。迎えたレースは第8Rです。フライング休み明けでも初日連勝と格の違いを見せた人気の中心6号艇西島義則46歳が回り込みますが、地元ベテランの1号艇柳瀬展大49歳が枠を主張してインから16/25/34の順です。スタートいたしました。ペリカンさんは柳瀬を難なく差しきりますが、2番差しでペリカンさんに襲いかかったのが5号艇清水紀克。差し伸びて2M内から先回りした清水はペリカンさんの差し返しを機力差で振りきりトップでゴールイン。初日2着2本の清水はペリカンさんの連勝を阻止する価値あるシリーズ初1着となりました。

 きさらぎ第1戦の予選カードも最後の一枚。水上はセミファイナルへと繋ぐ情熱戦。記者選抜第12Rを迎えました。圧倒的支持を集める西島義則が1号艇の記者選抜第12R、インから1236/45の順です。スタートしました。ペリカンさんは出走表pdfの写真と同様、F明けを感じさせない若々しい10スタートからダイナミックなインモンキーで押し切りトップでゴールイン。通算優勝0回の平本(予選敗退)をなんちゃってA1とすると今節実質唯一のA1と言える通算記念優勝22回のペリカンさんは勿論予選トップクリアーでカニ坊準優第12R1号艇です。
 後続はペリカンさんとトップタイの10スタートからペリカンさんに張られ外マイの5号艇坪内実が2番手も、小回り差しからBS伸びた6号艇竹内好一が2Mを先回りしてHS両者ラップ状態。2M同様2周1Mも内の竹内外の坪内となり、内々同士の競り合い状態が続きましたが3周1Mで坪内の全速戦がやや流れ竹内有利に。3周2M坪内が再び全速戦に出るも届かず、竹内が内々決戦を制し2着でゴールイン。

児島第4回ガァ〜コカップ初日

 インファイター西島と義則が乗艇した9R。1号艇西島洋一元兵庫支部長はもちろんインに入り、4号艇角井義則大阪支部長は角受け3コースに入って進入スタイルは124/563。インの鬼としてはこのイン戦ものにしたいところでしたが、まさかの36ドカ遅れ。2号艇柏野幸二(今節選手代表)にあっさり捲られ5番手。前方では柏野がすんなり1着となり、1M差した義則が2番差しの5号艇小林晋を2M行かせて捌き2着に。
 この1周2Mで差した西島は4番手に上がりまして小林を追いかける展開に。そして3周1M差しが決まって小林に追いつき、3周2M小林晋のつけまいを内でこらえきるしぶとさで逆転3着に入りまして、西島と義則でトリヒモを固めました。
 ちなみに西島と義則を負かした柏野は初日メイン12R記者選抜に5号艇で乗艇し、カド受け4コースから差しを決め1着と初日連勝です。 

【新鋭戦東京G1共同通信杯キルトクール】

 府中1800mの3歳新鋭限定戦、今回のキルトクールは前走小倉あすなろ賞を勝ったノットアローン。小倉開催中の橋口弘次郎厩舎は府中より小倉が勝負所。というのと逃げたい馬が複数いて先行脚質の同馬に展開は向かなそうだから。
 京都G3シルクロードステークスのキルトクールは橋口厩舎のペールギュント。ノットアローンと同様に、小倉開催時の橋口厩舎は京都より小倉が勝負所。そんな橋口厩舎の勝負馬はウェイキーくんランド2号店さんのエントリーにあった大スポ記事によると、小倉4R新馬戦ツルマルウンニャ。小倉滞在中の橋口調教師コメントが東スポに載ってましたが「目立つほどの攻め時計は出ないが、馬っぷりがいいし、大物感がある。」と語ってます。何でも大物感はノットアローン以上とか。

【mikny】雪景色で迎えた三国きさらぎ第1戦初日【気温2度】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 一面銀世界に包まれました三国プールは今日からきさらぎ第1戦の開催です。雪景色にモーター音が響き、厳しい冷え込みも瞬間忘れる熱のこもった短期決戦にご期待下さいまして、どうぞシリーズ通してお楽しみ下さいませ。まずは予選初日のオープニングカードおはよう特賞第1Rです(動画)。インから134/562の順です。スタートしました。地元戦幸先良く白星発進となるか注目された1号艇萩原秀人は14トップスタートから1Mを先回り。きっちり人気に応えてトップでゴールイン。捲り差した5号艇岡村仁が2着でゴールイン。捲った4号艇宮地幸四朗が3着でゴールイン。

 また雪が舞いだしました水上は、これより予選初日の後半戦。第7Rを迎えました。進入隊形インコースから1362/45の順です。1秒前、スタートしました。1号艇大澤大夢が08トップスタート決め1M先行して回っていきますが、1号艇ここでアクシデントの模様(動画)。振り込んだ大澤は選手責任転覆、そして大澤とは関係なく6号艇竹上真司が1M小回りしようとしたら出口で振り込み、こちらも選手責任転覆です。尚、トップでゴールインしたのは1Mで3号艇森貴洋と大澤の内を全速で割った2号艇山口裕太です。

 寒さ厳しい中での戦いは続きます。予選初日後半カードの水上は第8Rを迎えました。回り込んできまして早々に1コーススタンバイです。このレース、ダントツの人気となりました5号艇の西島義則56.9kg。フライング休み明けての三国プール登場、三国プールは約4年ぶりです。インから512/346の順です。1秒前、スタートしました。F休み明けながら07スタート踏み込んだペリカンさんは豪快なインモンキーで逃げ切りトップでゴールイン。シリーズ不動の看板がびしっと白星発進決めました。

 鋭いピット離れ見せたのは2番の西島義則です。1コースを取って行くのでしょうか。三国選抜戦は第12Rの開始です。結局ペリカンさんはスタート展示の2コースから本番インを奪いきり、インコースから213/456の順です。1秒前、スタートいたしました。フライングのブランクあっても信頼度抜群でありますペリカンさんは06トップスタートの速攻で押し切りトップでゴールイン。2番差しの5号艇伊達正利が前走地平和島日本財団会長杯優勝の勢いは伊達じゃないとばかりに2着でゴールイン。順走の1号艇竹上真司が3番手、捲り差し流れた3号艇中野次郎(B1)が4番手でしたが、3周1Mで中野が竹上を差して逆転。F2の後遺症でB1ながら競艇CM出演中のTokyo bay pirates部員中野次郎が記念V2の貫禄を見せた3着です。

桐生競艇『匠』戦優勝戦

 一番若い三浦高志でも44歳というシニア戦は開催2日目の2月3日が雪で中止順延になり、本日が優勝戦。波高6cm北西追い風7mと赤城おろし吹き荒れた一戦は124/35/6の進入から1号艇西田靖が1M先制して先頭も+01のフライング。順走の2号艇新井敏司が2番差しの4号艇関忠志を2M締めて回り繰り上がりで優勝。通算では記念19回を含むV75となり、関東地区選手権V6目指して勇躍平和島G1関東地区選手権に乗り込みます。1M3番差しの5号艇林貢が2M艇を外に持ち出しセキチューを差しきり逆転2着。3周1Mセキチューに3号艇水野要が突進した隙にくるりと運んだ6号艇中尾英彦が5番手からの逆転3着です。

G3小倉大賞典キルトクール+予告】

 北九州市の夜は若松G1九州地区選手権2日目、昼は小倉大賞典。そんな1800m戦のキルトクールはマイネルフォーグ。戦績通り1800mの距離は長いのでは。
 明日の予告はきさらぎ第2戦2日目と児島ガァーコカップ初日9Rです。それと新鋭王座決定戦東京G3共同通信杯のキルトクールを。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ