ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

きさらぎ第2戦

雪中の4日間決戦、三国きさらぎ第2戦最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 冷え込みの厳しい中、瞬間沸騰で挑む短期決戦も最終日を迎えています。今日ラストカードの優勝戦ではシリーズ驚異的な強さを見せた坪井康晴鎌田義、そして間嶋仁志新美進司とA1レーサーが4枠までをしっかり占め、加藤知弘吉田重義はボーダー上からチャンス繋いでのファイナル入り。この6名がきさらぎ第2戦頂点の座を懸けて戦うフィナーレにどうぞご期待下さいませ。まずオープニングはおはよう特賞第1Rです(動画)。北追い風6m波高4cmと追い風が強く吹く中での攻防です。安定板を使用して登場した6選手。インから1235/46の順です。スタートしました。1号艇の横田茂が09トップスタートで1周1Mの攻防に向かっていきますが、荒水面をものともしない鋭い差しを披露した5号艇浜野孝志が横田を捕らえ1周2Mを先行して回りトップでゴールイン。

 最終日の戦いは朝から安定板使用と追い風強い水上で進めています。白波も立つようになった水面、迎えました第2R動画)。インコースにはスタート展示の2コースより積極的に動きまして1番人気に推された4号艇田中雅文65.4kgが入りました。第2R進入隊形が整いましてインコースから4165/32の順です。スタート3秒前です。スタートしました。5号艇木村四郎が01トップスタートを決めましたが、12スタートの1号艇和合俊介が先捲り。しかし和合の捲りも木村の二段まくり強襲も北追い風7m波高7cmの水上に揉まれて流れ、33ドカ遅れスタートながらどっしりと安定感のある小回りで堅実に回った田中雅文65.4kgが先頭に立ちトップでゴールイン。シリーズ待望の初白星となりました。

 冷たい雪の中、闘志に勝るパワー無し。まさに気持ちだけで勝ち上がってきました。きさらぎ第2戦は優勝戦の開始です。三国でデビューし、当地V4の実績がある6号艇吉田重義が動いてインコースから1236/45の順です。スタートいたしました。1号艇つボイが2号艇カマギーの差しを振りきり当地2回目・通算24回目となる優勝のゴールイン。以上でございました。

津フェニックス賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入隊形から1号艇後藤正宗が23とややスタート立ち遅れるものの、節間6戦5勝の機力で伸び返して1Mを先行。2号艇金子良昭の差しを振りきり通算7回目の優勝、金子との静岡ワンツーになりました。

 後藤といえば、今節は地元の後藤道也も出場。2日目以降白星が無く優出なりませんでしたが、初日は3Rが19トップスタートからの捲り差し、9Rが豪快な捲り戦と、どちらもチルト+3度大外進入からのトップスタートで連勝でした。

宮島日本トーター賞優勝戦

 日本トーター製の買い足し用簡易発券機ちょっくんがある宮島の第1回日本トーター賞は1256/34の進入から1号艇松井賢治が逃げ込み図るも、2号艇守田俊介の俊敏な差しが入り王者を捕らえきって2M先行で先頭に立ち、守田は宮島3回目・通算41回目の優勝

東京マラソン

 本日行われた東京マラソンには32000人のランナーと226万人のギャラリーが参加したとのことですが、競艇界からも糸數由里栢場優子平田さやか参加平成19年優秀選手表彰式典が行われたホテルパシフィックの近くや高輪郵便局を走り抜け、3人共完走。特に艇界トップクラスのアスリートである栢場優子はなんと3時間50分21秒で女子484位の好記録です!

 そんな今日は競馬界でも3400mの長丁場、東京マラソンレースG3ダイヤモンドステークスが行われ、トップハンデ57.5kgのアドマイヤモナークが2馬身半差の圧勝を飾りましたが3着に入ったのが12番人気のレーザーズエッジで、複勝1350円を提供しました。ちなみにレーザーズエッジでお馴染みAC/DC紙ジャケ再発CDは税込2520円なので複勝200円分持ってれば1枚買えますね。



【ドリームハウス】G1関東地区選手権は平石和男が01で逃げを完成!

 最終日16億7274万5700円、節間累計57億2486万5000円を記録した東京ベイ平和島G1関東地区選手権優勝戦Tokyo bay piratesとサイタマンが3人ずつ揃った一戦になり、134/562の進入になった本番は2号艇阿波勝哉に触発されたか全員が0台の早いスタート。そんな中で阿波はチルト+3度の伸びでぐいぐい伸びて行きますが、その内側では4号艇飯島昌弘が先ずは飯島を攻めようとしていた5号艇濱野谷憲吾を張りに行き、濱野谷を張った際にバランスを崩しながらも阿波を張り飛ばす事に成功。
 ということで外がやり合った為内側2艇に絶好の展開になり、1号艇平石和男(大田区出身埼玉県育ち上尾市在住)が普段の彼ではまず無い01タッチスタートを決めた事もあって3号艇作間章(今節選手代表)の差しを軽々振りきり先頭独走。生まれ故郷ということもあってG1戸田グランプリメインビジュアルを務めた地元戸田以上に好相性を誇る平和島水面で平石はカンチク3つ目となる記念8回目、通算34回目の優勝ドリームハウスで応援する3人の子供たちに吉報を届けました。
 ちなみに平和島の記念は1997年G1関東地区選手権、2003年SG笹川賞に続く3つ目のタイトル。よって平和島SG笹川賞ファン投票は平和島巧者の平石和男を応援ヨロシク。
450万円獲得で完済!ドリームハウスに一歩近づいた平石


【平和島 お越しの際は 牛小屋へ】

 今日は大森が誇るホルモンの名店牛小屋に行くのを楽しみにしてたのですが、先ずは優出者インタビュー終了直後に昨日の平和島G1関東地区戦準優勝戦〜俺が鉄兵、江戸川の〜が私的ツボにはまって超面白かった超ビッグネーム競艇あれこれの良2さんと会い、次いで10R特別選抜B戦発走直前に白井最強ブログ競艇blog AQUA BOOのてるきちさんと会い、次いで11R特別選抜A戦発走直前に競艇blog界期待の新鋭競艇やりますのかじさん、今日が初対面だったレインボーアタッカーマイケル・競艇戦線異状なしのマイケルさんと会い、更に牛小屋で牛小屋仲間のカッキーさんとその後輩さんと合流して総勢7名で牛小屋パーティー。上質な肉の数々に舌鼓を打った後はマスターの提案で牛小屋がある建物の3Fにあるジャズバーらいぶ食堂KITAROHへ行き、ジャジーな夜を堪能しました。
牛小屋の真上にあるジャズバーKITAROH
 

【疾風のように〜サブングルザブングル】

 本日平和島ではベイパイベントとして池田雷太東京支部長と中野次郎のトークショーが行われ、更にはザブングルのショーもあった豪華版。ベイパイベントは司会の松岡俊道アナが阿波の話題を沢山振ったのでその話題が中心。私的収穫は雷太(元北海道民)の嫁さんが北海道出身と知れたことでした。選手イベント関連では笹川賞ファン投票も行われ、ゲストは雷太&次郎コンビの他に稲生夏季平田さやか木下陽介がいました。
 ザブングルショーではファミ通の半袖Tシャツを着た加藤歩が「悔しいです!」を多用したり、8Rの2号艇折下寛法(6着)をこの筋肉くらい固いと予想し、お待ちかねの「カッチカチやぞ〜」を披露したりしたので自分的に大満悦。10R発売中の第2部では腕相撲では負けないと豪語し、実際子供相手に圧勝する強さ。しかし2人目の子供の父親である横浜市の北野さんにはあっさり負けた加藤歩でした。悔しいです!ちなみにザブングルに勝って名を上げた北野さん一家は表彰式のプレゼンターも務めまして、一般人ながら本日平和島イベント広場の主役でした。
池田雷太&中野次郎トークショー北野さん一家にピースターを贈呈する平石
カッチカチやぞ〜


三国きさらぎ第2戦3日目

 明日へと希望を繋ぐ水上はファイナル進出を懸けてこれより2本のカニ坊準優勝戦です。先ずは1本目、第11Rの対戦メンバーを迎えました。インから1234/56の順でスタートしました。1号艇鎌田義が人気を乗せて逃げ切りトップでゴールイン。
 後続は順走2番手の2号艇間嶋仁志に対して1M捲り差しで3番手の5号艇柳沢一が2M切り返して先回りも、行かせて差して2番手キープの間嶋が2着でゴールイン。3番手は1M捲り差し不発で後方5番手も2M内に潜り込んでの小回りで柳沢と並んだ6号艇加藤知弘で接戦となり、2周2Mで柳沢を差した加藤が3周1M先に回ったのに対し柳沢の全速戦がバタついて勝負あり。11Rからの優出切符最後の一枚は加藤に渡りました。

 大変お待たせいたしました。目の前を覆うように細かく激しく真っ白に雪が降る雪中戦となりましたカニ坊準優第12R。インから12346/5の順です。1秒前、スタートしました。1号艇坪井康晴が視界の悪い中インから堂々押し切りトップでゴールイン。22トップスタートから捲り差した3号艇新美進司が2着でゴールイン。
 と上位2艇は問題ありませんでしたが、1Mで他の4艇がもつれ合ってしまい、先ずは2号艇堤昇に5号艇瀬川公則が乗り上げてしまい堤は落水、瀬川は転覆。更に4号艇中尾英彦も事故艇に接触して落水、6号艇吉田重義も中尾の艇を踏み台にしてジャンプする大アクシデント(動画)。巻き込まれた中で唯一完走した吉田が3着優出を決めました。尚、堤は負傷帰郷しました。


 優勝戦の枠番は以下のようになりました。

1:坪井康晴 2:鎌田義 3:間嶋仁志 4:新美進司 5:加藤知弘 6:吉田重義

 カニ坊準優12RではPCリプレイ越しでもはっきりわかる大雪が降っていましたが、優勝戦は天気も落ち着きつボイとカマギーの組み合わせですんなり決まりますでしょうか。

【東京マラソンレースキルトクール】

 東京マラソンと同日に行われる競艇版東京マラソン東京G3ダイヤモンドステークス(3400m)のキルトクールはコンラッド。なんとなくすけど適性は2500mまでのような。

 京都G3きさらぎ賞のキルトクールはメイショウクオリア。なんとなくすけどスピード決着に対応できなさそうな予感。ちなみに2月10日に行われた津きさらぎ賞大嶋一也の優勝でした。

東京ベイ平和島のG1関東地区選手権は準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島G1関東地区選手権は準優勝戦の5日目。枠なり2vs4の準優10Rは4号艇作間章(今節選手代表)がカドを取れなかったものの、それをものともせず狭い艇間を突いて串田アキラばりに熱い捲り差しを決め1着。シリーズリーダーだった1号艇飯島昌弘は2Mでちょっとキャビったものの持ち堪えて2着。ちなみに3カドを選択した3号艇飯田清はスタート20と一番遅く、さくまあきらに伸び負けて差し遅れての6着大敗でした。

 準優11Rは3号艇西田靖が内へ、2号艇阿波勝哉が外へ動いて314/562の進入隊形になり、4号艇石渡鉄兵がかなり寒い98タッチスタート。カドの5号艇飯山泰は絶好の展開になりましたがしかし、機力不足の飯山やすしは1号艇福島勇樹王子に合わせられて終了。前方では石綿撤兵の98スタートに関係なくチルト+3度一気の伸びで大外捲りを決めた阿波が先頭に立ち、撤兵を叩いて差した6号艇滝沢芳行が阿波に迫る展開。タッキーは阿波に舳先を入れようとしますが、艇を伸ばした阿波がこれを振りきり2Mを先に回りきって1着。2M阿波には届かなかったもののゆーき王子の全速戦を振りきったタッキーが2着。
 ちなみに今年の記念実況ローテはカンチクとG1トーキョー・ベイ・カップがノッポアナ、SG笹川賞がベイ吉アナ後半予定とお伝えしておきます。

 準優12RはTamagamaBPの4号艇長岡茂一がチルト+3度に跳ね上げ123/564。しかしモイチタンのは3号艇毒島誠の先捲りに遭ってしまい行き場を無くし終了。ブス島も捲りよりブスっと差すのが得意な選手だけあって、力無い捲りは1号艇平石和男に簡単に合わせられて終了。平石はブス島を張った分やや流れるも、機力差で持ち直し1着。予選3位ながら前2つの1号艇が敗れたので優勝戦は1号艇です。
 後続は5号艇後藤浩が順走の2号艇濱野谷憲吾を差し捕らえるも、後藤は2M内から突っ込んできた6号艇濱村美鹿子に前をカットされ、イカせるタイミングがずれた間に濱野谷に差されてしまいます。それでも後藤は濱野谷を締め込み舳先を入れさせませんでしたが、2周1Mで後藤と濱野谷の間を割ろうとした濱村と後藤がごっちんこしてしまい、この隙に差しを決めた濱野谷が逆転2着に入りカンチクポスタービジュアルの面目を保ちました。


 ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースである優勝戦の枠番は以下のようになりました。ものの見事にTokyo bay pirates埼京戦隊ドテレンジャーが3人ずつ。果たしてベイパ祭になるのかさいたまつりになるのか?

1:平石和男 2:阿波勝哉 3:作間章 4:飯島昌弘 5:濱野谷憲吾 6:滝沢芳行

 さて、最終日のイベントは池田雷太東京支部長と中野次郎によるベイパイベントを4R発売中に指定席内特設ステージ、6R7R発売中にイベント広場で実施。次に優出者インタビューを5R発売中に行い、締めにカッチカチのザブングルショーを8R10R発売中に実施します。
 ちなみに優勝戦は北陽の先輩飯島昌弘がブルーゲイルの4号艇で登場。先捲りでチルトはねにひとアワ吹かせてはねるのトびらをぶち開き、疾風のように大型映像前と大時計前を駆け抜けるか?それともアワをはねての共倒れでさくまあきらかドリームハウスに展開が向くか?


三国きさらぎ第2戦2日目

 今日も雪景色で迎えましたきさらぎ第2戦は2日目の攻防です。昨日連勝を飾った間嶋仁志を筆頭に坪井康晴鎌田義の3名が得点上位と絶好のスタートをきり、一方ボーダーには現在も2選手が肩を並べている状況。初日を終えての目安は7.0。ここに踏み留まり、また飛び越えるチャンス狙って挑む早くも予選ファイナルの攻防にどうぞご期待下さいませ。先ずはオープニングカードです。おはよう特賞第1R動画)。進入はインから1465/23の順です。1秒前、スタートしました。2号艇永井亮次の捲りを張った分やや流れましたが、それでも押し切った1号艇堤昇トップでゴールイン。そして2番手には捲り差した3号艇中嶋達也、3番手には順走の4号艇中野秀彦が続きましたが、2周1Mで中嶋のターンが膨れた所を小回りで差を詰めた中野が2周2M中嶋に突っ込み、これが決まり逆転2着です。

 雪の方、現在は小康状態。寒さ厳しい中予選競走が続きます。第5Rです、インコースから162/345の順です。スタート5秒前です。1秒前、スタートいたしました。6号艇は地元の筆頭格齊藤寛人が1号艇加藤峻二御大を捲って先頭も、3号艇児玉旭の2番差しが届きそうになります。齊藤寛人は斜行して締め込みに行きますが、ここで艇が接触し児玉は転覆(動画)。こだまを転ばせた齊藤は先頭独走になりますが、「6番、妨害失格。」と戦線離脱で優勝ののぞみ断たれました。
 これにより、1M差した2号艇横田茂と2Mで横田を差した加藤御大による先頭争いとなり、2周1M大きくターンマークを外した加藤御大に対し、差しハンドルの横田がジャガーの如し勢いで事故艇付近を全速で駆け抜け加藤御大を差し捕らえ逆転成功を果たしトップでゴールイン。

 ピリっと冷えた空気も瞬間熱くなる予選ファイナルの水上も後半戦に入ります。迎えました攻防は第7R。インから1625/3/4の順です、スタートしました。1号艇井川大作が39スタートだったのに対し、2コースの6号艇間嶋仁志は09と絶好のスタート。しかし間嶋は外を意識してマイシロをとる間に大作に伸び返され、油断した間嶋は捲りとも差しともつかない中途半端な旋回から大作に飛ばされスピンし終了。この展開を突いて捲り差した5号艇鎌田義がトップでゴールイン。尚、大作は不良航法を適用されました(動画)。

 きさらぎ第2戦予選最終日、次々と準優メンバーが埋まって行きます。前半で気持ちよく決めたのは1号艇坪井康晴と4号艇瀬川公則。白星が光っております。その後に続きたいと4名目線鋭く登場。記者選抜は第12Rを迎えました。インから12345/6です。スタート3秒前です。1秒前、スタートいたしました。雪が降る波高6cm北向かい風6mの荒れ水面で1号艇つボイは11トップスタートを決めますが、準優勝負駆けの3号艇柳沢一が捲り攻撃。つボイは捲られかけますが、踏ん張って伸び返しトップでゴールイン。柳沢も2着でゴールインして勝負掛け成功。つボイは12Rカニ坊準優勝戦1号艇、柳沢は11Rカニ坊準優勝戦5号艇です。
 尚、2周1Mで3番手を争っての捲り差し狙いも行き場を無くした瀬川は6号艇井川大作と接触して転覆(動画)を喫しましたが、責任外でしたのでカニ坊準優12R5号艇乗艇を無事決めました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ