ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

におの湖賞

昨日現地参戦したびわこにおの湖賞を始め5場の優勝戦

 1999年7月10日土曜日にびわこ一般競走で競艇場デビューしてから10年、とはいってもそれを意識して昨日現地参戦したわけでなく小橋建太トークショー目当てで現地参戦したら10年前と同じ大津駅前の焼肉屋東湖園で競艇歴10周年記念日の翌日だった事に気づいたびわこ日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞。ちなみに大スポ後援鳰の湖賞、昨年は武藤敬司トークショーでした。
コバケンショー二枚目

 ということで競艇歴10周年記念開催としてメインで紹介する大スポ後援鳰の湖賞、まずは昨日行われた準優勝戦のおさらいです。
 1つ目の準優10Rは123/465の進入から1号艇伊藤啓三が19とスタート遅れて10スタートの2号艇佐藤勝生が先捲りも、07スタートの3号艇須藤隆雄が元気に二段捲り強襲を決め1着。
 2番手は佐藤も2Mで佐藤が須藤の外を握ってやや流れた隙を突いて、1M差しから2M小回りの5号艇・ミスター6コース小川晃司が佐藤の内に潜り込む丸め込みオガワマジックで逆転2着。

 2つ目の準優11Rは枠なり3vs3の進入から1号艇山崎裕司が19の一番遅いスタートながらキックの狙撃手として他艇を蹴散らし山崎一着目指して1Mを先行。
 しかし、4号艇小野信樹が得意武器の斧爆弾捲りこそ出なかったものの捲り差しで山崎を捕らえきり1着。

 3つ目の準優12Rは今節最も秀でた成績だった兵庫のアメリカンヒーロー・1号艇吉田俊彦(86期4055)が枠なり3vs3のインから吉田豪快に押し切り1着。
 2号艇の黒いコスチュームをまとった王者松井賢治(兵庫86期4057)は1Mもたついてしまい、5コースからシャープに差した5号艇亀山高雅が6号艇中嶋達也(兵庫100期4449)の捲り差しを内でこらえ、ヤング・ボルケーノ中嶋を振り切って2着。

 ところで、ケータイ国盗り合戦の絡みで昨日はびわこ競艇の前に堅田にも寄ってきました。その時食べたのは滋賀県を拠点に東海以西で一大勢力を持つ京滋系ラーメンチェーン来来亭。びわこ競輪場のそばや下関競艇場のそばや津競艇場の近くにも支店があります。
かかってきなさいライライ亭


 優勝戦は以下の枠番に。

1:吉田俊彦 2:須藤隆雄 3:小野信樹 4:山崎裕司 5:亀山高雅 6:小川晃司

 枠なり3vs3の進入から吉田と小川が17トップタイスタートで、1M先行した吉田が小野の武器を封じ込めつつスーパートルネード小川の捲り差しも軽く振り切って通算18回目の優勝を飾り、におの湖賞金メダリスト吉田俊彦は優勝賞金114万円を獲得。
 小川が2着に入る吉田vs小川ワンツーで、3着は先行する小野を3周1Mシャープな捲りで逆転した亀山が3周2M小野に差されて「キンコン!キンコン!キンコン!」と写真判定に持ち込まれるも粘って3着。

 さて、昨日のびわこ競艇場はG1津モーターボート大賞の併用場外も売ってましたが、明日からはG1徳山クラウン争奪戦の場外発売も始まります。よって、下の写真のように2つのポスターが並んで貼られてました。どちらも競艇ポスター史上に残る作品ですね。
二次元美女と三次元美女の傑作ポスターが横並び

 ところで、前回びわこに行ったのは2006年2月12日一般競走最終日でしたが、同日の平和島一般競走4日目5Rでは1号艇5カドだった後藤道也のフライングを2号艇1コースの中里優子が自分のフライングと勘違いしてピットに帰り、欠場表示の錯誤による失格で即刻帰郷、後日浜名湖G1企業杯JAL女子王座決定戦競走の出場停止処分が下りる事件がありました。
 そしてそれを思い出す事件が今日の戸田夕刊フジ杯男女混合W優勝戦3日目12Rで。
 枠なり3vs3のインから先頭の1号艇中里優子(埼玉)に対し、2号艇安達美帆(埼玉)は1周1Mつけまい届かずの3番手グループから1周2M全速戦も流れて振り込み選手責任落水(動画)。2周2Mは指示通り外を回ったものの3周2M落水艇を追いかけたか救助艇は外目へ移動しており、それで勘違いしたか中里優子は事故艇の内側を航走し、釣られて他の4艇も内側を航走して全艇23条関連航法指示事項違反で失格。4人は帰郷処分が取られました。
 尚、中里優子は2周1Mで事故艇の外を先頭で回って3周1Mで事故艇の内を先頭で回った1月の徳山tysテレビ山口カップKYOTEI女祭り2日目3Rに続く今年2回目の航法指示事項違反でした。

平和島サントリーカップ優勝戦

 「水と生きるサントリー。10日からは神・矢沢永吉の2009年夏バージョン、ザ・プレミアムモルツのCM最高金賞のうまさですがTVでOAされております。モルツは一口飲んだら3秒目を閉じてください。そして競艇は予想したら3秒目を閉じて抜け目が無いか考えてください。(動画
 という矢沢ベイ吉アナのお伝えがありました優勝戦は枠なり3vs3の進入隊形から1号艇烏野賢太が順走の2号艇中村守成を従えて堂々押し切り、
 「サントリーモルツは夏、喉を鳴らして飲んで下さい。そして水面烏野賢太の走りは胸を鳴らして感じてください。どちらも金賞最高のうまさですとお伝えしておきます。
 とお伝えされた泡までうまいサントリーカップでミスター阿波踊り烏野賢太は今年3回目・通算70回目にして平和島4回目の優勝ですが、過去平和島周年V3のケンタにとって平和島の一般戦は初Vとお伝えしておきます。尚、平和島deよしもとやすしだった優勝者インタビュー(動画)で副賞の響17年を授与されております。


 ところで、端麗美女檀れいの金麦CMでお馴染みサントリーの次は淡麗生でお馴染みキリンの企業杯G3企業杯キリンカップが8月4日から。
 これに伴い20日までドリーム戦ファン投票を実施してます。ファン投票枠5人と施行者推薦枠1人なので5人投票する規定になってます。ちなみに自分が入れたのは以下の5人。

熊谷直樹 長岡茂一 三角哲男 山田竜一 白水勝也

 キリン焼酎白水(はくすい)は確かな品質が自慢です。焼酎は名水でうまくなる。やわらかくまろやかな味わいです。ということで地元4人以外はもちろん白水(しろうず)に投票しました。

芦屋マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 今節からの新モーター導入を機に減音化が実施されて第5Rで進入固定レースも開始され、新たなる道を歩んだ芦屋競艇。ちなみに昨日今日の2日間は荒田美希アナに加え、かつて芦屋の実況も担当していた唐津の石川香奈恵アナが実況を担当してました。
 さて、荒田アナが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉永則雄が4号艇中尾誠(佐賀県)の捲りを飛ばしきって逃げ切り通算18回目の優勝で芦屋競艇の新たなる1ページに名を刻みました。。
 後続は順走の2号艇今泉和則が2番手も、差し伸びて2M押っつけてきた6号艇岡部大輔(佐賀県)を包むのに手こずり和則は4番手に後退。その展開を突いて差した中尾と5号艇後藤正宗が浮上し、2周1M内から先行した後藤を差しきった中尾が2着。

鳴門スポーツニッポン杯競走優勝戦

 124/563の進入から1号艇富永正人がスタート飛び出して先頭も残念ながら+04のフライング。1M4号艇牧宏次に張られた5号艇嶋田貴支も+01のフライングに散りました。
 これにより先頭争いは2号艇石橋道友と3号艇近藤稔也(徳島)による差し合戦に変わり、やや先行する石橋に舳先掛けきった近藤が2000年5月の当地一般競走以来の優勝を目指して2Mを先行しますが、行かせた格好の石橋が近藤を差しきって今年3回目・通算7回目の優勝。今年初優出だった近藤は惜しくも2着で優勝戦41連敗に。

三国ふみづき第2戦優勝戦

 迫る本格的な夏を前に熱く激闘を繰り広げた集中戦もフィナーレ。優勝戦インから132/456の順です。スタートしました。2号艇山崎哲司が力強い捲り差しで1号艇伊藤宏を内から飛ばしきりますが、捲り差しで続いた4号艇三好一(福井)が山崎を捕らえきって2Mを内から先取り。山崎の道中外全速連発と3周2Mの差しを振り切った三好は2006年9月尼崎デイリースポーツ杯争奪琴浦賞競走以来となる通算25回目の優勝

びわこ日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日最終日を迎えたびわこ競艇の6日間シリーズ日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞は前日の準優12Rで2コース差しを決め1着になった同レース2号艇牧原崇が前半の一般戦7Rで待機行動最アウト違反(動画)をやらかしており賞典除外済み。よって同レース1号艇のシリーズリーダー三角哲男が本来より1つ内の3号艇で優出し、同レース3着の6号艇大川茂実が繰り上がりで優出してます。ちなみに牧原の違反を大まかに説明しますと、オールスローの312456か31256/4になりそうだった7Rの待機行動で先ず6号艇稲垣一恵が回り直して次いで5号艇の牧原が回り直し。この場合、後に回り直した牧原が6コースになるのですが実際には牧原が5コースに入ったので待機行動最アウト違反になったのです。

 優勝賞金120万円を懸けた優勝戦は6号艇大川茂実が回り込んで126/345の進入となり、大川が40と凹んだのに対し四角進入になった三号艇三角哲男が15トップスタートから一気の四角捲りで今年三回目・通算47回目の優勝ッス。2着は小回り残した1号艇後藤正宗
 日本財団会長杯と東京スポーツ新聞社関西支社長杯を貰ったミッスーは優出者インタビューでお金おろして買っときな宣言をしたそうですが、まさに有言実行ッスね。

 ここで大阪スポーツ後援におの湖賞に関するエピソード。昨日はプロレスLOVE武藤敬司が来場してピット見学で井川真人選手に握手を求められる場面があったそうですが、握手効果か瀬戸の魔人井川真人(岡山)は直後の9Rで3コース捲りを決め1着。人気を集めた6号艇三角哲男が4着に消え3連単25230円の波乱になりましたが、握手の縁で井川から買った武藤敬司はこの舟券を的中させました。

【さあ行こう多摩川バースデイカップ優勝戦

 ミスター多摩川高橋四郎が生まれた同日の1954年6月9日に開催が始まった多摩川競艇。今年は開設54周年記念G1ウェイキーカップが6月9日に開催され実質的なバースデイカップとなりましたが、周年とは別物ということで今年も開催されたバースデイカップの優勝戦は枠なり3vs3から4号艇岡田憲行と5号艇江本真治の捲り差しが入り、1号艇坂口周はやや不利な体勢。BSでは岡田が坂口を牽制する間に江本が艇を伸ばして2Mを先行。しかしこれは流れ、岡田が江本を行かせて捌いたところズバッと坂口の2番差しが入り一気に逆転。2艇まとめて差しきった坂口は今年3回目・多摩川2回目・通算19回目の優勝

 西武建設が施設所有する多摩川競艇の次節は7月3日からJLCカップG1江戸川大賞IN蒲郡を併用発売する6日間開催は7月6日の日曜日に木村裕子と杉ちゃん&鉄平(杉浦哲郎&岡田鉄平)トークショーを実施して西武鉄道の話をしそうですが、同開催にはミスター多摩川高橋四郎が出場予定です。ちなみに杉ちゃん&鉄平とは「クラシックを遊ぶ音楽実験室」をコンセプトに、鉄道サウンドやアニメ・ドラマ音楽をクラシック音楽と融合するクラシック・デュオです。

福岡県内選手選抜戦優勝戦

 盆でも正月でも無いこの時期に開催された優勝賞金80万円のオール地元戦。昨日はジョイマン、本日は競艇のブルース犬井ヒロシでお馴染みサバンナも来場してイベントの方も盆・正月並みだったようです。
 前付け、アウト回り、捲り、差し、進入も戦法も自由だ〜!競艇 is Freedom〜♪ですが、優勝戦の進入は特に動き無く枠なり3vs3から1号艇篠崎元志(東区)が05トップスタートからの速攻で逃げ切り図るもやや流れ、5号艇中辻崇人(久留米市)の捲り差しが届き、2Mを先行した中辻が篠崎を振りきって福岡初・通算15回目の優勝

津マキシーカップ優勝戦

 三重交通の観光バスから名を取った名物開催マキシーカップですが、第20回となる今年度は中日カップ開催年の為G3企業杯ではなく一般タイトル戦となり、優勝戦は152/346の進入から1号艇宮地秀祈がイン戦押し切り通算13回目の優勝
 後続は斬り込み順走の5号艇渡邊伸太郎が2番手で、2番差しの3号艇角谷健吾が3番手。そして3番差しの6号艇村上功祐もBS差し伸び2M的確な小回りで角谷とほぼ同体に。2周1Mは外全速の角谷を伸太郎が張り、ここで内潜り込んだ村上が伸太郎との差を詰め2周2Mを先に旋回。ここで握った伸太郎は艇が暴れた上に村上に牽制され一気に4番手まで下がり、2艇まとめて差しきるケンゴスペシャルで角谷が逆転2着。

三国G3新鋭リーグ戦ヤングヒーロー決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松村康太(福井)が03トップスタートの速攻で逃げの態勢を作ろうとするも2号艇馬場貴也の差しが入り両者ほぼ同体。2Mは馬場が内有利に先行するも松村が差し返し逆転先頭に立ち、実質抜きで通算3回目にして地元初優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ