ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

びわこ競輪

【びっしビッシー】びわこのG1高松宮記念に初参戦【いくからな】

ブログネタ
KEIRIN に参加中!
 本日はG1高松宮記念杯競輪初日大津びわこ競艇場に、学生時代からの友人である大津市膳所在住のぜーぜーさん(仮名)と行ってきました。これで日本三大高松宮記念中2つに行ったことになりました。次は10月の住之江G1高松宮記念特別競走ですね。
 本日の行動ですが、プレミアムドリーム号で大阪入りして、すぐ新快速に乗り京都で途中下車して徒歩約5分の新福菜館で小ラーメンとやきめしを食べて大津入り。大津から無料バスに乗って途中びわこ競艇場(笹川賞の場外発売なし)を通過して初めてのびわこ競輪に到着。
大津びわこ競輪場

 自転車で来場して先に入って席を確保していたぜーぜーさんがいるガラス張りの2階自由席に入ってから、開会式を見にステージへ。選手紹介は競艇みたいに全選手ではなく、いわゆるドリーム戦メンバーのみの登場でした。その初日特選11R白虎賞12R青龍賞は東西対抗戦である高松宮記念らしく東西別の特選で、白虎賞が西日本選抜で青龍賞が東日本選抜です。白虎というとつい会津若松を連想しますが、競輪の白虎は西日本選抜です。ちなみに選手宣誓は前年覇者である山崎芳仁(福島)が担当しました。
白虎賞出場メンバー青龍賞出場メンバー

 Bank of Dreamびわこ競輪はLake of Dreamびわこ競艇と比べると全体的に建物が小さいですが、びわこ競艇と同じ日本トーター製ながらマークカードはびわこ競艇のそれよりはるかに高性能で、流しは1人固定(びわこ競艇は2人固定)、BOXは全通りBOX(びわこ競艇は3人BOX)、そして出目派のファン大喜びの全レース買いマーク欄と、住之江競艇場のマークカードと同じタイプで非常に使い勝手がよろしいものでした。ちなみにマスコットのビッシーくんは選手紹介(競艇でいうところの展示)中に必ず登場し、着ぐるみらしからぬ軽快な動きを披露してたです。
 そんな高松宮記念、車券は的中率1/12(しかも唯一の的中は10Rの1番人気車券)と悲惨な結果に終わり、レース後は、大津駅近くの串居酒屋 見聞録で飲み食いして新快速で大阪へ戻りました。
ビッシーくん

 ところで、本当ならボートピア梅田そばのサウナ&カプセルホテル大東洋(天然温泉萬の湯付き)にチェックインしてから外出してネットカフェで書こうと思っていた土曜日のエントリー。しかし話も酒も食も弾んでビールとウオッカをしこたま飲んでいて書ける状態じゃなかったのでこれを書いてるのは日曜の朝。サウナに入って二日酔いも抜けリフレッシュした状態で梅田にあるMedia Cafe POPEYE泉の広場店からお送りしております。
 そのポパイに入って驚いたのが、OSがなんとWindowsVista!ちょっと慣れるまで時間がかかりました。ちなみに泉の広場の近くにあるのはOSビルです。


 2つの特選レースの結果は、白虎賞が逃げる小嶋敬二(石川)をマークして差した加藤慎平(岐阜)が1着、青龍賞は早めの捲りで先頭粘る佐藤友和(岩手)を差した山崎が1着でした。尚、初日の入場は5774人で売上は32億122万4100円でした。

住之江SG笹川賞準優勝戦

 1つ目の準優10Rはエンジン全開で勝ち進んできた人気の中心1号艇白井英治のイン戦も、まさかの振込詐欺。白鷺もとい白鮫はG1びわこ大賞優勝戦の54スタートに続く賞典レースイン逃げ大失敗であります。
 これにより、ダッシュ3艇が白井の外を回らされたので、2コースから早々と差しに構えて不利が最小限だった2号艇田村隆信1着、3コースからの差しは危うく白井に乗り上げそうになるも間一髪すり抜けた3号艇原田幸哉が2着になりました。現地参戦した山ちゃんさんからのメールによりますと、場内2Mでは振込詐欺の白井に対して強烈な罵声が浴びせられたそうです。当然でしょうね。

 得点率1位の瓜生正義が1号艇の準優11Rは5号艇湯川浩司が地元の意地でスタート展示同様のイン取り。しかし、湯川は28とスタート遅れてチッチキチー。2コース09トップスタートのウリ坊が捲りを決め、3コースから捲り差しの濱野谷憲吾と先頭争い。2Mは内の濱野谷が先に回りますが、これを難なく差したウリ坊が1着、濱野谷が2着。湯川の前付けを冷静に対処したウリ坊は最終を待たずして優出1号艇決定。

 王者のいる準優は無条件で最終R。ということで得点率2位の王者松井繁が1号艇の準優12Rは136/245の並びとなり、王者が華麗なる逃走劇を披露し1着。3コースから捲り差しの三嶌誠司が2着になりましたが、後方ではちょっとしたトラブル。
 2コースの上瀧和則がもたついてるところに4カドの池田浩二が乗り上げ、両者完走したものの舟券圏外に。5コースからの外マイで難を逃れた田口節子が3着に入りました。SG初準優で3着に入った田口節子は出走回数不足の為に来期B1ですが、今回の活躍は今後へのFly Highとなるでしょうね。


 優勝戦はこんな枠順に。SG10度目の優出にして初めての1号艇を手にしたウリ坊がウリ年にSG初優勝と行きますでしょうか。逆転があるとしたら一発の田村か前付け濃厚のミシマさんでしょうね。

1:ウリ坊 2:王者 3:田村 4:濱野谷 5:原口 6:ミシマさん

 自分も参加している予想大会K-BATTLE〜笹川賞 勇気を笑顔に優勝戦!も本日が最終日。そして、自分も参加してるギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースでもあります。ちなみに東京G1安田記念も対象レースですが、安田記念の表彰式プレゼンターはひかる金剛力士王千代大海です。よってコンゴウリキシオーが◎。相手は中京G1高松宮記念優勝馬スズカフェニックスと牝馬ですね。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会

【4月26日〜5月9日】競艇ゴールデンウィーク、昨日で終了。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 4月26日の若松スポーツニッポン杯争奪GW特選から始まった各地のGW開催も昨日の住之江ラピートカップで最終日を迎えました。
 今年のGW優勝戦開催日は5月1日の若松を皮切りに5月2日のびわこ、5月3日が尼崎で5月4日が江戸川と多摩川、1日おいて5月6日が唐津で5月7日が6場、そして大挙11場が優勝戦だった5月8日があって、最後が住之江の5月9日だったわけですね。今年は5月7日と5月8日に集中していて、祝日の5月5日に1つも優勝戦が無かったのが特徴といえるでしょう。

 初優勝だったのは若松スポーツニッポン杯争奪GW特選の96期篠崎元志びわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップの93期馬場貴也と序盤の2日に先ず2人出て、次いで8日の津スポーツニッポンパール賞競走で92期安達裕樹が初優勝を決めました。3人共新鋭リーグ組で、特に篠崎と馬場は同期の一番乗りですね。

 GWレースは地元選手中心の斡旋、特に戸田ウインビーカップと住之江ラピートカップはオール地元支部となるので必然的に優勝者も地元選手が多くなりますが、そんな中アウェーで優勝した遠征選手は江戸川ゴールデンカップ横澤剛治(静岡)、平和島京浜急行社長杯佐藤大介(愛知)、下関九州スポーツ杯争奪競艇の日大賞木村光宏(香川)、以上3人でした。なんといっても3場中2場が東京というのが特徴的ですね。

 最後に、若松と全く同じ日程で4月26日から始まり5月1日が優勝戦だった大村西日本スポーツ杯はGW開催ではありません。大村のGW開催は3日〜8日まで行われたスポニチ杯GW特選です。

【びわこのビッシーくん】

 6月2日から始まるG1高松宮記念杯競輪(東西対抗戦)を次節に控える大津びわこ競輪場。高松宮記念前最後の開催となるF1パールカップ争奪戦S級決勝には向日町の伊藤保文が準地元バンクの決勝戦1番枠で登場。伊藤保文といってもピンとこない方もいるでしょうが、滋賀支部水口由紀の夫と言えば分かりやすいかと。
 その伊藤、周回中は先頭を走り、勝負所で一旦位置を下げてから捲り戦を仕掛けます。そして一度は捲りで先頭に立つも最後2人に差されて残念ながら3着。優勝は伊藤マークで上がっていき、最後伊藤を差した地元びわこの4番枠北川智博でした。

 ところで、住之江SG笹川賞のパンフレットをGW中に手に入れましたが、案の定巻末の全国場外発売日程にはびわこ競艇場だけありませんでしたね。

 ここで私事ですが、今年の目標のひとつが日本三大高松宮記念参戦。今年は笹川賞と高松宮記念が同時開催な上に笹川賞が住之江なので両方行ける、じゃあ行こうと3月25日中京G1高松宮記念で膳所在住のぜーぜーさん(仮名)と会った時に思いついたのです。2日がびわこで3日は午前中ボートピア梅田ウインズ梅田に行ってそれからメッカ住之江競艇場ですね。
 日本三大高松宮記念参戦ですから、もちろん10月23日〜10月28日のどこかで住之江シティーナイターG1高松宮記念特別競走に現地参戦します。今回は入れそうにない住之江指定席に入るのが高松宮記念時の目標なのです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ