ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

むつき第1戦

2008年江戸川四部作第三章初日+コータローがコータロー撃破の三国

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは今日から25日までの5日間シリーズ、第21回関東競艇専門紙記者クラブ杯です。第2Rが始まりました。1号艇折上善一がハッシービームの上を行く折り紙付きの85スタートをやらかしてしまい、52スタートの2号艇坂本啓行が45トップスタートを放った4号艇大澤真菜の機先を制しての先捲りを決め、二段捲りの6号艇香川友尚50.2kgを振りきって1着。74スタートの3号艇橋谷田佳織は1M伝家の宝刀クルリンターンで巻き返し3着入線を果たしてます。

 第3Rが始まりました。6号艇ながら人気の中心荒井輝年が30トップスタートから一気の絞りまくりを決め通算898勝目の1着ゴール。尚、1M差しから2M全速戦で2番手争いに加わった5号艇濱崎誠は2周1M全速戦も振り込み選手責任転覆です(動画)。これにより2着は1Mで荒井に捲られてから艇を外に持ち出し、2M差しで濱崎と艇を並べた3号艇栢場優子が取り切りました。ということで「江戸川の水面を研究ガイドし、更にホットなニュースを提供する競艇専門紙、その記者クラブ杯」を2006年2月に優勝した井口佳典の妻井口真弓はここ1号艇でしたがスタート45と全くぶちこめず最下位完走の5着に終わってしまいました。

 開催の初日もレースが進みまして第7R一般戦です。このレース紅一点の4号艇谷川里江は09トップスタートを放ち一気のカド捲り。りえはイン戦粘る1号艇武田正紀とほとんど同体になりますが2M先制の武田を行かせて差しきり通算1200勝目となる1着ゴール。通算1200勝は女子歴代4人目の快挙となります。ちなみに他の3人は鵜飼菜穂子山川美由紀日高逸子です。

 上げ潮20cmで始まりました一般特賞第10Rです。1号艇荒井輝年が逃げ切り本日連勝。通算899勝目の1着ゴールを飾り、G1江戸川大賞準優12R4艇Fの汚名を返上する通算900勝を明日3号艇1回乗りの第10Rでリーチ一発ヅモとなりますか。
 2着は差し伸びて2Mを先制した5号艇杉山貴博。尚、3艇による3着争いを演じました4号艇今泉徹は外マイの3周1M出口で振り込み選手責任の落水です(動画)。ちなみに杉山も今泉も追加斡旋でしたが、ここははっきり明暗が分かれてしまいました。

 初日のメインカードが始まりました、第12R江戸川選抜戦です。1号艇鎌田義は6号艇の前半第8Rで06トップスタートからの捲り差しを決め1着となり大外を克服しましたが、ここのイン戦は2号艇桂林寛と3号艇谷川里江が凹む壁無し展開を克服することは出来ず、4号艇岡部貴司の捲り差しを許し、更には桂林を叩いて浮上したりえとも併走になる2番手争い。対して先頭に立った岡部は舳先を入れようとするりえを抱いて2Mを回り、りえを差しきって岡部にも迫るカマギーを振りきっての1着。尚、自らを江戸川地区スターと呼びます6号艇西川新太郎(昨年江戸川3優出1優勝)は差し戦も桂林と少々絡んでしまったのが響いて4着に終わりました(動画)。

三国むつき第1戦最終日

 むつき第1戦。真冬の寒さの中、瞬間沸騰で挑み駆け抜けた水上も最終日を迎えています。フィナーレを飾る優勝戦はしっかり幅を利かせて1号艇は地元今垣光太郎。対して波に乗って青木幸太郎佐々木和伸長溝一生山崎裕司中村真がどう攻めていくのか。最後まで目が離せない攻防となりそうです。どうぞご期待下さいませ(動画)。

 それでは最終日のオープニングカード、先ずはおはよう特賞第1Rです。インから134/526の順です、スタートしました。先に回る1号艇塩崎優司を差しきった3号艇海老澤泰行(師匠は三国と縁が深い?西村勝)が先頭も、おは特1号艇の意地で2M塩崎が差し返して逆転に成功。しかし越前ガニの名産地で負けられないエビちゃんも2周2Mで塩崎を差して3周1Mを先回り。これに対し塩崎は3周1Mでエビちゃんを差して再び主導権を奪い返し、3周2Mを先行してトップでゴールイン。塩エビワンツーは2連単220円2連複150円の本命配当を提供しました。

 2008年、始動開始は三国から。今垣光太郎が注目集めたむつき第1戦。期待に応えるべく勝ち上がって、これより優勝戦の開始です。インコースから枠番通りで123/456の順です。1秒前、スタートいたしました。3号艇佐々木が捲り差しを入れようとする中、2号艇青木コータローがターンマークに接触しながら必死に佐々木を張り飛ばし、その間に今垣コータローが走れ走れコータローの勢いで逃げ切り先頭に。復活の狼煙は白星が合図。信頼受けたならゴールでお返しと、このキャッチボールが2日目以降4連続で成功。最後もストライクで返し5連続とした今垣コータローの2008年武勇伝ストーリーの幕開けは地元から。次の尼崎G1近畿地区選手権へとつながりそうなVゴールは通算64回目にして三国はしぶき賞しもつき第1戦と3連続になる優勝のゴールイン。青木コータローが佐々木を飛ばして共倒れになった展開を突いて差した4号艇長溝が2着でゴールイン。

戸田ケーブルネット埼玉杯優勝戦

 ケーブルネット埼玉のタイトル戦は優出メンバー中唯一戸田優勝経験がある5号艇占部彰二が動いて1235/46の進入から1号艇福田雅一がしっかり逃げて通算35回目の優勝。今年は年越し開催市長杯争奪まるがめ競艇大賞に続き早くもV2。
 後続は順走の2号艇石渡鉄兵と2番差しの占部が競りますが、6コース差しでBS最内を突いてきた6号艇草場康幸(1976年1月21日生まれ)が2M突っ込む構え。そして占部が草場を包んでかわす間に2艇を差したてっぺーちゃんが2着。

江戸川日本モーターボート選手会会長賞イベント情報

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は、1月29日から始まる2008江戸川四部作最終章日本モーターボート選手会会長賞のイベントを紹介。初日から4日目までの最終R日替わり実況は既に紹介しましたが、今週16日に江戸川競艇HPのイベント情報がこっそり更新されてました。

開門時間 / 10:00・1R発売開始予定時間 / 11:00・12R発売締切予定時間 / 16:20
29日(火) 選手紹介式:10時10分〜
29日(火)〜2/1日(金) 勝利者インタビュー
2/2日(土) 艇王「植木通彦氏」によるトークショー及びサイン会
4R、8R発売中(トークショー) 6R発売中(サイン会)
2/3日(日) 参加選手による、チャリティー即売会
3R〜10R発売中に11レースまでの出場選手及び表彰式終了後に優勝戦出場選手による選手グッズ他チャリィティー即売会
表彰式(野中和夫選手会会長来場予定)及び優勝者インタビュー
優勝戦(12レース)終了後


 場所は全て第3投票所前特設ステージです。ちなみに29日は有休使って選手紹介見に行く予定であります。

桐生サンケイスポーツ杯優勝戦

 125/346の進入から捲った5号艇萩原篤(群馬)が3号艇久田敏之(群馬)の差しを振りきって通算5回目の優勝

 ここでサンケイスポーツ絡みのネタを一発。ウェイキーくんランド2号店さんで知った爆笑ネタ「落合家、バンダイホビーセンターを訪問」の「長男・福嗣さんから問題を出された。「きょうのかあちゃんは、あるキャラクターをイメージしています。さて、それは誰?」。信子夫人はお花の髪飾り。いや、そんなクイズ出されても、報道陣は「…」。ところが、取材に来ていたホビー誌の記者さんだけがボソッと答えた。「ラクス・クラインですか?」。福嗣さん、笑顔で「正解!さすが」やっぱもちはもち屋。「ガンダムSEED」に登場するアイドルなんだとか。」ですが、サンスポ系列のイザ!にある記事「落合監督はガンオタだった!一家揃ってコスプレで登場」でラクス・クライン姿の信子写真が見られます。おみやげとしてドラゴンズブルーの落合専用ガンダムまでもらったとのこと。

三国むつき第1戦初日

 厳しい冷え込みの中開催となりました三国競艇。今日から4日間に渡ってむつき第1戦を競って参ります。寒い水上、集中して挑む選手陣から熱い吐息が伝わってきそうです。どうぞお見逃しないようシリーズ通してお楽しみ下さいませ。それでは予選初日オープニングは恒例のおはよう特賞でスタートです(動画)。インコースから135/624の順です。まもなくスタート3秒前です。1秒前、スタートいたしました。みなづき第1戦の2日目おはよう特賞では2号艇でした王者松井賢治はA1昇級を果たしておは特1号艇に。そして王者は21トップスタートを決めますがターンが大きく流れ、3号艇森仁志の差しと6号艇平瀬城啓の捲り差しが入りまして王者はその後ろ。2Mは森が先制、平瀬が差してHS両者一騎打ちになったのに対し、王者の差しは内突っ込んできた4号艇吉岡修にカットされて不発。王者は5着に敗れました。
 トップ争いは2周1M先に回った平瀬を森が差して内外入れ替わり、2周2Mで内の森がすんなり先制したのに対し差しに構えた平瀬はキャビってしまい勝負あり、森がトップでゴールイン。平瀬は内突っ込んできた吉岡にも並ばれてしまい、3周1Mで吉岡が平瀬を差しきり逆転。3周2M平瀬の全速戦も振りきった吉岡が2着でゴールイン。2連単10700円3連単99160円と、まさに目覚めのびっくり配当が出ました。

 寒さ厳しい中ではありますが、きれいに広がった青空のもとむつき第1戦は予選初日の攻防を進めています。迎えました水上はこれより第4Rの開始。進入隊形はインコースから1634/25の順です。1秒前、スタートしました。6号艇尾崎鉄也の差しと5号艇片岡雅裕の捲り差しが入り、尾崎を差した片岡が僅かに先頭。しかし水神祭を目指す片岡に対し3号艇長溝一生が2M最内から艇を伸ばして突っ込みを入れ、片岡の進路をカットした長溝がトップでゴールイン。捲り不発5番手も2Mの差しが決まった2号艇水野暁広が2着でゴールイン。3番手に下がった片岡は3周1Mで一瞬もたついた水野に突っ込んでしまい、水野は無事すりぬけたものの片岡は失速。そこに突っ込んだ尾崎が転覆、乗り上げた1号艇山崎裕司も転覆(動画)。この事故で負傷した尾崎は後半第8Rを欠場、帰郷しました。

 むつき第1戦の初日、前半の予選カードはお天気とは逆に荒れ模様。3連単は4本の万舟券が飛び出しました。後半は人気選手が本領発揮と見せてくれますか、目が離せません。迎えたレースは予選第7Rです。人気の6号艇松野京吾が動いてインコースから61345/2の順です、スタートいたしました。3号艇下田哲也が22トップスタートを決めますが、27スタートの1号艇岸本雄貴が先捲りに出て松野を捲りきりトップでゴールイン。後続は差した下田と逃げる松野で併走となりますが、2M手前で引き波と北東4mのBS向かい風に煽られた松野の艇がバック宙して転覆(動画)。思わぬ形で単独2番手になった下田が2着でゴールイン。

 むつき第1戦、初日の水上はラストカード。シリーズ主力の6選手を迎えましてこれより三国選抜第12Rです。インから123/456の順です。1秒前、スタートしました。前半ひっくり返った1号艇松野京吾がここは先回りに成功。2号艇今垣光太郎が差してきて2Mで突っ込まれますが、これを全速戦で抱いてかわしトップでゴールイン。松野に追い詰めるも空振りに終わったガッキーは流れ、1M捲り不発の3号艇佐々木和伸が1M捲り差しの5号艇大西源喜との3番手併走から2Mで大西をつけまいに沈め、ガッキーも差しきって2着でゴールイン。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ