ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

やまと競艇学校

106期やまとチャンプ岩瀬裕亮は愛知の守護神になれるか?

ブログネタ
競艇 に参加中!
 競艇界では今日からG1戸田グランプリG1浜名湖賞が始まりましたが、今年セ・パ誕生60周年のプロ野球界では今日からセントラルリーグが開幕。
 既にパシフィックリーグは先週土曜日の20日から始まってますが、競艇界では平和島SG総理大臣杯3日目と重なった先週金曜日の19日にやまと競艇学校の106期生卒業式が行われてました。

 この106期は年齢制限が引き上げられ、他競技実績を考慮した特別試験枠も設けられた大転換期。特別枠からは在校勝率7.38でリーグ戦V2の滋賀4594谷川祐一を始め、徳島4596葛原大陽と広島4600井内将太郎の3人が無事卒業しました。

 ですが、卒業記念競走でやまとチャンプになったのは特別枠でも年長組でもなく、一般試験枠から従来でも応募可能だった年齢で合格した21歳の愛知4604岩瀬裕亮
 この岩瀬が実にすごい在校成績で、在校勝率はぶっちぎり1位の8.22。リーグ戦Vは2回ですが、全8戦あったリーグ戦全てで優出というすばらしさ。
 また、同日の前半一般戦でやまと競艇学校のコースレコード1.46.3を記録したターンスピードだけでなく、機械いじりが好きでガス溶接や自動車技術検定など7つの資格を持っている事から整備力の方も期待大。
 この岩瀬を現在実技教官の2084納富英昭元選手が東スポのインタビューで「私がやまとで指導してきた選手の中でも断トツで上手い。コーナーをトップスピードで回れるし、整備力もある。何年後かには記念レーサーになっているでしょう。」と絶賛。
 納富教官が見てきた選手の中には96期やまとチャンプ4344新田雄史と95期4320峰竜太のG1ウィナーもいることから、いかに岩瀬評が高いかわかるというものですね。

 ちなみに岩瀬裕亮は愛知県西尾市(主な出身有名人:岩瀬仁紀)に生まれ育ち、早くからボートレースかオートレースの進路にあこがれており、県立刈谷工業高等学校卒業後に3度目の受験で合格。目標とする選手は同県のスピードレーサー原田幸哉とのことです。
 そんな岩瀬は5月1日メーデーから始まる蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦でデビュー予定。
 中スポ賞でデビュー予定の岩瀬が戦最終日最終レースのクローザーになる日が待ち遠しいですね。

江戸川日本財団会長杯3日目

 今節レース名の日本財団ブログ・マガジンによる卒業式レポートで「既にプロデビューを果たしている元郵便局員の三嶌誠司選手を目標に、人間的にも好かれる選手になりたい」と郵便局員として3年間勤務した後競艇選手に転向した長崎4603谷川将太から目標の選手として指名された郵政事業の星三嶌誠司(元刈谷郵便局)がオール3連対継続中の江戸川競艇は3日目。

 今日2走共6着だった國井隆が本人辞退で帰郷しましたが、第2Rでは4号艇庄司樹良々が捲り差しから2番手航走も+02のフライング。
 今節も初日第2Rで1着を挙げるなど東京支部期待の104期新鋭きらら19歳、残念無念の賞典除外です。

 一方、東京支部新鋭の明るい話題。昨日第5R2号艇でデビュー初の2コース戦を超気持ちいい差しきりで1着になった103期4535北山康介が、今日は11R1号艇でデビュー初のイン戦にチャレンジ。
 ここはちょっとターン漏れしてしまいますが、2号艇浅見昌克の差しがターンマークに接触した事もあって逃げ切り、初めてのイン戦を1着で飾りました。
 4日目第3Rで再び1号艇に組まれましたが、2度目のイン戦では何も言えねー他を圧倒する逃げを期待です。

105期やまとチャンプは大阪の渡部悟!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日やまと競艇学校にて第105期選手養成訓練卒業記念競走が行われ、623/451の進入から12スタートの4号艇・4572渡部悟(大阪)がカド捲りを決めて105期やまとチャンプに。外マイで続いた5号艇・4586磯部誠(愛知)が2着でした。

 結果
1着 4号艇渡部悟(大阪)
2着 5号艇磯部誠(愛知)
3着 2号艇中嶋健一郎(三重)
4着 6号艇渡邉千晴(広島)
5着 1号艇佐藤翼(埼玉)
6着 3号艇藤山雅弘(大阪)


 また、5月から8月にかけて全8回行われたやまとリーグ戦は以下の結果。

第1戦 廣瀬真也(神奈川)
第2戦 佐藤翼(埼玉)
第3戦&第8戦 磯部誠(愛知)
第4戦 東潤樹(愛媛)
第5戦 中嶋健一郎(三重)
第6戦&第7戦 藤山雅弘(大阪)


 以上の様に、チャンプ渡部悟は優勝がありませんでしたが、在校成績4位6.52の好成績で優秀選手養成員としてB1級斡旋を受けます。
 他のB1級斡旋選手は4573佐藤翼と4578藤山雅弘(弟は104期4561藤山翔大)と磯部誠で、チャンプ渡部悟は藤山雅弘と共に11月15日からの住之江あざやか霜月競走でデビュー予定です。また、6号艇ながらインに入った優勝戦紅一点の渡邉千晴の父は競輪の広島49期渡邉利明元選手です。

 ところで、最近は卒業記念レース2着の選手が活躍する傾向にあるのですが、最近だと95期4320峰竜太に98期4387平山智加、99期4413水摩敦といったあたりが期で1番の実績を残してます。
 ということで磯部誠に注目なわけですが、デビューは11月6日からの常滑テレボートカップが予定されてます。
 また、在校勝率1位7.82の4573佐藤翼は11月14日からの戸田東京中日スポーツ杯でデビュー予定です。

 余談ですが、105期は上記のチャンプ渡部悟と渡邉千晴に加えて山梨出身東京支部4577渡邊佳子と福岡4590渡邉優美、合計4人も「わたなべ」選手がいます。

第1回地元スター選手実技訓練

 105期訓練生を送り出した福岡県柳川市のやまと競艇学校では22日から24日まで地元スター候補選手男女12名が招集して、操縦・整備・メディアトレーニングなどの講習で技術・人格の両面から強化が図るとのこと。
 技術面では、本日40歳の誕生日を迎えた今垣光太郎、愛知支部の九州男児赤岩善生、商工センターは井口(いのくち)でぶちこみ王子はいぐちな井口佳典、安芸五日市が生んだ新鋭チャンプ山口剛と、現在G1宮島チャンピオンカップに出場中の4選手が指導。
 その他、外部講師を招いてプロ選手に相応しいマナー、メンタルコントロール、メディア対応に関する講習も行われるそうです。

 今回参加予定の地元スターは登録番号順に以下の12名です。

丸亀地元スター:95期4313西村美智子
徳山地元スター兼中四国地区スター:96期4347魚谷香織
大村地元スター:96期4352下條雄太郎
尼崎地元スター:97期4356長岡良也
桐生地元スター:97期4362土屋智則
芦屋地元スター:97期4364池永太
児島地元スター:97期4370山口達也
びわこ地元スター:98期4388是澤孝宏
三国地元スター:98期4391松田祐季
住之江地元スター:98期4397西村拓也
蒲郡地元スター:99期4409坂元浩仁
平和島地元スター:101期4460後藤翔之


 このうち、土屋智則と池永太と是澤孝宏は16日から21日まで若松西日本スポーツ杯争奪戦競走、西村美智子とぅぉちゃんと松田ゆうきは今日から21日まで福岡アジアマンス20周年記念レースに出場中で、同県からの移動になります。

 ちなみにやまと競艇学校は福岡県柳川市大和町大坪(旧山門郡大和町)にありますが、シルバーウィークに広島県に行く自分は大和ミュージアム大和温泉物語の近くにあるボートピア呉徳山&呉宮島に寄れたら寄ってみたいところ。

【元気ハツラツ】103期チャンプに古澤光紀+全日本選手権選手情報

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日、福岡県柳川市大和町大坪のやまと競艇学校第103期卒業記念競走が行われ、2個準優から勝ち上がった6名で争われた優勝戦はリーグ戦勝率こそ第4位の7.24ながら、優勝は最多の3回だった1号艇・4522古澤光紀(福岡)が1コースへ進入し、05トップスタートから同勝率第1位の2号艇・4524深谷知博(静岡)を押えて堂々と逃げ切りを決め、やまと競艇学校養成の16代目チャンピオンに。尚、チャンプ古澤のリーグ戦V3の中には7月12日と13日に福岡競艇場(両日は佐賀新聞社杯G1唐津モーターボート大賞場外発売日)でファンも見守る現地訓練として行われた第6戦も含まれてます。
 優勝戦の前にデモ航走で現役時代と変わらぬ華麗なモンキーターンを披露した植木通彦日本モーターボート競走会理事は同県の後輩でもある古澤を「勝ちたいという気持ちが表に出る感じの選手」と評してます。

 志望動機が「かっこいい。世界で1番になりたいから。」という103期チャンプ古澤は福岡県粕屋郡の出身で、11月5日から若松オロナミンCカップで元気ハツラツとデビュー。高校は正直スマンカッタ東の健介佐々木健介やベイのムラッシュ村田修一らを輩出した名門東福岡高等学校を卒業。他ジャンルのスポーツで活躍する諸先輩方と肩を並べる存在になる事を期待します。

 ここで自分の地元東京支部とおとなり埼玉支部からデビューする選手を紹介。東京支部は4517平野恭兵が11月15日から多摩川内外タイムス賞、4519市村沙樹が11月13日から平和島日本トーターカップ、第1戦優勝の4535北山康介が恭兵と同じ多摩川でデビュー。埼玉支部からは4528黒井達矢と4532秋元哲が11月15日戸田日刊ゲンダイ杯でデビューします。

丸亀SG全日本選手権出場選手情報】

 18日木曜日のデイリースポーツカップ初日から電投ポイントサービスまるがめポイントクラブ略してまるポクラブが始まった丸亀競艇で10月8日から始まり、祝日の13日に最終日を迎える全日本選手権競走の出場選手情報を紹介。
 まずはドリーム戦の枠番を紹介します。

1:服部幸男 2:松井繁 3:吉川元浩 4:今村豊 5:湯川浩司 6:三嶌誠司

 タコ天が名物のまるがめ競艇で、64期3422服部先生と64期3415王者松井の記念V合計68を誇る最強同期コンビが内枠を固めましたね。進入は枠なり4vs2か湯川チルトサンドの12346/5を予想。

 次に、出場選手変更のお知らせ。17日水曜日に開かれた褒賞懲戒審議会の結果、8月13日の下関九州スポーツ杯争奪馬関祭大賞前検で登録票不携行をやらかして欠場となった白井英治が今月26日から1ヶ月の出場停止処分。
 全日本選手権も欠場となり、補欠だった同県の大賀広幸が繰り上がります。ちなみに白井西京の復帰戦は祝明けの11月4日から静岡県知事杯争奪戦G1浜名湖賞です。

【ライバルはTERU

 全日本選手権出場選手情報からもうひとつ。本日届いた「TELEBOATメールマガジン」から「競艇GOシップ」のコーナーに興味深い部分があったので紹介。

 選手の皆さんがリラックスするために、ヘッドホンで音楽を聴いたりしているシーンをよく目にします。休みの日にはLIVE三昧の選手も。とにかく音楽好きの選手は多いようです。
 岡山の荒井輝年選手は、そんな選手の中でも筋金入りの音楽愛好家。倉敷を中心に活動するSUKAバンド「倉ビル&ザ・ワイラーズ」ではギター担当の“TERU”として活躍しています。
 「この夏も8回ぐらいライブイベントがあったんですけど、僕が参加出来たのは2回だけ。もう一人僕より上手なギターがいるんでいいんですけどね(笑)。」
 忙しい斡旋の合間を縫ってのバンド活動。なかなか思い通りには参加出来ないようですが、最高の気分転換になっている様子です。
 「ギターを始めたのは選手になってから。20歳ぐらいだから結構遅かったんですよ。ボブマーリーのソロを聴いて、僕も…って思ったのがきっかけですね。」
 曲の表現やバンドとしての方向性、いろんなことが「本当に難しい」と話す荒井選手。ただその難しさが逆に奥深さ、魅力となって荒井選手を虜にしているようにも思えました。もちろん本業への意欲はそれ以上。今年は序盤から好調をキープして、近況勝率も余裕の7点台。
 「賞金ランクが今50位辺りなんです。チャレンジカップへ向けても、一走一走しっかり頑張りますよ。」
 久々のSG舞台「全日本選手権」も含めて、この秋は一段と気合の入った走りを見せてくれそうです。


 ということでTAKUROばりな自慢のゴッドハンド輝をライブステージでも披露している荒井輝年。次に水上でゴッドハンド輝を披露するのは21日から始まる桐生ナイター生誕12周年記念アクアンナイトカップ。そして30日からの全日本選抜びわこデイリースポーツ杯争奪オールニッポン選抜戦を挟んで全日本選手権競走です。

江戸川報知新聞社杯2日目+先週4日にやまと競艇学校入学式

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは第32回報知新聞社杯。昨日から始まった6日勘のロングランシリーズです。今日開催2日目、トップレースが始まりました。1号艇の99期新人津久井拓也(栃木)が外へ出まして234/561の並びです。スピードが乗って来ました、第1Rスタートしました。津久井は11のトップスタートを決めますが、先捲りで内を絞りました5号艇広次修1着でゴールイン。内で残した4号艇山本良一が2番手、外マイの6号艇鈴木智啓が3番手。そして、2Mで切り返した鈴木を包んでかわした山本良一が2着を確保。笹川良一先生に松永良一アナと競艇界の良一さんには偉人が多いですから、山本良一の今後も暖かく見守っております。尚、津久井は1M鈴木の更に外を全速で回って4着でした。

 第5Rが始まりました。4号艇津久井はここも外へ出て123/564の並びです。1号艇廣光尚治が12のトップスタートを決めますが、18スタートの3号艇田中和也(97期やまとチャンプ)がチャンプの片鱗を見せる大胆なつけまいを決め、そのまま突き抜け1着です。
 後方では1M全速戦届かず5番手航走、2M浮上狙って外全速で握った津久井が選手責任転覆。更に、1M行き場無くして最後方の5号艇小澤学(前江戸川地区スター)も2M小回りしようとしたらターンマークにぶつかって選手責任転覆です(動画)。

 各レーサーがエキサイティングな走りを展開しています今日の江戸川競艇。開催2日目の水面は第7Rを迎えています。江戸川は2004年11月8日の日本財団会長杯で初優勝を飾った思い出の水面であります3号艇中井俊祐が捲り戦でシリーズ初1着になりましたが、6号艇長田頼宗(多摩川地区スター)は二段捲りで3番手も2周1Mで全速決めようとしたところターンが掛からず流れてしまい5番手に後退。そして2周2M今度は差しを決めようとしたところバランスを崩して選手責任転覆(動画)となってしまいました。

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面、満を持していました6選手がピットアウトしてきました。第9Rを迎えております。初日2着2本でした3号艇石橋道友が05トップスタートも、内2艇が先マイ態勢。ですが、石橋はサイドをかけて一挙のつけまいを鮮やかに決め1着
 尚、捲り差しで2着に入った5号艇金田諭は、このレースを最後に私傷病で帰郷。このレースも第1Rも6着でした4号艇黒柳浩孝は明日以降1回乗り希望を提出したので、愛知二大くろやなぎの片割れとして有名な黒柳浩孝は賞典除外です。

第103期選手養成訓練入学式

 競艇選手としての基礎と大和魂を養うやまと競艇学校では、先週4日に103期の入学式が。大阪55期3170谷口勝と同姓同名の谷口勝(東京)が訓練生として入学しましたが、今期一番の注目はなんといってもミセス府中宮本紀美43歳と、2006年尼崎SG競艇名人戦準優11Rで全治約半年の大怪我を負うも見事復帰を果たした府中のプロペラ巧者柾田敏行53歳の間に生まれた娘さんである柾田憂訓練生。無事に卒業すれば来年11月から父子鷹だけでなく母子鷹でもある非常に貴重な大型新人の誕生となります。特に、女子戦の開催数から母子共演は早いうちに実現しそうな感じなので親子共演も待ち遠しいところ。
 ところで、この夫婦の娘さんと聞いてピンときた方もいるかもしれませんが、自称荒川静香似なノンちゃんこと宮本紀美が「今年、高校生になる娘との約束で、準優勝戦に乗れなかったら、私はおへそにピアスを空けなくてはなりません。この歳でへそピーは絶対やだー。頑張ります。あと、トシちゃん常滑、頑張ってねー。」とか、
今年で結婚20年目を迎えました。トシちゃんいつもありがとうございます。これからもいいプロペラを作ってください。ユウたんギャグできなくてゴメンネ。」とかの選手紹介で名前を出してきたあのユウたんです。デビュー後は選手紹介でも期待させてくれそうですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ