ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

エコ

【エコ】笹川賞準優勝戦〜ベイの大魔神とダイデンジン【エコ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 東京ベイ平和島のSG笹川賞は本日8587人の入場を集め、水面上は準優勝戦。1つ目の準優勝戦10Rスタート展示の123645から本番2号艇田中信一郎がピット鋭発でインを奪い2136/45の進入。そしてスタートは内2艇が11トップタイで、1号艇白井英治の差しを振り切ったタナシンが先頭。しかし2Mで白井が執念の切り返しを見せ、タナシンの内に潜り込んでおっつけていき飛ばしきって逆転1着。飛ばされたタナシンに対し、1M2番差しから2M外に持ち出しての差しでHS内に潜り込んだ3号艇熊谷直樹(今節選手代表)が迫り2周1Mを先行しますが、ここは狭い艇間をうまく差しきって2着。一度は逃げ切るも白井の見事な切り返しにやられましたが、進入から存在感は抜群だったタナシンも優出です。

 2つ目の準優勝戦11Rは枠なり3vs3から2号艇今村豊が伸びやや優勢も1号艇は平和島巧者の佐々木康幸が今村を張って回り、仕掛け遅れた今村は4着敗退。替わって17と一番遅いスタートだった3号艇井口佳典が強つけまいから佐々木と併走に持ち込みますが、これをこらえきった佐々木が1着。平和島ではベイの大魔神と化す程の強さを誇り、「ササキ様に願いを」込めた自分の期待に応えた大魔神ささ様はささぴーさまご来場のササ川ショーで見事優出を決めました。スタートぶちこめずも強気のつけまいでカバーした井口が2着。

 3つ目の準優勝戦12Rは1号艇濱野谷憲吾が平和島ムテキングの名に恥じぬ12トップスタートの速攻で楽に逃げ切り笹川賞5年連続優出となる1着
 後続はつけ回った6号艇横澤剛治と差した4号艇田村隆信の争いになり、キャビった3号艇原田幸哉も立て直して4番手航走。2Mは外ぶん回した横澤に対し田村は小回りで応戦し、HSでも併走。2周1Mも同様の展開もここは田村が優勢で、劣勢の横澤は2周2M切り返しでおっつけに行きますが田村に包まれ空振りに終わり、横澤の内に原口が入って今度は3番手が接戦。そして3周1M内から先行した原口が単独3番手に上がり、問題の3周2M(動画)。懐を空けて回る体勢の田村に対し原口は突進を敢行し、これが見事に決まって原口逆転2着。そして内を回った横澤が飛ばされた田村に並び、写真判定の末20cm差で逆転3着に。実はこの3着がものすごく重要でして、原口は不良航法で賞典除外となり横澤が繰り上がり優出。胸に輝く「エコ」(本当はD)のロゴが今もイケてる電子戦隊デンジマンのデンジグリーン緑川達也のごとく神がかった緑のパワーで優出を決めた横澤は当レースにおいても優出メンバーにおいても唯一の記念0勝レーサーですが、優勝戦でも緑のパワーでなにかしてくれるのを平和島で大いに期待します。


 緑のパワーで開催した笹川賞のトリを飾る優勝戦の枠番です。

1:濱野谷憲吾 2:佐々木康幸 3:白井英治 4:田中信一郎 5:井口佳典 6:横澤剛治

 予想はK-BATTLEのコメント欄に掲載しますが、緑の横澤中心と予告しておきます。
緑のパワーで開催。

 さて本日はG1京極賞が6月14日に迫ってる事と一攫千金の縁起をかけて、瀬戸の大魔神安岐真人元選手でお馴染み丸亀にあります骨付鳥 一鶴の横浜店で昼食を食べてきました。丸亀といえば平山智加が神奈川県民の西田靖相手に日刊スポーツカップ初優勝水神祭を挙げたのが最近の明るい話題ですね。
 骨付鳥&とりめしに舌鼓を打ってから9R発売中に平和島競艇場到着。すると右横ではTokyo bay piratesが運転する自転車タクシーベロタクシー試乗会があったので乗車。池田雷太支部長に運転してもらいました。
 ベロタク降りた直後にさん達と会ったり、9Rをスタンド3Fで見たら斜め右下階段スタンドに良2さん&ナナメさん&かじさんがやってきたのでそのまま合流したり、前出のささぴーさんと会ったり、もなみさん夫婦と合流したりと賑やかな平和島でしたが、夜は牛小屋でナナメさん一押しの新田芳美宮島日本レジャーチャンネル杯で優勝&ナナメさんが同レースの3連単85600円を的中させた目出度い宴席を店で一緒になった牛小屋仲間のカッキーさん達に山ちゃんさんも加わり、賑やかに23時頃まで。本日会ったみなさんありがとうございました。
緑のパワーだ!ベロタクシー待機中の雷太と一瀬


G1東京優駿キルトクール】

 府中市営平和島競艇では東京ダービーV5のダービー王濱野谷憲吾がポールポシジョンの1番枠ですが、府中の東京優駿ポールポシジョン1番枠は前売1番人気のディープスカイ。そして今回のキルトクールは白枠ながら2番枠のサクセスブロッケン。4戦4勝とはいえ全てダートで初芝がいきなり東京優駿というのは無謀もいいところでしょう。それなのに前売3番人気だから自信のキルトクール。
 ちなみにTCK大井競馬の東京ダービー(賞金4500万円)は6月4日です。

【エコ】茨城ゴールデン準優+緑のプリマベーラな笹川ショー【エコ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇場で場外発売中の浜名湖ボートピア岩間4周年記念茨城放送ゴールデンレース。23日から始まった6日間シリーズの5日目は18名のゴールデンレーサーが顔を揃えた準優勝戦。
 最初の準優勝戦10Rは162/345の進入から21スタートの2号艇北中元樹に抵抗した20スタートの6号艇飯山晃三がそのままつけまいに出るも15スタートの1号艇中村有裕に軽く合わされ、弾かれた飯山晃三はそのままスピンし最後方に脱落。これを避けた北中も大きくコースロスして圏外に去り、ゆうゆう独走となった中村が1着
 後続はダッシュ勢の争いになり、差した3号艇長野壮志郎と5号艇吉村正明、それに捲り差しの4号艇飯島昌弘(茨城)で接戦。2Mは内のまちゃあき海賊団長が先に回りますが、外全速戦の飯島を牽制した分懐が開き、Kasadobaypiratesまちゃあき海賊団長をずぼっと差した長野が2着。

 2つ目の準優勝戦11Rは1246/53の進入から1号艇守田俊介が4号艇福島勇樹王子(茨城)のつけまいをブロックしてのイン逃走で1着
 後続は差した6号艇村上信二が2番手も、2M内からおっつけてきた2号艇一色雅昭を村上が包んでかわす展開を突いてゆーき王子の差しが入り、2周1M内から村上を張って回った龍ヶ崎市のゆーき王子が逆転2着と茨城最後のとりでとして優出を決めました。
茨城の取手

 最後の準優勝戦12Rは枠なり3vs3からシリーズリーダーの1号艇坪井康晴が3号艇森林太のつけまいをブロックしてのイン逃走で1着
 後続は森林太に加え、差した4号艇重野哲之(今節選手代表)と6号艇田中太で接戦になりますが、2M最内から突っ込む田中太を全速握って包んだ森林太と差した重野が抜け出し、HSややリードする森林太に対し重野は2周1M突進で逆転狙いますが森林太に差して捌かれ空振りに終わった上に出口で艇がぐらっときてしまった重野は万事休す。これにより森林太が2着優出を決めました。


 (;`ω´)(´ω`)優勝賞金106万円を懸けて争う茨城ゴールデンレース優勝戦榊原銀河誕生一周年記念レースの枠番です。

1:坪井康晴 2:守田俊介 3:中村有裕 4:森林太 5:長野壮志郎 6:福島勇樹

 遠江と近江が内枠を独占しましたが、茨城ゴールデンレースとしてはやはり元祖早実ゆーき王子が緑のパワーをアピールすることに期待。ちなみに今節から場外発売を再開してが出迎える江戸川競艇場に関しては場に行ってきた土曜日の【再開です!】大魔神がお出迎え!江戸川競艇場外再開【再会です!】に書いてます。

若松かっぱ杯争奪戦優勝戦

 新緑のかっぱ杯は黄色い桜の5号艇山地正樹が黄桜ドンと前付けして152/346の進入となりますが、1号艇中尾誠が10トップスタートできっちり押し切り今年3回目・通算12回目にして若松初優勝。カドから差した3号艇君島秀三が2着に入り、大外コースながら差し伸びた6号艇石渡鉄兵が2M先取り成功で3着に入り、中川俊介と同期の江戸川鉄兵が江戸川場外再開週に緑のパワーをアピールしました。

【エコ平和島SG笹川賞開幕】

 グリーン&クリーンプロジェクトとしてエコをテーマに火力・原子力に頼らない緑のパワーで開催するエコSG。本日平和島競艇場では笹川賞エコPRサポータープリマベーラエコマジックステージショーが行われたようでして、中でも岡部まみと1987年5月27日生まれの堀内くみが選手宣誓どーじょの長田頼宗(TBPクラブ)とTokyo bay pirates大量落選を嘆く選手代表の熊谷直樹に花束を贈呈。

 さて、「エコ」といったら電子戦隊デンジマンの胸にあるロゴ(本当はDだけど)。中川翔子も注目するエコマークのパワースーツを28年前に纏ったデンジグリーン緑川達也をリスペクトするシリーズというわけですね。
 そんな緑川達也の友人フリーザこと「吹雪豪」が26話で歌った銀河ハニーは特撮史上に残る曲として語り継がれてますが、デンジピンク桃井あきらのように強くて美しい女性陣が6人揃ったオール女子戦の8Rは1号艇横西奏恵は23とスタート遅れ、08トップスタートの2号艇日高逸子が捲り。そんな目高さんの捲りに乗っかっての捲り差しで突き抜け1着になったのは銀河系のハニー・3号艇田口節子(岡山85期4050)でした。ちなみに姓は田中でなく田口なので田中節男と血縁関係はありません(動画)。
 尚、差して目高さんと2着争いを演じた5号艇寺田千恵は2Mで振り込み脱落。横ちんに不利があり、外を回った目高さんが2着でした。そして二段捲りを打った4号艇海野ゆかりは出口で振り込み選手責任転覆。転覆したうんのに6号艇永井聖美が乗り上げたことでうんのは不良航法も適用されて事実上シリーズ終了。18日にボートピア習志野壮行トークショーを行い、幼少の頃太陽戦隊サンバルカンに憧れたうんのの脱落は誠に残念なところであります。

 最後にドリーム戦は12346/5の進入となり、4号艇服部幸男先生のつけまいに1号艇松井繁が応戦する間隙を突いて捲り差しを決めた6号艇今村豊1着。正直スローの外コースでは苦しいと思って迷わずキルトクールでしたが、最後に緑のエコパワー・デンジグリーンが来ましたね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ