ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

オロナミンCカップ

鈴木茂正1100勝達成の江戸川2日目+4場の優勝戦

 江戸川サンケイスポーツ杯は本日2日目。今節選手代表・昨年11月に千葉から東京に引っ越した鈴木茂正が1号艇の第5Rで逃げ切り通算1100勝を達成。娘さんが女優鈴木理子ということでも有名なしげしげ、父の日に節目の1着ゴールを飾りました。
 めでたい事もありましたが、一方で2号艇平野和明が差して勝った11Rは2番手の1号艇大石和彦(+04)と握って3番手の3号艇長畑友輔(+01)がフライングに散る残念なレースでした。

 ここで本日のピックアップレース。「プロ野球のセパ交流戦も今日で終わりですが、江戸川競艇の全国交流戦、第33回サンケイスポーツ杯シリーズの2日目、レースは最後の一般戦第9Rを迎えています。(動画
 しげしげが6号艇で登場したこのレース、1着は差した4号艇・艇界の鷹加藤高史(埼玉)でしたが、しげしげは1M捲り差しを狙うも間を割れず後方。
 ですが2M最後に回ったしげしげの差しハンドルは2番手グループに接近し、2周1Mの小回りで単独3番手に浮上。2周2Mで前方の1号艇長溝一生の懐に潜り込んで2番手争いに持ち込もうとしますが、ここは惜しくも舳先かからず3番手のまま。3周1Mでは差し戦で舳先をかけようとしますが届かず、ラストチャンスの3周2M。ここで鋭い差しが入ったしげしげは遂に長溝に舳先をかけて完全に同体に持ち込み、決着は写真判定に。惜しくも1/4艇身差届かずの3着でしたが、もう1周あったらと思わせた懸命な追い上げでした。尚、長溝はこのレースを最後に私傷病の為帰郷しました。
江戸川周年堂々見参!!


鳴門G3企業杯オロナミンCカップ競走優勝戦

 愛され続けて44年、元気ハツラツぅ?オロナミンCの企業杯は個人的に鳴門競艇で一番好きな開催。
 シリーズのオーラスは枠なり3vs3の進入から1号艇山崎哲司が06トップスタートの速攻で1Mを先行したのに対し、1M握る構えだった3号艇高濱芳久が振り込んで責任転覆(動画)。
 こんなアクシデントもありましたが、元気ハツラツにぶっちぎった山崎哲司は鳴門3回目・通算13回目の優勝。徳島の皆様の人柄と鳴門わかめが大好きな山崎哲司は副賞のオロナミンC1ケースとSOYJOYバナナ1ケースと男性用化粧品UL・OSセットを獲得しました。
 後続は不利が一番少なかった4号艇山本浩次の差しと、転覆艇に乗り上げた事で艇の角度が変わり、幸運にも絶妙の差しハンドルになった5号艇野長瀬正孝で接戦になりましたが、2M外全速の山本浩次がHSではのながせをややリード。しかしのながせを捲りきるまでには至らず、事故艇付近内側優先の為内にいたのながせが2着。
鳴門名物オロナミンCの巨大看板


常滑レディースカップ優勝戦

 3連単643688票2連単55398票の売上があった優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇平山智加が14トップスタートの速攻で冷静に押し切り、今年2回目・通算4回目の優勝。次節は7月2日から丸亀G1京極賞ですが、その前の27日土曜日にボートピア名古屋でトークショーを行い、再び愛知県にやってきます。
 優出者インタビューで「よく、最近、あの、平山智加ちゃんと似てるって言われるんですよ。あの、顔も、顔は、まあ、あちらの方がかわいいですけど、あの、心臓というか冷静な気持ちがすごい彼女が似てると思うので。」というコメントをした4号艇寺田千恵が2着に入り、似たもの同士のワンツー。

津グランプリシリーズ第1戦優勝戦+MB大賞情報】

 シリーズ9戦+グランプリファイナル戦の全10戦行われるTSUグランプリシリーズ(特集ページ)。
 開幕戦は枠なり4vs2の進入から1号艇柳沢一が08トップタイスタートを決めて押し切り、2007年G1江戸川モーターボート大賞を含む通算15回目の優勝。08トップタイスタートの6号艇山本英志が捲り差して2着に入り、前走地江戸川本場再開記念から2節連続優出2着。
 以上の様に一枠の柳沢「一」が一着でしたが、二号艇柏野幸二は差し狙うも山本英志に叩かれて引き波にはまり6着大敗。「一」と「二」のワンツーなりませんでした。

 さて、7月11日から始まるG1津モーターボート大賞。昨日BP習志野でパンフレットを手に入れたので、初日に行われる「G1モーターボート大賞メインビジュアルコラボ企画 加藤綾選手トークイベント」を紹介します。

トークショー 7R終了後
サイン入りMB大賞ポスターが当たる抽選会 8R終了後

いつかこの舞台で輝きを放つ。加藤綾熱烈コメント


尼崎センタープール杯争奪ニッカングローリー賞競走優勝戦

 「政治経済、その先行きは実に不透明ですが、それ以上に先が見えないのが、このレースのコース争いです。史上空前の大混戦となりました、第58回ニッカングローリー賞競走優勝戦の開始です。(動画
 果たして、スタート展示は234165の並びでしたが、本番で2号艇廣瀬将亨(兵庫)と3号艇古賀繁輝がスタ展通りのコースに入ろうとしたところに、スタ展大外の5号艇冨好和幸兵庫支部長が「後先?考えてへんわ〜」とばかりに豪快に回り込んでイン水域は廣瀬とほぼ縦列状態。
 最終的に廣瀬よりも起こし位置が深い冨好支部長がインを取り切ったものの、中途半端やちゃらんぽらんといった言葉とは対照的に思い切りのいい硬派な超深イン戦になり、並びは5/23/146。
 そして、4カド進入になった1号艇・新ベイパ福島勇樹王子が09トップスタートから豪快に捲りきり、ポールポシジョンにこだわらずカドを選択した結果が吉と出て、今日と同じ4カド捲りだった5月浜名湖ボートピア岩間5周年記念茨城新聞社杯以来となる今年2回目・通算9回目の優勝。外マイで続いた4号艇林美憲が2着。

一宮毛織王冠の翌日、若松オロナミンCカップの終わりは一宮稔弘。

 昨日最終日だったきらりん☆レボリューションがマスコットキャラの一宮競輪開場59周年記念G3毛織王冠争奪戦は3番車石橋慎太郎(静岡)の捲りに乗っかって差しを決めた2番車岩津裕介(岡山)がG3初Vを決めました。
 その一宮記念を場外発売したサテライト若松と同敷地にある若松競艇場のパイナップルナイターは鳴門発祥の大塚製薬がスポンサーのオロナミンCカップが本日最終日。ちなみに本日若松競艇に来場した超力戦隊オーピンク改め笹川福娘キャラバン隊長さとう珠緒も2006年末に「大塚製薬アミノバリューコンクキャンペーンTAMAO de CONC」で大塚CM出演歴あり。

 さて、優勝戦にはG3企業杯オロナミンCカップ競走(今年は6月16日〜21日)でおなじみ大塚製薬のお膝元鳴門競艇から一宮稔弘(鳴門オロCカップは現地観戦した2007年優出2着)が毛織王冠優勝車番と同じ2番枠で乗艇。一宮舟券的中祈願で自分も事前にオロナミンCを飲んで準備万端でした。
 そして、スタート展示の153426から本番153/246と絶好の4カドを手に入れた一宮は元気ハツラツに17トップスタート。とはいえ、カド受け24スタートの3号艇冨成謙児が壁になって一宮は差し構え。
 あとは差しが決まる展開になるかどうかですが、27スタートから艇を伸ばして先行した1号艇江夏満のターンは大きく流れ、34スタートながら立て直した5号艇向所浩二の差しと19スタートだった6号艇伊達正利の捲り差しが江夏に対し効果的に入る中、2番差しの一宮は先差しの向所に舳先届き、2M切り返して突っ込んできた江夏を効果的に包んでかわしてのトップターンで単独先頭に立ち、先月の津ボート大賞に次ぐ今年2回目・通算24回目にして若松初優勝。尚、次回斡旋は20日から多摩川JLCカップで、Cカップ連続斡旋です。
 後続は2M江夏と冨成の間を割った向所が2番手、江夏と冨成を差した伊達が3番手になりますが、2周1M外に持ち出した伊達が向所を元気ハツラツに捲りきって2番手逆転。更には江夏の差しも両者に迫りますが、伊達は江夏の差しを効果的に振り切って2周2Mを先行して2着争いを制しました。


【明日から芦屋G3新鋭リーグ戦競走第5戦

 若松のおとなり芦屋で開催される新鋭リーグ第5戦、初日メインドリームレースにCatchUp!

1:今井貴士 2:新田雄史 3:篠崎元志 4:海野康志郎 5:川崎公靖 6:西山貴浩

 現級はドリメン唯一のA2ながら、来期は出場全選手中一番の勝率7.62でA1に復帰する今井がアシ夢くんの翼ばりに豪快に翼を広げたダイナミックなイン戦で逃げ切ると予想。
 尚、前検タイム1位は6.70をマークした福岡競艇地区スター青木幸太郎。モーター22号機は昨年7月の使い出しから優勝こそ0ながら6優出でモーター2連対率3位の46.8%の高実績。前回スポーツ報知杯争奪ゴールデンウィーク特選レースで使用した谷村啓司も見事優出を決めております。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ