ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

グランプリファイナル

最後のTSUグランプリファイナル

 8回目にして最後のTSUグランプリシリーズ戦グランプリファイナルグランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞は3月21日春分の日の4日目が中止順延になり、予定より1日遅れで最終日を迎えました。
 ちなみに名前が変わる理由はISUグランプリシリーズと紛らわしいからではなく賞金王シリーズ戦のニックネームと紛らわしいからです。
 また、TSUグランプリシリーズに変わる名称は津プライドラウンドで、第1戦は6月18日からの男女W優勝戦です。

 さて、最後のGPFを締めくくる優勝戦は1246/35の進入から03トップスタートの3号艇里岡右貴が絞りに行きますが、2号艇黒崎竜也(三重)が先捲りで応戦して里岡右貴は捲り差しに切り替え、1号艇桐本康臣(三重)が黒崎竜也をブロック。
 この展開に乗って4号艇山崎昭生の差しと5号艇篠原俊夫の捲り差しが入り、香川名人戦世代コンビによる先頭争いに。
 そして2M内先行した山崎昭生に対し、篠原俊夫の差しは流れてしまい、単独先頭に立った山崎昭生は通算53回目の優勝

 2番手争いはBS3番手の里岡右貴が2M6号艇間嶋仁志(三重)を行かせての差しで篠原俊夫を差しきり2番手に浮上し、HS4番手の桐本康臣が2周1M内に切り返してくるも、里岡右貴は桐本康臣を行かせて捌きつつ篠原俊夫を張って回り、一気に抜け出し2着。

総理杯2日目はグランプリファイナルを始め3場で優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2009年度のTSUグランプリシリーズを締めくくるグランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞
 4号艇熊谷直樹がリーダーを務めるトーキョーベイパイレーツのホーム平和島競艇で開催中のSG総理大臣杯2日目と同日に迎えた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇勝野竜司がクマさんの捲り差しを振り切り、通算33回目の優勝でTSUグランプリファイナルは勝野が勝つの。
 尚、デビュー初優出だった5号艇平田健之佑(三重101期4470)は混戦に競り勝ち3着に入る健闘でした。

LOVE・FM福岡なでしこカップ優勝戦

 LoveFMのタイトルが付いたオール女子戦は枠なり3vs3の進入から1号艇魚谷香織が23スタートの白魚をやらかしてしまい、ぅぉちゃんは11トップスタートの2号艇藤崎小百合(福岡)に3日目10R同様捲られてしまい白魚料理の本場で白魚料理の季節にV逸。
 しかし白魚を食いきった藤崎小百合の捲りも流れ、先頭争いは差した3号艇池田明美と4号艇日高逸子(今節選手代表)、捲り差した5号艇長嶋万記の3艇で接戦に。
 そして2M最内から先行したグレートマザーが抜け出し、福岡2回目・通算61回目の優勝
 2M外握ったながしまきが池田明美を捲りきって2着。ぅぉちゃんは最後方でしたが、2周2Mで3番手争いの3艇がもつれ合った際を突いて差しきり逆転3着。
福岡なでしこカップ

 白魚(しろうお)とは

 福岡市を流れる室見川の白魚(しろうお)漁が2月中旬に解禁され、4月中旬までの間白魚料理が解禁される今はまさに白魚の旬。
 昨年生まれた白魚は博多湾に下って成長し、2月上旬に産卵のため室見川に遡上してきます。
 室見川の上流500m〜600mの所にヤナを仕掛け、満潮にのってきたところを生け捕り。体長は5cm前後の細く透明な魚体で、その白魚を生きたまま食す躍り食いは鉢から網ですくい、うずらの卵と酢じょうゆの中に入れ、生きているうちに一緒にすすり込んで食べます。
 また、室見川の白魚(しろうお)はハゼ科の魚で、他の地域の白魚科の白魚(しらうお)とは別の魚です。



蒲郡弥生特別優勝戦+総理杯2日目】

 1980年3月16日生まれの1号艇永井源(愛知)、1968年3月15日生まれの3号艇金子順一、1982年3月17日生まれの5号艇山田雄太と奇数艇トリオが弥生生まれになった蒲郡弥生特別優勝戦。

 そして1623/45の進入から4号艇武田光史(1973年9月13日生まれ)がカド絞り捲りを決め永井ミナと金子を粉砕しますが、武田の捲りに乗って捲り差しを決めた山田ゆう太が武田を差しきり蒲郡初・通算4回目の優勝
 山田ゆう太のマザーレイク浜名湖で開催されるSG笹川賞でSG初出場予定の武田は、レースを作って弥生ワンツーを阻止した見せ場たっぷりの2着。

 SGの見せ場といえば、総理杯の3Rで1号艇横西奏恵が力強いイン戦でシリーズ初勝利を飾り、「かなちゃんには本当にかないません。と、蒲郡の名フレーズがよみがえります。(動画
 と、2007年10月G3女子リーグ第10戦夜の女王決定戦動画)の高橋貴隆アナを彷彿させるベイ吉アナのお伝えがあったとお伝えしておきます。

SGV7西島義則が津競艇で完全V達成+13日からTSUGPファイナル

ブログネタ
競艇 に参加中!
 三重支部を支えた競艇の神様倉田栄一元選手の功績(記念V35通算1着本数3088)を称えた津競艇のOver40開催倉田栄一杯争奪安濃津賞

 今節は2000年に年間SG3連覇を達成するなど、記念V22の西島義則48歳が節間8戦全勝の圧倒的な成績を残し完全Vに王手。
 そして優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇のJPエクスプレスペリカンさんが華麗なペリカンモンキーの弧を描いて押し切り、通算72回目の優勝は1997年4月丸亀城築城400年記念競走以来となる完全V。
 後続は捲り差す4号艇丸尾義孝41歳と差す3号艇岡本慎治46歳で接戦になるも、2M若さにものを言わせた丸尾君が外全速フルターンでオカモトを捲りきり、ズバリ!徳島の委員長丸尾君が2着でしょう。


 ここからは13日から始まる津競艇次節津グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞を紹介。
 TSUグランプリの最終章となるTSUグランプリファイナルは既にドリーム戦のメンバーが発表されてまして、枠番は以下の通りです。

1:丸岡正典 2:勝野竜司 3:上平真二 4:樋口亮 5:熊谷直樹 6:馬場貴也

 また、TSUグランプリファイナルでは安濃津賞の全選手よりも若いU-40の青年支部長対決があり、津行ったーもといツイッターを始めた新井亨群馬支部長をカリスマブロガー矢橋成介三重支部長が迎え撃ちます。

ノッポアナが実況した今年度最後の平和島優勝戦+津で岡祐臣初V

 「第23回関東競艇専門紙記者クラブ杯。優勝戦第12Rを迎えています。対戦6選手。1号艇東京野澤大二。2号艇徳島濱村芳宏。3号艇兵庫明石正之。4号艇群馬藤生雄人。5号艇福岡中辻崇人。6号艇高知片岡雅裕。以上6選手。(動画
 ということでノッポ島崎慎一郎アナの実況でお送りします平和島関東競艇専門紙記者クラブ杯優勝戦。ちなみに6号艇101期4459片岡雅裕23歳は今回がデビュー初優出となる未来が楽しみの新鋭選手。

 ここでちょっと脱線。1号艇野澤大二といえば、ノッポアナが実況した2つの平和島ビッグレース。先ず、2001年8月の当地G1トーキョー・ベイ・カップでは123/465の進入から「好ダッシュはインの1号艇の一瀬、さぁ!1号艇の一瀬好ダッシュからイン逃げ体勢、全速ターンに来たのは4号艇!4号艇が全速ターン野澤大二!野澤がかわした!野澤がかわしました!4号艇の野澤大二が先頭(QT動画」と、08トップスタートの1号艇一瀬明に対して11スタートの4号艇野澤大二が強つけまいを浴びせて捲りきり先頭。「G1トーキョー・ベイ・カップ開設47周年記念。先頭は4号艇東京の野澤大二。このメンバーに置きましてただ1人G1を2度制しています、4号艇の野澤大二。ここはやはり経験を生かして先頭をキープ、4号艇の野澤大二が先頭。」と、野澤以外全員記念未勝利だったメンバーで格の違いを披露した一戦。
 次いで、野澤大二の名を一躍高めた2002年3月の当地SG総理大臣杯。伝説の36号機(ベイプラザ3Fにて静態保存)を駆り予選1位の3号艇(枠番は抽選)で優出した野澤は126/345の進入から「センター好ダッシュが効いたのは3号艇東京の野澤、さぁ一気に捲っていきます1マーク!(QT動画」とカド捲りを決め、「エースモーター36号機!3号艇東京の野澤大二がSG2回目の優勝戦進出で初のSG制覇に向けて先頭快調に飛ばします。地元の人気に応えました3号艇の野澤大二最終ターンマークです。」とノッポアナの実況と場内の大歓声に迎えられてSGVを成し遂げた一戦。
 
 かようにノッポアナ実況レースと実に縁が深い野澤大二にとって2007年8月江戸川大江戸賞以来のVを懸けて絶対に負けられない一戦でありましたが、
 「ターンマーク付近。枠なり。まず1コース1号艇、地元野澤大二。続いて2コースが2号艇の濱村。3コースに入って来る3号艇の明石正之。センター4号艇の藤生。後方に引いて行きます4号艇の藤生。そして5号艇の中辻。6号艇の片岡。枠なり3vs3。このメンバー平和島の優勝経験があるのは1号艇の野澤大二だけです。優勝戦第12R、進入隊形インコースからいちばんにばんさんばん、よんばんごばんろくばんです。123/456の隊形、2秒前、1秒、スタートしました。
 インから1号艇の野澤大二まずまずのスタート。さあそのままイン逃げ体勢!1号艇の野澤だ。1号艇の野澤のイン逃げか。内側突いてきたのは5号艇!5号艇の中辻が、さあ内側から追いついて来ました!1号艇5号艇!1号艇の野澤と5号艇の中辻の先頭争い、尚スタートは正常。2マーク5号艇の中辻、更に内側からは2号艇の濱村も上がって来たぁ!差しに回った1号艇の野澤ですが届かず先頭は5号艇です!5号艇の中辻が先頭に立ちました。1号艇の野澤大二は2番手。2号艇の濱村が3番手です優勝戦第12R。

 と、逃げ込み態勢の野澤に対して空気を引き裂く中辻の捲り差しが決まってしまい、
 「2周1マーク、先頭でターンするのは5号艇の中辻です。完全に競り勝ちました5号艇の中辻が先頭、リードは5艇身から6艇身。1号艇、地元の野澤大二は2番手です。3番手に2号艇の濱村。2周2マーク、後ろを振り返って回るのは5号艇、福岡の中辻崇人です。平和島、これがー、2度目の優勝戦進出。そして、平和島は初優勝ということになりそうです。
 5号艇の中辻が先頭で最終周回に入りました。続いて1号艇の野澤大二が2番手。内側から2号艇の濱村がぐーん!と差を詰めてきていますがぁ?3周1マーク2番手をキープする1号艇の野澤大二です。バックストレッチ中央。先頭は5号艇福岡の中辻崇人。1周1マークはうまく内側を突いて競り勝ちました5号艇の中辻。2番手1号艇野澤。3番手2号艇の濱村。最終ターンマーク先頭でターン。5号艇の中辻です。そして1号艇の野澤大二は2番手。おーっとぉ!2号艇バタバタしているぞぉ!2号艇の濱村大丈夫か?3番手で最後の直線。先頭5番ゴールイン。1番ゴールイン。2番3番ゴールイン。4番6番ゴールインです。

 と、3周2Mで3番手の濱村があわやというシーンがありましたが立て直して全艇完走。優勝した中辻崇人は平和島初・今年2回目・通算19回目のVとなります。

 始まりがあれば終わりがあるように、出会いがあればまた別れもあるのです。世間では卒業、定年、引退、人事異動、番組改編が相次ぎます2008年度最終日の明日は4場開催全てが優勝戦ですね。そして、ノッポさん長い間お疲れ様でした。新天地での活躍をお祈りします。

グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞優勝戦

 2008年度のTSUグランプリファイナル戦は今年も津商工会議所杯と津市長賞と名産松阪肉 朝日屋の副賞が懸かった一戦。
 ファイナルのファイナルは4号艇原由樹夫が動いて142/356の進入になり、1号艇白井友晴と2号艇岡祐臣(三重93期4261)が共に19スタートだったのに対して原由が25とやや遅れ、そこを突いてズバッと岡祐臣の捲り差しキター!
 かつて1コースの動きがわからんから3コース苦手という発言を残した岡祐臣が苦手の3コースを克服して前走地若松G3新鋭リーグ第2戦植木通彦フェニックスカップから2節連続となる9度目の優出にして遂に初優勝。しかも大河ドラマTSUグランプリ3rdシーズン締めくくりの栄えあるグランプリファイナル戦です!
 後続は3号艇中村真が差しを狙うも原由の艇に乗り上げてしまいエンスト失格。2番手は白井埼京と捲り差す5号艇新田智彰と差す6号艇勝野竜司の3艇でBS接戦になり、2周1Mに事故艇がいる為最後の勝負所になった1周2Mを外全速の白井埼京が2着、差した新田が3着。ということでにったゆうしんの間に白井埼京が入る3連単になりました。

 さて、津西高校野球部キャプテンから競艇選手に転身した三重のVIP岡祐臣25歳は在校勝率1位6.85の優秀な成績でやまと競艇学校を卒業し、2003年11月11日の当地ブルーシーカップ初日1R(3着)でデビュー。2004年1月11日の桐生内外タイムス杯小正月レース4日目5Rで初勝利を挙げ、2007年10月時点ではA2勝負駆けというところまで成長するも、期末斡旋だった2007年10月24日の当地G3新鋭リーグ第18戦プリンスカップ2日目3Rで無念のフライング。これでF2になった岡祐臣は以降も2勝を挙げてA2勝負に望みを繋げましたが、最終日2Rで節間2本目のフライング。これで魔さかのF3になってしまった岡祐臣は約半年の休みになってしまいB2へ。しかし復帰後の2008年5月〜10月にブーンと成績を上げて勝率5.72を稼いだ岡祐臣は今期(2009年前期)自身初のA2になり、本日遂に初V達成。優勝戦実況を担当した佐竹アナのブログに水神祭の写真が掲載されてます。

【選手宣誓平尾崇典】児島SG総理大臣杯初日【選手代表森秋光】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日から児島競艇場で始まったSG総理大臣杯。自分も参加してるSG予想大会K-BATTLEも初日を迎えました。2日目はが・あこ、おつかにのNADESHIKO都築あこ(愛知)がトークショーとガァ〜コの部屋一日店長を務めますが、初日の3RはNAZOSHIKO都築正治(愛知)が1号艇を務めました。都築正治は124/563のインから6号艇森竜也の捲りに突っ張って1Mを先制しますがあっ、この展開を突いての捲り差しを入れた3号艇平田忠則に差され2着と、白星を飾ることが出来ませんでした。尚、6号艇の後半9Rはカド受け5コースから内の抵抗を受けながらも果敢に捲って3着と、得点率の方は7.00と順調な都築正治です。
 ちなみに3Rの2号艇平尾崇典はひらたただのりに捲られた内で小回り残そうとするもターンマークにボーンと激突し転覆(動画)。28ネコスタートの5号艇秋山直之が乗り上げ落水、4号艇大場敏も完走こそしたものの乗り上げて大きく置かれる結果になった結果ひらおたかのりは妨害失格と、ひら○た○のり対決は大きく明暗を分けてしまいました。
 ひらおたかのりは地元のプリンスとして選手宣誓を行い、選手代表森秋光共々スペシャルゲストの川村ゆきえから花束を貰うという役得もありましたが、レースの方は初戦にして終戦という最悪な結果に終わってしまいました。

 8Rは12354/6の進入から3号艇服部幸男先生が捲り差しで1着になりましたが、後方では3周1M出口で4番手ターンの2号艇村田修次を5号艇重成一人が差しに行ったところ両者接触して一人が責任転覆、ムラッシュがエンスト失格(動画)。

 最後に、さながら近畿地区選手権となったドリーム戦は枠なり3vs3から1号艇魚谷智之が4号艇松井繁の差しを振りきり1着

住之江のどか弥生競走優勝戦
 
 1246/35の進入から地元期待の1号艇石野貴之が14トップスタートの速攻戦で住之江7回目の優出にしてV2、通算では7回目の優勝。予選道中5戦全勝のシリーズリーダーながら準優12R2着で4号艇になった鎌田義が捲り差しで2着。

 ここで住之江競艇場内ミニFM放送終了のお知らせ。本日をもちましてミニFM放送は終了となり、「インターネット放送」内でのFM放送の配信も終了。本日は仕事なので聴けませんでしたが、出走表によると最終日は露の慎悟&常松拓支元選手のコンビでした。長い間お疲れ様でした。
 なお、4月1日(G3企業杯アサヒビールカップ初日)からは、住之江競艇場内において「公開FMアクアライブステーション」をオープンするそうです。

グランプリファイナル戦 津市長賞優勝戦

 津商工会議所杯と名産松阪肉 朝日屋の特選松阪肉を懸けて争われたTSUグランプリファイナル戦は枠なり3vs3から3号艇福田雅一が19と凹んだ展開も利して4号艇守田俊介が0台スタートの内2艇相手に一気のカド捲り。これが見事決まった守田が今年3回目・通算42回目の優勝
 後続は1M差し届かず4番手だった6号艇吉永則雄が2M一気に艇を伸ばし先行したのが功を奏し2番手争いに浮上。写真は笑顔満点、今節エンジン100点満点の5号艇桐本康臣(三重)は1M捲り差しで2番手だったものの2Mのりおに先行され、2M差した福田にも内に入られ3艇接戦に持ち込まれ苦戦。それでも桐本は2周1M福田を力技で包みきりますが、そこをのりおに差されて勝負あり。かくして守田→のりお→桐本と外枠3艇で決まった結果2連単10950円3連単39950円の波乱に。

TSUグランプリファイナルの栄冠は美艇の林に!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 G1戸田グランプリに続く弥生のグランプリ第2弾グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞(協賛/名産松阪肉 朝日屋)は自らのはつたいけんだった24日から始まりこの日が最終日。
 優勝戦ISUグランプリシリーズを模したTSUグランプリシリーズ実施前の昨年2月に行われた4日節の当地一般競走であっと言わせる6号艇イン逃げで優勝し12万舟を提供した林美憲が1号艇。その林がインから逃げの態勢を作りきって江戸川東京スポーツ杯浜名湖静岡第一テレビファイテイングアタックに続く3節連続優勝は通算30回目となる区切りのV。TSUグランプリシリーズは第4戦優出5着が最高でしたが、TSUグランプリファイナルを制してみのりあるシリーズのMVPに。
 後続は4カドから攻めた高沖健太が2コース順走の金子貴志津グランプリシリーズ第1戦覇者)を捲りきって先行。2M、2周2Mと金子を行かせての差しで2着を取り切りました。

 ところで第7戦覇者にして三重支部最強選手の井口佳典を始めTSUグランプリシリーズ全10戦中5戦4人(金子良昭がV2)が平和島SG総理大臣杯出場選手で、出れば目玉選手となった総理杯組は今回のグランプリファイナルから中1日ということで残念ながら誰も出場せず。ちなみに総理杯不参加組では第9戦覇者の池田浩二は昨日まで江戸川日本モーターボート選手会会長賞(優勝)で、第6戦覇者の吉永則雄は明日まで尼崎G3新鋭リーグ戦プリンスロード(優出2号艇)。
 そんな中、第10戦覇者にして総理杯4日目イベントにも出場した齊藤仁は総理杯組の代表?としてグランプリファイナルに出場し、結果5号艇で6着ながら優出も果たしました。

 2007年度もTSUグランプリシリーズは行われまして、第1戦は4月13日から。グランプリファイナルには鳥飼周平が出場しましたが、来月の第1戦には鳥飼眞が出場予定です。ちなみに、協賛スポンサー朝日屋の柏木静生社長は登録番号1358の元競艇選手です。
2006年TSUグランプリシリーズ全10戦の優勝者写真TSUグランプリファイナル副賞の数々


【飛び出すが勝ち!!福岡G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯優勝戦

飛び出すが勝ち!!G3福岡ソフトバンクホークス杯! いざゆけ若鷹軍団2007vsダイスキ楽天イーグルスの夜は田中将大デビュー戦として要マークんうはwうはwうはw楽天GOの一戦でしたが、楽天3vs1でリードの2回に田中を攻略して引きずり下ろし、一時は6vs3でリードするも以降もつれて7vs7の接戦となった試合の結末は背番号1の柴原洋が劇的なサヨナラ2ランで開幕戦以外は全て勝利の4連勝。試合後はチェッカルズの一員だった藤井フミヤが勝利の歌を熱唱と、福岡Yahoo!JAPANドームの夜はホークスファン大盛り上がり。

 そんな福岡ソフトバンクホークスの企業杯はパ・リーグ開幕と共に始まり、優勝戦はホークスカラーの5号艇山口博司が4コースを窺うも回り直して123/465の進入。そして1号艇山崎哲司(愛知)がイン09トップスタートの速攻戦で圧勝し、今年3回目・通算8回目の優勝。鷹のレースで竜が優勝しちゃいました。
 後続は3コース捲り差し不発で4番手も2M小回りで5コース捲りで先行する丸岡正典を捕らえた地元日高逸子が2周1M先マイ。対して捲りに出た大阪のマルちゃんは山崎の引き波を踏んでしまい、2着は目高さんの手に。

 尚、予選1位も準優12R3着敗退で優出を逃した博多のマルちゃんこと藤丸光一11R舞鶴特選1号艇でリベンジホワイトプランに臨みましたが、37とスタートドカ遅れの上に振り込んで転覆動画)とさんざんな結末でした。

 あと、2Rで4号艇鈴木猛をジャンプ台にホークスカラーの5号艇大串重幸が派手に飛び上がりまして採点10.00級の飛越を見せましたが(動画)、着順の方は加点無くただの不完走失格です。

【さあ行こう多摩川澤乃井カップ優勝戦

 東京の奥座敷、青梅市は沢井でお酒や豆腐をつくっております澤乃井のタイトル戦は1346/25の進入から2号艇重野哲之(1979年3月28日生まれ)が07トップスタートを放っての5カド絞り捲り、そして捲って捲ってトップターン!バースデーシリーズを今年3回目・通算13回目の優勝で飾り、文字通り勝利の美酒澤乃井を手に入れました。
 そして後続は笹川賞ファン投票の常連でもある讃岐の貴公子山崎昭生がカド受けで重野に捲られるも艇を外に持ち出しての捲られ二段捲りで立て直し、2Mの差しで1号艇林恵祐を抜いて2着になりました。

下関豊田町道の駅蛍街道西ノ市杯争奪オール女子戦優勝戦

 県道34号下関長門線沿いにある豊田町道の駅蛍街道西ノ市のタイトル戦は内枠2艇がスリットから圧倒。そしてイン11トップスタートの寺田千恵が2コース13スタートから張り差しの谷川里江を壁にして逃げ切り通算28回目の優勝。そのまま順走のりえが3番手以下を引き離しての2着ゴール。3着は5コースから差した定野久恵が2Mかかりの効いた好旋回でものにしており、ちえ・りえ・ひさえと「え」のトリオが上位を独占。
 テラッチの下関優勝戦1号艇といえば、G1競帝王決定戦ですが今回はその時の借りを少しは返した形になりますね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ