ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

ゲゲゲの鬼太郎

移動販売がやって来た江戸川初日+徳山G1福岡G3などの優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日からBR江戸川では関東ボートレース専門紙記者クラブ杯が始まり、開幕カードの第1Rでは艇界ヘビー級チャンピオンの1号艇田中雅文68.1kgが逃げ切り1着。

 その江戸川競艇場では昨日の記事通り日本財団による「“ミスキャンパス”がお届け!移動販売車ライブバトル@障害者就労支援」の移動販売が開催され、USTREAMでも中継されました。

 販売されたのは社会福祉法人ゆめグループ福祉会の移動販売車で販売された蒸しパンと、社会福祉法人新の会の特設テントで販売されたゲゲゲの妖怪焼き
 蒸しパンはタイミングを逃して売り切れで買えませんでしたが、妖怪焼きは買う事が出来ました。

 尚、この企画を記念して第5Rでは「障害者就労支援イベント記念競走」と銘打った冠競走が実施され、1着は人気に応え逃げ切った1号艇松村康太でした。
【東京(江戸川)】“ミスキャンパス”がお届け!移動販売車ライブバトル@障害者就労支援販売会場日本財団の移動販売車妖怪焼きぬりかべ

 ここからはレースの話。
 第6Rはやまと在校勝率1位だった静岡103期4524深谷知博を抑えて103期やまとチャンプに輝いた福岡103期4522古澤光紀(江戸川初出場)と、愛知96期14534深谷知広の師匠金子貴志と同姓同名の6号艇金子貴志が昨年12月の芦屋ボートピア金峰6周年記念最終日10R選抜戦に続いて2節3戦目の直接対決。
 ちなみに同節は2日目4R進入固定で金子貴志と深谷知博の直接対決が初めて実現した夢の開催であります。
 そんな第6Rは1号艇椎名政浩(今節選手代表)が29の一番遅いスタートながらも3号艇野村誠の捲りをこらえきって2Mを先制し1着に。
 野村誠が2着に入った椎名誠ワンツーでしたが、野村誠は適用勝率3.33で前半第2R1号艇でも4着に敗れていた事もあり全くの人気薄だった事から2連単10250円3連単1-3-6で36860円のW万舟でした。
 で、自分は出走表を最初見たとき野村誠一着二着舟券を買おうとしたけど前半の走りと展示の動きから勝率以下の足と見て野村買うの止めてしまい、椎名から偶数艇だけに流して万舟を取り損ねました。

 その第6Rは1M差しがもたついた2号艇杢野誓良(5着)と、1Mと2周1Mで杢野が壁になった格好の4号艇村越篤(6着)が人気を裏切った事で高配当になりましたが、村越は後半第10R2号艇で懐たっぷりの差しを決め1着、杢野は後半11R3号艇で思い切りのいい捲りを決め1着と両者共に汚名返上。
 しかし村越の方は勝利の代償として待機行動違反を適用されました。

 初日メイン江戸川選抜戦は1号艇木村光宏が2号艇杉山正樹の差しを振り切って1着。

 尚、林恵祐が私傷病の為に初日2走して帰郷致しました。

G1徳山クラウン争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇白井英治(今節選手代表兼選手宣誓担当)が04スタート決めて絞り込むも、03トップスタートぶち込んだ3号艇井口佳典が抵抗。
 井口は先捲りを打とうとするも1号艇池田浩二が艇を伸ばして1Mを先制し、池田浩二は5号艇田村隆信の捲り差しも振り切って単独先頭。
 トヨタクラウン争奪中日クラウンズ開催地の愛知県から参戦した池田浩二はSGV4を含む記念9回目・徳山初・通算32回目の優勝で徳山クラウンを頭に被りました。
 後続は田村隆信が2Mで井口の切り返しを包んでかわし2着。
徳山クラウンを被りTi・araTシャツを着る池田浩二

 かくして大時計故障による年末年始の開催休止を乗り越えて無事徳山クラウンは終了しましたが、徳山次節は少し間が空いて2月9日からのモーニングレース開催記念徳山DERBY CUP
 各方面で大きな話題になったG1徳山クラウン争奪戦特設サイトに登場する応援歌姫ユニット「Ti・ara」は次節以降のモーニングレース「グッドモーニング徳山」でも宣伝に登場します。
Ti・ara-DVD「Naminorhythm」

グッドモーニング徳山CM Ti・ara「Ready Steady Go!」


G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯優勝戦

勝利を祝え!福岡SBH杯 今年度の福岡ソフトバンクホークス企業杯最終日はホークスから田上秀則捕手と大隣憲司投手が来場。
 そして今日はやろうよ!!ボートレース(江戸川を除く23場で開催)の一環で恵比寿マスカッツの西野翔佐山愛も来場。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から2号艇郷原章平が01タッチスタートの踏み込みを見せて剛腕捲りを敢行し、捲り差しで続いた3号艇瓜生正義と地元同士のマッチレースに。
 2Mは瓜生が先行して郷原が差し、瓜生が僅かにリードして郷原を包み込み2周1Mを先行。
 しかし郷原が絶妙の小回りでBS瓜生に並び、2周2M内から郷原が瓜生を張って抜け出し、剛腕郷原は昨年末の前回当地歳末特選レースに続く福岡V6・通算12回目の優勝

 ちなみに郷原章平と言えば元テレビ東京「喝!リベンジナイト」のリベギャルだった片岡未来の夫としても知られますが、SBH杯の表彰式ではテレビ東京「おねマス」の恵比寿マスカッツが郷原を祝福しました。


丸亀市議会議長杯争奪男女W優勝戦最終日

 11R女子優勝戦は123/465の進入から1号艇山川美由紀(香川)が押し切り、今節女子の部選手代表だったみゆきは前走地尼崎アクアコンシェルジュ杯争奪福娘選抜に続く今年2回目・丸亀9回目・通算63回目の優勝
 後続は2号艇高橋淳美が無理つけまいを打った展開にも恵まれて差し抜けた3号艇谷川里江が2着。

 ちなみに若松みゆきと化して3節連続Vを狙うみゆきを筆頭に優勝戦の内枠4人は2月1日から若松ナイトクイーンカップに出場予定ですが、なんと若松が特設サイトを開設。それも、徳山に刺激されたと思われる二次元路線です。
若松ナイトクイーンカップポスター

 12R男子優勝戦は枠なり5vs1の進入から1号艇倉谷和信が11トップスタートの速攻で押し切り、通算38回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇市川哲也が2番手でしたが、外マイから内に切り返した3号艇渡邊哲也を2M行かせて捌こうとするも捌ききれず、市川哲也は渡邊哲也に艇が接触するも艇を並べられずに後退。
 代わって2番手争いに浮上したのは1M差しから2M小回りの5号艇藤丸光一で、内の利で2周1Mを先行。
 ですが渡邊哲也は行かせて捌き、2周2M藤丸が内切り返して再度先行するも渡邊哲也はここも差しきり、2着を取り切りました。

児島日刊スポーツ杯優勝戦

 工藤浩伸アナが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇烏野賢太が14トップスタートの速攻で押し切り、2009年12月丸亀ていゆうニュースアダムスキーカップ争奪男女W優勝戦以来となる通算73回目の優勝
 後続は2号艇北川幸典が無理つけまいを打った展開にも恵まれて差し届いた3号艇吉田健太郎が2M北川を張って回り2着。

4艇FのG2秩父宮妃記念優勝戦+今日は2選手が完全V

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ゴキゲンの殿堂びわこボートで2ヶ月連続開催中の第54回結核予防事業協賛G2秩父宮妃記念杯は心まで春に染まる芝桜も見頃な本日が最終日。

 優勝戦は現在A2の1号艇森竜也(三重)が2008年4月ローリーアタック以来のVと来年のSG総理大臣杯の出場権を懸けた一戦。
 しかし枠なり3vs3の進入から森竜也は05スタートも3号艇桐本康臣(三重)が審議対象のスタート攻撃から森竜也をレッドアロー捲りで叩ききり、水の上では先輩も後輩もない秩父セメントマッチ。
 その展開に乗って4号艇瓜生正義が捲り差しで突き抜け先頭に立ち、2番手は捲り差しで続いた6号艇西川真人(滋賀)。
 ですが、「3番、4番、5番、6番。フライング除外!キンコンキンコンキンコン!(動画
 ということで先頭のウリ坊(+01)も結果的にレースを壊した切り本(+01)も2番手の地元西川(+06)も二段捲り流れた5号艇大澤普司(+05)の4艇がフライングに散り、ゴキゲンの殿堂は一転フキゲンの殿堂に。
 これにより、11のタイミングながら相対的に凹みスタートだった2号艇濱野谷憲吾が4番手あたりの位置ながらも森竜也を差しきっており、パレオエクスプレスカラーのカポックに身を包んだ濱野谷は繰り上がりで今年2回目・通算54回目にしてびわこ初優勝
 表彰式(動画)で触れられてますが、これで濱野谷が優勝未経験の場は児島・唐津・大村だけになりました。

 さて、今年度の秩父宮妃記念は前年度の第53回と違い、アメとムチの開催要綱一部改正が適用されています。
 アメの部分は、優勝者にSG総理大臣杯の権利が与えられることと優出者にSGオーシャンカップのポイントが与えられること。これに伴い、ファンファーレも前年度の一般戦ファンファーレからG1ファンファーレに変わりました。
 ムチの部分は、優勝戦および準優勝戦におけるフライング罰則規定の適用で、一般戦と同じ扱いだった前年度までは単なるフライングでしたが、今年度からは優勝戦フライングでF休み明け後6ヶ月G1とG2の選出除外になり、準優勝戦フライングでF休み明け後3ヶ月G1とG2の選出除外になりました。
 ということでF2持ちになってSGオーシャンカップとSGモーターボート記念の権利も棒に振ってしまったウリ坊を筆頭にA2の西川も含む4人はF明け後半年間G1とG2に出られなくなってしまいました。
 一方、東都のエース濱野谷はこのVでSG総理大臣杯の権利を獲得と、恵まれながらも価値あるVに。来年の総理杯開催地は準地元の埼玉県戸田ボートレース場なだけに濱野谷の当確は総理杯を盛り上げる材料になりそう。

 尚、秩父宮妃記念の売り上げ目標は媒体訪問で40億円と公開されてましたが、節間総売上は優勝戦3連単不成立の大返還ながらも42億1343万7400円を記録し、目標を突破しました。
【週刊競艇スタート事故増刊号】2010.04.25びわこ競艇12R

西武鉄道レッドアローちちぶ号C58 363が牽引する秩父鉄道パレオエクスプレス秩父の芝桜は今が見頃の西武宴


丸亀G3女子リーグ戦競走第2戦優勝戦

 完全Vにリーチの1号艇平山智加共同選手宣誓担当)を筆頭に、2号艇平高奈菜(共同選手宣誓担当)、3号艇野田祥子(今節選手代表)と、準優1着選手が全員地元選手になったまるがめ女子リーグ。
 そんな地元断然ムードの中、レースは上位独占させじと6号艇三浦永理が派手に動いて16/2/345と、完全V狙うひらぽんに試練の進入隊形に。
 スタートは3コースの平高が08トップスタートでしたが、深インのひらぽんは15の一番遅いスタートながらあっさり伸び返す抜群の機力で押し切り、丸亀2回目・通算V6にして自身初の完全優勝達成。差し順走の三浦が2着。

 ちなみにひらぽんの次節は平高と共に28日から再びまるがめで安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞
 夫福田雅一や野田祥子の夫坂本誠治らの男子選手と一緒に走ります。

【競艇】2010丸亀女子リーグ優勝戦全部盛り


三国うづき第2戦優勝戦

 1号艇中島孝平(福井)に2008年9月桐生G1赤城雷神杯以来の完全Vが懸かった一戦は枠なり3vs3の進入から中島が2号艇岡本慎治のつけまいを難なくブロックして押し切り、通算25回目・三国8回目の優勝で見事完全V達成。
 後続は差した3号艇別府昌樹と捲り差した5号艇角谷健吾で接戦になり、内の別府が2M先行するも流れ、節間オール3連対のケンゴが別府と2番差しの4号艇大場敏を行かせて差しきり単独2番手に。
 別府は2周1Mの外全速戦と2周2Mの差しで迫るも、ケンゴは3周1M別府を包みきって振り切り2着確保。

多摩川日刊スポーツ賞優勝戦

 1号艇山崎智也を始めとする豪華メンバーになった事で優出者インタビュー(動画)が記念並みの大入りになったらしい多摩川是政夢劇場。

 しかし艇界の貴公子山崎智也はレース本番、枠なり3vs3のインで23とスタート後手を踏んでしまい、15トップスタートの2号艇重野哲之に抵抗及ばず捲られた山崎智也は2008年3月住之江梅の香ほんのり競走以来のVならず。
 先頭の方は、マラソンマン重野が捲った展開を突いて差した3号艇寺田千恵と4号艇横澤剛治で接戦になり、2番差しの横澤がテラッチに舳先届き2Mトップターンで単独先頭に立ち、前走地児島デイリースポーツ杯に続く今年3回目・多摩川初・通算26回目の優勝
 レースを作ったマラソンマン重野は2M山崎智也を行かせて捌き、さらにはテラッチにも差し届いて2周1Mテラッチに先行。テラッチは差し返すもののマラソンマンは2周2M包んでかわし、なおも追いすがるテラッチを3周1M外全速戦でふりきって2着を取り切り静岡ワンツー完成。

 「10年に一回あるかないかぐらいの仕上がりのエンジン」と自らの足をワーストクラスと評してた横澤剛治なだけに、この優勝には信じられないという面持ち(表彰式は動画の6分15秒過ぎから)。

常滑スプリングカップ優勝戦

 2日目5R6号艇2着以外オール1着の快進撃でA1維持へ目途を付けた金子良昭が1号艇のスプリングカップは枠なり3vs3のインから金子良昭が06トップスタート。
 しかし2号艇川村正輝(福井支部)が29とスタートドカ凹みで金子良昭は壁無しになり、09スタートの3号艇石田政吾(福井支部)が捲り差しで金子良昭を捕らえきり、前走地丸亀四国・九州アイランドリーグ杯に続く今年5回目・通算54回目の優勝

鳴門ヤクルト杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入からツバメ返しならぬ強つけまいを成功させた3号艇佐々木康幸が通算34回目の優勝
 先月の2009年度秩父宮妃記念で優出したのが記憶に新しい2010年度津ッ輝ー隊長の6号艇岡祐臣が差して2着に入り、かつて労働組合が無い事で知られたヤクルトのタイトル戦は三六競艇で決着。

宮島デイリースポーツ杯争奪春花賞優勝戦

 125/364の進入から11トップスタートの1号艇佐藤大介が2号艇今坂勝広のつけまいをガッツで弾き、3号艇岩井繁(広島)と4号艇齋藤和政の捲り差しを辛くも振り切り、通算27回目の優勝。王者岩井繁が2M齋藤に先行して2着。

下関山口新聞社杯争奪快速王決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇川上剛91期たけし軍団長が06トップスタート決めて捲りに行くも、一番遅い13スタートながら快速仕立てで伸び返した1号艇坪井康晴がたけし軍団長をブロックして1Mを先制。
 つボイは4号艇吉岡政浩の捲り差しも難なく振り切ってつボインカ帝国を成立させ、今節最速タイムの1.45.9でゴールして通算34回目の優勝

江戸川東京中日スポーツ杯2日目

 昨年度でレギュラー実況を引退した前江戸川実況担当のヤッターマン田中伸明アナが平和島報知杯2日目で臨時復帰(さあ行こう12R動画)した今日は江戸川も2日目。

 兵庫支部94期コンビの小坂尚哉第10R4号艇、稲田浩二11R2号艇で共に差してシリーズ初1着になった2日目は、初代やまとチャンプの兵庫88期4105松下直也第7Rで果敢に捲りを決めてシリーズ初1着。

 その松下なお也は昨年6月富士通カップ以来の江戸川出場ですが、水木しげる妖怪ワールドがプレミアムラウンジ「遊」で常設展示されている江戸川競艇場では富士通カップから数ヶ月後に堤防スタンドでゲゲゲの鬼太郎遊歩道妖怪道五十三次が常設展示されるようになりました。
ゲゲゲの鬼太郎遊歩道妖怪道五十三次妖怪道五十三次について展示を終えてピットに帰る松下なお也
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ