ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

ゴールデンウィーク

ボート界のゴールデンウィーク最終日は10場のGW開催+1場が優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 4月24日から4月29日にかけて開催された若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走(選手持ちプロペラ開催)を皮切りに24場で開催された特別斡旋のゴールデンウィーク開催。

 今月に入って5月2日の住之江2012ラピートカップ、3日の宮島サンケイスポーツ若葉賞、4日の多摩川さつき杯びわこ滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップ、5日の丸亀安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞芦屋スポーツ報知杯争奪ゴールデンウィーク特選、6日の桐生上毛新聞社杯戸田ウインビーカップ東京中日スポーツ杯蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦唐津ゴールデンウィーク特選、7日の江戸川ゴールデンカップ常滑中日スポーツ杯争奪チャンピオン大会大村GW特選レースの順で最終日を迎えました。

 そして今日の10場で全てのゴールデンウィーク開催が終了。

徳山日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 内枠2つを遠征勢が占めた徳山GW開催優勝戦は枠なり3vs3の進入ながら1号艇吉田弘文(福岡)が2号艇西島義則(福岡在住広島支部)にプレッシャーをかけられた結果やや深めのイン進入に。
 それでも吉田弘文はイン先制を果たしますが、差して追走するペリカンさんが2Mで艇を伸ばし押っつけ気味に先行。
 このターンが見事に決まり、内から合わせられた吉田弘文は流れてしまい、単独先頭に立ったペリカンさんは今年2回目・通算78回目の優勝
 節間ヤマトとナカシマのペラを使い分けたペリカンさんが最後はヤマトペラで優勝をもぎとりました。

 後続は1M2番差しで3番手の4号艇寺田祥(防府市)が2Mで2番手に上がりますが、1M外マイ流れて4番手の3号艇今村豊(美祢市)が2周1M内に潜り込んでの小回りで寺田♂との差を詰め、吉田弘文も2周1M外全速握って寺田♂との差を詰め2番手争いが接戦に。
 2周2Mは最内の今村豊が先行するも寺田♂が行かせて捌き2番手を守りますが、2周2M2番差しの吉田弘文が3周1M最内から先行し、外包もうとした寺田♂は包みきれずに後退。
 そして間隙を突いた今村豊が2艇を差しきり2番手に浮上し、3周2M吉田弘文の差しを振り切って2着に入り、遠征勢のワンツーを阻止すると共に2010年4月の当地G1競艇名人戦ワンツー完成。
幾多の名勝負を魅せたあの頃の輝き、再燐。


津スポーツニッポンパール賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇井口佳典(85期4024)が12トップスタートをぶち込む速攻を決め、正月の前回当地伊勢新聞社新春レースに続く今年2回目・津16回目・通算42回目の優勝

 後続は外握った3号艇高沖健太(85期4049)が2番手を航走し、38ドカ凹みスタートも小回り差しで立て直した4号艇黒崎竜也を2M行かせて捌き銀河系ワンツー完成。

平和島京急電鉄社長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山本英志が押し切り、平和島2回目・通算9回目の優勝
 差し順走の2号艇福島勇樹が2着。

 これだけだと平穏なレースですが、実は外握って3番手争いの3号艇内山文典と、内山が壁になって最後方だった4号艇乙津康志の2人が共に+01のフライングに散った波乱のレースでした。

浜名湖浜松市長杯争奪戦やらまいかカップ優勝戦

 (;`ω´)6人全員がSG笹川賞特設サイト)出場予定選手になったオール静岡支部開催浜松市長杯やらまいか優勝戦は枠なり3vs3の進入から2号艇菊地孝平(浜松市)が04トップスタートを決めて2コース捲り敢行も1号艇服部幸男(浜松市)が必死に抵抗して1Mを先制。

 しかし服部先生も激しい抵抗の代償で大きく流れ、差し抜け単独先頭の4号艇坪井康晴(湖西市)が前走地三国うづき第2戦に続く今年4回目・浜名湖7回目・通算41回目の優勝

 後続は差し続く5号艇重野哲之(掛川市)が2番手争いでやや優位に立ち、服部先生と6号艇笠原亮(浜松市)の追撃を2周1M→2周2Mと外全速包んで振り切り、4人の浜松市民を相手に非浜松市民がワンツー。

三国湯の花賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇萩原秀人(5月9日生まれ)と捲り差す4号艇中島孝平が艇をぶつけ合うトップ争いになり、2Mは舳先ねじ込んだ中島孝平が先行。
 しかし中島孝平のターンは流れ、萩原秀人が行かせて捌ききりましたが、ここで1M捲り差し追走で3番手だった5号艇中辻博訓が鋭い2番差しを決めて萩原秀人を差しきり逆転先頭。
 ですが萩原秀人も2周1Mで差し返して主導権を奪い返し2周2Mを先行。
 しかし中辻博訓は差し返して再度主導権を奪い返し3周1M先行抜け出しで決着を付け、今年2回目・三国初・通算13回目の優勝

尼崎報知金杯争奪六甲賞競走優勝戦

 尼崎黄金週間開催報知金杯六甲賞競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇金子龍介が押し切り、地元尼崎2節連続出場の金龍はその前走ミニボートピア鳥取開設1周年記念鳥取市長杯争奪しゃんしゃん祭特別競走に続く今年3回目・尼崎V6・通算35回目の優勝
 2着には差した報知グリーンの六号艇廣瀬将亨が入り、2連単2750円2連複2940円3連単164で12450円のヒモ荒れ配当に。

鳴門日本モーターボート選手会会長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇佐々木和伸が01タッチスタートの速攻で3号艇林美憲の捲りを受け止めて押し切り、2009年12月の当地なると金時杯競走以来となる通算11回目・鳴門4回目の優勝をかなえました。
 2着は林美憲、3艇接戦の3着争いは最終3周2M外握った6号艇眞田英二が競り勝ちました。

児島鷲羽杯優勝戦

 オール岡山支部開催の優勝戦は枠なり4vs2の進入から2号艇茅原悠紀が差しきり先頭も1号艇平尾崇典が2M差し返し、それとほぼ同時に茅原ゆうきは艇が浮いて振り込んでしまい選手責任転覆。
 これにより先頭独走となった平尾崇典は正月の前回当地岡山県モーターボート選手権大会に続く児島11回目・今年3回目・通算53回目の優勝

 後続は差した5号艇寺田千恵と捲り差した6号艇井川大作が接戦も2M先行したテラッチは茅原ゆうきを避けて急減速、差した井川大作が2着に。

下関日本スポーツエージェントカップ争奪男女W優勝戦競艇の日大賞最終日

 競艇の父笹川良一会長生誕記念日の5月4日を競艇の日に制定した下関のGW開催は昨今のBOATRACE化もあってかHP上に表立ってレース名を表記してませんでしたが、出走表には競艇の日大賞と記載されてました。
 制定されてる記念日なので簡単には名称変更しない方がいいと思います。

 さて、地元と福岡が3人ずつ優出した男子の11R優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇白井英治が押し切り、今年3回目・下関7回目・通算53回目の優勝
 差した4号艇原田篤志が2着に入り、ここは地元ワンツー。


 女子の12R優勝戦は枠なり3vs3の進入から2号艇片岡恵里が差しを決め、2008年1月津グランプリシリーズ第10戦(女子)以来となる通算2回目の優勝

 後続は1号艇向井美鈴が2番手でしたが、差し続く6号艇池田明美(静岡)に2M突進されて後退。
 この展開を突いたのは1M捲り差しで3番手グループにいた5号艇平山智加(香川)で、2M2艇を差しきり逆転2着。

福岡どんたく特選レース優勝戦

 オール福岡支部開催を勝ち上がったどんたく6の戦いは125/346の進入から3号艇篠崎仁志(福岡市東区)が捲りに行きますが、1号艇前田将太(福岡県糟屋郡)が抵抗して1M先マイ。
 しかし前田将太もターンが流れ、展開突いて捲り差した4号艇枝尾賢(福岡市東区)が先頭に立ち、小回り差しで内粘る2号艇岡崎恭裕(福岡市博多区)を振り切り、今年2回目・福岡2回目・通算7回目の優勝
 2番手の岡崎に対し5号艇日高逸子(福岡市中央区)がHS内から迫ってきますが2周1M岡崎は包みきって2着を取り切りました。

 以上、10場のゴールデンウィーク開催でした。

住之江ゴールデンレース優勝戦

 本日11場の優勝戦中、唯一非特別斡旋の一般開催だったゴールデンレースは枠なり3vs3の進入から1号艇石川真二(福岡在住愛知支部)が目の覚めるような01ドッキリスタートの速攻を決め、昨年1月の前回当地スポニチ杯争奪住之江選手権競走に続く住之江4回目・今年3回目・通算55回目の優勝

 後続は外握った3号艇上平真二と差した4号艇古場輝義(富山在住大阪支部)で接戦になり、2Mは内の古場輝義が先行しますが上平真二が差しきり、古場輝義の追撃を振り切り真二ワンツー完成。


 さて、今節住之江ゴールデンレースは江戸川開催休止中の各場代替開催として2008年度に企業杯級斡旋メンバーで開催されたゴールデンレースと同一名称で、住之江では2008年10月に日刊スポーツ杯争奪ブルースターカップゴールデンレースとして開催。

 そんな住之江ゴールデンレースでは5月6日にゴールデンスター篠崎元志(芦屋GW開催優勝)のトークショーが行われました。

江戸川GW開催初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日から始まった江戸川の6日間ノンタイトル東日本大震災被災地支援競走は単なるノンタイトル東日本大震災被災地支援競走ではなく、地元選手を中心に呼んだゴールデンウィーク特別斡旋メンバーで優勝賞金も特別斡旋開催扱いの100万円、番組も2個準優制で、本来東日本大震災被災地支援競走ゴールデンカップになるところをレース名自粛でノンタイトルになったとはいえ、中身はGW開催のままなので通常の開催とは一線を画してます。

 そんな江戸川GW開催初日の出来事。
 全員がF無しだった第2Rは1号艇秋山昌宏が4号艇大池佑来の捲りを受け止めて先制するも、差しきった2号艇大橋庸志が先頭。
 秋山が2番手、3番手は大池と差した5号艇寺本昇平で内外分かれて接戦でしたが、スタート判定の結果先頭の大橋庸志(+03)を筆頭に3号艇森作雄大(+08)、大池佑来(+01)、6号艇佐藤大佑(+05)の4艇がフライング返還欠場。
 この結果、09スタートの秋山昌宏と05スタートの寺本昇平のみが生き残り、2連単と単勝以外が不成立になりました。

 第7Rは今節優勝候補の4号艇高橋勲が捲りきって先頭も、高橋勲は+01のフライング返還欠場に散ってしまい、期末にF2となってしまいました。

 全員がF1持ちだった11Rは3号艇前田光昭が捲って先頭も、前田太尊は+01のフライング返還欠場に散ってしまい、タイソンも期末にF2となってしまいました。

 初日メイン江戸川選抜戦は4号艇山本英志が絞りに行き、それを受けた3号艇山田竜一(今節選手代表)が先捲りで1号艇石渡鉄兵を捲りきり、山本英志は山田竜と江戸川鉄兵の間を割り、2号艇高橋勲と5号艇作間章は差しで挑みBSは先頭争い4艇接戦。
 2Mは高橋勲が最内のマーサク選手を包んで先制しますが、先行2艇と山本英志の間を割った山田竜が高橋勲を差しきって1着。
 前半Fの高橋勲が2着に入った事で、2連単は6480円3連単3-2-5は24920円の高配当になりました。

多摩川さつき杯初日

 江戸川でも6日間併用発売される多摩川GW名物開催はオール東京支部戦。
 初日メインファン選抜ドリーム戦は枠なり3vs3の進入から09スタートの1号艇濱野谷憲吾が1M先制もターン掛からずやや膨れた所に、05トップスタートを決めていた6号艇山田哲也の捲り差しが突き刺さり、そのまま突き抜け1着。
 2番手の濱野谷に対して2号艇中野次郎と4号艇飯山泰の差しが迫り、中野の差しが濱野谷に届いた所で迎えた2Mは中野が飯山やすしを包んで先行し、濱野谷は飯山やすしを行かせての差しで中野と同体に。
 2周1Mは内の濱野谷と外の中野が並んで握り合いますが、2周2Mで内の濱野谷がすんなり先行したのに対し外の中野は飯山やすしを行かせての差しになり、中野は出口で艇が浮いた分差し届かず濱野谷が2着に。
 更に3周1Mで中野は外に持ち出そうとした際にもたついてしまい、そこを差した飯山やすしが逆転3番手に上がり、3周2M中野の外全速戦をこらえきって3着に。

下関山口新聞社杯争奪快速王決定戦優勝戦

 前走地徳山日刊スポーツ杯争奪戦に続いて優勝戦1号艇になった地元江本真治(今節選手代表)が33度目の正直で2002年2月津一般競走以来のVにチャレンジする快速王決定戦。
 しかし135/246のイン進入から20スタートだった江本は08トップスタートの2号艇末永祐輝(山口)に捲られてしまい、今回も優勝はお預けに。
 対照的に捲りきった末永ゆうきは誕生日の昨年9月29日に初優出初優勝を決めた当地西京波者結成1周年記念以来の優出でまたも優勝を飾り、通算2優出2優勝と、まさに持ってる男Yuki.S。
 2着は差した5号艇中岡正彦、3着は捲り差した4号艇渡辺浩司が入りました。

 尚、今節最速タイムを記録した快速王最速タイム賞は川原正明に与えられ、本日10R選抜戦3号艇で1.45.7を記録しました。

ゴールデンウィーク最終日は10場で優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日でゴールデンウィークも終わり、ボートのGW開催の方も10場が優勝戦。
 とはいえ、まだGW開催を迎えてない場もあり、びわこの滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップは明日6日から、江戸川の富士通フロンテック杯は週末の8日からGW開催に入ります。
 ちなみに江戸川のモーターは6月4日のKTCカップから減音型になり、標準型モーターのエキゾーストノートが奏でる江戸川キャビテーションミュージックは23日からの日本モーターボート選手会会長賞で聴き納め。これにより、標準型モーターの場は宮島と唐津だけになります。

 と、前置きを書いたところで10場の優勝戦を場コード順に紹介。

桐生上毛新聞社杯優勝戦

 7日間のロングランシリーズ上毛新聞社杯は枠なり3vs3の進入から1号艇毒島誠が3号艇山崎智也の攻めをブロックして押し切り、今年の新鋭チャンプブス島は今年2回目・通算14回目の優勝で明後日の結婚式に臨みます。

 後続は差した5号艇藤生雄人が2番手優位に運ぶも、内に切り返した山崎が2Mを先行。
 藤生は山崎と6号艇進藤侑を行かせての差しで2番手キープを図りますが、外の山崎が2周1M藤生をあっさり捲りきって逆転2着。

浜名湖浜松市長杯争奪戦やらまいかカップ優勝戦

 7日間のロングランシリーズは枠なり3vs3の進入から1号艇服部幸男が1Mを先制して押し切り、通算76回目の優勝で、ベストを尽くすいい男の服部先生は昨年からのやらまいかカップ連覇達成。

 後続は6号艇横澤剛治が捲り差しで2番手につけるも、内伸び返してきた4号艇杉山正樹(愛知)が2Mを先行。
 横澤は杉山正樹を行かせて捌くも、1M捲り差し不発から2M2番差しの3号艇金子良昭が横澤に迫り、2周1Mやらまいかアタックしてきた金子をアッと包んだ横澤に対し杉山正樹が差して再接近。
 杉山正樹の愛知味噌テクニックの前に横澤は舳先掛けられそうになるも、なんとか締め切って2周2Mを先に回り、外全速握ってきた杉山正樹の攻めもこらえきって2着。

蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦優勝戦

 GW開催にしては短い5日間シリーズは初日ドリーム戦4号艇2着以外全て1着で準完全Vに王手の1号艇赤岩善生が枠なり3vs3のインから2号艇柳沢一の差しを振り切って逃げ切り、今年4回目・蒲郡12回目・通算47回目の優勝
 ドリーム戦で赤岩に土を付けた柳沢が2着に入り、2連単190円3連単1-2-3が490円の大本命決着。

 蒲郡次節は11日から竹島シリーズ第2弾G1オールジャパン竹島特別ですが、赤岩と柳沢はオールジャパンにも引き続き出場予定です。
蒲郡は、55年間ずっとオールジャパンを応援しています。


常滑中日スポーツ杯争奪チャンピオン大会優勝戦

 7日間シリーズのチャンピオン大会は126/345の進入から1号艇池田浩二が11トップスタートも2号艇仲口博崇が池田を差しきり、今年2回目・通算48回目の優勝昨年からのチャンピオン大会連覇。
 池田は2番差しの3号艇作野恒を2M行かせて捌き2着。

津スポーツニッポンパール賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇桐本康臣(三重85期4043)が押し切り、今年2回目・津3回目・通算12回目の優勝は通算500勝目の1着ゴール。
 つけ回った4号艇井口佳典(三重85期4024)が2着に入り、三重銀河系ワンツー完成。

WILD 3 RACERS その桐本と井口も出場予定のG1つつじ賞王座決定戦は6月12日からですが、この度そのポスターが出来上がってました。
 「WILD 3 RACERS 地元では負けられない!」と題されたポスターでは、井口佳典と新田雄史坂口周がプロペラを持ってかっこよくポーズを決めております。


三国湯の花賞優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇川村正輝が先行体勢も川村は出口で艇が浮いて流れ、鋭く斬り込んで川村を差しきった2号艇・三国連続出場の中島孝平が前節の当地うづき第2戦(完全V)に続く今年2回目・三国9回目・通算26回目の優勝昨年からの湯の花賞連覇。川村は2着でした。

宮島サンケイスポーツ若葉賞優勝戦

 サンスポ大阪発刊55周年記念の7日間シリーズ若葉賞は1234/65の進入から1号艇山口剛が豪快なインモンキーで3号艇角浜修の攻めをブロックして押し切り、今年の総理杯男は今年2回目・宮島3回目・通算15回目の優勝

 後続は6号艇山地正樹(岡山)が4号艇山崎裕司に抵抗されながらも捲り差しを決め、2Mで内の2号艇辻栄蔵を行かせて捌き2着。
 尚、2M出口で山崎裕司が振り込んで選手責任転覆。角浜もあわやの場面でしたが、かろうじて巻き添え転覆を免れ完走しました。

徳山日本モーターボート選手会会長杯西京覇者決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入からダッシュ勢がスタート優勢で、4号艇海野康志郎(山口市)が絞り捲りを敢行も1号艇原田篤志(下松市)が激しく抵抗してうんのこーしろーを飛ばしきったものの、この展開を突いて5号艇木場雄二郎(周南市)と6号艇榮田将彦(下関市)の捲り差しが。
 そして、外から来た榮田を受け止めきった木場が単独先頭に立ち、90期4158木場雄二郎は2008年8月の当地デイリースポーツ杯お盆特選レース以来となる3度目の優出にしてデビュー初優勝を達成。

 榮田は内伸び返してきた原田を2M行かせて捌くも、内小回りの2号艇寺田祥(防府市)に艇を合わせられてしまい、両者ほとんど同体の状態から寺田♂が2周1M内から先行して逆転2着。

福岡どんたく特選レース優勝戦

 枠なりオールスローの進入から1号艇今井貴士が先行するもやや膨れ、そこを差しきった4号艇瓜生正義が2M今井の全速戦を振り切り、今年3回目・通算40回目・福岡は今年3連続となる8回目の優勝でどんたく特選初V。

大村スポニチ杯GW特選レース優勝戦

 優勝賞金100万円を懸けたGW特選はちょっと短めの5日間開催で、今節選手代表の1号艇落合敬一が枠なり3vs3のインから09トップスタートの速攻で押し切り、大村18回目・通算42回目の優勝

 後続は捲り差した4号艇真庭明志が5号艇中嶋誠一郎の捲り差しを受け止めて2番手も、2M中嶋が真庭を捲りに行き、捲られた真庭は引き波にはまって失速。
 しかし中嶋の捲りは消波装置まで大きく流れてしまい2艇共倒れに終わり、1Mもたついて後方5番手だった2号艇津留浩一郎が2M3艇まとめて差しきり逆転2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ