ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

ゴールデンカップ

江戸川ゴールデンカップ初日は10Rで全艇フライング

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川のゴールデンウィーク開催ゴールデンカップ(今節選手代表川名稔)は、こどもの日5月5日から10日までの6日間開催。

 5月5日5Rでは冠協賛レース「鈴木まりや生誕記念」が行われ、2号艇若林将が1号艇西舘健を差しきり先頭も、捲り差して3番手の5号艇田上晋六がBS伸びきって2M手前で先頭に届き、2M小回りで先行した田上晋六が若林将の外全速戦と西舘健の差しを振り切って1着。
 かくして、AKB48とSNH48を兼任する鈴木まりや(1991年4月29日生まれ)の生誕記念競走は1962年5月4日生まれの5号艇田上晋六が制しました。

 その田上晋六が3号艇で再登場した10Rは田上晋六が1号艇赤羽克也(埼玉)に抵抗されながらも捲りきり、展開突いて捲り差した4号艇川口貴久が先行。
 しかしスタート判定の結果、田上晋六と川口貴久と5号艇池田雷太と6号艇野村誠(群馬)の4人が+10、Katsuya.AKaBaが+09、2号艇奥平拓也が+05のフライングゲットで全艇Fによりレース不成立(返還額891万9200円)。
 ちなみに全艇Fは昨年7月15日ボートレース津名誉執行委員長鳥羽一郎杯争奪戦3日目6R以来で、江戸川での全艇Fは2000年7月15日一般競走3日目2R以来でしたが、津の全艇Fには赤羽克也の兄赤羽大樹がいました。

 また、2Rでは1号艇館野友良(栃木在住群馬支部)がイン速攻で先頭も+04のフライング返還欠場になりました。
ピットに引き上げる6選手

 最後に、メインの江戸川選抜戦は4号艇若林将が捲りに行き、1号艇高橋勲は捲りをこらえきったものの3号艇折下寛法が高橋勲を差しきり1着。

 後続は差した5号艇伯母芳恒が艇を伸ばして先行し、外握った高橋勲は包みきれずに流れ、2艇を差しきった若林将が2番手優位に立ちますが、2周1Mは内に切り返した高橋勲が先行。
 若林将は行かせて捌ききりますが、2周2Mも高橋勲が内に切り返して先行。
 若林将はここも行かせて捌ききりますが、3周1Mも高橋勲が内に切り返して先行。
 ここで高橋勲が艇を合わせきる事に成功し、外で食らいつく若林将を3周2Mで突き放して逆転2着。
ゴールデンカップ開催中


若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から捲り差した3号艇篠崎元志が1号艇原田富士男(今節選手代表)を捕らえて先頭に立ちますが、捲り差して3番手の5号艇西山貴浩が2M篠崎元志に押っつけ、篠崎元志は包んでかわしきったものの懐が開き、2艇を差しきった原田富士男が逆転先頭。
 篠崎元志は2周1M差し返して巻き返し狙うも届かず、原田富士男は若松4回目・通算42回目の優勝

5年ぶりの江戸川ゴールデンカップ初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日から2013年前期適用勝率の集計期間が始まり、江戸川では新プロペラ制度の初開催ゴールデンカップが開幕。

 ちなみに昨年は震災の影響でノンタイトルの東日本大震災被災地支援競走にレース名が変更され、2010年は特別斡旋開催賞金のレースが開催(地元選手中心の斡旋だった同時期の富士通フロンテック杯は通常賞金)されず、2009年と2008年は護岸工事による開催休止期間と重なってた為に2007年以来5年ぶりとなるゴールデンカップです。

 今節の主力陣は石渡鉄兵作間章若林将の師弟トリオを筆頭に千葉の選手が中心で、テレボート会員を対象にした勝舟情報メルマガ会員限定クイズの問題も「石渡+作間+若林=何勝するか?クイズ」と師弟トリオを大々的にPRしてます。

 そして、江戸川選抜戦はその3人と千葉在住の大西源喜、千葉出身の鈴木茂正東京支部長が選出され、台東区出身の福来剛以外は千葉在住もしくは千葉出身の選手で占められました。
 レースは1号艇江戸川鉄兵が3号艇マーサク選手の捲りを受け止めて1着になり、マーサク選手も2着に入って師弟ワンツー完成。
Gカップ展望サイト開設中の江戸川HP


尼崎ミニボートピア鳥取開設1周年記念鳥取市長杯争奪しゃんしゃん祭特別競走優勝戦

 トリンドル県トリンドル市ならぬ鳥取県鳥取市に昨年4月オープンしたミニボートピア鳥取の開設記念は鳥取市お盆の名物祭「しゃんしゃん祭」(今年は8月11日-15日)の名を冠した5日間開催。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇金子龍介が12トップスタートの速攻を決め、今年2回目・尼崎5回目・通算34回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇海野康志郎が2番差しの4号艇林祐介を2M全速包みきって振り切り2着。

江戸川Gカップは横澤が今年初V&濱野谷が今世紀初の多摩川V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6日間の長丁場を勝ち上がってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。第11回目となる江戸川競艇のゴールデンカップ優勝戦は当地V2と2001年7月多摩川東京中日スポーツ賞以来久々のVを狙います1号艇宮内由紀英を2号艇横澤剛治が差して2Mを先制。宮内も差し返して食らいつきますが舳先をかけるまでには至らず横澤が2周1Mを先行して抜け出し、あとは軽快に勝利のカーブを描いていき優勝のゴール。
 1月の江戸川新春金盃を含む今年12優出目(全選手中最多)にしてやっとこさ今年の初優勝を果たしました。江戸川ではデビュー初優勝だった2001年11月日本財団会長杯を含むV3、通算ではV18となります。
 先頭争いの後方では全速握りマイを放っていきました5号艇石田章央が3番手航走。2周1Mで隠れてこっそり6号艇田中豪にぶつけられて艇が浮きますが持ち堪えて3着を守りました。

 第1R寺島和典63.2kgが3着争いの3周2Mで転覆したり6本の万舟(一覧)が飛び出したりした最終日の一般戦ですが、最終日限定で齋藤篤多羅尾達之が追加されました。そんなゴールデンカップは2008年2月〜2009年5月の堤防工事で来年と再来年は行われなさそう。たぶん第12回のゴールデンカップは2010年だと思います。
今年2度目の江戸川で今年の初優勝を果たした横澤


【さあ行こう多摩川さつき杯優勝戦

 7日間の長丁場を勝ち上がってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。第14回目となる多摩川競艇のさつき杯優勝戦は是政の申し子にして東京ベイスター村田修次が1号艇でさつき杯V2を狙うイン戦でしたが、ベイスターブルーの4号艇は静岡の大魔神佐々木康幸(多摩川5連続優出)が強気の捲り戦。この捲りにムッシュムラムラッシュ激しく抵抗した展開を突いて東都の大エースは5号艇濱野谷憲吾が5コース捲り差しぃ!これがケンゴスペシャル!という巧みなハンドルワークで突き抜けまして
これが東都の大エース。これがムテキング。濱野谷憲吾!動画)」

 と、今年4回目多摩川5回目通算46回目の優勝。多摩川は通算V5ですが、今世紀は完全に鬼門となっていた水面。事実さつき杯初Vとなった今回がなんと1999年9月G1ダイヤモンドカップ(アグレッシブなQT動画)以来約7年8ヶ月ぶりの多摩川Vでした。表彰式では3月の平和島SG総理大臣杯に続いて優木まおみの祝福を受けています。
 後続は東京ベイスターズ主砲だけど東京ベイパイレーツではないムラッシュが佐々木を是政駅方向に飛ばしつつも踏ん張り、2Mぶんぶん回しての先制ターンで2着。村田修「」ならぬ村田修「次」でくしくも2005年の第12回多摩川さつき杯と同じ枠順で逆の着順になりましたね。

 ちなみにさつき杯の多摩川ではワースト機の濱野谷を始めモーター勝率下位の選手が優出上位を独占(2着ムラッシュ44位3着鈴木博43位)した格好になりました。

【土曜競馬キルトクール】

 G3新潟大賞典のキルトクールはダンスインザモア。喉鳴り持ちで2000mの距離は長い上に、成績からも右回り向きな感じ。ここは自信のキルトクール。

 G2京都新聞杯のキルトクールは白い1番枠のホワイトマズル産駒クレスコワールド。折り合いに難のある馬で2200mの距離は微妙。枠も最内ですから包まれて終わりと見ます。

 それにしても、本日行われた園田G2兵庫チャンピオンシップを勝ったフェラーリピサ白井寿昭厩舎)は強いですね。スタート出遅れから向正面一気の追い上げで先頭に追いつくと、最後は粘るヤマカツブライアンを3馬身切り捨てました(動画)。鞍上の岩田康誠も古巣に錦を飾れましたし、まさに白井最強。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ