ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

チャレカ

坪井康晴、まあメイドGPに続きチャレカでもつボイン帝国を成立。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 2年連続浜名湖競艇で開催された賞金王へのチャレンジカップ、初日には競艇王CCの略称にふさわしく260CCはるな愛も来場したSG競艇王チャレンジカップ
 6日間のドリームジャーニーを締めくくる優勝戦丸山裕樹&森やよい結婚おめでとう記念!は枠なり3vs3の進入隊形から1号艇坪井康晴(決定戦当確)がつボイン帝国を成立させて先頭。11トップスタートの6号艇吉川元浩(決定戦当確)が6コースながら差し伸びて2番手につけ、決定戦自力当確には2着以上が欲しい5号艇赤岩善生は差して3番手、同じく2着以上が欲しい4号艇田中信一郎は3号艇笠原亮(シリーズ15位内5着勝負駆け)が壁になって捲り差せずの4番手。2Mはつボイが先頭でターンし、吉川が2番手でクリア。そして3クシィ笠原が押っつけ気味に3番手旋回も赤岩とタナシンは行かせて捌いて順位変わらず。
 (;`ω´)動きがあったのは2周2Mで、先頭のつボイが風にハンドルを取られて艇が浮き、懐カパッと開いたところに吉川の差しが。先頭独走一転、たまげたピンチになりましたが、なんとか吉川を締め切って先頭を守ったつボイが9月の常滑G1マーメイドグランプリに続く記念V5でSGは2006年の当地SGグランドチャンピオン決定戦以来2つ目となる通算28回目の優勝。2007年度下関G1競帝王決定戦覇者の競てい王吉川元浩へのチャレンジ成功です。
 (;`ω´)つボイは記念V5に加え、2005年びわこG2秩父宮妃記念杯に2007年大村G2競艇祭と、G2V2の実績があります。また、愛知につボイン帝国を成立させたまあメイドGPでは副賞にを貰って文字通りつボイリうな二朗に成ったつボイには今回、CC最終日のゲストで来場したゴージャスCC叶美香から祝福の接吻を貰いました。ゴージャスといえば叶美香を生で見たことはないですが、11月9日に多摩川競艇場で生の松野京吾は見ました。

 レースに戻ると、2周2Mでは賞金王決定戦の行方を決める3番手にも動きがあり、タナシンが格下の赤岩に押っつけて3番手逆転を果たし3着入線を決めましたが、タナシンより約200万獲得賞金が多い赤岩を5着以下に沈めるまでには至らず、決定戦最後の椅子は赤岩のものに。
 ちなみに今年の赤岩は5月日本財団会長旗争奪住之江王冠競走(優勝賞金150万円)のV1で、次点のタナシンは住之江G1高松宮記念特別競走(優勝賞金650万円)のV1で、14位の中島孝平は完全Vを飾った9月桐生G1赤城雷神杯(優勝賞金750万円)を含むV3。


 これにより、住之江で開催されるSG賞金王決定戦初日は以下の番組になりそう。

 初日11R
1:坪井康晴 2:今垣光太郎 3:井口佳典 4:濱野谷憲吾 5:白井英治 6:魚谷智之
 初日12R
1:松井繁 2:吉川元浩 3:湯川浩司 4:瓜生正義 5:丸岡正典 6:赤岩善生


 決定戦初日の2日前から始まる賞金王シリーズ戦のドリーム戦は以下の番組になりそう。

1:田中信一郎 2:中島孝平 3:笠原亮 4:寺田祥 5:原田幸哉 6:菊地孝平

 さて、静岡朝日テレビで放送されたらしいチャレンジカップも終わり、賞金王決定戦を前に12月4日からはいよいよ下関G1競帝王決定戦。競てい王チャレンジカップ優出組からはタナシン、赤岩、笠原が競てい王決定戦に駒を進めます。尚、つボイはG1津モーターボート大賞に斡旋されて津ボイになっております。
勝利のカギは!?

【てるあきSG水神祭】浜名湖SG競艇王CC2日目【タナシン帰郷】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日浜名湖競艇場来場して偉大なる宣伝活動を行った高田総統(+アン・ジョー司令長官島田二等兵)がその後の記者取材で「来年ここでハッスルをやるよ!」と来年浜名湖でハッスルの試合を提供する事を宣言。さすがは大村G1競艇名人戦来場実績がある青春のエスペランサ高田延彦の親友ですね。
 そんな訳で2年連続で浜名湖開催となる来年のチャレンジカップ(そして再来年は浜名湖賞金王へ)が早くも楽しみになってきたわけですが、賞金王決定戦開催チャレンジ第1弾となる今年のSG競艇王チャレンジカップは2日目の競走水面。

 4Rは1号艇の59期3282池本輝明がイン07トップスタートからの速攻でSG初1着。同期3285の艇王植木通彦引退後にSGデビューを飾った遅咲きの池本が齢40にして水神祭の祝福を受けております。尚、本日このレース4号艇1回乗りだった2007年度競帝王吉川元浩は4カド2番差し狙いも、2コース順走2着だった2号艇三嶌誠司の引き波をまともに踏んでしまう失敗でまさかの6着大敗を喫しています。

 スタート展示は125436だった6R365日ありがとうにチャレンジ!!は1号艇井口佳典がピット後手を踏んでしまい、回り込んでイン主張の構えも井口の内に3号艇木村光宏が艇をねじこんでイン奪取(待機行動違反)。かくして31/24/56となった進入隊形から絶好の3コース進入となった2号艇森秋光がかなり際どいスタートから捲り先制。しかし森は判定の結果+01のフライングで、2段捲りから2番手追走の5号艇西村勝1着。人気薄のまちゃるたんが勝った事で、F返還があるにもかかわらず2連単5-6が6150円3連単5-6-3が30870円の波乱です。

 健康増進の為にヤクルトを飲んでこのエントリーを書いてる自分ですが、8Rヤクルトで健康増進にチャレンジは5号艇西島義則がインを奪って512/634の進入からスワローズ色の4号艇山崎哲司が大外ひと捲りで美ターン!と一気に5ハイを飲み込んで1着。若いツバメの勢いにはペリカンさんも2着に残すのが精一杯でした。

 4号艇田中信一郎練習中に落水して一時意識を失い、負傷帰郷となった為5艇立てになった9R夢にチャレンジ!新東通信ハッスルレースは元WWE戦士TAJIRIと共にコラボプロモーション媒体回りをした1号艇平石和男がイン戦でハッスルしきってシリーズ初1着。「25日ハッスルマニア、TAJIRI選手の勝利を信じて、今節は「ハッスル、ハッスル」で行きたいと思います。応援ヨロシク。」との公約を新東通信ハッスルレースで実現できてよかったですね。それに対して負傷帰郷のタナシンは賞金王こそ当確も、当地前節競艇王チャレンジカップ前哨戦!遠鉄アタック田中伸二に続く浜名湖タナシン連続優勝の夢が消えてしまいました。
 ちなみにハッスル・マニア2007のカードが未だ決まってないTAJIRIは明日のハッスル・ハウスvol.31天龍源一郎とタッグを組んでアン・ジョー司令長官&モンスター・ボノ組と対戦。そこでハッスルマニアに向け何らかのアクションが起こるでしょうね。

 2日目メインレースSGタイトルホルダー戦あなたも激辛鍋にチャレンジは1号艇山崎智也が3号艇今村豊の3コース捲り差しを振りきってシリーズ初1着。今村豊は2着で、当地前節チャレカ前哨戦遠鉄アタックで7戦6勝だった今村暢孝程の勢いでは無いものの3走22点と順調に得点を積み重ねています。

 最後に、参加中のK-BATTLE競艇王チャレンジカップ予想大会『ダブル優勝へチャレンジ!』も3日目。コメント欄に予想を書くだけで誰でも参加できるこの大会、ルールはこちらです。

江戸川日本財団会長杯2日目

 永瀬巧が登録票不携帯の為前検不合格になった優勝賞金114万円の6日間シリーズは2日目。第5Rが始まりました。ここまで2戦共に大外進入だった4号艇近藤友宝が枠を主張して通常の枠なり3vs3になったレースはデビュー初の4コース戦だった近藤が25とやや凹み、5号艇芝田浩治が一気に捲って1着。後続は捲り差した6号艇清水敦揮が2号艇大西源喜を差しきって2番手で、差された大西は3番手。大西は逆転狙って切り返し、2M清水の内に潜り込み小回りを狙いますが、「お〜っと、大西転覆だ。(動画」ということでゴロンとひっくり返った大西は選手責任転覆となってしまいました。

桐生日本モーターボート選手会会長杯争奪戦競走優勝戦

 今年最後となるアクアンNight開催の優勝戦は142/356の進入から3号艇別府正幸が絞り捲りで勝負所各メンバー殺到の1Mを制そうとしますが、この展開を突いて捲り差しを決めた5号艇瀬尾達也が別府を捕らえ、2Mを軽快に先取りした瀬尾に対し別府はもたつき、ここで独走となって通算46回目の優勝。1M差しで3番手追走から2M小回りの6号艇清水攻二が別府のもたつきにより逆転で2着を手にしています。尚、別府は2周1Mで清水を差そうとしますが引き波を踏んで流れ、1号艇富永正人にも抜かれ4着に終わっています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ