ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

デイリースポーツ

平和島DS4日目+全国11場お盆開催優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島競艇お盆開催デイリースポーツサマーカップは予選最終日の4日目。本日は片岡未来司会のデイリースポーツ記者予想会が9〜11Rにかけて行われ、デイリー記者は10Rのチルト角度を聞き逃して進入を読み違えながらも3つのレース全てを的中させ、10数分後の未来を予言する事に成功。それにしても、本日は5646人の入場で昨日と同じくらいの入りだったのに、気温が昨日より10℃以上低かったせいか13時から先着3000名様に配られる赤城雷神乳業ガリガリ君のはけが悪く、昨日は14時チョイ過ぎには無くなってたのに今日は15時近くまで残ってました。

 そんな本日は2Rで4号艇二瓶徹5Rで3号艇村田修次と6号艇長岡茂一10Rで4号艇作間章12Rでムラッシュがチルト+3度に跳ね上げてます。
 その中から最初に紹介する5Rは2516/43とチルトサンドのモイチがなんとカド受けスローの4コース。助走距離の短いスロー起こしでしたが、モイチはつけまい一発決めて1着。尚、1周目のBSで5号艇高橋二朗の舳先が2号艇長谷川充に接触して高橋二朗が転覆するアクシデント(動画)。
 次に紹介する10Rはシリーズオール2連対の4号艇さくまあきらがあっと驚くチルトサンド。スタート展示の123564から本番で6号艇岩谷真が枠を主張して123/546の進入。7Rで3カド進入を敢行した5号艇中谷有希がここは4カドになり、チルトサンドのさくまあきらは中谷に引っ掛かった分仕掛け遅れ、捲り差しを狙いに行くも1号艇モイチと2号艇川口貴久の間を割れず外マイに。モイチ、川口に続く3番手航走となりましたが、2周1Mの差しで川口を抜いて2着。オール2連対はキープしたものの、7Rと12Rで連勝した濱野谷憲吾の得点率は上回れず予選2位通過です。
 尚、イン逃げ成功で本日連勝となったモイチは勝利者インタビュー(動画)で「トレジャーゲット×です」とネタをかまし、直前の9Rを3コースつけまいで勝った野澤大二のトレジャーゲット×勝利者インタビュー(動画)を引き継ぎました。
デイリー記者が十数分後の未来を占います


戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯優勝戦

 北京五輪では北島康介が2つの金メダルを獲得しましたが、埼京五輪戸田ボート大賞では北嶋興アナ率いる実況集団KNDYの二宮淳一アナが2日目まで及び最終日の半分と3日目から5日目の全レースを実況。尚、初日と最終日のもう半分が堂前英男アナ、2日目の半分が吉原完アナです。
 そんなオール埼玉支部夏の大会優勝戦は1号艇池上裕次(川口市)が1M先行も流れ、2号艇西村勝(さいたま市)と5号艇飯島昌弘(茨城県稲敷郡阿見町)の差しと4号艇滝沢芳行(さいたま市)の捲り差しが。そして、まちゃるが2M先行体勢もターン流れ、タッキーを牽制しながら内に切れ込んだ飯島昌弘がまちゃるの内に潜り込み、2周1M内有利に先行した飯島昌弘が今年3回目・戸田3回目・通算25回目の優勝

徳山デイリースポーツ杯お盆特選レース優勝戦

 12日から今日まで戸田ボート大賞、13日から16日まで川口オート(優勝戦不成立)、15日から18日まで伊勢崎オートがある中、徳山今節は福岡3場から参戦の吉野尚美アナが実況。
 さて、遠征勢が主力を占めた優勝戦は周南市民の3号艇木場雄二郎(90期4158)が地元から唯一乗艇を決めたものの、メンバー中唯一のB級且つメンバー中唯一優勝未経験なので遠征勢断然有利の状態。
 そしてレース本番は5号艇森高一真が3コースに入って125/3/46の進入から格下の木場が87と大きく凹み、実質5艇立てになったレースは1号艇市川哲也(広島)が10トップスタートもターン流れ、市川を差しきった2号艇山地正樹(岡山)がSGウィナーのテチャーンを堂々従え今年3回目・通算11回目にして、デビュー初1着の徳山では初優勝

 ここで、優勝戦こそ空気でしたがオール遠征番組を阻止した木場が通算2度目の優出を決めた10R準優勝戦を紹介。枠なり3vs3から3号艇山室展弘さんが絞り捲りに行くも絞り過ぎから窮屈な旋回になってターン膨れ、4号艇下田哲也が捲り差しに行くも、立て直して1号艇森脇徹(岩国市)を叩いて回った2号艇寺田千恵(防府市出身福岡育ち岡山在住)が外の下田と接触。玉突き式に山室さんも接触し、山室さんと下田が責任外転覆(動画)。そして2艇を飛ばしたテラッチと差した木場の争いになり、2M先行した木場が1着、不良航法適用を免れたテラッチが2着で優出し地元唯一の優出を果たしたのでした。

多摩川ボートピア大郷開設記念大郷葉月杯優勝戦

 多摩川競艇今シリーズはボートピア大郷開設記念、第10回の大郷葉月杯。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。2005年10月江戸川報知新聞社杯以来の優勝を目指す1号艇・今節選手代表鈴木茂正東京副支部長が3号艇柳田英明のつけまいを飛ばしてイン逃げ体勢も、2号艇関口智久(埼玉支部)の差しと5号艇折下寛法の捲り差しが入り、しげしげは3番手。2Mでしげしげは関口・折下・2番差しの4号艇田中豪を行かせて折下と田中豪を差しきるも、関口には届かず2着まで。副支部長にして選手代表TOKYOマル旬レーサーズVol.14で就任記念の特集を組まれたしげしげの優勝は次回にお預けとなりました。
 さて、優勝を飾った関口は通算V6のうち多摩川が3回という多摩川巧者にして「ありがとうございました!」を始めとする受け答えが非常にさわやかな好漢で、表彰式(レース&表彰式動画)ではプレゼンターの浜崎慶美から花束と副賞の牛タンを贈呈されただけでなく、「当たりました!ありがとうございます!」と感謝の声も貰ってます。それに対する返答は「自分じゃ一等で自分買えなかったんで。とりあえず、冷静に差してよかったです。」と控え目な返事でした。

桐生報知新聞社杯お盆レース優勝戦

 3億2181万3600円を売った4日目には突然の雷雨による大幅な遅延で一般戦12R(売上6504万2600円)の締切が21時を過ぎてしまった赤城雷神のお膝元開催。
 今節は報知新聞社杯なので副賞にジャビットのぬいぐるみが懸かった優勝戦は4号艇山崎智也が大外に出されて123/564の進入から内2艇が11トップタイでスリット抜け出し、1号艇秋山直之が闘魂込めたイン戦で前走地多摩川夕刊フジ杯に続く今年3回目・通算26回目の優勝昨年に続くお盆レース連覇達成。順走の2号艇江口晃生が2着。

蒲郡納涼しぶきお盆特別選抜戦優勝戦

 王者松井繁が当地記念初Vを飾ったSGオーシャンカップから約半月、蒲郡お盆レースは1246/35の進入から2号艇久間繁55歳が03トップスタートからぐいっと強烈なる行き足でクマくり一撃決め、「調整・整備手腕の、そのクマにメーカー機が渡ればモーターが出ないわけがありません。強烈な行き足を武器に畳みかけるようにガンガン攻め込む。これぞクマの真骨頂!競艇の醍醐味だ。一撃の魅力を存分にファンに味わわせまして2号艇の久間繁、実に4年ぶりという優勝であります(動画)。」ということで2004年7月戸田キリンビールカップ関東日刊紙競艇記者クラブ杯以来となる通算37回目の優勝
 熊谷直樹も出場したG1江戸川大賞IN蒲郡から1ヶ月が過ぎましたが、江戸川大賞に出場した石渡鉄兵&さくまあきらの同門であります千葉の新鋭若林将(96期4335)が捲り差しで2着。

常滑名鉄杯争奪納涼お盆レース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩二が押し切り、当地3月G1マーメイドグランプリ以来となる通算23回目の優勝。順走の2号艇赤岩善生が2着。1M捲り差し不発も、2M差して3番手争いに加わった3号艇原田幸哉が3着で2連単230円3連単430円の1番人気決着。

 ここで来月18日から開催されるG1マーメイドグランプリの紹介。今節優勝した前年度覇者池田こそF休みで不在も、赤岩と原口の2着3着コンビはもちろん出場予定。また、まあメイドGPから常滑競艇でもチルト+3度が解禁されますが、それに合わせて阿波勝哉の斡旋も入ってます。 そして、シリーズ4日目の9月21日日曜日には夏目ナナが来場。10時からトークショーをするだけでなく、11Rと12Rの勝利者プレゼンターとして2M側特設ステージに登場し、更には「夏目ナナの常滑競艇場ジャック〜観戦ツアー参加者募集中!〜」ということで20〜30歳までの学生含む競艇初心者20名様に、夏目ナナと一緒にピット見学や初心者教室に参加できる特典があります。締切は9月4日必着となっております。

福岡お盆特選レース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇瓜生正義が押し切り、初日ドリームレース1号艇3着と人気を裏切った以外は全て1着のウリ坊が今年5回目・通算33回目の優勝。ドリームレースを勝った勢いで節間オール3連対の2号艇出畑孝典(広島在住福岡支部)が順走で2着。

 ここでウリ坊も出場するるG1福岡チャンピオンカップの紹介。来月12日から始まる福岡チャンピオンカップですが、ロバートがイメージキャラクターを務める特設サイトが公開されています。ちなみにロバートは最終日の9月17日火曜日に来場して表彰式プレゼンターも務めます。

津中京スポーツ三重テレビ納涼しぶき杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇井口佳典が10トップスタートぶちこむ速攻で今年V6・通算27回目・そして津では10回目の優勝。津V10と区切りのVを達成したせいか、表彰式では北島康介ばりにチョー気持ちいいを連発しました。
 2着には順走の2号艇坂口周が入りましたが、宇治山田商業高校陸上部出身の坂口周にとって1年後輩の野口みずきが肉離れで北京オリンピックを欠場したのは相当ショックだったのではないでしょうか。

大村日本財団会長杯お盆特選レース優勝戦

 お盆賞金に日本財団会長賞を加えた優勝賞金134万2000円の5日間シリーズは枠なり3vs3から1号艇落合敬一(大村市)が通算38回目・大村17回目の優勝。順走の2号艇吉田一郎(大村市)が2着に入り、2番差しの3号艇津留浩一郎(大村市)が3着に入り、2連単220円3連単510円の1番人気決着。
 落合は今年正月の当地九州スポーツ杯新春特選レース以来今年2回目の優勝ですが、昨年8月27日の当地なんちゃってお盆開催九州スポーツ杯真夏の王者決定戦(優勝賞金84万2000円)に続くお盆扱い開催連覇です。

浜名湖中日スポーツ後援湖西市開催44周年記念黒潮杯優勝戦

 オール静岡支部の頂上決戦は15/2/346の進入隊形から3号艇菊地孝平(浜松市82期3960)が03トップスタートからカド捲りを決め、前走地芦屋G1全日本王座決定戦に続く今年4回目・通算24回目の優勝。外マイで続いた4号艇横澤剛治(浜松市82期3956)が2着に入り、捲られた1号艇坪井康晴(新居町82期3959)が3着に入る静岡82期三羽烏のワンツースリー。

芦屋九スポ杯争奪オール九州選抜優勝戦

 スタート展示では2号艇川上剛(91期たけし軍団長)がインを奪うも、本番ではスタ展2コース66スタートだった1号艇白水勝也が枠を主張し進入は枠なり3vs3。そして、しっかり逃げた白水は順走のたけし軍団長を引き連れて通算22回目の優勝

 白水といえば来月4日からの平和島イーバンク銀行杯に出場予定ですが、本日は白水の優勝を祝って平和島帰りに牛小屋でモツ煮込みをつまみに白水を飲んできました。

8日間を費やした4日間シリーズの江戸川競艇無事終了。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 先週の火曜日から始まりました江戸川競艇は第32回のデイリースポーツ杯。6日間の長丁場のはずでしたが、延びに延びて2日の順延と2日の中止を挟みましての4日間シリーズ、激しい攻防戦を競り勝ってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出して来ました。江戸川の優勝戦第12Rを迎えております。エンジンパワー上々、1号艇吉田健太郎が17トップスタートからのイン速攻を決めまして優勝、通算V6となりました。
 後続はカド差しで追走する4号艇小畑実成に対し、今シリーズいい線を出しましたデビュー初優出の5号艇は96期4351里岡右貴21歳が小畑の上を捲り差し。里岡は2Mフルターンで小畑を振りきりデビュー初の優勝戦を2着ゴールで締めました。

 江戸川競艇次節は明後日13日からG3モーターボート大賞トライアル。A1は後藤浩中辻博訓正木聖賢吉田俊彦杉山正樹山口剛松村康太の7名が参戦予定。ですが、個人的に一番の注目は松井賢治岩井繁の王者対決です。

【さあ行こう多摩川スポーツニッポン賞優勝戦

 いよいよファイナル、優勝戦の12Rが始まりました。デビュー初優勝へ視界は良好の1号艇桑原啓でしたが、イン08トップスタートで逃げ切りを図る桑原に対し、多摩川5連続優出中の4号艇松本勝也が多摩川常連選手の貫禄で4カドから差しを入れぐいぐいぐいっと桑原を捕らえて2Mを先に回り、多摩川4回目、通算22回目の優勝。70期3564桑原啓37歳、19度目の優勝戦チャレンジは涙の2着でした。

 多摩川次節は19日からいよいよG1ウェイキーカップ。今年はレース名でもある艇王植木通彦元選手が最終日に来場し、優勝者を祝います。そんな植木杯の特設サイトでは青い不死鳥ウェイキーくんが場内を案内する癒し系動画「ウェイキーと行く多摩川ツアーズ!」が公開されてます。見てない方はウェイキーくんを見て癒されましょう。蝶ネクタイのウェイキーくんが舟券を買ったり牛炊を食べたりしてかわいらしいのです。

丸亀デイリースポーツカップ優勝戦

 デイリースポーツカップはシリーズ1走目の初日9R3着以降は9連勝で泳いできた児島の競艇プリンス平尾崇典(岡山78期3822)が1号艇で圧倒的な支持を集めましたが、4カドに引いた2号艇細川明人(岡山78期3834)が捲り差しで突き抜け、平目は2番手。おまけに平目はスタート審議の結果+05のフライングで売上のほとんどを返還。9連勝の平目は最後の最後で縁側に退場です。
 同県同期の平目を差しきったアギトは通算9度目の優勝、2コース01タッチスタートから小回りで残し2M捌いた3号艇織田猛が2着。

徳山マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 マンスリーKYOTEIのタイトル戦はインからしっかり09トップスタートを決めた1号艇山崎義明埼玉支部長が通算999回目の1着ゴールで徳山初となる通算29回目の優勝。4カドから角度を付けて差した3号艇山口裕二が2着。
 表彰式の山崎義明は埼玉支部長らしい所を見せ、併用場外桐生G1赤城雷神杯準優9R1号艇乗艇の須藤博倫にエールを送り、その結果須藤は見事1着優勝戦ギャンブル王争奪!競艇予想大会対象レース)2号艇乗艇を決めています。

 徳山次節は21日からカシオペアリーグ。魚座の須藤隆雄がデビュー初優勝を飾った8月のカシオペアリーグ第1戦は魚座、獅子座、山羊座でしたが、21日からの第2戦は天秤座、牡牛座、牡羊座限定の戦いです。

大村KTNテレビ長崎杯優勝戦

 KTNテレビ長崎のタイトルが懸かった4日間準優制シリーズは、今節NHK福岡放送局の密着取材が入った1号艇日高逸子がイン19トップスタートを放ち、男子5人を相手に見事な圧勝劇で大村8回目、通算53回目の優勝。4カド差しから2M捌いた4号艇勝野竜司が2着。
 ちなみに今回目高さんを密着取材したNHK福岡放送局の番組は福岡にんげん交差点で、10月5日19時30分〜19時55分の放送予定で、グレートマザーが福岡県のお茶の間に競艇を幅広くアピールします。優勝という結果に、本人はもちろんの事番組スタッフも大喜びでしょうね。
 尚、この日は目高さんも出場する平和島SG全日本選手権の3日目です。福岡のファンは昼SG、夜ドキュメンタリーで目高さんを1日2度も楽しめますね。

【明日は桐生G1赤城雷神杯優勝戦

 徳山のところで前出ですが、明日はギャンブル王争奪!競艇予想大会対象レースであるG1赤城雷神杯の優勝戦。83期コンビが内をがっちり固めましたね。

1:秋山直之 2:須藤博倫 3:江口晃生 4:魚谷智之 5:齊藤寛人 6:中村有裕

 秋山にゃんがお魚くわえたドラ猫になって阿左美沼を逃げ回り地元G1を獲得!するはず。それにしても、山おとこ尽くしの準優10Rは秋山にゃんが頭だったにもかかわらず、全くの人気薄だった壁おとこが来てヒモ大波乱でしたね。

江戸川競艇は本日から9日までデイリースポーツ杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 お待たせいたしました。江戸川競艇今シリーズは第32回デイリースポーツ杯。今日から9日までの6日間のロングランシリーズです。開幕レースを迎えています。初日のトップレース第1Rの対戦の6選手の登場です。
 06トップスタートを見せました2号艇松本秀樹にいいダッシュが付いて捲りに行きますが波に引っ掛かってしまい、捲り差しで松本の懐を突いた3号艇野末昌男1着でゴールイン。
 そして松本のもたつきに後続がもつれ合ってしまい、松本に乗り上げた5号艇横井健太と、横井を飛び越えた1号艇中元浩司は大きく遅れをとってしまいました。2艇とも航走を再開いたしますがスピードが乗らず、「先頭…1番の中元が5着でゴールインです。(動画」と、仲本工事はボートを破損しながらも完走を果たしたものの、エンストからの再始動空しく横井は時間切れ失格でした。そして2着入線の松本には不良航法が適用されました。

 人機一体となった各レーサーによりアグレッシブなレースが相次いでいます水面上です。さあファンファーレが鳴り渡りました第8Rを迎えております。1号艇の牧原崇が華麗なる弧を描くインモンキーで1着になりましたが、不良航法(動画)を適用されています。おそらくマイシロを取りすぎたからでしょう。
 尚、このレース41スタートで4着だった4号艇小島幸弘G1江戸川大賞覇者湯川浩司の師匠)は3号艇の前半第3Rも41スタートで4着でした。

 デイリースポーツ杯のタイトルを懸けまして今日から始まりました江戸川競艇。各レーサーが激しい攻防戦を見せました第10Rは1号艇清水敦揮が先行し、順走の2号艇笠井広幸と2番差しの3号艇岩井範光で2番手接戦も、2Mで2艇まとめて差しきった笠井が第2R(5コース捲り)に続く1着ゴール。差された清水が2着となり、3番手の岩井は2周1M内から5号艇山本英志にボートを併せられ3番手争いに。2周2M内から先に回った山本は4号艇中村裕将に前をカットされ、HSは2周2M差した岩井と中村ゆうしょうで3番手争い。そして3周1M先に回った岩井が単独3番手になりますが3周2Mターンが膨らんでしまい、3周2M鋭い差しを見せた山本が5番手から一気に岩井に追いつき、判定の結果3着同着(動画)となりました。

 北寄りの風が緩やかに吹いています水面上に今シリーズの有力処が一斉にピットを飛び出してきました。江戸川選抜戦の第12R(北東向かい風4m波高5cm)を迎えております。11トップスタートの1号艇鈴木博がすんなりとイン戦を決め1着になりましたが後続は接戦で、順走2番手の2号艇松下知幸を外全速で行った5号艇小畑実成と捲り差しの6号艇一宮稔弘が追いかける展開となり、2Mで一応SGウイナーの小畑が格の違いを見せた全速戦で通算優勝回数0回の松下を捲りきって2着に。小畑に捲られた松下は一宮に差され4番手に後退です。しかし2周1M一宮を差し返した松下が3着を奪っております。

 尚、今シリーズは最終日が予定されております9日のみ桐生G1赤城雷神杯との併用発売であります。

戸田報知新聞社杯優勝戦

 併用無しの単独開催にもかかわらず、4日目の日曜日には予想を大きく上回る約7900人を集めて蒲郡SGモーターボート記念の売上(最終日45億3497万5700円節間合計158億8073万5600円)を食ってしまった報知新聞社杯のファイナルは赤いカポックのやつを除いて好メンバーとなり、1号艇柏野幸二がイン09トップスタートから楽々押し切り今年2度目、戸田2度目、通算33回目の優勝。賞金84万2000円と副賞のデジタルカメラを獲得した柏野はウイニングランで使用済みグローブをファンに投げるごきげんぶり。
 後続は3コースから捲り差した5号艇室田泰史に6号艇渡邉英児が続き、2Mえいじを捌ききった室田が2着をがっちり確保しました。

下関一般競走優勝戦

 スタート展示でインを奪った2号艇後藤正宗が本番でも鋭発ピットでインを奪い、スタート後も1Mを先に回り1号艇吉田俊彦の差しを振りきり、2Mでもトシちゃんの鋭い差しを振りきった後藤は通算V6となる優勝ゴール。正宗の前付けは伊達じゃありませんでした。

 下関次節は12日からいよいよG1競帝王決定戦。16日からは江戸川でもG3江戸川モーターボート大賞トライアルとの併用発売を行うこの競帝王決定戦は昨年の競帝王金子龍介に、前哨戦の丸亀SG競艇王チャレンジカップを制した三嶌誠司といった面々が参戦予定です。

唐津一般競走優勝戦

 4000番台の最年長である1号艇の84期4000松本博昭が気合いの踏み込みイン01タッチスタートで1M先制押し切り、通算5回目にして唐津初優勝
 後続は2コース順走の2号艇井口佳典が2番手、3コース捲り差しの5号艇森が3番手でしたが、2周1M内から併せた森が井口に急接近し、2周2M内から牽制した森が大逆転の2着。
 森が井口を大逆転というと三重支部の覇権争いみたいな感じですが、この森は三重の森竜也(本日から常滑日本モーターボート選手会会長賞出場)ではなく、岡山の森秋光です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ