ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

バレンタイン・キッス

明日は特別Special Day

新・バレンタイン宣言 今日はプレミアムドリームで大阪から帰郷した後駐車場の抽選会に臨み、その後は自転車でイトーヨーカドー葛西店に行って渡り廊下走り隊7エコデコカーを見てから江戸川に行きました。

 ちなみに一日店長イベントは案の定早朝に整理券配布が終了してて、中はシャッターで封鎖されて見えなくなってたので音だけでしたが、お目当ての掛け声付きバレンタイン・キッスはばっちり聴けたのでよしです。

まゆゆカー菊地あやカーまゆゆカーと菊地あやカーを後ろから

渡り廊下走り隊7イトーヨーカドー葛西店1日店長イベントダイジェスト

明日は特別スペシャルな丸亀四国地区選手権優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
優勝戦はバレンタインデーだから、勝っても負けても… 明日は特別スペシャルデー、一年一度のチャンス♪ということで明日最終日を迎える丸亀四国地区選手権は一年一度のチャンスをかけての戦い、3つの準優勝戦が行われました。

 1つ目の準優10Rは6人いたB級から唯一予選突破を果たした5号艇松下潤(通算優勝0回)がB地区選手権の代表として単騎ガマシの12346/5。ですが、Panasonic潤は42スタートで単騎ガマシのメリット生かせず、捲り差しのハンドルもチョコのように甘くて4着まで。19トップスタートを決めた1号艇森高一真がすんなり1着になり、A1の貫禄を見せています。
 2着は50スタートながら2番差しが上手くいった3号艇金森史吉と33スタートから順走の2号艇横西奏恵で接戦となりますが、四国地区最高勝率にして全国女子最高勝率を誇るA1の横ちんがA2の金森に実力の違いを見せつける2M全速旋回で突き放し決着を付けました。これにより、唯一A2とB級がいた10RがA1ワンツーになった事で優勝戦は目出度くオールA1になりました。

 四国地区選手権V5を誇る瀬尾達也が1号艇の準優11Rは12356/4の進入から瀬尾が先行態勢もターン流れて22トップスタートを放った3号艇興津藍の捲り差しがズバッと入り、アイちゃんメガパー痺れ素敵な1着ゴール。2着には捲り差しからBS伸びた6号艇福田雅一が入りました。

 準優12Rは枠なり2vs4の進入となり、3カドの3号艇一宮稔弘が07トップスタートを放ちノーブルレッドの瞬間を演出しますがスリット後伸びず、12スタートから伸び返した1号艇木村光宏が一宮のつけまいをがっちり受け止め1着。4日目8Rの不良航法による減点で準優5号艇になるも、成績の方はソレ以上アレ未満なオール3連対の重成一人が捲り差しで2着。一人は選手紹介で女装して四国美女軍団代表を名乗りましたが、美女軍団代表の責任を無事果たせましたね。


 優勝戦はバレンタインデーだから、勝っても負けても…

1:木村光宏 2:森高一真 3:興津藍 4:横西奏恵 5:重成一人 6:福田雅一






若松G1九州地区選手権優勝戦

 「誰だ、誰だ、誰だ!空の彼方に踊る影。(動画」ではなく、「誰だ、誰だ、誰だ!九州一番星。(動画」の若松競艇G1第54回九州地区選手権頂上決戦を迎えています。初めて娘から「優勝してきてね☆」と言われ上機嫌で参戦し、節間6戦オールインで5勝の1号艇上瀧和則がここも枠なり3vs3のインから1M先制で馬場加奈子アナの掛け声と共に後続へ「ストレートパーンチ!」を浴びせ先頭仏恥義理。2006年芦屋一番星大会優勝の実績を誇る艇界の一番星桃次郎は通算73回目・記念はSGV4を含む20回目の優勝。そしてナイターレースは初優勝でした。
 後続は順走の2号艇深川真二、2番差しの3号艇岩崎正哉、捲り差した4号艇飯山晃三で接戦となりますが、2Mでエスニック・タイガー飯山晃三が2艇をまとめて捲りきる豪快な全速戦で2着争いに蹴りを付けました。

住之江大阪スポーツ賞アクアクイーンカップ最終日

 今年で19回目を数える伝統のオール女子戦アクアクイーンカップといえば今日のお題が見事に被ったてるきちさんを連想する自分ですが、オープニングの一般戦1Rは枠なり1vs5という珍しい進入隊形に(動画)。2カドを選択した2号艇加藤奈月52.6kgは01どっきりスタートから捲りを決めますが、こらえきった1号艇笠野友紀恵がBS伸び返し2Mを先行し1着。19歳〜22歳の5人を相手に36歳の経験値をアピールしました。

 いよいよ今回のレディース6強が最後の火花を散らす優勝戦を迎えています。地元V6のアクアクイーンカップV3に王手をかけた1号艇高橋淳美を取り巻く一戦でしたが、枠なり3vs3のインから23スタートの高橋淳美に対し13トップスタートの2号艇佐藤幸子が捲りに行きます。しかし高橋が激しく抵抗して両者共倒れになった展開を突いた3号艇池田明美が差し抜け、通算3回目にして住之江初優出初優勝。捲り差した6号艇大瀧明日香が2着に入る三六競艇の波乱でした。
 池田明美は住之江初優出初優勝ですが、2005年の第16回では双子の池田浩美がデビュー初優勝を飾っており、アクアクイーンカップ姉妹制覇の偉業達成です。

大村公営レーシングプレス杯優勝戦

 マイルクラブ大村24のマイル2倍デーだった本日。優勝戦は12346/5の隊形から6号艇池上正浩が回り直して枠なり4vs2となり、2号艇荒井輝年が18トップスタートから捲りに行きますが、1号艇前本泰和が荒井の捲りをがっちり受け止め逃げ切り成功。前本はデビュー初優勝を飾った思い出の大村で今年3回目・通算47回目の優勝
 後続は荒井と差した3号艇小畑実成、2番差しの5号艇古場輝義で接戦となり、2Mは荒井を牽制した小畑と内を突いた古場が有利に運び、2周1Mは内の古場が小畑の差しを振りきりますが、ここで荒井が一気の外全速戦で4番手から急浮上。古場との輝々ラップに持ち込み、2周2Mは内から突っ込んできた小畑を荒井が全速戦でかわし、古場は差してかわし輝々ラップ変わらずも、3周1Mも外全速戦の荒井がここで古場を一気突き放し輝々対決を制しました。

平和島G1関東地区選手権3日目

 予選3戦全勝の福島勇樹王子が5号艇1回乗りで登場した8R。枠なり3vs3の進入隊形から2&3コースが凹み、4号艇山田竜一Tokyo bay pirates)が捲りに行くところを1号艇毒島誠が抵抗。その間隙を突いて捲り差しを決め、ブスをブスッとブッ差したゆーき王子がシリーズ4連勝となる1着ゴール。ワースト機なのに超抜のゆーき王子、明日は6R2号艇と12R6号艇です。

 12Rは123/465と、チルト+3度に跳ね上げた5号艇長岡茂一は大外発進。モイチタンはチルト+3度の伸びを見せますが、4号艇平石和男に引っ掛かった分1号艇飯島昌弘を捲りきる事が出来ず、粘った飯島が1着。チルト+3度のモイチタンと展示タイム(6.52)も同じだったエースモーター16号機(2連対率47.1%)のパワーも数字通り目立ってます。
 モイチタンは捲り差しの3号艇江口晃生と2番手を争い、2M全速神風モイチターンで単独2番手に上がり、シエロの追撃を以降も振りきり2着。ということで森高が四国地区選手権優出を決めた日に江口は1回乗り3着でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ