ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

フマキラー

G1江戸川大賞IN蒲郡、江戸川競艇場外イベント発表!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 映画ヤッターマンからは実物大ヤッターワンが公開されましたが、ヤッターマン実況でお馴染み江戸川競艇場からはG1江戸川大賞IN蒲郡の場外イベントが公開されました。イベントに関しては以下の通りです。期間中は昼間開催G1下関モーターボート大賞も併用発売されますが、時間に関しては全て蒲郡が対象です。

7月3日7R&10R発売中
浅香唯Melodyショー
7月5日3R&7R発売中
山本高広がクル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
7月8日8R〜10R発売中
選手グッズ等チャリティーオークション及び池田雷太東京支部長&江戸川地区スター桑原将光トークショー


 7月5日の織田裕二ものまねショーと最終日の選手ショーは蒲郡本場参戦日なので見られないですが、虹のDreamerが集うゴールデンレーサー賞がある初日の浅香唯は今から楽しみですね。追いかけて私のShootingStar♪
江戸川が蒲郡に来る!江戸川が蒲郡へ行く!


尼崎ビクトリーチャンネル杯優勝戦

 スタート展示枠なりも本番は2005年5月若松一般競走以来の優出で2001年10月津一般競走以来の優勝を目指す2号艇泉啓文がピット出遅れ、回り込むも3コースまで。132/456の並びとなった進入から泉が31と凹みますが1号艇林美憲の逃げには影響なく、「近況はよもやのプロペラ不振。暗中模索の日々が続きましたけども、その苦悩を感じさせない頼もしきイン逃走劇ということになりそう1号艇の林。相性抜群のこの水面で名うてのプロペラマイスターが自信と輝きを取り戻します(動画)。」と軽快に駆け抜け1月G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯以来今年2回目・通算33回目の優勝。泉と2号艇池上裕次を叩いての捲り差しを入れた4号艇加藤高史(埼玉)が2着。

宮島フマキラーカップ優勝戦

 フマキラーのロゴが付いたボートで争われたフマキラーカップ(動画)。優勝戦のスタート展示は124536と5コースだった3号艇荒井輝年が本番ピット出遅れますが、大きく回り込んで2コースに入り並びは13/245/6。そして1号艇吉原聖人(広島)が01タッチスタートから先マイしますが流れ、荒井の差しは振りきったものの5号艇長谷川充(群馬71期3619)には差されてしまいます。2Mは長谷川が先行して、吉原聖人君子は突っ込んできた6号艇前田光昭を行かせての差し。この差しが届いてHSでは両者艇を並べますが、2周1M外全速つけ回った長谷川がここで吉原を振りきり今年3回目・通算12回目の優勝
 2004年1月戸田一般競走以来のVならなかった吉原は2周2M長谷川におっつけに行くも空振り。この隙に荒井(1周2M前田太尊を捲って単独3番手)が吉原を差しきり逆転2着。

徳山日本財団会長杯ゴールデンレース初日

 江戸川競艇場で6日間場外発売される優勝賞金150万円(日本財団会長賞50万円と選手会報奨金36万円を含む)のゴールデンレース。ゴールデンレースについては今節追加参戦の柳瀬興志こと3661さんがブログで詳しく説明してます。その前日は下関競艇チルト+3度導入の経緯を紹介しており、3661さんのブログからは目が離せません。
 ちなみに3661さんは同期3663木山和幸家事都合斡旋辞退による追加で、中村有裕SG斡旋辞退に伴う濱村芳宏SG追加斡旋による追加は芦屋出身の川上剛です。

 初日は入場が1634人で売上が4098万6500円と冴えない数字だったものの利用は11387人を数えており、利用者数で江戸川場外効果が出ております。そんな初日は10Rで4号艇國浦英徳元東京支部長がボート破損の為欠場して5艇立て。レースは123/56の4カドから差し伸びた5号艇原田富士男1着でした。

 初日は10Rまでイン逃げ0とイン受難の水面だった徳山ゴールデンレース。今節初のイン逃げは11R1号艇の亀本勇樹(広島)で、3号艇3661さんの4カドつけまいを受け止めきっての逃げでした。2着は1Mつけまいから2M差した3661さん。
 ここで変わった流れは最終のゴールデンレーサー賞もといドリーム戦にも引き継がれ、1号艇島川光男(広島)が枠なり3vs3のインから2号艇瓜生正義の差しを振りきり1着

 そんな初日の状況でしたが、初日連勝選手は第7代名人位万谷章64歳。5号艇の2Rも2号艇の8Rも2コース捲りで実に若々しい走り。

【おくやみ】

 23日16時20分に香川の31期2485平尾修二選手が悪性腫瘍の為60歳の若さで死去。通算1469勝でV48の平尾選手は法政大学出身で1971年5月に丸亀でデビュー。同年7月に鳴門で初1着。1973年5月に丸亀でデビュー初優出初Vを飾りました。そして1980年9月のびわこG1秩父宮妃記念杯で記念初Vを飾るなど記念V6。中でも1981年の児島鳳凰賞と1990年の丸亀モーターボート記念でSGV2の実績が燦然と輝いてます。尚、最後のレースは昨年3月のグランプリファイナル戦津市長賞最終日5Rで、最後の1着は現地参戦した同TSUグランプリファイナル戦初日の2Rでした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 悲報がもうひとつ。競艇好きを公言して実際にアマチュアボートを操るなど競艇の普及に大きく貢献し、中学時代からの親友野中和夫選手会長が競艇選手になったきっかけを作った事でも有名な横山やすしがこの世を去って今年で12年。そのやっさんを支えた木村啓子夫人が23日18時30分に心筋梗塞で急死。まだ61歳の若さでした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

【チョコ】森永ラブ枝尾賢と林明治で明暗くっきりの平和島【牛乳】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日が予選最終日の6日間シリーズ平和島神奈川新聞社賞。既に優出は無くなった今節の看板選手阿波勝哉ですが、5日目にして本領発揮。3Rはイン01スタートの1号艇坂野泰章と2コース+01スタートの6号艇木村隆、内側2艇が際どいスタート。しかし大外15スタートから両艇をも一気に捲って待望のシリーズ初1着
 9Rは2コースの4号艇山口哲司が+01の飛び出しを見せるも、圧倒的な伸びの違いで飲み込んでここも1着。優出には間に合いませんでしたがやっときましたチルトサンドまつり。

 11R森永ラブの枝尾賢が2コース差しで1着になって優出を決めた後の12Rは3着条件の林明治が1号艇。明治としては森永とのW優出と行きたいところでしたがまさかのスタート遅れ。それも79と致命的な数字です。
 しかし波乱はこれに留まらず、優出当確の2号艇笠原亮が27スタートながら楽に先捲りと行きたいところでしたが、4カド12スタートの4号艇柴田明宏が2段捲り。抵抗空振りに終わった笠原は出口でキャビり、そこに優出当確の5号艇後藤正宗が突っ込んで後藤が転覆するアクシデントで人気2艇とイン艇が共に1Mまでに消える大波乱に。
 さて1着は捲りきった柴田…ではなく柴田の捲りもやや流れて柴田逃げられず3コースの3号艇河上哲也に差されて柴田捕まります。そして2M先に回った河上を柴田は差そうとするもHS舳先を入れきれずに勝負ありとなりました。2連単21240円で3連単は82440円でしたが、柴田と河上の着順が逆でしたら10万舟だったとお伝えしておきます。


 優勝戦のメンバーです。笠原は12Rなんとか完走の5着でしたが、貯金がものを言って1号艇です。でも、シリーズ4勝全て2コースの枝尾がここも2コース戦なので初優勝のチャンスかもですね。

1:笠原 2:枝尾 3:向後龍一 4:後藤 5:丸尾義孝 6:橋口真樹

 平和島レディースカップ長嶋万記は優出なりませんでしたが、今節のまきたんは6号艇ながら優出に成功致しました。


 さて、本日は大森銀座商店街の麺矢 龍王で一三五&半めしを食って腹一杯にしたところで、阿波ーズ後半の部に合わせて平和島競艇場に到着。舟券購入時はベイプラザ3F、レース観戦時はスタンド3Fにいるというパターンで過ごし、アワカツが勝った直後にアワカツファンのR/Callさんと会ったりして自分は前夜版配布時間までいたのですが、舟券はF返還すらない全滅でございました。
 レース後はもちろん牛小屋へ。ビール飲んで煮込みライス食べてビール飲んでマスターとしゃべってという感じで過ごしてたら、19時頃に良2さんとB1ゆーとぴあさん、それに愛媛から京極賞さんが来店。京極賞さんが牛小屋に来たのにはびっくりしました。なんでも三嶌誠司が出場する桐生SGオーシャンカップの前検と初日に参戦する為の前泊とのことです。

名古屋タイムズ杯争奪蒲郡スピード王座決定戦

 愛知の身近でドラマチックなニュースをお届けしています社団法人名古屋タイムズ社杯を争奪するスピード王決定戦は1号艇中尾誠がインから09トップスタートの快足攻で他艇をシャットアウトしての圧勝劇で蒲郡スピード王に決定。通算7回目の優勝となった中尾は早くも今年V5と大舞台へのカウントダウン進行中。
 後続は3コースからつけて舞う4号艇中島真二と4カド差しの号艇冨成謙児に指定席の大外から捲り差す3号艇小川晃司が加わる3艇接戦。2Mつけながら舞う大胆なショットの中島と斬り込んで内を掬う小川がHSややリード。2周1Mはかぶせて締めた中島が先行も、くるっとボートを回した小川がリードし、更には冨成も小川に差し続いて中島と併走。しかし2周2M中島が小川と冨成のポケットを突き刺すぅ!中島に捲られた冨成はここで脱落。中島に差された小川は3周1M全速戦で食らいつきBSも併走保つも、3周2M内有利に回った中島が2着争いを制してます。

常滑青海特別優勝戦

 レース名は東京テレボートもとい東京テレポートパレットタウン大江戸温泉物語がある〒135-0064江東区青海と同じ「あおみ」。しかし、〒479-0004常滑市青海町に加えて市内にある青海中学校青海公民館は「せいかい」。なぜに町名と同じせいかいではなくあおみなのか、正解は謎です。
 レースの方はデビュー初優勝を目指す1号艇長野壮志郎のイン戦に対し、3コースまで入ってきた地元の6号艇吉田徳夫が捲り差しで捕らえ舳先を入れます。しかし海苔オのターンは5コース捲り差し3番手から切り返してきて2M飛び込んだ中村亮太を抱いて回った分膨れ、2艇を差した長野がHS海苔オに舳先を入れ2周1M内から先制して嬉しいデビュー初優勝。レース後には水神祭も行われました。

宮島フマキラーカップ優勝戦

 ベープベープベープ広島、広島ベープなフマキラーのタイトル戦は1号艇草場康幸がイン13トップスタートも2&3コースが凹み、4号艇野澤大二の4カド捲り差しがジャストミート。記念4つを含む通算33回目の優勝を飾ったミスター平和島野澤大二は31日からのG3企業杯キリンカップで平和島に凱旋です。

 ちなみにフマキラー、蝿や蚊は駆除できてもフライングは駆除できません。最終日は1Rの2号艇村上彰一7Rの5号艇本岡勝利11R選抜戦の1号艇古賀繁輝と2号艇長田頼宗、3つのレースで4人の選手に早いスタートがありました…。

 ここで話題を変えて、宮島競艇オリジナル動画コンテンツモン太チャンネルでは新作として59期3267宮武準元選手の引退セレモニー映像が公開されています。メタルマスター宮武準はタイガーマスクの覆面を被って壇上に上がるエンターテイナーぶりを引退式でも見せています。ライブハウスと革細工の店を開くメタルマスターの今後に乞うご期待。

【美艇旋風NADESHIKO】愛知の都築、念願の多摩川初優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日是政の東京競馬場にはうまなで出演のUMA to NADESHIKO三人娘が来場しましたが、かつてTAMAGAWA三人娘がいた是政の多摩川競艇場では愛知県からやって来た水上のNADESHIKOが覇を競いました。
 そのNADESHIKO谷川里江(愛知)とNAZOSHIKO都築正治(愛知)が内枠を固めたサンケイスポーツ賞優勝戦。さあ行こう優勝戦!ポールポシジョンに陣取ったのは1号艇の都築で、2号艇のりえは2コース。以下3号艇松野京吾が3コースでデビュー初優勝を目指す20代選手3人がダッシュに構え進入は枠なり3vs3、スタートを切りました!インの都築に対し2コースのりえが機動戦艦NADESHIKOを駆りつけまいに行きますが、ビューティーセンセーショナブルあこターンでりえを張った都築が押し切りトップ旋回。今年2回目、通算40回目の優勝にして嫁の実家が近い準地元の多摩川でかねてからの念願だった初優勝を飾りました。
 後続ですが、ゴージャスにりえの上を行こうとした松野はりえの先捲りで行き場を無くし、この展開を突いて大外捲り差しを決めた90期新鋭森安弘雅26歳が2番手。しかしBS内に切り返した松野が2M突っ込んでの小回り旋回。全速でかわした森安は流れ、HSは両者ほぼ同体に。そして2周1Mを先制した51期松野50歳が百戦錬磨の年の功で逆転2着となりました。
ウマトナデシコ七変化ウェイキーくんとNAZOSHIKO都築たん


宮島フマキラー杯争奪如月賞優勝戦

 ベープベープベープ広島、広島ベープ♪な広島発祥の大下回春堂フマキラー杯はベープ昌樹こと別府昌樹(今回斡旋無し)のホームプール宮島競艇場で行われました。優勝戦は埼玉のホワイトシャーク白井友晴が手にした1号艇を武器に記念ウィナー5人を相手にイン戦押し切り通算10回目の優勝。初代フマキラー杯優勝者として名前を刻みました。
2コースに入った6号艇江口晃生が直外の2号艇山口博司を牽制してる間に4コースから差した岡本慎治が2番手に上がり、2M江口の突進も冷静に行かせて2着を取り切りました。突進不発の江口は2周1Mの差しで3番手争いに競り勝ちSGウィナーの意地を見せています。

江戸川東京スポーツ杯初日

 府中の競馬→競艇に行く前にポイント加算と前売舟券投票と優勝者当て投票をしに行ってきた江戸川競艇。今シリーズの有力処と目されるメンバーが登場した江戸川選抜うどんの国からやって来た1号艇宮武英司が3号艇林美憲のつけまいをこらえきって1着。林が2着で、お休みのひと時にエキサイティングな攻防が相次ぎました3着争いは4カド差しの柏野幸二が2コース順走の大西源喜を差しきるも、2周2Mで大西が柏野を差しきり、走り慣れた地元水面で元気な走りを見せた大西。しかし3周2Mで柏野が差し返して再逆転の3着ゴールでした。
 ちなみに自分が優勝者当てクイズで投票したのはタイマーを全速体勢にセットしたはずが捲り差し不発で5着に終わった5号艇作野恒です。

 江戸川選抜を制した宮武うどんは6号艇の前半第8Rも展開を読み切ったような捲り差しでズバッと突き抜け1着。不利枠もクリアして初日どんどん連勝発進です。

【むらむら興奮平和島夕刊フジ杯4日目

 水面上は記者選抜第12Rの開始です。人気の中心が4号艇村田修次で人気対抗格が5号艇村田瑞穂とW村田が人気を集めました。レースは4カドの78期3826村田修次33歳が捲り一発となりかけるも、直外の18期1952村田瑞穂59歳が捲り差しで捕らえW村田で大型映像前ラップ。しかし2M内からトップターンの村田瑞穂が外流れた村田修次を突き放しマッチレースに蹴りを付け大時計前を先頭で通過し、先頭をキープしたまま3周目に入ります。
今シリーズは村田修次ムラッシュが注目を集めておりますが、こちらの村田瑞穂も負けておりません。本日をもちまして村田瑞穂、ムラ…ムラミーと呼んでいただければとお伝えしておきます。(動画
先頭のムラミーが3周2Mをトップでクリアーして1着でゴールイン。ムラッシュ2着でゴールイン。

 明日もW準優勝戦前半6RW準優勝戦後半11Rでムッシュムラムラ、ムラッシュムラミーW村田の共演があることをお伝えしておきます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ