ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

ブルースターカップ

水神祭あり引退ありの住之江+吉田祭りありの常滑+女王強しの津

ブログネタ
競艇 に参加中!
 住之江シティーナイターの第14回日刊スポーツ杯争奪ブルースターカップは本日見所たっぷりの最終日を迎えましたが、オープニングの1Rでは枠なり3vs3の進入から6号艇葛原大陽(徳島106期4596)が04トップスタートからの大捲りを決めデビュー初1着(動画)。
 MotoGPにも参戦したプロのロードレーサーから特別枠でボートレーサーに転向した葛原大陽は106期一番乗りとなる水神祭を飾りました。気楽に千葉っちマニアさんに水神祭の写真が掲載されてます。

 また、昨夜の11R準優勝戦で4号艇ながらインを奪い、2番手争いの2M手前で3号艇大場敏と接触してバランスを崩し、結果6着だったものの見せ場たっぷりだった京都在住大阪支部37期2719沖口幸栄57歳が今節で引退することになりました。
 7458走目となる最後のレースは10R特別選抜B戦動画)で、5号艇ながら最後も果敢にインを奪った5/12/346の進入から弟子の1号艇繁野谷圭介に差されて4着でした。
 最後の優勝こそ2000年12月尼崎サンテレビ杯争奪歳忘れ第13回今年もありがとう競走と9年以上前ですが、その後も42回の優出をする活躍を見せ、その中でも2005年4月の戸田G1競艇名人戦が特筆されます。

 そして迎えた優勝戦は4号艇上平真二が好ピット離れからインを奪いかける勢いで、準優1号艇も沖口幸栄にインを取られた1号艇松本勝也(準優2コース差し1着)は準優同様の2コースになりかけますが、ここは待機行動違反覚悟で上平の内に強引に潜り込み、142/356の進入に。
 トップスタートはタイミング11の3号艇秋山広一だったものの、19スタートの松本は艇を伸ばして秋山を牽制し、差し勢も振り切って今年2回目・住之江4回目・通算30回目の優勝
 後続は差し順走の上平が2号艇川添英正の捲り差しを内から張って2番手争いを優位に進め、舳先を掛けてきた5号艇坂東満と6号艇北川潤二の差し続く外枠勢を2M豪快な全速戦で包み込み、2着を取り切りました。


 さて、アクアライブブログYouTubeチャンネルは今節選手ふれあいコーナー(笠置博之選手)選手ふれあいコーナー(渡邊雄一郎選手)が公開されました。どっちも面白いトークショーです。
 また、ピチピチ浅ちゃんの選手突撃コーナーでは今日水神祭を挙げた葛原大陽選手ピットインタビューが。

 ちなみに予想動画でも聴けるピチピチ浅ちゃんの一発ギャグ「目が離せナイター」がかなり自分のツボにはまっているのですが、13日から始まる次節はG3企業杯アサヒビールカップ
 水上ではアサヒビールカップ4連覇が懸かる白石健に注目ですが、陸上で注目の選手ふれあいコーナーは5日目に三谷征伸、6日目に大原由子が来場します。


常滑G3企業杯中日カップ優勝戦

 東海4場持ち回りで開催する正式名称中日新聞・中日スポーツ中日カップ初日にBOATRACE新一般ファンファーレ一般初お披露目(動画)となった開催。

 11R特別選抜戦で吉田ワンツースリー(動画)が実現した後に迎えた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇石田政吾が07トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年7回目・通算56回目にして常滑は4月のスプリングカップから連続優勝
 つけ回った2号艇重野哲之が2着。
【BOATRACE】吉田トリオがワンツースリー【競艇】


津グランプリシリーズ第4戦優勝戦

 発走時間の関係でBOATRACE新一般ファンファーレ優勝戦初お披露目(動画)となったTSUグランプリシリーズ第4戦。
 スタート展示は213546でしたが本番は15/23/46の進入になり、紅一点の2号艇横西奏恵が11トップスタートから一気の捲りを決めて通算37回目・津は2008年3月G1企業杯JAL女子王座決定戦以来となる2回目の優勝
 今日は高松宮記念日でしたが、後続は高松宮記念V4を誇るミスター高松宮記念の3号艇太田和美と5号艇松野京吾による差し合戦になり、2Mは内のミスター高松宮記念が先行しますがミスター高松宮記念は横ちんに押っつけた分流れてしまい、ミスター高松宮記念を行かせて差した松野が2着。
 尚、カメラによく映ってなかったので詳細は不明ですが、3周1M出口で後方の1号艇鈴木賢一が振り込んだ際に4号艇江口晃生が巻き込まれてシエロさんが転覆。スズケンは妨害失格を適用されました。

江戸川KTCカップ3日目

 今日から若松G1全日本覇者決定戦併用場外も始まったBR江戸川は明日が予選最終日ですが、予選得点率上位は以下の通りです。

10.00汐崎正則飯山泰 9.60黒崎竜也 8.40村田敦 7.75川合理司 7.40長野道臣 7.25藤田竜弘 7.00石田章央 6.40矢崎誠一内堀学

 尚、本日を最後に私傷病で帰郷した上野秀和は今日2回乗りでしたが、5号艇の第5Rで捲り差しを狙ったところを3号艇山口俊英に思い切り張られて6着、3号艇の12Rは2番差しで3番手も3周1Mで懐がら空きになったところを5号艇石田章央に潜り込まれて4着という内容でした。
 帰郷理由は私傷病となってますが、5Rの張られ方から、その時にどこか痛めたのかもしれません。

ホワイトデーの6競艇場優勝戦は3人のホワイトカポックに福来る。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 ホワイトデーの今日は、6場で優勝戦がありましたが、そのうちホワイトカポックの1号艇が優勝したのは半分の3場でした。ということで1号艇がきっちり優勝した場を先に紹介していきます。

平和島プロスタッフ杯優勝戦

 17日水曜日から始まるSG総理大臣杯に先立ち、プロのスタッフが作った特設サイトも公開され、今日はプロのスタッフが仕切った壮行会も行われた平和島競艇の今節はプロスタッフ杯。
 同名の会社が複数あることからどのプロスタッフかわかりませんでしたが、副賞が車の消臭剤だったことからカー用品メーカーのプロスタッフと判明しました。

 さて、5日間シリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました(動画)。
 16/23/45の進入から1号艇石渡鉄兵(千葉在住東京支部)が押し切り、平和島5回目・今年3回目・通算38回目の優勝
 後続は捲った4号艇中尾誠が2番手、捲り差した5号艇山本修一と差した3号艇小畑実成が追走する形になりますが、第2ターンマーク内から艇を伸ばす小畑を包んだ中尾がやや流れ、そこの山本修一の差しが入って逆転。
 抜かれた中尾は2周1M差し返して2周2Mを先取りしますが、ここで差し返した山本修一が2着。

 ちなみに今節は68歳の5期1485加藤峻二御大が今期初1着を含む節間2勝を挙げたり、愛知103期4516野口勝弘が4日目8Rでデビュー初1着。
 そんな中、今節は岡山86期4069山本修一29歳の他に京都在住滋賀支部72期3633山本修次39歳も出場してましたが、山本修次の弟は山本修一ではなく滋賀76期3761山本光雄38歳です。

住之江日刊スポーツ創刊60周年記念ブルースターカップ優勝戦

 優勝賞金100万円の新機新艇シリーズは2号艇白石健(大阪在住兵庫支部)が3カドを選択した13/2456の進入になりますが、1号艇福来剛が14トップスタートの速攻で圧勝を飾り、住之江初・通算3回目の優勝で、昨年11月の前回当地テレビ大阪杯争奪大阪スーパーレースで切ったフライングの借りを返し、台東区の中華料理屋に生まれた福来剛がブルース・リーならぬブルース・ターを制しました。
 1M3カドつけまいのしらけんが2着に入り、中華屋の息子とラーメン・水面・僕しらけんによるラーメンワンツー。

 さて、自分が今一番楽しみにしてるアクアライブブログと連動したアクアライブステーションYouTubeチャンネルの「ぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナー」。
 今節は優勝した福来剛インタビュー、将棋の道から競艇の道を歩んだ木下大サーカスこと木下大將インタビュー、妻川邉加奈子との間に女の子が昨年12月20日に生まれた12月20日生まれの河村了インタビュー、兄吉永則雄と声はそっくりもキャラは対照的におとなしめの吉永浩則インタビュー、浅ちゃんの秘密も聞ける岡村慶太インタビューが公開されました。
 ただいま引っ越し準備中な福来剛のインタビューでは、「競艇4095福来剛フクツヨ ブログ」の記事にもあった空腹と睡魔どっちがキツいかについても答えてます。


若松プラスミックカップ優勝戦

 プラスミックから昨年7月山口シネマに社名変更したレース映像制作会社のタイトル戦は123/546の進入から1号艇山本寛久が18トップスタートの速攻で4号艇松江秀徳のつけまいを受け止めて逃げ切り、若松初・今年2回目・通算21回目の優勝
 松江は内から追いかける2号艇岩崎正哉(福岡)を2M外全速戦で振り切って2着。

 以上、来年度からは山口シネマカップになりそうなプラスミックカップの優勝戦でした。

桐生テレボートカップサンケイスポーツ杯優勝戦

 16/2/534の進入から1号艇柴田光(群馬)がスタート踏み込む速攻で先頭に立つも、+04のスリットオーバーでホワイトデーに痛恨のフライング。
 これにより、捲り差しで柴田に続いた2号艇今坂晃広が5号艇山地正樹の差しを振り切って先頭に躍り出て、通算V6となる優勝
 ちなみに赤城山地のふもとで優出2着の山地は5号艇ながら節間オール2連対でシリーズを終えました。

常滑弥生特別〜日刊スポーツ3社合併記念〜優勝戦

 3号艇西田靖(神奈川在住東京支部)がホワイトデーくそくらえとばかりにピット遅れた1号艇山田竜一(東京)からインを奪い、ホワイトデーにピット遅れをやらかした山田竜一は回り込んで深い2コースに入り、31/2/456の進入に。
 08トップスタートの山田竜一は捲りに行くも西田に受け止められてホワイトデーに人気を裏切り、先頭争いは逃げる西田と差す2号艇杉山正樹(愛知)と捲り差す5号艇近藤稔也の接戦に。
 その中から最内の杉山が2M先行して抜け出し、常滑初・今年2回目・通算11回目の優勝
 近藤と西田に対して2番差しの4号艇遠藤晃司(東京)が2M艇を伸ばして先行し、2人が遠藤に進路をカットされた間に外から3人まとめて捲りきった山田竜一が燃えよドラゴンターンで逆転2着。

三国坂井市制4周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇秋山広一がホワイトデーくそくらえとばかりに絞り捲りを決め、通算22回目の優勝
 2号艇飯山晃三(長崎)が5号艇坂口周の捲り差しを張っての差しで2番手につけ、2番差しの3号艇落合敬一(長崎)を2M行かせて捌き2着。3周2M落合を捲った坂口が逆転3着。

江戸川日本モーターボート選手会会長賞4日目

 第8R5号艇1回乗りの南部圭史が12トップスタート決め捲り差し狙うも行き場無くしての後方から2M消波装置まで流れ6着に敗れた後私傷病で帰郷し、12Rで3号艇谷勝幸が1周1Mつけまいから振り込んで選手責任転覆を喫した4日目を終え、得点率上位者は以下の通りです。

8.83寺本重宣長尾章平田中豪 8.50石川真二 8.33正木聖賢 8.00岡瀬正人貞兼淳二桑島和宏別府昌樹

 デビュー初V目指す神奈川在住東京支部寺本重宣を始め1位タイが3人、ボーダーの6位タイも4人という大混戦で予選最終日を迎えます。

1.23ダー!江戸川3日目+新鋭王座2日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは25日までの5日間シリーズ。今日は中日3日目を迎えた第21回の関東競艇専門紙記者クラブ杯です。3日目のトップレースが始まりました。男女6人冬物語の3vs3ガチンコレースは40ハッシービームの1号艇橋谷田佳織(今年8月10日でスタートタイミングと同じ数字には見えない若さ)を捲った2号艇松尾美和子1着、奥義クルリンターンで残した橋谷田が2着になる中、二段捲りに出た3号艇大澤真菜はバタついて外へおぉ〜っと、前の方でも接触(動画)。ということで捲り差しに出た6号艇和田兼輔が出口で振り込み、これに4号艇谷田昭利が巻き込まれ絡み合って共にエンスト失格です。POWER&SOULをテーマに「幸せのちから」を呼びかける100期新人和田は江戸川初参戦で不良航法と選手責任失格を適用されてしまいました。その和田は4日目第1Rで1号艇。アッコに片手で抱えられる和田艇を乗りこなし江戸川初勝利を狙います。

 記者選抜戦、今日の最終第12R開始です。ここまで4戦全勝の5号艇荒井輝年は捲り戦もバランスを崩し連勝ストップ、差しを決めた2号艇西川新太郎1着に。以下、差された1号艇森脇徹と2番差しの3号艇土屋智則が続く展開になって荒井は4番手。2Mで土屋を行かせて突進気味に差した森脇が2番手を守り、3番手は土屋と荒井でほとんど同体。そして2周2Mで内から突っ込んできた土屋を抱いてかわした森脇は流れ、今度は2艇を差した荒井が森脇に迫る2番手争い。ここまで4連勝だった荒井は3周1Mすんなり内から先制して逆転2着に入りオール2連対をキープ。3着は3周2Mで森脇を差しきった土屋が入線。


 明日の予選最終日を控え、3日目までの予選得点率上位者を紹介。

荒井輝年10.20 西川新太郎&鎌田義9.60 森脇徹8.80 坂本啓行岡部貴司8.40 新地雅洋7.60 杉山貴博&土屋智則7.20

 昨年江戸川3優出1優勝と新江戸川男になっている西川新太郎は今節も無敗のTERU荒井に土をつけるなどの活躍で予選2位につけております。

丸亀G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦2日目

 ランチタイム電投キャンペーンの一環でもある今節5Rの企画戦、本日はオール独身選手の5R彼女募集中戦。14235/6の進入から4号艇古賀繁輝が刺激的な06トップスタートも、伸び返して先マイの1号艇君島秀三1着。差し順走の古賀が2番手、捲り戦の3号艇西山貴浩が3番手も、2M差した西山が古賀を捕らえ、2周1M内から先制して逆転2着。原田富士男幼稚園児が共に「このレースで活躍して彼女ゲット」と意気込んだ古賀との2着争いを制しました。ちなみに選出アンケートでぶっちぎりの1位だったのは6号艇真庭仁志。しかし大外単騎の真庭は捲り差し不発で1M最後方から、2M追い上げての5着が精一杯でした。

 ファン投票で選出された12R競艇王子選抜戦は132/456の進入から3号艇林祐介が43と大きくスタート凹むも、09トップスタートから壁無しお構いなしに押し切った1号艇岡崎恭裕1着。差し伸びた6号艇山口剛が格上の貫禄で2着に入り、3着には1M捲り差し不発の最後方ながら、2M→2周1M小回りで浮上した2号艇毒島誠が最も競艇王子にふさわしくないブスキャラながら大健闘。

浜名湖福島民報創刊115周年記念ふくしまグリーンカップ優勝戦

 ニューヨークのマグロから高水準の水銀が検出されたという記事が目を引いた福島民報の創刊115周年記念は、かつて3・連・単・ダーのCMに出演したアントニオ猪木SG競艇王チャレンジカップ最終日に来場した浜名湖で開催され、頂上決戦は枠なり4vs2の進入から1号艇重野哲之(静岡)が07の速攻も、3号艇村上純が難なく捲り差しを決めて前節芦屋スポニチ金杯新春特選レースから続く通算14回目の優勝。5号艇の王者岩井繁が村上に続く捲り差しからBS内伸びして村上の次に回るも、王者を行かせて差した重野が2着。

住之江日刊スポーツ杯争奪ブルースターカップ優勝戦

 12346/5の進入から8場所連続優出中の1号艇丸岡正典(大阪府立豊島高校バトミントン部出身)が10トップスタートの速攻で押し切り前節福岡釣船茶屋ざうお杯(完全優勝)に続く通算19回目、地元住之江は8度目の優出で初優勝。日本橋の釣船茶屋ざうお難波店で祝杯を挙げたくなる気分ですね。2着は握って攻めた4号艇新美進司が2005年2月G1太閤賞優勝の貫禄で入線。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ