ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

モーターボートレディスダービー

G1江戸川大賞準優勝戦〜白黒つける。

 G1江戸川大賞5日目は終盤3つの準優勝戦がメインカードですが、まず第2Rで今節が初A1初G1だった3号艇山田雄太が差してG1水神祭なる場面が。

 次に「南寄りの風が吹きます競走水面です。東京湾からの風ですので潮の香りが懐かしく感じられます。(動画」という千葉マリンをこよなく愛す君津市出身平山信一アナのお言葉で始まった一般戦第3R
 スタート踏み込みすぎた4号艇村田修次のカド捲りを小回りでこらえきった1号艇花田和明が1着になったレースは、+05のムラッシュと+02の5号艇小畑実成と+06の岡田憲行と、外枠3艇がフライング。返還総額は3396万8500円でした。

 2号艇・阿波のA1レーサー佐々木和伸(78期本栖チャンプ)が差して1着になった第4Rを経て第5R
 かなりはみ出した1号艇別府正幸が逃げて先頭、つけ回った3号艇濱野谷憲吾が2番手、差しハンドルの2号艇松下一也が3番手という展開でしたが、別府が+14、松下が+07、そして濱野谷も+04と内枠3艇がフライングで外マイから4番手の5号艇齊藤仁が繰り上がりで1着。返還総額は5172万4800円でした。
 これにより9月下旬までの斡旋が既に入ってる濱野谷は10月の尼崎SG全日本選手権がF休みになり、既にFを持っている松下はF2に。新鋭チャンプ松下は5月以降の勝率が6.15しかなく、事故率が0.69もあり9月までびっしり斡旋が入ってる事も考えたら来期のA1維持と今年中に通算3回目の優勝を達成する事が非常に苦しくなってきました。

 そして1M3艇の差し合戦から2Mを先取り、その後も相次いだ激しい攻防をしのいだ末に6号艇松元弥佑紀が1着になり、2連単6-3が最低人気の24400円で3連単6-3-2が106番人気の73580円というびっくり配当の第7Rと本日最初の1-2決着だった第9Rを経ていよいよ準優勝戦。ちなみに今日は本場に行ってないので写真は4日目までのを再使用です。

 1つ目の準優勝戦第10Rは08トップスタートの4号艇飯山泰が捲って行くも流れ、差した2号艇作間章(木更津市)が先頭。
 1号艇・寝台急行銀河系王子湯川浩司(大阪85期4044)は2番手でしたが、2Mでさくまあきらを差して追いつき、2周1M内から先行して逆転1着。内房アタッカーさくまあきらは2着優出でした。
3日目10Rを勝った時の湯川

 2つ目の準優勝戦11Rは初日12Rゴールデンレーサー賞をイン逃げで制した1号艇山崎智也がここもイン逃げを成功させ1着
 差し順走で2番手の2号艇山田竜一(今節選手代表)に対して6号艇毒島誠が2周1M小回りで差を詰め、2周2Mを先行しますが、ここは山田竜一が行かせて捌き、ここも地元の2号艇が2着優出。尚、2周2Mで5号艇中島孝平が責任外エンストを喫しました。
初日GR賞を制した時の山崎智也

 最後の準優勝戦12Rは5月以降の勝率8.55と絶好調の2号艇角谷健吾が20トップスタートで早差し狙いますが、先月の富士通カップを優勝して再開後の江戸川を誰よりも知る男・1号艇山本隆幸(兵庫85期4030)が江戸川再開後初参戦の角谷健吾を何とか振り切り1着。角谷健吾は2Mで5号艇金子貴志を行かせて捌き、ここも地元の2号艇が2着優出。
あふれるセンスで緑を克服した初日1走目の山本隆幸

 結果準優3つ全てが白黒つける1-2決着になり、2着は3人とも東京支部。内枠の遠征選手vs外枠の地元勢になった七夕銀河祭り優勝戦の枠番です。

1:山本隆幸 2:山崎智也 3:湯川浩司 4:作間章 5:山田竜一 6:角谷健吾

 天の川といえば銀河系。七夕決戦にふさわしく銀河系軍団の彦星が1枠と3枠に入りましたね。

多摩川G3女子リーグ戦第5戦モーターボートレディスダービー優勝戦

 5月の府中レディスダービーG1優駿牝馬は夏にG2札幌記念を使う事を表明したブエナビスタが勝ちましたが、七夕前日の府中レディスダービーは七夕に誕生日を迎える100期4450平高奈菜がデビュー初優出。初といえば、地元103期4519市村沙樹が3日目1Rで2号艇6コースから1M狭い艇間を突いての捲り差しから2Mでオオムラサキの様に華麗なる差し(動画)を決めて同期女子一番乗りとなるデビュー初勝利を飾り、水神祭の祝福を受けてます。

 そして陸の上では本日誕生日を迎えた女王横西奏恵(昨日まで浜名湖テレしずサマーカップ)がオフィシャルブログを始めたのが話題ですが、水の上では3月のSG総理大臣杯にも出場したポスト横西の最右翼・銀河系の織姫田口節子(岡山85期4050)が尼崎ダービー出場を目指してのハイスパートで、初日12Rなでしこ選抜戦1号艇2着以外全て1着の節一成績で優勝戦も1号艇。
 果たして枠なり3vs3の進入になった是政夢劇場本番は、銀河系のベガ田口節子が03トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・多摩川2回目・通算22回目の優勝を準完全優勝で達成。
 多摩川競艇無料バス発着駅の府中本町駅は川崎から南武線で一本ですが、2番手争いは2番差しの4号艇堀之内紀代子(岡山84期4011)が差し順走の平高奈菜を捕らえ、6号艇土屋千明の差しを振り切って2Mを先行し、ここで差し込んできた平高を振り切って岡山ワンツー完成。

たまがわしょーこのレディスダービーをたのしみましょーこ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ハマショーのサイン 中川でうたを楽しみましょーこの森川由加里歌謡SHOW MEin江戸川競艇に続くもうひとつの日曜日にして本日のメインエントリーはもちろん女子戦のメッカ多摩川競艇場G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー最終日

 女子リーグON THE ROAD第6戦最終日でもある本日は「よいしょ、こらしょ、どっこいしょーこ。」の浜田翔子が来場(表彰式以外撮影禁止)。CRぱちんこアバンギャルドでも話題の浜翔は7R発売中に入口近くのイーストスクエア『風』でトークショーを行い、高石順成アナや同年代の地元女子選手足立かなえピットを案内されたり、すっかり多摩川翔子になった話を。
 続く9R発売中には指定席客の先着15名様にツーショットポラロイド撮影会&サイン色紙&はましょーグッズの贈呈というスペシャルイベントが。指定席クーポン付きのBOATBoy580円を買うだけで豪華グッズを貰えるのですからお得ですよね。ということで色紙とポラを貰ってきました。はましょーの実物を見たのは中野次郎が出演した昨年11月の競艇王チャレンジカップハッスルコラボレーションイベントI LOVE HUSTLE!!in渋谷以来2度目ですが、目の前で見た印象としてはとにかく細くて顔が小さくて足が長いです。尚、イベント自体は撮影禁止でしたが、ブログの女王翔子なだけあってblog浜田翔子のストロベリーショーコケーキにはトークショーコ控室のイベント写真が掲載されています。

 日本一の静水面、PROMISED LAND是政夢劇場の幕が開く。ハマショー出演の表彰式含めて全17分46秒の動画は必見の優勝戦は枠なり3vs3から4号艇永井聖美(愛知)がその永遠の一秒にEDGE OF THE KNIFEな薄氷の01タッチスタートを放ち、1号艇濱村美鹿子も07スタートで応戦して先マイするものの、結果的に2と3が19と16で凹んだようなスリットになり、濱村と19スタートだった2号艇金田幸子の間を割ったながいまさみが捲り差しを決めてドリーム戦同様に濱村を従え今年4回目・通算7回目にして多摩川初優勝。尚、1周1Mの出口で16スタートの3号艇淺田千亜希が振り込み選手責任転覆を喫したので実質1周2Mが最後の勝負所となりました。

 かくして女子戦の中心で、多摩川愛をさけぶまさみが2008年度Lダービー女王を襲名しましたが、ここで情報。愛知のNADESHIKO都築あこが司会の永井聖美特集番組「こんにちくわDEおつかに様」は7月19日にダイジェスト版がJLC NEWSで放送されましたが、その30分版はJLC380chで8月24日の23時00分から初回放送となります。番組の感じこんなだったりそんなだったりあんなだったりです。
浜翔がまさみに花束を贈呈カメラ多数で大人気のまさみ


尼崎日刊ゲンダイ杯優勝戦

 124/356の進入から1号艇西村勝が10トップスタートを放つも、4号艇新美進司のつけまいを止めに行った分流れ、3号艇山口修路(福岡97期4367)の差しがまちゃるに届きます。BSは山口がややまちゃるをリードし、3番手は順走の2号艇興津藍(淡路島出身徳島県在住)に5号艇柴田友和が舳先を掛けようとする状態。2Mは内の山口が先行したのに対し外のまちゃるは差し構え。しかしここで柴田がまちゃるのカマを掘ってしまい、まちゃるは転覆。これで先頭独走になった山口修路はデビュー初優出初優勝の快挙を実現しました。後続は柴田が妨害失格となり、2M外を回った準地元の藍ちゃんが2着になっています。
 双子レーサーとしてデビュー時話題になった山口修路は走路改修記念競走みたいな名前ですが、名前は「しゅうじ」。97期ではジャニーズ系レーサー山口達也(岡山)に続く2人目の優勝となりましたが、山口修路の双子の弟は達也では無く山口隆史です。ちなみに、双子兄弟の7つ上の兄は競輪の山口貴嗣です。
 双子ネタも飛び出した表彰式や水神祭の写真は気楽に千葉っちマニアさんにたっぷりのってるのでおすすめです。

津グランプリシリーズ第3戦優勝戦

 朝日屋の松阪肉を懸けた真夏のTSUグランプリシリーズは31246/5と3号艇木村光宏がインを奪い、1号艇佐竹友樹を全く寄せ付けない逃げで今年4回目・通算35回目の優勝
 後続は地元の4号艇東本勝利が捲り差しで2着に入り、2号艇は王者松井繁の愛弟子山本隆幸が差して3着。

 ここで月曜分の予告。快速みえキハ75黒崎竜也が優出1号艇の戸田日本財団会長賞最終日と、自分の週末の出来事で当日のエントリーで書けなかった話とかを。

多摩川モーターボートレディスダービーとOCの準優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日1本目のエントリー通り、ラクドル田代沙織が寄席を開いた本日の府中市是政多摩川競艇場G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー5日目は優勝戦進出を懸けた準優勝戦3個勝負。1つ目の第10Rは枠なり3vs3の進入から前年度Lダービー女王の1号艇淺田千亜希がきっちり逃げて連覇に望みを繋ぐ1着。つけ回った三号艇三浦永理が2着に入り、2連単1-3は280円3連単1-3-2は660円。尚、淺田千はLダービー優出を決めると共に10月の丸亀SG全日本選手権出場にも当確ランプを灯してます。
Lダービー準優10Rのあさだち

 準優勝戦2つ目、11Rが始まりました。枠なり3vs3の進入から5選手がスピードを乗せ、チルト+3度の6号艇池田紫乃スタート展示同様タイミングを逸して50スタート。実質5艇立てのレースは1号艇金田幸子が25の5番手スタートも伸び返して1Mを先行し1着と強力足を披露。勝利者インタビュー(動画)では「是政の女王に勝ちたいです。」と意気込みを語ると同時に12Rの1着選手を予言。
 後続は順走の2号艇永井聖美(83期3993)、外マイの4号艇大瀧明日香(83期3999)、2番差しの5号艇茶谷桜(83期3994)の順で航走し、2Mは先行するながいまさみにアスカが外全速で食らいつき、さくらは内小回りでまさみに接近。そして2周1M最内のさくらをまさみが包みきり、まさみはアスカの外マイも振りきって2着と、同期2人相手にA1レーサーの格を披露。尚、2連単1-2は310円3連単1-2-4は790円。
Lダービー準優11R、カナダからの打倒是政女王宣言。

 最後の準優勝戦が始まりました。5日目最後のファンファーレが鳴り響きまして12R対戦6選手の登場です。3vs3、枠番通りの進入です。6選手スピードが乗ってきました。2秒前でぇす、12Rスタートしました。2&3コースが凹み、17スタートの4号艇岸恵子が絞る構えも19スタートの1号艇濱村美鹿子がすんなり伸び返して1Mを先制。濱村は25スタートの2号艇香川素子(京都)に差されそうになるも何とか振りきり1着。香川が2着に入り、2連単1-2は280円3連単1-2-4は1340円。
 濱村美鹿子にとって多摩川は昨年10月の優木まおみ杯が優出1号艇も落水、昨年大晦日の多摩川カップが優出3号艇もフライング、4月のダブル優勝tvkカップが優出1号艇もまた落水と、優出はするも3節連続不完走。4度目の正直なるでしょうか。
Lダービー準優12R、四度目の正直を期する濱さん。



 今年のLダービー女王を決める優勝戦の枠番です。

1:濱村美鹿子 2:金田幸子 3:淺田千亜希 4:永井聖美 5:香川素子 6:三浦永理

 四度目の正直狙う濱村美鹿子にとって不気味なのはながいまさみが4号艇に入った事。この枠番は2日目のドリーム戦と同じで、ドリ戦はまさみが鹿さん相手にカド捲りを決めてます。
 ちなみに、6日間のON THE ROADを締めくくるLダービー最終日はストロベリーショーコケーキ浜田翔子が来場。浜省ライブもとい浜翔ライブは7R発売中にイーストスクエア『風』、9R発売中に指定席で実施。そして表彰式にもプレゼンターとして登場予定なので浜田翔子をたっぷり見ましょーこ。そして自分の予定ですが、今日は併用開催の準優終了までいましたが、明日は表彰式見たら併用パスして速攻で中川へ移動。江戸川競艇場の森川由加里ライブに間に合わせます。


蒲郡SGオーシャンカップ5日目

 蒲原亮こと艇界屈指の蒲郡巧者笠原亮が1号艇の9R準優勝戦は5号艇吉川元浩がピット出遅れるも回り込んで枠を主張し、枠なり5vs1の並び。こうなれば笠原振りちぎりの快速攻で1着。順走の2号艇濱野谷憲吾が2着に入り、G1江戸川大賞IN蒲郡と同じ18号機で蒲郡連続優出。

 前売では1号艇湯川浩司断然、しかしスタート展示で6号艇白井英治(80期3897)が動いて2コースに入り、5号艇今垣光太郎が回り直して6コースとスタ展162345で波乱ムード漂わせたのは10R準優勝戦
 ということでK-BATTLEに事前投稿した湯川中心の予想を撤回し、当該月の掲載選手が活躍する競艇カレンダーのジンクスを信用してガッキー中心の予想に変更。こういう時はオカルト予想です。
 で、まさに開けてみないと分からない興奮の袋とじ(動画)の様な進入となった本番は4号艇平田忠則(80期3898)がピット遅れ、3号艇瓜生正義は2号艇重成一人(80期3908)と接触して失速。ですが、ヒラチュウは回り込んで3コースに入り、直前インタビューで「2コースなら買わないで下さい。」と語った程に2コース嫌いの重成は展示より1つ内の2コース進入で、1着付けのみ受け付ける重成銀行はここで破綻確定。そしてウリ坊はなんと大外進入になり、袋とじ以上に想定外な124/563の進入隊形に。
 そして内3艇がスタート遅れ、思いがけぬ4カド進入になったガッキーがセクシーショットのしゃくり捲りで一気に飲み込み1着。捲り差しで続いた白井が2着と、スタ展からは全く想像できない展開に。

 シリーズリーダーの王者松井繁が1号艇の11R準優勝戦は6号艇池田浩二が2コースに入り、162/345の進入から王者が1M先制するも2号艇中村有裕の捲り差しが入り、BSは2-1態勢。そして後方ではローテクモンキーの3号艇烏野賢太がブイ際もたついた展開もあって4号艇三嶌誠司が行き場を無くしターンマークにぶつかり責任外転覆(動画)。
 ということで実質最終ターンマークとなった1周2Mは中村が先行態勢も、内から伸びて押っつけてくる池田を行かせるべき場面で包んでしまい、池田を包みきるも外へ流れてしまう痛恨のターンミス。それに対し王者は2周1Mに事故艇がいるのを意識した冷静な差しで2艇を行かせてHSしっかり内側に潜り込み、両者同体も事故艇付近内側優先なので王者が1着


 多摩川→江戸川→と来て最後は在宅観戦予定の優勝戦枠順は以下の通り。

1:松井繁 2:笠原亮 3:今垣光太郎 4:濱野谷憲吾 5:中村有裕 6:白井英治

 王者が謎の3コース進入で着外に消えたG1江戸川大賞IN蒲郡の汚名返上なるかの一戦ですが、優勝戦になるとインが弱くなる蒲郡なのでオーシャンもオージャがオジャーンの予感。2〜4号艇の頭を買うと思います。予想はK-BATTLEに投稿する予定です。

多摩川Lダービードリメン&イベント案内

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 G1江戸川大賞IN蒲郡G1平和島ダイヤモンドカップとビッグレースが続きましたが、一息ついた本日は長岡茂一平和島DC優勝を祝して勤務終了後カミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園に足を運んで飲み食いしてきました。本日食べたのは五目かた焼きそばです。五目あんと太い揚げ麺の絡みがイケてます。ちなみに芦花公園駅の1つ手前は八幡山駅なので、もいち亭行く前に途中下車してカルチャーステーションで本を探したりしてみました。
福寿の五目かた焼きそば

 さて、江戸川と平和島のビッグレースが終わり、次なる注目開催は22日から始まる多摩川G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー蒲郡SGオーシャンカップと昼夜併用開催なのも魅力ですが、先ずはファン投票で選ばれたドリームトライアル戦の出場選手が発表されました。枠番は得票順で初日11Rが2.3.6.7.10.11位、初日12Rが1.4.5.8.9.12位です。メンバーは以下の通り。尚、宮島プリンセスカップ優勝戦で2本目のFを切って事故パンになり来期のB2が決定してしまった海野ゆかりは斡旋辞退しました。出続ける事で事故率8項の危険も出てきますから、この辞退はやむを得ないところですね。

11R
1:淺田千亜希 2:永井聖美 3:土屋千明 4:金田幸子 5:西村めぐみ 6:佐々木裕美

12R
1:濱村美鹿子 2:田口節子 3:三浦永理 4:大瀧明日香 5:香川素子 6:池田紫乃


 以上2つのトライアルから上位3人が勝ち上がり、2日目のドリーム戦を戦います。ドリーム戦の枠番は各着位グループの中からファン投票順となってますので、濱村がTRで1着になったら無条件でドリーム戦も1号艇です。


 次に、節間のイベントを紹介。通常、SG併用開催の女子戦は選手紹介をしない事が多いのですが、今回は選手紹介があります。

22日
10:00〜:選手紹介&ドリームトライアル戦出場選手インタビュー
多摩川6R&8R発売中:「D-draft」ダンスパフォーマンス

26日
多摩川7R&蒲郡9R発売中:田代沙織落語&トークイベント
多摩川9R発売中:田代沙織指定席落語&トークイベント

27日
10:20〜優勝戦出場選手インタビュー
多摩川7R&蒲郡8R発売中:浜田翔子トークイベント
多摩川9R発売中:浜田翔子指定席トークイベント


 昨年11月のI LOVE HUSTLE!!SHIBUYA109中野次郎と共演した浜省もとい浜翔が中川ならぬ多摩川のLダービーを盛り上げましょーこと最終日に来場するのが個人的に注目です。
中野次郎とはましょうのコラボ!
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ