ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

モーターボート大賞トライアル

桐生MB大賞TRは芝田浩治が準完全VでMB大賞TRV2達成!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 三国山脈で知られる群馬県にある桐生競艇場では11月3日からG1モーターボート大賞が始まりますが、先週19日から始まった日本モーターボート選手会会長杯G3モーターボート大賞トライアルは4日目の22日に自分も現地参戦しましたが、大阪市北区芝田の阪急梅田駅から徒歩10分以内のボートピア梅田でも勿論全日程発売。

 さて、今夜の優勝戦は優勝賞金120万円と上位3人に与えられるMB大賞出場権を懸けた大事な一戦で、3日目12R2号艇2着以外全て1着の成績が光る芝田浩治が1号艇で準完全Vに王手。
 そしてレースは枠なり3vs3の進入から5号艇久田敏之(群馬)が08トップスタート決めて絞りに行きますが、艇を伸ばして先行した芝田が1Mを先行し、回り足と回ってからの足が光る芝田は差し勢も問題にせず逃げ切り、今年3回目・通算33回目の優勝は準完全Vで、しかも通算1100勝目のおまけつき。
 更に、4月のG3三国モーターボート大賞トライアルに続いてのMB大賞トライアルV2達成で、これは2007年度から始まったMB大賞TR史上初めての快挙。5月の福岡SG笹川賞に出場したのも記憶に新しい芝田浩治、今年は自己最高の1年になるかもしれませんね。

 独走した芝田浩治の後続では激しい権利争いが繰り広げられ、順走の2号艇石塚久也に対し、6号艇金子拓矢(栃木在住群馬支部)の捲り差しが石塚の内に入り、2Mは金拓が先行。
 ここで石塚は金拓に突き放され、一歩リードの金拓に対し外握った久田と内突いた4号艇乙津康志が金拓を追いかける展開に。
 そして2周1M、内から艇を伸ばす乙津を金拓が全速で包んでかわし単独2番手を取り切り、乙津を差した久田が3番手に浮上。
 本番に向け残り1つの椅子を巡る3番手争いは乙津が2周2M内に切り返して先行するも久田が差して捌ききり、乙津は3周1Mで再び切り返して先行狙いますが、久田が外包みきり、3着争いに終止符。

 これにより、芝田浩治に加えて金子拓矢と久田敏之の地元コンビがMB大賞の出場権を獲得しました。

蒲郡サマーナイト特別優勝戦+今日の東スポ】

 「さわやかな風は秋の足音。今日空気はドライ、各選手は優勝にトライであります。(動画」な北西右横風1m気温24℃のサマーナイト特別ファイナルは3号艇江口晃生が動いた132/456の進入から逃げ込み体勢の1号艇井上恵一に対し、2号艇香月大介の勝つ気満々な捲り差しと4号艇村越篤の展開ズバリな差しが迫りますが、
 「伸びに加えて、出足・行き足も強化に成功。パワーアップのプラン同様に優勝へのプランも完璧であります。」プラン通りに振り切った井上恵一が通算16回目の優勝
 香月を差しきった村越が2着に入りましたが、村越は11R準優勝戦2着からの優出。ここはシリーズリーダーの1号艇池上裕次が1着になっており、本来なら戸田天皇池上裕次が優勝戦1号艇になるはずでしたが、戸田天皇は待機行動違反で賞典除外に。よって、同レース3着の廣中良一が6号艇繰り上がり優出となりました。


 ところで、今節3日目の22日には丸亀SGモーターボート記念壮行会がありましたが、同壮行会には蒲郡代表の石川真二に加え、香川支部から木村光宏森高一真が参加。

 そして今日発行の東スポには木村光宏インタビュー「香川・七人の砦」と優出3号艇だった江口晃生コラム「江口晃生の競艇24時」が掲載。
 木村光宏のインタビューには今垣光太郎との親交について触れられており、今回で連載2年目に突入した江口晃生コラムは前節桐生報知新聞社杯お盆レースで大学院入学後の初優勝を飾った話がメインに書かれてます。

 その江口晃生の話は今月30日にボートピア習志野で聴くことが出来ます。楽しみですね。

大村アサヒビール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉田健太郎が07トップスタートの速攻で押し切り、大村初・通算11回目の優勝。今年はV2ですが、前回Vは7月の若松サッポロビールカップで、今年のV2は共にビール杯です。
 2号艇鳥飼眞が2番手につけ、2番差しで内を突いてきた4号艇鈴木博を2M先に行かせるスーパードライな捌きで2着をトリきりました。

輝ける海のクイーンロード〜2008女子リーグ最終戦in尼崎

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 来年のG1JAL女子王座決定戦開催地尼崎競艇場で開催された2008女子リーグ第14戦にして最終戦のG3女子リーグ戦競走クイーンロード2008(伊丹市主催)。
 今節は淺田千亜希古賀千晶(兵庫)と森岡真希が斡旋辞退して加藤綾が追加斡旋された47人斡旋のシリーズでしたが、予選4日間で西村歩中谷朋子(兵庫)と片岡恵里喜多那由夏の4人が帰郷して5日目には43人。3個準優は予選下位4人が2回乗りになる等、今年のクイーンロードはサバイバルロードと化してしまいました。

 そんなサバイバルロードを勝ち抜いてきた6精鋭による頂上決戦優勝戦。枠なり3vs3の進入隊形から1号艇海野ゆかりが強くたくましきイン戦で輝けるクイーンロードを快走して女子リーグ卒業の有終の美を飾り、1月芦屋全日本オール女子選手権以来となる今年2回目・通算23回目の優勝。2着はカドから鋭く差した4号艇・銀河にきらめきます不屈の流星佐々木裕美です。

 さて、女子リーグ卒業の一戦をVで飾った71期3618海野ゆかりは優勝者インタビューにO2ブランド物のケンゴTシャツを着て登場。同期3613角谷健吾との強い絆を感じさせました。


G3大村モーターボート大賞トライアル〜携帯マクール杯〜優勝戦

 上位3人に来年2月19日からのG3大村モーターボート大賞〜マクール賞〜出場権が与えられる優勝戦は大村V8の実績を誇る6号艇中嶋誠一郎(長崎)が動いて16/23/45の進入スタイル。
 そして中嶋が31とスタート凹み、壁無しになった1号艇沖島広和に対し2号艇濱崎直矢の捲り差しが入り、そのまま突き抜けた濱崎が今年2回目・通算4回目の優勝。しかし、濱崎は前走地尼崎WEB競艇TV杯2日目12Rでフライングを切ってる為にG1出場権は与えられません。
 ということで後続の2.3着争いが本当のトライアルとなり、粘る沖島と差す3号艇高橋正男、両者の間を狙う4号艇原田秀弥の争いは一番内の高橋が2Mを先行するも、高橋と原田の間を割った沖島が一気に抜け出し、優勝こそ逃したもののG1出場権は獲得。残る1つの椅子はHS内側の原田が2周1Mを先行したものの、ここでマクール杯らしく全速ツケマイの切れ味を見せたサバンナ高橋が原田を一気に捲りきって森脇まどかも感激のG1出場権獲得。よって4着の原田ひでやは出場権獲得ならず、斡旋済みな原田幸哉とのW原田○や出場はお預けです。

平和島ボートピア横浜開設1周年記念優勝戦

 土曜日の田頭実トークショーが楽しみなボートピア横浜の開設1周年記念。枠なり3vs3の隊形から全艇0台のスタートを決め、1Mを先行した1号艇長岡茂一(今節選手代表)が差してきた2号艇柏野幸二と接触しながらも振りきり、7月のG1平和島ダイヤモンドカップ以来となる平和島11回目にして通算69回目の優勝
 モイチタンに締められた際に接触しながらももちこたえた柏野(岡山イーグル会)は2番差しから2M内に切れ込んで先行した4号艇東健介(岡山)を行かせて捌ききり、下関G1競帝王決定戦から2節連続優出2号艇で2着。

 さて、モンスター野中和夫選手会長が来場して表彰式プレゼンターを務める年末開催日本モーターボート選手会会長賞を挟み、来年1月3日から始まる平和島名物東京ダービーは節間入場料無料。しかも京急開発自慢の品達からなんつっ亭せたが屋が節間出店し、初日は両店の店主が顔を揃えます。

唐津一般競走優勝戦

 3個準優制5日間シリーズの優勝戦は1号艇山口浩司(佐賀県)がややピット遅れるもののコースを取りきり、待機行動違反は取られたものの進入隊形は123/465の並び。
 そして3号艇麻生慎介が19トップスタート切るも、麻生が絞らず懐をとる間に24スタートの山口が伸び返して麻生を飛ばしきり1Mを先行。予選1位だった4号艇大賀広幸(山口)の捲り差しが入りかけるも、大賀は内側の2号艇宮武英司と接触して抜けきれず、イン戦押し切った山口が2004年10月ボートピア玉川6周年記念福島民友新聞社杯競走以来となる久々の優勝。通算V21とした山口は優勝戦連敗記録を40でストップしました。
 後続は大賀に対し6号艇原田富士男と5号艇村越篤の差しが迫る3艇の争いになり、2Mで外全速包み込んだ大賀と村越を差したフジオによる2艇の争いに絞られ、2周1Mフジオを先に行かせて差しきった大賀が一旦単独2番手に上がるも、2周2M外全速のフジオが大賀に食らいつき、3周1Mも全速で食らいつきますが、最後は大賀が振りきって2着争いを制し、山口選手と山口県民のワンツーになりました。

宮島年の瀬ファイティングマッチ優勝戦+モンタチャンネル最新情報】

 枠なり3vs3の進入から1号艇・4000番台トップバッター松本博昭(広島)が11トップスタート放つ速攻体勢も2号艇武田光史が31と凹む壁無し状態になり、4号艇妹尾忠幸の捲り攻撃を受けますが、これを飛ばしきった松本がイン戦押し切り、通算V6となる優勝。後続は31スタートも小回り立て直した武田が2番差しの3号艇中島友和を2M行かせて捌き2着。

 ここで宮島競艇おもしろ映像モンタチャンネルの最新情報。今節3日目の15日に最新作2008ベストパフォーマンス賞18分4秒の動画)が公開されました。
 第2位の地区スター麻生慎介を押さえて第1位に輝いたは16度目の優出で遂に地元初Vを成し遂げた71期の選手。その選手は奥様とラブラブマッチングクイズのようなものをやって宮島の海にゆかりある副賞獲得にチャレンジします。選手名は動画を見てのおたのしみということで。

びわこ師走競走優勝戦

 6号艇西田靖がお約束通りに動いた16/2/345の進入から2号艇山下和彦が3コース捲りを決め、7月の当地G3企業杯キリンラガーカップ以来となる今年2回目・通算43回目の優勝
 後続は小回り残した西田が2Mを先に回るも、ここで3号艇吉田健太郎に差され、更には5号艇橋本久和も切り返して両者の内に潜り込む2周1M手前の攻防。そして2周1Mで最内の橋本とそれを包もうとする吉田がやり合う展開を突いて差しきった西田が2番手を奪い返し、混戦をものにしました。

若松中間市行橋市競艇組合施行39周年記念競走優勝戦

 現モーター使い納めのシリーズは6号艇川上聡介が動いた162/345の進入から1号艇西島義則が08トップスタートの速攻で圧倒し、今年3回目・通算69回目・若松は2000年SGモーターボート記念以来2回目の優勝
 後続はペリカンさんに張られ気味の2号艇鈴木賢一(埼玉)が3号艇村田修次(東京)を張っての捲り差しを見せるも、4号艇飯島昌弘(茨城)を叩いての差しで伸びてきた5号艇森竜也が伸びきって2Mを先制。スズケンの差しはもたつき、単独2番手になったドラゴンが最後猛追したベイのムラッシュも振りきって2着死守。人気薄のドラゴンが関東トリオを押さえ2着に入った事でペリカンさんの頭ながら2連単2050円3連単7840円の高配当。

【競てい王】チャレンジカップ覇者三嶌誠司が決定戦で通算1000勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨年の丸亀SG競艇王チャレンジカップを制した香川支部の現役最強選手三嶌誠司(69期3541)が通算998勝で乗り込んだ長月の大一番下関G1競帝王決定戦。初日7Rで通算999勝目を挙げて臨んだ2日目は2R2号艇1回乗り。そして1/234/56の進入から29とスタート遅れた1号艇岡瀬正人を直に捲って叩き、捲り差しで迫る3号艇中辻崇人を振りきってリーチ一発仕事きっちり通算1000本目の1着ゴールを達成。登録番号より1つ多い3542走目での1000勝となりました。もし初日1走目3R(6号艇6着)が頭だったら登録番号と同じ出走回数になったのが惜しまれますね。レース後には水神祭、そして実況を担当した大場ナツキアナによる1000勝記念インタビューが行われました。名前の通り誠実なキャラが持ち味のミシマさん、今日極上の喜びを手にした勢いでチャレンジカップと決定戦のW制覇と行きたいですね。
 
 後続ですが、5カド29スタートながら果敢に外を握った5号艇金子龍介が3番手の位置から2M中辻の内に切れ込んで逆転2着。昨年のG1競帝王決定戦覇者が貫禄を見せた2Mの好旋回で目出度いレースを前年度チャレンジカップ覇者と前年度決定戦覇者のワンツーで締めています。尚、1周1Mで4号艇中尾誠が選手責任の落水(動画)を喫しております。

G3江戸川モーターボート大賞トライアル初日

 オリジナル動画配信で大江戸賞女子選手トークショーと大江戸賞表彰式が追加された江戸川競艇は本日から18日までのロングランシリーズ。そして今シリーズは1999年のG3新鋭リーグ戦以来8年ぶりとなるG3開催。優勝戦上位3艇には11月に行われますG1江戸川モーターボート大賞の出場権が与えられます。
 人機一体となった各レーサーがアグレッシブなレースを展開します水面上、第4Rを迎えております。各艇一斉にスリットゾーンを駆け抜けて行く中、チルトを+1度に跳ね上げた4号艇吉田宗弘(87期4093)が2号艇山田省二の抵抗を押し切って捲りを放っていくも落水(動画)であります。更に、捲り差しに出た5号艇品田直樹(87期4077)も出口で転覆を喫しています。
 ということで87期地元コンビが共に競走中止になる中、小回りで踏ん張った1号艇森安弘雅と差した6号艇冨成謙児による先頭争いとなり、2Mで冨成を行かせて差した森安が1着であります。

 ツキに恵まれた部分もあったとはいえ白星発進になった森安、後半第10Rは6号艇と試練の枠番。ですが、5号艇正木聖賢が捲った展開を突いての捲り差しで先頭に立ち、初日唯一の連勝となる1着ゴール。4月に同支部の西村美智子から「新鋭の森安さんゲッツがんばってね☆うい〜ん(はぁと)」とエールを貰って男27歳競艇にかける森安弘雅、地元丸亀で行われるG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦出場(9月9日現在44位)に向けて勝率の上積みに成功です。
 尚、正拳捲りで2着に入った正木選手は2号艇の第5Rでも順走で2着に入ってますが、待機行動実施細則違反(動画)の為減点されています。当地久々の参戦という事で今シリーズ出場のA1選手で唯一選抜漏れしてしまいました正木選手、初日から-7点のハンデを背負ってしまいました。

 江戸川選抜戦は02トップスタートの4号艇杉山正樹がスピードを乗せてカド捲りも届かず、07スタートの1号艇松村康太が逃げ切り成功の1着ゴール。初日選抜を制して、MB大賞出走権とデビュー初優勝に一歩近づきましたね。
 捲り差しの5号艇吉田俊彦が2番手で杉山正樹は3番手でしたが、2Mシャープに差した杉山正樹が吉田俊彦を差しきり逆転の2着。当地経験の違いをまざまざと見せつけました。

【新・よしつね伝説+27】G3芦屋MB大賞トライアル特賞モーニングV戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 前日の段階で桐生G1赤城雷神杯初日が中止順延になることが発表されていましたが、今朝になって江戸川デイリースポーツ杯3日目も中止順延を発表。早くも明日の戸田埼玉新聞社杯初日が中止順延となるなど、明日も開催状況は予断を許しません。

 ということで、本日の主題はスリットに嵐が吹き荒れたG3芦屋モーターボート大賞トライアル3日目。12日から始まる下関G1競帝王決定戦の初日1Rはオール4000番台の牛若丸決定戦という企画レースですが、G3芦屋MB大賞TRの1R特賞モーニングV戦5号艇には艇界の牛若丸伯母芳恒が登場。
 牛若丸はカド受け4コースに入って進入は1235/46。しかし4コースながら一番深い起こしだった牛若丸はスタート勘狂いまくりで、ドカ放りにもかかわらずものすごい飛び出しを見せ、スリット後は全く伸びずに力無い捲り差し。そして3番手航走も大胆ドッキリ+27のフライング。ちなみにA1の貫禄で先頭に立った1号艇今井貴士も+11のフライングで、つけ回って2番手航走の3号艇西原明生が恵まれ1着。ちなみに牛若丸は前日の7R1号艇でイン37スタートをやらかしています。

 ここでお知らせ。7R1号艇でインから押し切り燃えて今節初1着になった福井支部の50期3044三宅爾士。その奥様であります50期3050當瀬小百合元選手の美人ぶりがわかる写真がKYOTEIブログ女子リーグ@cafe「8月の女子リーグこぼれ話!」に掲載されています。この写真は8月5日に三国競艇場で行われたトークショーのものです。

三国ながつき第2戦初日

 今日から始まりましたながつき第2戦は9日までの短期決戦です。日本列島、台風の動きも気になるところですが、チラリとこちらも目線頂きまして熱い期待と感動の瞬間どうぞ三国競艇でお楽しみ下さいませ。それでは初日のオープニングカードおはよう特賞第1Rです。インコースから1263/54の順です、スタートいたしました。A1級の使命感に燃えて1コーススタンバイの1号艇岩崎正哉が逃げ態勢作りきってトップでゴールイン。3コースから捲った地元の6号艇前田義哲が2着でゴールイン。

 ながつき第2戦、戦いは初日のメインカード。シリーズ主力となる6メンバーでこれより三国選抜第12Rです。進入はインから123/456の順です。1秒前、スタートしました。1号艇後藤浩が1Mトップで旋回しBS舟足を伸ばしてトップでゴールイン。2コース順走の2号艇佐々木康幸が2着でゴールイン。三国とは縁が深い後藤ひろしがソーシャル・ネットワーキング・ボートコースのミクニィ選抜を制しています。

福岡ペラ坊ショップオープン1周年記念レース3日目

 11Rはイン30の鋭発トップスタートを決めた1号艇古川誠之1着になりましたが、このレースの進入は134/526、スタートは内から30,45,36/84,63,46で3661さんこと5号艇柳瀬興志が84スタートをやらかしてしまいました。ここまでの5戦で3勝を挙げていただけにこのスタート遅れは悔やまれるところですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ