ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

モーターボート競走

標準型モーターラストの宮島新鋭リーグ+QBK尼ロックフェスティバル

ブログネタ
競艇 に参加中!
 モーターボート競走のモーターは1992年からヤマト発動機のヤマト300シリーズを使用しており、現行は標準型のヤマト302型(宮島競艇フリークスのモーター解説)と減音型のヤマト301型(尼崎HPの特集ページ)を使用してますが、今年4月の段階で4場残っていた標準型モーターの場は5月に尼崎、6月に江戸川、7月に唐津(従来は唯一の電波障害対策仕様ヤマト304型)が減音型に替わり、最後に残った宮島も遂に次節JLC杯争奪パワーバトルから減音型モーターに。
 今年度からモーターボート競走の通称がKYOTEIからBOATRACEに変わりましたが、ボーターが減音型に統一されたという出来事にもKYOTEIからBOATRACEへの移り変わりを感じますね。

 ということで今節G3新鋭リーグ第14戦厳島昇龍決戦は長い間使われてきたヤマト302型モーター最後の開催に。
 今年度の新鋭王座開催地という事でも注目だった宮島新鋭リーグの優勝戦は枠なり3vs3の進入に。
 そして3号艇池永太(福岡97期4364)が34のドカ凹みスタートをやらかしてしまい、カドから4号艇水摩敦(福岡99期4413)の捲りが飛んできて、水摩の捲りを受け止めた1号艇麻生慎介(広島94期4292)と水摩が競る間に、池永を叩いて差した5号艇佐藤旭(静岡94期4273)が両者に並んで来て、ノーマルエンジンのエキゾーストノートを轟かせる先頭争いは三つ巴に。
2Mは最内の佐藤旭が先行し、麻生が差し、水摩が6号艇藤岡俊介(兵庫94期4278)を行かせての2番差し。
 水摩は藤岡を行かせた分差し遅れて3番手に下がり、HSは先頭の佐藤に麻生が必死に舳先をねじ込み、2周1Mは麻生が押っつけ気味に先行しますが、ここで水摩の差しが届いて再び3つともえに。
 2周2Mは最内の水摩が艇を伸ばし先行するも麻生が押っつけ気味の差しで抵抗。
 そんな中、両者を外から全速包んで回った佐藤が一気に捲りきって単独先頭に立ち、今年も通算も2回目の優勝
 2周2M麻生の差しを振り切って2番手に上がった水摩は3周1M切り返してきた麻生に押っつけられますが水摩はなんとか行かせて捌ききり、通算V3こそならなかったものの麻生には競り勝ちました。
競艇標準型モーター使い納めレース宮島新鋭リーグ優勝戦


尼崎日本モーターボート選手会長杯争奪センタープール大賞優勝戦

 「今年の夏フェスは尼ロックで決まり!(ニコニコ動画
 のキャッチコピーで開催された6デイズシリーズは枠なり3vs3の進入から1号艇安藤裕貴が1Mを先行するも2号艇・急にボートが来たのでQBK柳沢一が差しきり、QBK柳沢は昨日の12R準優勝戦でシリーズリーダーの1号艇・100V2000W山室展弘にせんせい4カド捲り攻撃を浴びせた勢いそのままに今年2回目・尼崎初・通算19回目の優勝
 2番差しの4号艇・前節楠公杯争奪オール兵庫王座決定戦優勝から尼崎連続ブッキングのARB安田政彦が2着。

児島競艇マクール杯優勝戦

 レース名のマクールとは裏腹に1号艇がA1選手大場敏、それ以外はA2とB1で朝とくガァ〜コ戦みたいなニゲール鉄板番組になった優勝戦。
 そして124/356の進入から4号艇広瀬聖仁が42とスタート遅れ、22スタートの3号艇久富政弘(佐賀67期3508)が絞りに行きますが、ここは大場敏(静岡67期3489)が艇を伸ばして先行し、流れずに押し切った大場は厚みのある強さで今年2回目・通算39回目の優勝
 捲り差しになった久富が2着で同期ワンツー完成。

下関G3企業杯サンデン交通杯優勝戦

 かつて山陽電気軌道を運行してたバス会社サンデン交通の企業杯は枠なり3vs3の進入からスロー3艇がスタート遅れ、カド捲り敢行の4号艇笠原亮を1号艇柏野幸二が飛ばしに行った展開を突いて捲り差しを決めた5号艇汐崎正則が2008年6月津グランプリシリーズ第1戦以来となる通算5回目の優勝
 小回り差しの2号艇桐本康臣が2番手につけ、2M差した柏野がHS内から差を詰め2周1M先行するも、行かせて捌いた桐本が2着。

MB記念再び昼に!2011年度モーターボート全国発売競走開催地決定

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日、2011年度のBOATRACE全国発売競走開催地が決定し、財団法人日本モーターボート競走会から発表されました。

 2011年度SG競走開催日程
第38回笹川賞 尼崎(施行者:伊丹市) 5月24日〜29日
第21回グランドチャンピオン決定戦 児島(施行者:倉敷市) 6月21日〜26日
第16回オーシャンカップ 蒲郡(施行者:蒲郡市) 7月13日〜18日
第57回モーターボート記念 福岡(施行者:福岡市) 8月23日〜28日
第58回全日本選手権 平和島(施行者:府中市) 10月5日〜10日
第14回競艇王チャレンジカップ 大村(施行者:大村市) 11月22日〜27日
第26回賞金王決定戦 住之江(施行者:大阪府都市競艇組合) 12月20日〜25日
第47回総理大臣杯 戸田(施行者:戸田競艇組合) 2012年3月15日〜20日

 2011年度全国発売G1競走開催日程
第12回競艇名人戦 常滑(施行者:常滑市) 4月19日〜24日
第26回新鋭王座決定戦 芦屋(施行者:芦屋町) 2012年1月24日〜29日
第25回女子王座決定戦 多摩川(施行者:青梅市) 2012年2月28日〜3月4日

 2011年度G2モーターボート大賞開催地
津(施行者:津市)
三国(施行者:武生三国モーターボート競走施行組合)
丸亀(施行者:丸亀市)
徳山(施行者:周南市)
若松(施行者:北九州市)


 一番インパクトが大きかった発表はMB記念が昼間開催に戻ったこと。
 現時点で最後の昼間開催MB記念ははなわの佐賀県がヒットした2003年に唐津で開催された第49回までさかのぼります。

 あとは、2年連続で戸田総理杯なのと女子王座が多摩川に帰ってきたのと賞金王決定戦が日曜最終日になった部分が目をひきました。
 ちなみに賞金王決定戦が日曜最終日になるのは王者松井繁がレース直前に見た有馬記念に感動して「ディープインパクトにも負けないような素晴らしい足に仕上がってました。」という名言を残した2006年の第21回以来です。

江戸川一般競走優勝戦

 1号艇島川光男が10トップスタートの速攻で押し切り、通算63回目・江戸川では2001年12月日刊スポーツ杯争奪戦競走以来となる2回目の優勝
 後続はつけ回った3号艇白水勝也と差した4号艇宮地秀祈の福岡コンビで接戦になりますが、差し続いた5号艇滝沢芳行が内突いて2Mを先行。
 福岡コンビは共に差して捌きますが2番差しの白水がやや優位に立ち、2周1M切り返して内に潜ったタッキーを白水がしっかり包みきり振り切ったのに対し、秀祈間隙を突けず差し遅れて4番手に落ちてしまい、2着は白水のものに。

 尚、香川友尚がおそらくスタート展示後の展示航走中に負傷、南西追い風4m波高10cmの第2R第8Rを欠場しました。
 また、南バック向かい風5m波高10cmだった第6Rの3周2M最後方で4号艇永瀬巧が転覆を喫しました。

戸田日本財団会長賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇繁野谷圭介が08トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・戸田初・通算15回目の優勝。4号艇秋田健太郎(埼玉)が差して2着。

 今節は日曜日の4日目2Rで愛知106期やまとチャンプ4604岩瀬裕亮水神祭があり、レースは123/465の大外から2段捲りで2番手の5号艇岩瀬裕亮が、カド捲りで先頭の4号艇筧由寛を2M豪快な外全速フルターンで一気に捲りきる圧巻の逆転劇でした。
 愛知の岩瀬は今日の2R動画)5号艇でも捲り差しで1着になり、今節2勝目を挙げました。
【競艇】岩瀬裕亮デビュー初勝利


桐生大間々カントリー倶楽部杯優勝戦

 大間々カントリー倶楽部のタイトル戦は132/456の進入から先行する1号艇前本泰和に対し、2号艇三嶌誠司が絞りながらの捲り差しで迫りますが、振り切った前本が今年4回目・通算61回目の優勝
 後続は三嶌に対し、捲り差しで続いた6号艇川崎智幸が2M内に潜り込んで差を詰めますが、2周1M包みきった三嶌が川崎を振り切って2着。

 ちなみに10月の当地SG全日本選手権でドリーム戦乗艇が濃厚な2010年後期勝率1位の前本は前走地唐津あじさい特別で優勝戦2着以外オール1着という準完全の成績で惜しくもVを逃しましたが、今節は2日目5R3号艇2着以外はオール1着で、桐生前回の昨年10月競艇タイムス杯同様に準完全Vでした。

浜名湖公営レーシングプレスアタック優勝戦

 152/364の進入から1号艇徳増秀樹(静岡)が熱く押し切り、今年4回目・通算41回目・浜名湖では3月のG1浜名湖賞に続く浜名湖3連覇で11回目の優勝
 後続は差し順走の5号艇石川真二とブイ際差した4号艇別府昌樹で接戦になり、2Mは別府が先行するも流れ、差した石川が優位に。
 しかし2周1M、内から押っつけてきた2号艇富山弘幸を石川が包んでやや膨れた展開を突いて別府の差しが入り、これを振り切ろうとする石川に対し2周2M別府が押っつけながら先行しますが大きく流れ、冷静に差した石川が2着。

 尚、3Rで6号艇谷川祐一(滋賀106期4594)が123/546の大外から捲り差しを入れ、先差しで先行する2号艇長野道臣(静岡)に舳先ねじ込み、2M張りながらのフルターンで一気に突き放しデビュー初1着。
 水神祭を叶えた滋賀の祐一についてはびわこHPのインタビュー特集「滋賀支部106期新人選手インタビュー・ボートレーサーまでの道」でバイクレーサーからボートレーサーを目指した経緯などを語ってます。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ